1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Wi-Fiルーターの対応エリアを比較|おすすめのWi-Fiやルーターを選ぶコツとは

Wi-Fiルーターの対応エリアを比較|おすすめのWi-Fiやルーターを選ぶコツとは

更新日:2020.03.20

さまざまな種類のWi-Fiルーターが出回っていますが、Wi-Fiルーター選びで気になるのはその対応エリアでしょう。購入したWi-Fiルーターが自分の使用エリアに対応しているのかどうか、どのように確認すればいいのでしょうか。対応エリアの確認方法やおすすめの回線を紹介していきます。

現在多くの通信会社から様々な種類のWi-Fiルーターが販売されています。選択肢が多いことから、どのWi-Fiルーターを利用すればいいのか分からず困っている方も多いのではないでしょうか。

ここではおすすめのWi-Fiルーターの種類や対応エリア、特徴などをそれぞれ紹介します。

SIMチェンジWIFI

Wi-Fi対応エリアが全国の回線とその特徴

Wi-Fiルーターを選ぶ場合、そのWi-Fiルーターがどのようなスペックを有しているのか気になるところです。

とくに対応エリアは大切であり、せっかく購入したもののエリアが対応していなければ無駄な買い物になってしまいます。

日本全国で利用できる回線であれば安心です。ここでは、全国の回線に対応している代表的なWi-Fiルーターとそれぞれの特徴を紹介します。

ドコモ回線でのWi-Fi接続

ドコモ回線はほぼ日本全国に対応している回線です。最新のWi-Fiルーターである「Wi-Fi STATION HW-01L」は、受信時の最大通信速度が1288Mbpsであり、送信時は131.3Mbpsとなっています。

さらにドコモ回線はPREMIUM 4Gという通信サービスの進化により、光回線並みの安定した高速通信を実現しています。

周波数帯域のバランスが良くLTE回線も充実しているため、ドコモ回線を使ったWi-Fiルーターであれば繋がりやすい特徴があります。

ソフトバンク回線でのWi-Fi接続

ソフトバンク回線は全国対応している回線の1つです。ソフトバンク回線を使った最新のWi-Fiルーター「Pocket WiFi 802ZT」は、受診時の最大通信速度が988Mbpsとなります。

バッテリーが3,000mAhと大容量であり、旅行や出張の際も安心して利用できるでしょう。3日で10GBを超えた場合には、1〜50GBの通信制限が入る点には注意しましょう。

SIMチェンジWIFI

ワイモバイル回線でのWi-Fi接続

ワイモバイル回線も全国対応の回線です。ワイモバイル回線を利用したモバイルWi-Fi「Pocket WiFi 803ZT」は受診時の最大通信速度が988Mbps、送信時の通信速度が37.5Mbpsとなっています。

ドコモほど高速ではありませんが、動画視聴やメールの送受信などとくにストレスを感じることなく、インターネットを十分利用することができるでしょう。データ容量も無制限なので仕事でも安心して利用できます。

しかし、ワイモバイル回線でのWi-Fi接続は通信するエリアによっては最大通信速度が変わるなど、速度が不安定な場合があります。

auやUQ WiMAXでのWi-Fi接続

auUQ WiMAXのモバイルWi-Fiは、いずれもKDDI系列のサービスであり、端末や回線が同じ回線です。いずれもデータ容量が無制限なので安心して利用できる特徴があります。

UQ WiMAXの代表的なモバイルWi-Fi「W06」は、受信時の最大通信速度が1.2Gbps、送信時の最大通信速度が75Mbpsとなっている高速回線ですが、エリアに制限があるので契約する際はエリアの確認が必要です。

Wi-Fi対応エリアの調べ方

現在3大キャリアをはじめ多くのメーカーがWi-Fiルーターを販売しています。消費者の選択肢の幅が広がり、性能のよいWi-Fiルーターを手に入れることができるようになりました。

しかし、せっかく購入したWi-Fiルーターが自分の利用するエリアに対応していなければ、サービス対象外となってしまいます。

Wi-Fiルーターを購入するのであれば、購入予定のWi-Fiルーターの対応エリアが自分が利用するエリアを含んでいるのか事前に確認しましょう。

Wi-Fi対応エリアはどのように調べればよいのでしょうか。ここでは前述したWi-Fiルーターごとの対応エリアの調べ方を紹介します。

ドコモのWi-Fi対応エリア

ドコモのWi-Fi対応エリアを確認するためには、以下の手順で確認作業を進めます。

  1. ドコモ公式サイト「通信・エリア」のページにアクセス
  2. 「住所で検索」の検索窓に住所の一部や施設名を入力(都道府県名から希望の地域を選択可)
  3. エリアマップ選択を行い対応エリアかどうかを色で確認

