1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Androidにおすすめの格安SIM・MVNOを徹底比較

Androidにおすすめの格安SIM・MVNOを徹底比較

Androidにおすすめの格安SIM・MVNOを徹底比較しています。2019年8月現在において日本国内で販売されているMVNOの格安SIMはすべてAndroidに対応しており、Androidで使えない格安SIMはありません。そんな無数の格安SIMの中でもおすすめの格安SIM・MVNOをご紹介していきます。

Androidにおすすめの格安SIM・MVNOを徹底比較!

2019年8月現在において日本国内で販売されているMVNOの格安SIMは、すべてAndroidに対応しています。Androidで使えない格安SIMはありません。

そのため「Androidにおすすめの格安SIM・MVNO」とは、ある意味で「おすすめの格安SIM・MVNO」と同義になるかもしれません。そんな格安SIMの中でも、ここではおすすめの格安SIM・MVNOをいくつかご紹介していきます。

紹介MVNOおすすめポイント

豊富な端末から選びたいならコレ!
楽天モバイル
通話メイン派ならコレ!
OCN モバイル ONE
ワイモバイル
とにかく安さを重視するならコレ!
auユーザーならコレ!
mineo
家族で使うならコレ!
NifMo

OCN モバイル ONE

MVNO業界ではトップクラスのシェアを誇るOCN モバイル ONEです。「OCN」はNTTコミュニケーションズが運営する日本最大規模(※)のインターネットプロバイダであり「OCN 光」サービスなどを提供しています。そのOCNのサービスの1つが「OCN モバイル ONE」です。

通信速度の安定性やサポートの品質は「さすがNTT系列」という高いレベルにあり、どの格安SIMにするか迷った場合は「OCN モバイル ONE」を選んでおけば失敗はないでしょう。

コースも通常の3GB~30GBプランから1日110MBのコース、1カ月500kbpsの速度で15GBまで使い放題のコースまで、通信容量や速度の異なる8つのコースがデータSIM、音声SIMで用意されており、自分の使い方に合ったものを見つけやすいです。大手家電量販店などを中心に「即日受渡カウンター」が全国に展開されており、スムーズなMNP転入が可能になっています。

特にユニークなのは国内通話料上位3番号の通話料が0円になる「トップ3かけ放題」で、特定の人へ長電話をする通話派ユーザーにはおすすめです。10分かけ放題を追加して「かけ放題ダブル」にすることも可能。

(※)2017年3月末時点。ISP事業者のFTTH契約数においてシェア1位を獲得(株式会社MM総研調べ)

コースデータ通信専用SIM
SMS対応SIM
音声対応SIM高速通信容量通信速度SIM枚数
110MB/日900円1,020円1,600円110MB/日下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
170MB/日1,380円1,500円2,080円170MB/日下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
3GB/月1,100円1,220円1,800円3GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
6GB/月1,450円1,570円2,150円6GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
10GB/月2,300円2,420円3,000円10GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
20GB/月4,150円4,270円4,850円20GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
30GB/月6,050円6,170円6,750円30GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
※データ通信専用SIM、SMS対応SIMにはオプションで050 plus(月額150円)をつければIP電話で通話ができます。

OCN モバイル ONEのおすすめポイント

  • 安心のNTT系列が運営するMVNO
  • 月の国内通話料上位3番号の通話料が0円になる「トップ3かけ放題」
  • IP電話アプリ「050 plus」のデータ通信量が「カウントフリー」のため、「050 plus」同士の通話が無料に
  • 利用者が非常に多いので評判や口コミ、レビューを通じて情報収集しやすい
  • 「ターボ機能」で高速通信のオン、オフ切り替えができ通信容量を節約しやすい
  • データ通信容量を使いきっても540円で容量追加オプションが可能

楽天モバイル

楽天モバイルは「楽天市場」を運営する楽天株式会社が運営しています。「楽天市場」で買い物をすると「100円あたり1ポイント」の楽天スーパーポイントが付与されますが、「楽天モバイル」の月々の料金も同様に楽天スーパーポイントが付与されます。使えば使うほど楽天スーパーポイントが貯まる仕組みです。

ほかにも期間限定でさまざまなキャンペーンが行われており、特に音声プランに加入する際に端末を購入すると安くなるキャンペーンが常に開催されているので要チェックです。

端末はZenFoneシリーズやAQUOSシリーズといった大人気のシリーズからHTC U12+のトランスルーセントブルーなどの限定カラーモデルまで、スペックも価格もさまざまに豊富なモデルが用意されています。格安SIMへの乗り換えと同時にSIMフリースマホを購入したい人にもおすすめです。

楽天モバイル 組み合わせプラン料金表

楽天モバイル月額料金
データSIM
(SMSなし)
月額料金
データSIM
(SMSあり)
月額料金
通話SIM
SIM枚数
ベーシックプラン525円645円1,250円1枚
3.1GBプラン900円1,020円1,600円1枚
5GBプラン1,450円1,570円2,150円1枚
10GBプラン2,260円2,380円2,960円1枚
20GBプラン4,050円4,170円4,750円1枚
30GBプラン5,450円5,520円6,150円1枚
ベーシックプラン高速通信容量は送受信最大200kbpsで無制限

また、2017年9月1日より「スーパーホーダイ」の申し込みが始まりました。スーパーホーダイは、用意された高速通信容量を使い切っても通信速度が最大1Mbps使い放題+国内通話10分かけ放題、契約年数や楽天の会員ランクによってさらにお得になります。しかし、高速通信容量を使い切った後、通信の混みあう12:00~13:00、18:00~19:00は最大300kbpsになる点や最低利用期間があることには注意が必要です。

楽天モバイル スーパーホーダイ料金表(docomo回線のみ)

楽天モバイルのおすすめポイント

  • 「楽天スーパーポイント」が貯まる
  • 他社でも人気の「月3GBプラン」が楽天モバイルでは「月3.1GB」と100MBお得
  • 高速通信容量を使い切っても通信速度が最大1Mbps使い放題+国内通話10分かけ放題の「スーパーホーダイ」
  • DMM mobileには敵わないものの同水準の料金設定
  • 全国に実機を触って試せる直営ショップを展開

NifMo(ニフモ)

NifMo(ニフモ)はインターネットプロバイダとしてお馴染みのニフティ株式会社が運営するMVNOです。NifMoには「NifMoバリュープログラム」という、月々の料金を安くする他社にはない特徴的な仕組みがあります。

これはNifMoと提携するお店で買い物や外食をしたり、NifMoがおすすめするスマホ向けアプリをダウンロードすることによって料金が割引されるというものです。対象ショップにはYahoo!ショッピングやマツモトキヨシ、紀伊国屋書店、東急ハンズなどのネットショップが含まれるため、その気になればかなりの割引が期待できます。

例えば、無料アプリのダウンロードで11円、会員サイトへの無料登録で600円、クレジットカードの発行で2,000円割引など、さまざまな割引がゲットできます。買い物や外食の機会が多い人にはぜひとも検討していただきたいMVNOです。キャッシュバックなどのキャンペーンも豊富ですよ。

ファミリープログラムではNifMoを利用する家族が増えるとデータ通信容量が増えるファミリーおまとめボーナスやシェアプラン、支払いのまとめなども対応しています。

NifMoデータ通信専用SIMSMS対応SIM音声対応SIM高速通信容量通信速度
(LTE通信)
SIM枚数
3GBプラン900円1,050円1,600円3GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚
7GBプラン
1,600円1,750円2,300円7GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚
13GBプラン2,800円2,950円3,500円13GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚

NifMoのおすすめポイント

  • キャッシュバックなどのキャンペーンが豊富
  • 「NifMo バリュープログラム」で月々の料金が割引される
  • 家族で使うとおトクな「NifMo ファミリープログラム」
  • 「BBモバイルポイント」などの有料WiFiスポットが追加料金なしで利用可能
  • 「NifMo あんしん保証」(月額410円)「NifMo 訪問レクチャー」(月額518円)など保証やサポートのオプションも充実

ワイモバイル

SoftBank傘下のワイモバイル。「データ容量2倍オプション無料キャンペーン」で、1GBプランが2年間実質2GB使えるおトクな料金体系となっています。ただし、1年経過するとワンキュッパ割が終了となって値上がりするのでご注意ください。

10分かけ放題がプランにコミコミとなっているのに加え、格安SIMには珍しい完全かけ放題オプションがあるので、通話メイン派には特におすすめです。

また、ワイモバイルでは他社にはない「Android One」シリーズを取り扱っています。Android Oneは発売から24カ月間に最低1回以上のアップデートが保証されていて、常に最新バージョンのAndroidを利用できます。さらにセキュリティのアップデートが発売から3年間毎月提供されます。

利用頻度の高いGoogleアプリだけが搭載されているため余計なアプリによる容量低下の心配はありません。2019年8月時点でAndroid Oneシリーズは10種類あり、スペックやメーカーもそれぞれ違うので自分に合ったものを選べます。

ワイモバイルプラン表

Y!mobile基本月額料金新規割適用
(6カ月間)
おうち割 光セット(A)」または「家族割引サービス」適用高速通信容量SIM枚数
スマホベーシックプランS2,680円-700円-500円4GB/月(2年経過後:3GB/月)最大3枚
スマホベーシックプランM3,680円12GB/月(2年経過後:9GB/月)最大3枚
スマホベーシックプランR4,680円17GB/月(2年経過後:14GB/月)最大3枚
「データ増量無料キャンペーン」データ増量オプション(500円/月)が2年間無料となります。2年経過後は、「データ増量オプション」の料金として、500円/月がかかります。

ワイモバイルのおすすめポイント

  • Android Oneシリーズを取り扱っている
  • 「スーパーだれとでも定額」で完全かけ放題が使える
  • 通常プランの時点で10分間の定額通話が可能
  • 回線速度が他の格安SIMよりも圧倒的に速い

mineo

格安SIMのほとんどがdocomo系の通信網を利用している中、mineoau系の格安SIMSoftBank系の格安SIMと3大キャリアを取り扱っている珍しいMVNOです。バランスのいいプランと安定した使用感で人気をキープしています。

mineoは登録しておけば家族間で余った分の容量をシェアしたり、誰にでも容量をギフトととして送ることができるなど、残った容量に関するサービスが充実しているMVNOです。

auユーザーがAプランを利用する場合、手持ちの端末のままSIMを挿し替えて利用できることが多いのが嬉しいポイントです。

mineo auプラン(Aプラン)

mineo
auプラン(Aプラン)
シングルタイプ
データ通信専用SIM
シングルタイプ
データ+
SMS
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量SIM枚数
500MB700円700円1,310円500MB/月1枚
3GB900円900円1,510円3GB/月1枚
6GB1,580円1,580円2,190円6GB/月1枚
10GB2,520円2,520円3,130円10GB/月1枚
20GB3,980円3,980円4,590円20GB/月1枚
30GB5,900円5,900円6,510円30GB/月1枚
プランAの場合、シングルタイプ データ+SMSにSMS付帯料はかかりません

mineo docomoプラン(Dプラン)

mineo
ドコモプラン(Dプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
シングルタイプ
データ+SMS
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量SIM枚数
500MB700円820円1,400円500MB/月1枚
3GB900円1,020円1,600円3GB/月1枚
6GB1,580円1700円2,280円6GB/月1枚
10GB2,520円2,640円3,220円10GB/月1枚
20GB3,980円4,100円4,680円20GB/月1枚
30GB5,900円6,020円6,600円30GB/月1枚

mineo SoftBankプラン(Sプラン)

mineo
ソフトバンクプラン(Sプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
シングルタイプ
データ+SMS
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量SIM枚数
500MB790円‭970‬円1,750円500MB/月1枚
3GB990円‭1,170‬円1,950円3GB/月1枚
6GB1,670円‭1,850‬円2,630円6GB/月1枚
10GB2,610円‭2,790‬円3,570円10GB/月1枚
20GB4,070円‭4,250‬円5,030円20GB/月1枚
30GB5,990円‭6,170‬円6,950円30GB/月1枚

mineoのおすすめポイント

  • au系のSIMとして話題を集め、現在はマルチMVNO
  • 500MB~30GBまでのプランが揃う
  • 高速通信のON/OFF切り替えができる
  • 家族と余った容量を分け合える「パケットシェア」・容量を送り合える「パケットギフト」などの機能も充実


格安SIM・MVNO比較

SIMチェンジでは、様々な角度からMVNOを比較することで、各MVNOが出している多様な格安SIMプランから、あなたに最適な格安SIM選びをお手伝いします。月額料金が最安級のMVNO、音声通話対応のMVNO、高速通信が最安で使えるMVNO、使い放題で速度無制限のMVNOなどさまざまな比較を行っています。ポイントがもらえるMVNOや複数枚対応のMVNOなど細かな比較も紹介しています。

MVNO・格安SIMを25タイプ別に徹底比較!

月額料金がお得なSIM、LTEなどの高速通信量が多いSIM、音声通話機能付きのSIM、支払い方法が多様なSIMなど、世の中には様々な格安SIMがあります。SIMチェンジでは、MVNOが出す格安SIMカードプランについて、多様な比較軸で掲載しています。

自分にあった格安SIMを診断してみる!

SHARE!!

あわせて読みたい