1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMフリー端末のメリット・デメリット|SIMロック解除で使えなくなる機能は?本当にお得?

SIMフリー端末のメリット・デメリット|SIMロック解除で使えなくなる機能は?本当にお得?

更新日:2020.05.15

SIMフリー端末を使って格安SIMを運用すれば、月々の通信費を抑えることができます。SIMフリーのメリットやデメリットを解説しますので、導入を考えている方は要チェックです。

格安SIMの普及により、SIMフリーの端末へのニーズが高まりを見せています。そこで今回は、SIMフリー端末のメリットとデメリットについて解説します。

それに加え、SIMロックを解除することで使えなくなる機能についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

SIMフリーとは?

SIMフリーとは、携帯端末がどの携帯会社のSIMカードでも利用できる状態のことをいいます。

大手携帯キャリアで販売されている端末は、そのキャリアが発行するSIMカードしか使用できないように「SIMロック」されています。

SIMロックを解除すると、決まったキャリア以外のSIMカードも使用できるようになります。また、もとからSIMロックされていない「SIMフリー端末」として販売されることもあります。

SIMロックの解除方法は?

端末にSIMロックが掛かっていたとしても、条件を満たせばSIMロックを解除できるようになります。SIMロックを解除できる条件はそれぞれの携帯キャリアによって異なりますので、希望する場合は事前の確認が必要です。

また、SIMロックを解除するには、「スマホ・パソコンから」「キャリアショップ」「電話」の3つの方法があります。端末が発売された時期によって解除方法が異なるほか、方法によって発生する手数料にも違いがあります。

SIMチェンジではau・ドコモ・ソフトバンクなど各キャリアのSIMロック解除方法をご紹介しています。

SIMフリーのメリットは?

SIMロックを解除したりSIMフリー端末を購入したりすれば、さまざまな携帯会社のSIMカードを使用できるようになります。

では、端末のSIMロックを解除した状態にするとどのようなメリットがあるのか、詳しく解説していきます。

格安SIMを利用すれば通信費が安くなる

携帯端末をSIMフリーにする最大のメリットは、格安SIMを使用できるようになり通信費を安く抑えられることです。

これまで、携帯電話を利用する場合は大手携帯キャリアと契約する必要がありました。しかし、現在では大手キャリア以外にも多くの携帯電話事業者があり、ユーザーの利用スタイルや目的に合わせたさまざまなプランが提供されています。

また、格安SIMを扱う業者は大手キャリアの設備等を間借りする形で事業を運営しているので、大幅にコストカットが可能でユーザーが支払う利用料金も安く設定されています。

そのため、多くの選択肢のなかから自分に合った業者やプランを選択でき、通信費を安く抑えることができるのです。

豊富なオプションが存在

格安SIMでは、豊富なオプションが存在していることもメリットの1つといえます。

たとえば、BIGLOBEモバイルでは、「エンタメフリー・オプション」が利用できます。これは、定額料金でデータ通信量の制限を受けることなく、YouTube・Apple Music・Spotifyといった動画サービスや音楽サービスが使い放題になるというものです。

また、LINEモバイルでは、データフリーオプションとして「SNS音楽データフリー」を利用可能です。これは月額480円で、LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC利用時のデータ通信量をゼロにできるオプションサービスです。

このように、それぞれの格安SIM業者によって提供されている豊富なオプションサービスを利用できます。

海外でも自分のスマホがお得に利用できる

携帯端末をSIMフリーにしておけば、海外を訪れた際でも現地の携帯会社のSIMカードや海外利用に対応しているSIMカードに差し替えて利用できます。

そのため、これまでのような高額な海外プランを利用する必要がありません。また、専用のスマホやWiFiルーターをレンタルするよりもお得になる可能性が高くなります。

これなら、海外でも自由かつ低額でスマホなどの端末を利用できるようになり、たいへん便利といえるでしょう。

端末の売却価格が高くなる

未使用品・中古品に限らず、SIMフリー端末というだけで2万円以上買い取り価格が高く設定されているケースもあるようです。

現在、格安SIM業者による低額で利用しやすいサービスが多く提供されていることや海外でも利用しやすくなるなどの理由で、SIMフリー端末へのニーズが高まりを見せているためです。

買取価格も含めて考えても、大手携帯キャリアを利用するよりSIMフリー端末で格安SIM業者を利用するほうがお得になるといえるでしょう。

SIMフリーのデメリットは?

SIMフリーにすることでさまざまなメリットを享受できる一方で、デメリットも存在してます。

ただし、デメリットを解消するための方法がありますので、あわせて知っておくことが大切になるでしょう。

通話料金が高い

格安SIMでは月額料金が低く設定されていたり多彩なオプションサービスがあったりする代わりに、通話料金は高めに設定されています。

多くの格安SIMでは、30秒20円程度の通話料金が掛かることが多いです。

かけ放題・専用アプリが存在

格安SIMで通話を利用する場合は、かけ放題オプションや通話専用アプリがおすすめです。

通常の通話料金が高く設定されていますが、このようなオプションやアプリを利用すると通話料をかなり抑えることができるからです。

また、アプリによってはLINEのように無料で通話できるものもありますので、大きなデメリットにはならないでしょう。

格安SIMのかけ放題プランや無料通話について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

頻繁に通話を使用する方は無料通話やかけ放題オプションがある格安SIMの契約がおすすめです。

通信速度が不安定

S格安SIMでは大手携帯キャリアの回線設備を間借りして運営されているため、大手携帯キャリアと比較して通信速度が不安定になりやすいというデメリットもあります。昼の時間帯や夕方から夜にかけて回線が混雑しやすくなるため、通信速度が低下するのです。

そのため、できるだけ混雑しにくい格安SIMを選択する、もしくはモバイルWiFiと併用することが大切です。

速度チェッカーで確認

検索エンジンで「速度チェッカー」と検索すると、インターネットのスピードテストサービスを提供しているサイトを見つけることができます。これらのサイトでは、リアルタイムでの通信速度が確認できます。

また、「格安SIMスピードチェッカー」でも格安SIMの通信速度を確認できるので、ぜひ試してみてください。

LINEのID検索が利用できない

LINEのID検索には携帯キャリアでの年齢認証が必要で格安SIMでは年齢認証ができないため、ID検索は使用できないのです。

LINEモバイルなら認証不要で利用可能

出典:LINEモバイル

LINEモバイルなら格安SIMでも年齢認証不要でLINEのID検索を利用可能です。LINEのID検索を利用できるのは格安SIMではLINEモバイルのみです。

LINEをストレスなく使用したいという場合は、LINEモバイルの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

また、SIMカードなしでLINEに登録する方法を知りたい方は、以下の記事もぜひ読んでみてください。

テザリングが利用できない場合も

テザリングは端末をWiFiルーターのように使用する機能で、多くのユーザーが利用しているといわれています。

日常的にテザリング機能を使用するユーザーは、利用可能な端末や格安SIMを選択する必要があるでしょう。

APN設定などのハードルが高い

SIMフリー端末を格安SIMで利用する場合APN設定などを自分で行なう必要があり、人によっては面倒に感じることがあるでしょう。機械の設定などが苦手という方にとっては、ハードルが高いといえます。

格安SIMでは店舗を構えていない業者がほとんどです。そのため、自分で設定しないと端末が使用できないのです。

APN設定方法は実は簡単!

SIMカードを取り寄せた場合には説明書が添付されていますし、Web上でも設定方法が説明されています。

実際には2~3分程度で設定できるものですから、それほど心配する必要はないでしょう。

APN設定についてはこちらをご覧ください

サポート面が不安

SIMフリー端末を格安SIMで運用する場合、大手キャリアと比較してサポート面で劣る可能性があります。大手キャリアの場合、端末使用時の不明点からトラブルの対処法、万が一の場合の補償サービスなどが充実していますが、格安SIMに至ってはまだまだ足りていないといわざるを得ない状況です。

また、格安SIMでは店舗を構えていないケースが多いため、対面での対応を期待することはほとんどできません。

基本的にはインターネットを通じてやり取りを行ない、必要な場合は自分ですべて対処する必要があります。

キャリアメールなどの機能が使えない

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際、普段から利用しているサービスのアカウントや通知などにキャリアメールを設定している場合は、事前に変更しておかないと乗り換えた後に利用できなくなることがあるので、注意が必要です。

Gmailなどで代用可能

格安SIMではキャリアメールは利用できませんが、その代わりにフリーメールで代用することは可能です。

Yahoo!メールやGmailといったサービスを使用すれば、アカウント設定や通知サービスなどに対応できます。

Yahoo!メール

Yahoo!メール
無料
posted withアプリーチ
Gmail - Eメール by Google

Gmail – Eメール by Google
無料
posted withアプリーチ

クレジットカードでしか支払いができない

格安SIMによってはクレジットカードでしか支払いができないケースがあります。未払いを防ぎつつ人件費をカットするために、支払方法がクレジットカードのみという格安SIMが多いのが現状です。

大手キャリアでは口座振替も利用可能でしたが、すべての格安SIMが対応しているわけではありません。

口座振替が可能な格安SIMも

数は少ないですが、口座振替に対応している格安SIMも存在しています。

以下の記事では、口座振替が可能な格安SIMについて比較していますので、気になる方は参考にしてください。

まとめ

今回はSIMフリーのメリットやデメリットなどについて解説しました。

SIMフリーをうまく活用すれば、毎月の通信費を抑えることが可能になります。固定費の節約は効果が大きいのでぜひ試してみてください。

SHARE!!

あわせて読みたい