PREMIUM 4Gの対応エリアは赤色、LTE対応エリアはオレンジ、800MHzのLTE対応エリアは紫など、サービスごとの対応エリアを色別で表しています。

ソフトバンクのWi-Fi対応エリア

ソフトバンクのWi-Fi対応エリアの確認方法や検索結果の見方について解説します。

  1. ソフトバンク公式サイト「サービスエリア」のページにアクセス
  2. 製品カテゴリーを選択
  3. メーカーを選択
  4. 機種名を選択
  5. 地図上のエリアを選択
  6. 表示された色でエリアかどうか判別

ソフトバンク4G(4G LTE)の対応エリアは赤色、ソフトバンク3Gの対応エリアはピンクなど、サービス内容ごとに色別に表示されるので確認しましょう。

ワイモバイルのWi-Fi対応エリア

ワイモバイルのWi-Fi対応エリアの確認方法や検索結果の見方について解説します。

  1. ワイモバイル公式サイト「対応エリア」のページにアクセス
  2. 利用する機種を選択
  3. 表示されたエリアマップ上にある都道府県をクリック

さらに住所やキーワードを検索窓に入力して検索することも可能です。高速データ対応エリアは赤色、アドバンスモード対応エリアは紫で表示されます。

auやUQ WiMAXのWi-Fi対応エリア

UQ WiMAX公式サイトのサービスエリアの検索方法と、検索結果の見方について紹介します。

  1. UQ WiMAX公式サイト「サービスエリアマップ」にアクセス
  2. 都道府県をクリックもしくはキーワードを検索窓に入力
  3. 該当エリアの地図が表示

WiMAX、WiMAX2+、LTEそれぞれのサービスが提供しているかどうかを色別で確認できます。

対応エリアの広さならクラウドSIMがおすすめ

それぞれのWi-Fiごとに対応エリアが異なるため、エリア確認は慎重に行う必要があります。

対応エリアが広いWi-Fiルーターを希望するのであれば、「クラウドSIM」の利用をおすすめします。

クラウドSIMはauやドコモ、ソフトバンクなど複数の回線を利用できることから、他のWi-Fiと比べて対応エリアが広く使い勝手がよいのです。

ちなみにクラウドSIMは中国の会社「uCloudlink」が開発した次世代型の通信技術であり、「バーチャルSIM」とも呼ばれています。

クラウドサーバー上でSIMカードを管理しているため、カードを挿す必要がないのも特徴の1つです。

クラウドSIMは比較的新しいサービスであり、それほどサービスが充実しているわけではありません。しかし対応範囲が広いなど利便性が高く、今後ますます注目が増すことでしょう。

トリプルキャリアの回線に繋がる

クラウドSIMの特徴として、利用する場所に応じて自動的に回線を切り替えてくれる点があげられます。

もし回線が切れたとしても、auやドコモ、ソフトバンクの回線から自動で最適なものを選びネットに接続してくれるのです。

例えば、利用場所がソフトバンクのエリア外であったとしても、自動的にauやドコモの回線を選んで繋いでくれるため安心して利用できます。

また、クラウドSIMは海外でインターネットを利用する際も便利だと言われています。

海外に持っていけば自動的に現地の回線に繋がるため、別途Wi-Fiの契約をしたり現地でSIMカードを購入する必要がありません。

頻繁に海外に訪れる方は一度クラウドSIMを検討してみてもよいでしょう。

おすすめクラウドSIMサービス3選

ここからは、おすすめのクラウドSIMサービスを3つ紹介します。

どんなときもWiFi

出典:どんなときもWiFi

どんなときもwifiは2020年3月から頻発している通信障害の影響で、現在新規の受付を停止しています。SIMチェンジでは、その他のおすすめポケットWiFi/WiMAXをご紹介していますので、ぜひご一読ください。

比較的早くから登場していた「どんなときもWifi」は、株式会社グッド・ラックがサービス提供しているクラウドSIMです。

国内大手キャリアであるドコモ、ソフトバンク、auのLTE回線に繋がるので、安心して利用できる特徴があります。

どんなときもWiFiは月額3,480円で利用でき、支払い方法はクレジットカードと口座振替(ベーシックデータ放題プラン)に対応しています。

契約は2年ごとの自動更新となり、更新月以外の時期の解約は解約手数料が発生するので注意しましょう。

どんなときもWifiを契約する!

限界突破WiFi

出典:限界突破WiFi

エックスモバイルが2019年10月に発売開始した「限界突破Wi-Fi」は、通信容量が無制限であり、海外(世界107カ国)での利用できます。

オリジナルの地図アプリや翻訳アプリがあり、海外に行く機会が多い方にはおすすめです。

月額3,500円で利用でき、支払い方法はクレジットカードと口座振替が用意されています。限界突破WiFiは公式ホームページの申し込みサイトもしくは全国のエックスモバイルの店頭で申し込みが可能です。

限界突破Wi-Fiを契約する!

めっちゃWiFi

出典:めっちゃWifi

めっちゃWiFiは、スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社が提供しているクラウドSIMサービスです。

月額利用料金は、契約期間に関わらず月額3,480円のままなので安心です。めっちゃWiFの最低利用期間は2年間ですが、25ヶ月目以降なら解約手数料がかからず、いつでも契約を解約することができます。

「どんなときもWiFi」との共通項が多く、初期費用が3,000円かかる点や契約が2年間ごとの自動更新となっている点は、どんなときもWiFiと同じ特徴です。

めっちゃWiFiを契約する

契約するWi-Fiルーターを選ぶ3つのコツ

クラウドSIMの登場により、Wi-Fiルーター業界ははさらに複雑になっています。

Wi-Fiルーターの知識があまりない方やこれまでWi-Fiルーターを購入したことがない方は、何を基準にしてWi-Fiルーターを契約すればいいのか分かりずらいかもしれません。

ここからは、多くのWi-Fiルーターの中から満足いくWi-Fiルーターを選ぶコツを3つ紹介します。

SIMチェンジWIFI

利用予定のエリアで高速通信ができるか

Wi-Fiルーターを選ぶ際は、まずは自分が利用する予定のエリアに高速通信サービスが対応しているのか確認してください。

いくら対応エリアが広かったとしても、実際に使いたいエリアで高速通信ができないと契約する意味がなくなってしまいます。

契約する前に各回線の公式ウェブサイトにアクセスして、利用予定の住所や場所がサービス提供エリアに入っているのかを、必ず確認しましょう。

速度制限の条件

ほとんとのWi-Fiルーターは、ネットワーク品質の維持や公正な電波利用の観点から、継続的かつ著しく大量にネットワークを占有した場合は速度や通信量を制限する規定が設けられています。

メーカーごとに制限基準は異なりますが、制限時の速度は概ね300〜400Kbpsに設定されています。

ちなみにUQ WiMAXの場合、通信制限時の速度はおおむね1Mbpsとなります。1Mbpsであれば動画の閲覧は可能ですが多少画質が劣化する可能性があります。

利用予定のデータ容量での月額料金

大手キャリアであるソフトバンクやドコモのWi-Fiルーターは、データ容量に30Gや50Gの制限がありながら月額の利用料金が高いため、他のメーカーと比べてコスパが悪いと感じている方も多いようです。

データ容量無制限のUQ WiMAXの「ギガ放題」では、月額料金がずっと変わらず3,880円(税抜き)となっています。

Wi-Fiの対応エリアはキャリアの公式で検索しよう

Wi-Fiルーターを選ぶ際、月額の通信料金や通信制限などが気になりますが、そもそも利用できなければ契約しても意味がありません。

今からWi-Fiルーターを導入するのであれば、まずはそのWi-Fiルーターが自分が利用を予定するエリアに対応しているのかを確認しておきましょう。

大手キャリアであるドコモやソフトバンク、auの公式サイトには、Wi-Fiの対応エリアを確認できるページが用意されており、簡単に対応エリアの確認ができます。

クラウドSIMであれば自動的にキャリアの回線に繋がることを踏まえると、Wi-Fiルーターの契約をする際は、まずはこの3つの大手キャリアの公式サイトを利用してエリア確認することをおすすめします。

月額料金や使用容量、契約の縛りなど、Wi-Fiメーカーごとにそれぞれ特徴は異なります。今回の記事を参考にして、事前に多くの情報を集めて自分にとって最適なWi-Fiルーターを選択するよう心がけましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい