1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiMAXのクレードルとは?必要なケースや使い方について解説

WiMAXのクレードルとは?必要なケースや使い方について解説

更新日:2020.03.14

WiMAXはクレードルという台座が使用できます。クレードルはただルーターを置く以外にも、使用することで用途が広がります。必要なケースや使い方を知り、WiMAXのクレードルを活躍して快適にネットを楽しみましょう。

Wi-Fiルーターサービスの1つであるWiMAXには、クレードルという付属部品があります。WiMAXはクレードルがなくても使えますが、あったほうがよいこともあります。

クレードルの必要性は使用する用途や環境によって異なるため、いかなるシーンで使うのかを知っていきましょう。

クレードルの使い方も参考にしながら理解を深めていくことで、より快適にWiMAXを使えるようになります。

SIMチェンジWIFI

WiMAXのクレードルに関する基礎知識

まずはWiMAXのクレードルがどのようなものなのかを紹介します。クレードルの基本的な機能から使用するメリットやデメリット、価格や購入場所などについて解説します。

クレードルの機能は

WiMAXはWi-Fiを使ってインターネットに無線接続できますが、クレードルを使用することで有線接続もできるようになります。

クレードルはLANケーブルやACアダプタを使用して接続できるため、有線接続でネットを使いたい人におすすめです。

クレードルのメリットは

クレードルに接続してWiMAXを使うメリットは、次の3つがあげられます。

  • 有線接続ができる
  • ルーターを充電しながら使える
  • 通信速度が速くなりやすい。

クレードルを使うことで、LANケーブルやACアダプタで接続できるため、無線だけではなく、有線でも使えるようになります。

有線接続は無線よりも接続や通信のラグが少ないため、インターネットがより安定して、快適な通信速度で使えます。

また、クレードルを使用することで、WiMAXを充電したまま使えます。バッテリー切れの心配がなくなるため、長時間連続使用したい場合にも便利です。

自宅でのみ利用するなら充電しながら安定した環境で使えるため、クレードルをつけたほうがより通信は快適になります。

SIMチェンジWIFI

クレードルのデメリットは

利用することで様々なメリットが得られるクレードルですが、デメリットもあります。

回線業者やプロバイダと契約時にクレードルがもらえることは多いですが、これを選択するとキャッシュバックなどの特典が減ることも少なくありません。

キャンペーン内容によってどのような措置になるかは異なりますが、キャシュバックや月額料金の割引額の減額、備品のプレゼント特典がなくなるなどのケースがあげられます。

クレードルのプレゼントに数千円相当分の特典を受け取っていることになるため、大きな損ではないものの、キャッシュバック減額などがあることはあらかじめ知っておきましょう。

クレードルの価格は

クレードルは契約時に購入するだけではなく、契約後にも買えます。購入先や機種によって金額は異なりますが、大体2,000~4,000円程度で購入可能です。

クレードル自体は比較的安価であるため、まずはクレードルなしで使ってみて、必要だと感じてから追加で購入してもよいでしょう。

購入できる場所は

クレードルは次の場所で購入できます。

  • UQモバイルのアクセサリーショップ
  • 家電量販店
  • 通販サイト

どこで購入するかによって、金額は変動します。また、購入先によっては特典がつくこともあるため、それぞれの違いを比較し、もっとも条件のよいものを選ぶとよいでしょう。

WiMAXのクレードルが必要になるケース

WiMAXを使っていてクレードルが必要なのは、次のケースに該当する場合です。

  • 持っているパソコンが古い
  • WiMAXを持ち歩かない
  • オンラインゲームをプレイする

これらのうちのいずれかに当てはまる場合は、クレードルを導入することがおすすめです。

持っているパソコンが古い場合

WiMAXを使うには無線接続できる環境が必要ですが、使用しているパソコンが古いと場合によっては無線接続に対応していないこともあります。そのため、クレードルを用いて有線接続をします。

また、クレードルを使用することで通信速度を速めることも可能です。古いパソコンだと通信速度が低下したり、通信の安定性が下がったりすることも多いため、クレードルを使用することがおすすめです。

WiMAXを持ち歩かない場合

機種によっては持ち運びが可能なWiMAXですが、自宅で据え置き器としても使えます。外出先での利用を考えない場合は、クレードルの使用がおすすめです。

クレードルに接続することで、充電しながら使用できます。完全に自宅のみで使用するなら、クレードルを使うと快適に利用しやすくなります。

オンラインゲームをプレイする場合

オンラインゲームや動画の視聴など、大容量通信を行う場合は安定した通信ができるため、クレードルの使用がおすすめです。クレードルを使って有線接続すると、より安定した環境で高速通信ができます。

無線でも大容量通信はできますが、場合によってはタイムラグが出たり、接続が不安定になったりすることもあります。

無線だとスムーズに通信できない場合は、一度クレードルを使った有線接続に切り替えてみるとよいでしょう。

WiMAXのクレードルの使い方

実際にクレードルを使用するには、WiMAXと使用する機器の両方を接続する必要があります。接続方法は機器によって違うため、これらのやり方を紹介します。

接続方法を知っておくことで、よりスムーズにクレードルを使えるようになります。

PS4などのゲーム機と接続する場合

インターネット接続ができるゲーム機なら、クレードルを使用してWiMAXと有線接続ができます。PS4以外でも、ネット環境に対応しているものならクレードルの使用が可能です。

接続する際には、まずはゲーム機側でインターネット設定を行います。その後WiMAXをクレードルに設置して、LANケーブルでゲーム機と接続をします。

クレードルを使う場合は有線接続になるため、事前にLANケーブルを用意しておきましょう。

固定回線の無線LANとして使用する場合

クレードルは固定回線と接続して、Wi-Fiのアクセスポイントとしての使用も可能です。固定回線で使用している無線LANをクレードルに接続することで、無線LANとして使えます。

固定回線だけで十分な通信速度が出なかったり通信が不安定になったりするようなら、一度クレードルと接続してみることがおすすめです。

出張先のホテルが有線LANにしか対応していない場合

ホテルなどでは部屋に有線LANの環境しかなく、無線接続ができないこともあります。有線LAN環境しかない場合でも、WiMAXをクレードルを使って接続することで無線での接続が可能です。

クレードルは有線LANと接続することでWi-Fiのアクセスポイントとして使えるため、無線接続を利用したい場合にも使えます。

WiMAXのクレードルをお得に購入するには

クレードルは2,000~4,000円程度と価格に幅があり、どのように購入するかによって金額は異なります。そのため、お得に購入するための方法を知り、少しでも安くクレードルを手に入れましょう。

購入方法を工夫すると、クレードルを安価で、あるいは無料で入手できることもあります。

事前に公式サイトの価格を確認する

まずはUQモバイルのアクセサリーショップで、いくらで発売されているかを確認しておきます。Amazonなどの通販サイトでも購入できますが、場合によってはUQ公式サイトのほうが安いこともあります。

そのため、まずはUQ公式サイトで価格をチェックし、通販サイトのほうが高い場合はUQ公式サイトで購入するとよいでしょう。

反対に通販サイトのほうが安い場合もあるため、いくつか確認して比較しておくことがおすすめです。

安く契約できるプロバイダを選ぶ

新規契約や他社への乗り換えを検討している場合は、お得な特典を実施しているプロバイダを選びましょう。プロバイダによっては月額料金が安いだけではなく、契約時の特典によって無料でクレードルがもらえることもあります。

ただし、クレードルのプレゼント特典を選ぶと、キャッシュバックや割引などが少なくなることもあります。

そのため、クレードルのプレゼントを選んだ場合のキャッシュバックや割引額は確認しておき、実質のコスト負担がもっとも少ないものを選びましょう。

プロバイダによってはWiMAXの最新機種が選べ、かつクレードルを安価で購入できることもあります。キャッシュバックが受けられることもあるため、複数の会社で比較してから契約先を選びましょう。

キャンペーンは随時更新され、期間限定のものも多いです。契約する際には、その時点でどのようなキャンペーンが使えるのかを確認し、適用の条件をチェックしておきましょう。

お得なキャンペーンを実施しているプロバイダ3選

WiMAXのクレードルを購入する際には、安く契約できるプロバイダを選ぶことがポイントの1つです。

プロバイダでは独自のお得なキャンペーンを実施しており、ここでは特にお得なキャンペーンを実施しているプロバイダを3社紹介していきます。

WiMAXを契約できるプロバイダは他にも多くあります。ワイマックスとそのほかモバイルWI-FIを比較紹介したこちらポケットWi-Fiの選び方とおすすめを解説も参考にしてみてください。

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXは、月額料金1,380円からWiMAXが利用できるお得なプロバイダです。インターネットの利用頻度に応じて、次のような2つのプランが設けられています。

ギガ放題プランライトプラン
初月1,380円1,380円
1ヶ月目1,380円1,380円
2~24ヶ月目3,580円2,980円
25ヶ月目以降4,079円3,379円

カシモWiMAXは多くのプロバイダが実施しているキャッシュバックはないものの、次のようなお得なキャンペーンを実施しています。

  • 端末代金:無料
  • 月額料金:割引

20,000円相当の端末が無料で手に入り、月額料金も42,755円相当が割引されるのでお得にWiMAXを利用できます。

キャンペーンが適用されると、3年間で62,755円相当がお得になる仕組みです。さらに、今契約すると端末の送料が無料になるキャンペーンも実施されています。

カシモWiMAXの詳しい内容はカシモWiMAXの特徴を徹底解説|口コミ評判・メリットなどを調査しましたで解説しています。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

GMO とくとくBB WiMAX

出典:GMOWiMAX

GMOとくとくBB WiMAXは、キャッシュバックの金額が他社と比べて高額なことが魅力のプロバイダです。料金プランは、インターネットの利用頻度に応じて2種類設けられています。

ギガ放題プラン7GBプラン
初月3,609円の日割り3,609円の日割り
1~2ヶ月目3,609円3,609円
3ヶ月目以降4,263円3,609円

ギガ放題プランは利用できるデータ量の上限を設けていないため、データ量を気にせずインターネットが楽しめるプランです。一方の7GBプランは、インターネットの利用頻度が少ない人向けのプランです。

GMO とくとくBB WiMAXでは、最大31,600円相当がキャッシュバックされるなどのキャンペーンを実施しています。詳しい内容は、次の通りです。

  • キャッシュバック:最大31,600円
  • 端末代:0円
  • 端末の発送:即日
  • キャンセル:20日以内なら0円

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

Broad WiMAX

出典:BroadWiMAX

Broad WiMAXは、顧客満足度とサポート充実度がナンバーワンの実績を誇るプロバイダです。

インターネットの利用頻度に応じて、次のような2つのプランが設けられています。

ギガ放題プランライトプラン
初月2,726円の日割り2,726円の日割り
1~2ヶ月目2,726円2,726円
3~24ヶ月目3,411円2,726円
25ヶ月目以降4,011円3,326円

他社からBroad WiMAXに乗り換える場合、解約解除に伴う違約金を負担してくれるキャンペーンを実施しています。

金額は最大で19,000円と高額なため、更新月以外の解約を検討している人にはおすすめです。

BIGLOBE WiMAX 2+を契約する!

SIMチェンジWIFI

WiMAXのクレードルに関する注意点

WiMAXでクレードルを使用する場合は、次の2つに注意が必要です。

  • 機種によってはクレードルがない
  • クレードルにはACアダプタがついていない

注意点を知ることで、より快適にクレードルを使用できます。

機種によってはクレードルがない

WiMAXは機種によってはクレードルがなく、接続ができないものもあります。最新機種の「Speed Wi-Fi NEXT W06」にはクレードルがありません。クレードルを使用したい場合は別の機種を選びましょう。

なお、「W06」は、クレードルを廃止した代わりに、ハイモードアンテナと呼ばれる受信感度を高める機能が搭載されており、無線でも快適に通信できます。有線接続の必要がなければ、こちらを検討するのもよいでしょう。

クレードルにはACアダプタがついていない

WiMAXとクレードルは、両方ACアダプタが付属していません。そのため、ACアダプタによる接続をしたい場合は、別途購入が必要です。

ACアダプタは1,000~2,000円程度で購入できます。ACアダプタは必須ではないため、一度使ってみてから必要に応じて追加購入してもよいでしょう。

使用しないのにACアダプタを購入すると、備品を余らせてしまうことになります。

クレードルが必要か不要かを見極めよう

WiMAXと接続して使えるクレードルは、ネットを利用するうえでは絶対に必要なわけではありません。そのため、どのようなネットの使い方をしているかを考え、必要かどうかを考えてみましょう。

有線接続による通信をしたい場合やより安定した環境で利用したいなら、クレードルの使用がおすすめです。外出先での利用が多かったり無線接続でも問題なく使えている場合は、クレードルなしのままでも構いません。

必要性に応じてクレードルを導入し、自分の利用環境に合った方法でネットを利用しましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい