1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ポケットWiFiの5G対応はいつから?5G対応端末と対応エリア・4G端末との違いを比較

ポケットWiFiの5G対応はいつから?5G対応端末と対応エリア・4G端末との違いを比較

更新日:2020.07.04

5G対応ポケットWiFiが登場したものの、5Gの全国展開はまだ先になるため、現時点で導入する利点はあるのかが気になるところです。そこで今回は、4G端末との比較・Wi-Fi・WiMAX・各社の5Gの計画も合わせて切り替えの目安を検討します。

2020年3月からドコモ・au・ソフトバンクで5Gのサービス提供が開始され、ドコモとauについては5G対応のポケットWiFiも発表されています。

ただ、ポケットWiFiのみならずスマホにもいえることですが、5Gを全国的には利用できない現段階で新たな端末を導入することに、メリットがあるのかどうか気になるのではないでしょうか。

そこで本記事では、現在発表されている5G対応のポケットWiFiの紹介を中心に、今導入すべきかどうかを検討する材料として、5Gとは何か・4G端末との比較・WiFiとWiMAXの情報も合わせて解説します。

SIMチェンジWIFI

そもそも5Gとは?

ポケットWiFiの紹介に入る前に、まずは改めて5Gとは何かを解説します。

5Gは新たな通信規格のこと

5Gは4G LTEの次世代にあたる新たな通信規格で次のような特徴があります。

  • 高速・大容量
  • 低遅延
  • 多数同時接続

5Gなら4K・8K動画などの大容量のデータ通信でも高速な送受信が可能です。さらに低遅延でもあるため、リアルタイム性の問われるライブ配信や対戦ゲームなども快適になります。

また、1つの基地局に対して接続できる通信機器の数が増えるため、スマホやパソコンのみならず、通信機能を搭載した家電や車、医療機器などのIoT化に貢献するといわれています。

4G LTEと5Gの違い

4G LTE5G
最大通信速度(理論値)50Mbps〜1.7Gbps10〜20Gbps
同時接続台数10万デバイス/平方km100万デバイス/平方km
遅延時間10ms1ms
周波数帯3.6GHz以下3.7GHz帯・4.5GHz帯・28GHz帯
通信エリアの指標人口カバー率基盤展開率

4G LTEで最も高速なレベルがドコモの「PREMIUM 4G」が誇る送受信最大1.7Gpsです。これは2020年3月からの速度で、それまでは「5Gは4G LTEの速度の20倍」と言われていました。

同時接続台数は10倍、遅延速度は10分の1になります。ただ、5Gは4G LTEよりも完全に優れている、というわけではありません。その理由は使用している周波数帯にあります。

周波数は高くなればなるほど直進性が強くなり、障害物の影響を受けやすくなります。そのため、5Gには建物内まで届きにくい、遠くまで飛びにくいというデメリットがあるわけです。

そこで、最も高速な28GHz帯だけでなく、現状の日本では4Gで使用している周波数帯を5Gと共用するシステムが主流になっています。28GHz帯が本格的に運用されれば、最大速度は20Gbpsまで向上する予定です。

なお、4G LTEまでは通信エリアの指標として「人口カバー率」が用いられてきましたが、5Gからは「基盤展開率」に変わります。

基盤展開率は、無人地帯等を除いた10km四方×4500区画の内、どれだけの区画に基地局を設置したかという割合です。5Gを提供する各社の通信エリアの拡大計画は、この基盤展開率をもって説明されています。

各キャリアの5G対応ポケットWiFi端末とエリア

5G対応のポケットWiFiはドコモとauの2社が提供を開始しています。なお、一般向けの5GポケットWiFiは、現時点でドコモのみの発売予定です。

ドコモ「WiFi STATION SH-52A」

受信最大速度3.4Gbps(発売時点)
4.1Gbps(2020年6月以降)
送信最大速度182Mbps(発売時点)
480Mbps(2020年6月以降)
有線対応有線LAN×1
WiFi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(WiFi6対応)
USBテザリング
高速データ通信の種類5G・4G LTE
バッテリー4000mAh
同時接続可能台数

18台(WiFi:16台/有線LAN:1台/USB:1台)

2020年6月以降で通信速度が変われば、受信最大4.1Gbpsを誇る一般ユーザー向けのポケットWiFiです。

また、直進性が強く屋内使用に向かない5Gの欠点を補う高速通信、WiFi6(IEEE802.11ax)にも対応しています。こちらの通信速度は受信最大1.2Gbpsです。

USB3.0ケーブルで使えるテザリングでパソコンの通信も快適に行えます。QRコードを読み込むだけで接続設定が完了する機能も搭載するなど、利便性の高い端末です。

ドコモの5G通信エリア

通信はドコモ回線によるため、ここでドコモ5Gの通信エリア情報を確認しておきましょう。

ドーム・スタジアム・駅・ドコモショップなどのスポット的な展開がメインで、京都・大阪・兵庫の一部の地域が5Gを利用可能になっています。

2019年9月20発表時のドコモの計画としては、2024年までには日本最大の基盤展開率97.02%・基地局数26.334局に達する予定です。段階的な目安として2021年度には基地局を10,000局まで増やす見込みです。

au「Speed WiFi 5G X01」

受信最大速度2.8Gbps(2020年3月末頃)
4.1Gbps(2020年夏以降)
送信最大速度481Mbps(2020年3月末頃)
183Mbps(2020年夏以降)
有線対応有線LAN×1
WiFi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(WiFi6対応)
USBテザリング
高速データ通信の種類5G・4G LTE
バッテリー4,000mAh
同時接続可能台数16台(WiFi接続)

Sub6(3.7GHz帯)超高速のミリ波(28GHz帯)に対応しているのが特徴です。WiFi6にも対応で、その通信速度はドコモのポケットWiFiと同じ1.2Gbosとなっています。

ただし、現時点ではまだ法人向けのみの展開で、一般ユーザー向けのポケットWiFiではありません。法人向けということで、別売りではありますが複数人で同時に接続できるスイッチングHubも展開しています。

なお、ドコモのルーターは一般向けということで通常の5G料金プランの選択肢と同様ですが、こちらは「ルーターフラットプラン40(5G)」が用意されています。

月額料金は通常契約が7,150円、2年契約が6,980円で、月間データ容量は40GBに設定されています。

auの5G通信エリア

auは狭い範囲ではありますが5Gのエリア展開が進んでおり、北海道・埼玉・千葉・東京・愛知・静岡・富山・大阪・岡山・広島・愛媛・佐賀・福岡・沖縄の一部で使えます。

最終的には国内最多の基地局数50,000局超えを2023年度末までに構築する予定ですが、総務省からの5G割り当て時点では基盤展開率93.2%で申請しています。2021年には基地局数が10,000局を超える予定です。

ソフトバンク・楽天は未対応

ソフトバンクは5Gのサービス提供を開始していますが、ポケットWiFiの展開はまだありません。また、楽天モバイルは5Gの開始自体6月からの予定でしたが、コロナの影響で9月まで延期する見込みです。

この2社のポケットWiFiが登場するかどうかは、今後の展開を追っていく必要があります。

ソフトバンクの5G通信エリア

ポケットWiFiこそまだないものの、5Gのサービス自体は開始されているソフトバンクの5G通信エリアを紹介しておきます。しかし、通信エリアが明確なスポット・住所で示されているわけではありません。

東京都は新宿駅周辺・秋葉原駅周辺・銀座駅周辺・東京駅周辺・豊洲駅周辺などの主要スポットでした。大阪ではエリア展開がやや進んでおり、梅田から天王寺と鶴橋から大正を囲ったエリアなどがみられます。

5Gエリア割り当てのために総務省へ申請した時点の計画としては、2024年度末までに基盤展開率64.0%に達する予定です。

海外で発表されている5G対応のポケットWiFiルーター

国内キャリアで使える5G対応のポケットWiFiは上記の2機種ですが、海外では各メーカーから販売されています。ここでは、代表的なものとして2019年には発表されていた「HTC 5G HUB」を紹介します。

HTC 5G HUBは同時接続可能台数は20台で、4K動画視聴・ストリーミング・ゲーム利用向けのモバイルスマートハブです。オーストラリアをはじめとし、アメリカや欧州各地でも販売されています。

AndoroidのOSを搭載しており、スマートディスプレイとしても使えるのも特徴です。「ポケット」というよりはタブレットに近い大きさと自立できるほどの厚みがあります。

WiMAX回線の5G対応状況と今後の展開

WiMAXは無線通信規格の1つで、5Gへ対応した「WiMAX3(仮)」が登場すると見込まれています。

WiMAXとは

5G対応の紹介に入る前に軽く「WiMAXとは何か」を説明しておきます。WiFiと同じような無線通信規格ではあるものの、その規格はWiFiの「IEEE802.11」とは異なる「IEEE802.16」です。

移動端末に使われているのは「IEEE 802.16e」で、日本ではauと同じKDDI傘下のUQ コミュニケーションズが取り扱っています。現時点では「WiMAX2+」が主流です。

SIMチェンジWIFI

5G対応WiMAX3の基本方針は2020年上半期に決定される

現在は4G用の電波を利用しているWiMAX2+が主に使われていますが、5Gの開始によって5G用の電波を活用したWiMAX3(仮)が登場するとみられています。

日本でのWiMAX3のサービス開始がいつになるかは不明ですが、WiMAXの規格を策定しているアメリカの団体「WiMAX Forum」では、2020年上半期にWiMAX3の標準化策定を完了する予定です。

全国での5G対応は2023年以降を予定

日本でのWiMAXのサービス提供はKDDIグループのUQコミュニケーションズで、WiMAXで使用する回線はauのものです。

そのため、WiMAX3が全国展開になるのは、auの5Gの基地局が最終目標に達する2023年以降になるでしょう。段階的な進捗については、KDDIグループ・UQコミュニケーションズの発表待ちです。

5Gと4GのポケットWiFiを比較

新に登場した5G対応のポケットWiFi2種と、高速な通信を可能とする4G LTE対応既存機種「Speed WiFi NEXT W06」を比較します。

WiFi STATION SH-52ASpeed WiFi 5G X01Speed WiFi NEXT W06
キャリアドコモauau・UQ コミュニケーションズ
対応ネットワーク5G/4G LTE5G/4G LTE4G LTE/WiMAX 2+
受信最大速度3.4Gbps
4.1Gbps
2.8Gbps
4.1Gbps
1.2Gbps
送信最大速度182Mbps
480Mbps
481Mbps
183Mbps
75Mbps
WiFi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(WiFi6対応)IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(WiFi6対応)IEEE802.11a/b/g/n/ac
同時接続台数18台(WiFi:16台/有線LAN:1台/USB:1台)16台(WiFi接続)16台

5Gという技術に関していえば受信最大通信速度は10~20Gbpsとなり、4G LTEと比べると10~20倍になります。しかし、製品による最大速度で比較するとそこまでの差はありません。

どちらかといえば、5Gの対応よりもWiFi6の対応に注目するとよいでしょう。WiFi6はそれまでのWiFi規格と比べて高速になる上、下位互換があるためWiFi6対応外のデバイスでも使える新規格です。

このWiFi6も2020年が元年といわれており、屋内使用が快適になるため、今後の5Gの展開への期待も含めて新しいポケットWiFiを取り入れる価値は十分にあるといえます。

5G対応のポケットWiFiへの買い替えはいつがおすすめ?

これまでの情報を総合的に考え、いつ5G対応のポケットWiFiへ買い替えるべきかを検討してみましょう。

今すぐに買い換えるメリットはない

先に「新しいポケットWiFiを取り入れる価値は十分にある」と記載しましたが、これは間もなく使用できるようになるWiFi6に注目した場合です。

5Gの全国展開はまだ先になるため、5Gを利用するためにポケットWiFiを導入するという意図であれば、今すぐに買い換えるメリットはありません。

自身の生活圏と各キャリアの5G対応エリアが近ければ選択肢に入ってくるという程度です。

現時点では通信の快適さはWiMAXが優勢

5Gはまだエリアが限定的であるため、ポケットWiFiの購入を考えるならWiMAX対応を視野に入れることをおすすめします。安定的に速度が出ることと、月額利用料金が安価なことが理由です。

また、通信帯域を拡張でき、屋内でも高速で通信できます。UQコミュニケーションを大元としてプロバイダ各社がWiMAXを取り扱っていますが、中でも端末を実質0円で導入できるカシモWiMAXがおすすめです。

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

「Speed WiFi NEXTW06」と、ホームルータータイプの「Speed WiFi HOMEL02」を含め、全4種が端末代金0円の対象になっています。

送料も0円、月額料金も業界最安級の1,380円から利用できます。

初月1ヶ月目2~24ヶ月目25ヶ月目以降
ギガ放題プラン1,380円1,380円3,580円4,079円
ライトプラン(7GB)1,380円1,380円2,980円3,379円

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

全国展開が期待される2021年度が目安

5Gを利用できるポケットWiFiを導入するという意味では、ドコモ auが全国展開レベルに至る2021年度が切り替えの目安になります。

ソフトバンク回線を利用するなら2022年、楽天は今後の動向次第というところです。

屋外なら5G・屋内ならWiFi 6に注目

5GだけでなくWiFi6にも注目することをおすすめします。

5Gは屋外・スポット使用向け

5Gは直進性が強く遮蔽物の影響を受けやすいため、基盤展開率が上昇しても一般家庭等での屋内使用には長けていません。

ビルの少ない開けた場所やスタジアム・複合施設等のスポット的な運用向きです。

屋内の通信はWiFi 6を活用

5Gのデメリットを補完する存在として登場したのがWiFi6です。5Gや光回線を用いて10Gbps以上で通信できる機器と接続されていれば、これまでのWiFiよりも高速な通信が可能になります。

このように、屋外は5G・屋内はWiFi6と切り替えて使用することがおすすめです。

SIMチェンジWIFI

5Gの通信エリアが拡大されたらポケットWiFiを購入しよう

5G関連の新たな機器を導入しても、今はまだその恩恵を受け難い状況です。通信エリアが拡大されてから検討しても十分でしょう。

それまでの間は4G LTEの使用を続けつつ、速度改善を狙うならWiFi 6またはWiMAXを導入した方が効果を実感しやすいはずです。

切り替え時期は、各社の通信エリアの拡大の動向・5G通信に必要な月額料金等も鑑みて検討しましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい