1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiFiが圏外になる原因とは|ケース別の対処法も徹底解説

WiFiが圏外になる原因とは|ケース別の対処法も徹底解説

更新日:2020.06.22

Wi-Fiが圏外になって使えない、と困った経験はありませんか。そこでこの記事では、Wi-Fiが繋がらない原因やモバイルWi-Fiが圏外になったときの対処法、自宅のWi-Fiが圏外になったときの対処法などを取り上げます。

スマホがWiFiに繋がらないとき、どう対処すればよいのかわからず、困ったことはありませんか。WiFiが繋がらないときは、その原因にあわせた対処が必要です。

このページでは、WiFiが圏外になる原因やケース別の対処法を紹介します。WiFiが圏外になって使えないなどと困っている人は、参考にしてください。

SIMチェンジWIFI

WiFiが繋がらない原因を考えよう

WiFiが繋がらない原因を探るときは、WiFiのルーター側の問題なのか、それともスマホなどのデバイス側の問題なのか見極めましょう。

通信障害が起きていないか、料金がきちんと支払われているかも確認することも重要です。

ここでは、WiFiが繋がらない原因を考える方法を紹介します。

ルーター側の問題かデバイス側の問題か見極める

最初にWiFiに繋がらない原因が、WiFiのルーター側にあるのか、それともスマホなどのデバイス側にあるのか見極める必要があります。

スマホやタブレット、パソコンなど複数のデバイスを接続して使用している場合、繋がらないのは1つのデバイスだけなのか、あるいはすべてのデバイスが繋がらないのかをチェックします。

すべてのデバイスがWiFiに繋がらない場合は、WiFiのルーター側に問題が生じている可能性が高いです。

1つのデバイスだけ繋がらず、他のデバイスは問題なく繋がるという場合は、デバイス側に問題がある可能性が高いです。

通信障害が起きていないか確認する

WiFiのルーター側にもデバイス側にも問題が見当たらない場合は、回線やプロバイダーで障害が発生していたり、メンテナンスをしていることが原因である可能性が高いです。

その場合は、回線会社やプロバイダに問い合わせしたり、公式ホームページから情報をチェックしましょう。

料金がきちんと支払われているか確認する

通信費用が未払いになっている人は、WiFiが繋がらなくなってしまいます。

支払い方法を口座引き落としなどにしている場合は残高が不足していないかをチェックし、料金が延滞している場合は速やかに支払いましょう。

口座引き落としからクレジット払いに変更すれば、残高不足による延滞を防げます。

モバイルWiFiが圏外になったときの対処法

モバイルWiFiが圏外になったときの対処法は、ケースによって異なります。

  • 端末に故障や障害が生じているケース
  • 速度制限がかかっているケース
  • 自分のいる場所が対象エリア外であるケース
  • 機内モードがオンになっているケース

こうしたケース別に、モバイルWiFiが圏外になったときの対処法を紹介します。

端末に故障や障害が生じているケース

モバイルWiFiルーターに故障・障害が生じ、WiFiが圏外になってしまうケースもあります。この場合、ルーターの画面上のエラー表示などで確認できることがほとんどです。

このような場合は、ルーターを再起動させてみましょう。再起動しても問題が解決しない場合は、メーカーのサポートセンターなどに問い合わせましょう。

速度制限がかかっているケース

速度制限がかかっているとは、受信環境によってはほとんど繋がらなくなってしまう状態になることもあります。このケースでは、パケットを追加購入するか、制限時間が過ぎれば、元も速度に戻ることがほとんどです。

また、契約しているプランの容量で足りない場合、他のプランへの切り替えを検討する必要があります。

自分のいる場所が対象エリア外であるケース

自分のいる場所がモバイルWiFiの対象エリア外の場合も、インターネットを接続できません。

対象エリアなのかどうか調べるためには、プロバイダのホームページからチェックしましょう。

普段使う場所が度々圏外になるようであれば、ルーターの機種変更やプロバイダの解約の検討をおすすめします。

機内モードがオンになっているケース

スマホだけではなく、モバイルWiFiのルーターにも機内モードが搭載されています。機内モードになっている場合、電源が入っていてもデータ通信ができません。

モバイルWiFiのルーターの誤操作によって機内モードになってしまうこともあるため、機内モードになっていないかチェックしましょう。

SIMチェンジWIFI

自宅のWiFiが圏外になったときの対処法

ルーターの位置が問題になったり、電波干渉が起きていたりして、自宅のWiFiが圏外になるケースもあります。ここでは、自宅のWiFiが圏外になったときの対処法を解説します。

ルーターの位置が問題のケース

急にWiFiが繋がらなくなった場合、家具の配置が変わったり、地震などによって、本来の位置からルーターがずれていたりする可能性があります。

WiFiルーターが最適な位置からずれてしまうと、電波が届きにくくなることもあります。そのため、最初に置いた位置からずれていないか確認しましょう。

また、WiFiの電波は水を通過しづらい性質があることから、キッチンや風呂場などの水回りや水槽からは離れた場所に置くようにしましょう。

金属製の棚の中などに近い場所でも電波が弱くなり、通信が途切れやすくなることがあります。

電波干渉等が起きているケース

周りに同じ周波数帯を使う家電があると電波が混み合い、電波干渉が起こります。電波干渉もWiFiが繋がりにくくなる原因の1つです。

また、WiFiルーターを床にじかに設置することも避けましょう。じか置きは、電波が床面に反射してしまい、速度低下などに繋がります。壁面から離れた場所に置けば、電波が広がりやすくなります。

WiFiルーターの設置場所を選べないという人は、中継器を導入しましょう。中継器は、WiFiルーターとデバイスの間に設置して、電波を届きやすくするアイテムです。

中継器の設置場所も、電波干渉などが起きないところを選んでください。

ルーターの置き場所を変えたり、中継器を導入したり、ルーターの電源を入れ直しても安定しないときは、ルーターのオートチャネルセレクト機能を「使用する」に変更することで改善する場合があります。

メーカーのWebサイトにログインするとルーターの変更設定ができるので、試してみましょう。

モデムや無線LANルーターに不具合が生じているケース

モデムや無線LANルーターに何らかの不具合が生じて、繋がらなくなっているケースも少なくありません。

この場合、一度モデムと無線LANルーターの電源プラグをコンセントから外し、数分後に再起動するという方法で不具合が改善される可能性があります。

また、古く劣化したケーブルを新品と交換することで、問題が解決することもあります。

スマホなどのデバイス側に原因がある場合の対処法

スマホなどのデバイス側に原因がある場合は、次の方法で対処しましょう。

  • デバイスの設定を確認する
  • WiFiを一度オフにしてから再度オンにする
  • SSIDとパスワードを入力し直す
  • デバイスを再起動する

デバイスの設定を確認する

デバイス側のWiFi設定がオンになっているかどうか確認して、オフの状態であれば、オンに切り替えましょう。

スマホを使っている人は、場所によってWiFi機能とLTE回線を使い分け、WiFi機能をオンに切り替えていない可能性もあります。

また、通信料やバッテリーを節約し、通信をできなくしてしまう、機内モードがオンになっていないかもチェックしてください。オフに切り替えれば、インターネットが利用できます。機内モードがオンになっているときは、画面の上に飛行機マークが表示されます。

WiFiを一度オフにしてから再度オンにする

無線ルーターとの接続に一時的に不具合が生じ、WiFiがとぎれている可能性があります。このケースでは、デバイスの設定画面で一度WiFiをオフにして、再度オンにすると繋がるかもしれません。

また、基本ソフトが最新バージョンに更新されていない場合も、WiFiに繋がらない原因の1つにあげられます。アップデートすることで、WiFiに繋がるだけではなく、セキュリティを向上させます。

SSIDとパスワードを入力し直す

スマホなどのデバイスをWiFiに接続するとき、一度SSIDとパスワードを接続すると、その後も再入力することなく自動的に繋がります。

しかし、スマホの不具合やソフトウェアのアップデートなどによって、SSIDとパスワードの設定がリセットしている可能性があります。

この場合は、再度SSID・パスワードを入力し直すことで、問題を解決できることがほとんどです。SSIDとパスワードは、WiFiルーターを確認しましょう。

SSIDなどが合っているのに繋がらないときは、設定情報を削除して、登録し直してみることをおすすめします。

デバイスを再起動する

WiFiの設定を確認しても解決されない場合は、スマホの再起動を試してみましょう。再起動には、メンテナンス効果もあり、少しの不具合であれば改善される可能性もあります。

デバイスごとに再起動の方法は異なりますので、説明書などに目を通しておきましょう。

SIMチェンジWIFI

原因に合った対処法を試してみよう

WiFiが繋がらないときは、その原因を考えます。WiFi側の問題かデバイス側の問題か見極め、通信障害が起きていないか確認しましょう。

モバイルWiFiが圏外になったときの対処法は、一度再起動したり、追加でパケットを購入したり、機内モードをオンに変更したりすることです。

自宅でWiFiが圏外になっているときは、ルーターの位置を動かしたりします。料金がきちんと支払われているかも念のためチェックしましょう。

スマホなどのデバイス側に原因がある場合は、デバイスの設定を確認するだけではなく、WiFiを一度オフにしてから再度オンにしたり、SSIDとパスワードを入力し直したりすることをおすすめします。

不具合が頻繁に起きる場合には、WiFiの乗り換えを検討してみてもいいかもしれません。自分が使うエリアでより安定した速度・通信ができるサービスを探してみましょう。

WiFiを選ぶ際は、速度等だけでなく、料金プランや実施中のキャンペーンもチェックして比較するのがおすすめです。乗り換えを検討する人はぜひこちらポケットWiFiの選び方とおすすめを解説も参考にしてください。

SHARE!!

あわせて読みたい