1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Wi-Fiに必要なプロバイダ契約とは?手続きの手順を知っておこう

Wi-Fiに必要なプロバイダ契約とは?手続きの手順を知っておこう

更新日:2020.02.12

Wi-Fiを利用するには、プロバイダ契約をしなければなりません。スムーズに環境を整えるには、契約手続きの手順を知っておくことが大切です。自分に合ったWi-Fi環境の整え方を知り、お得かつスムーズにインターネットを利用しましょう。

自宅でWi-Fi環境を利用するには、プロバイダ契約をしなければなりません。しかし、プロバイダの数は多く、どこと契約すべきなのか悩む人は多いでしょう。

疑問を解決するには、プロバイダを比較し、それぞれの違いを知ることが大切です。プロバイダとはどのようなものなのか、Wi-Fiを利用するための手順も含めて知っていきましょう。

SIMチェンジWIFI

Wi-Fiを利用するために必要なプロバイダ契約までの手順

自宅でWi-Fiを利用するための手順は、大きく次の2つがあげられます。

  • 光回線の契約
  • プロバイダサービスとの契約

それぞれの手順を把握し、まずはWi-Fi環境がどのようにできあがっているのかを知っていきましょう。

まずは光回線を契約してインターネットを開通しよう

自宅でWi-Fiを利用する選択肢は複数ありますが、固定回線を利用するなら光回線の契約がおすすめです。

固定回線とは、自宅に据え置きのインターネット回線であり、この設備がない場合は契約時に新設工事をしなければなりません。

固定回線は、ADSLやケーブルテレビなど複数ありますが、回線速度が安定していて、もっとも快適に使いやすいのは光回線です。

そのため、現在の主流は光回線になっていると考えましょう。

光回線業者は多数存在するため、その中から1つを選び、自宅にインターネット回線を導入します。

また、NTTが大元となっているサービスも多く、「光コラボレーション」と称されているものは、違う業者でも同じ回線を使用している点もポイントの1つです。

回線工事を行い、自宅にインターネット回線を導入した後は、ONU(光回線終端装置)やホームゲートウェイと呼ばれる機器を設置して、Wi-Fi通信ができる環境を整えていきます。

プロバイダ契約をしてWi-Fi環境を整えよう

回線業者と契約しただけでは、Wi-Fi通信ができる環境が整っただけであり、実際にWi-Fiに接続してインターネット通信ができるわけではありません。

そのため、プロバイダと契約をし、実際にネットに接続するためのWi-Fi環境を用意する必要があります。

また、プロバイダと契約する以外にも、Wi-Fi環境を整えるためにはやるべきことがいくつかあります。

Wi-Fiルーターを用意する

自宅にある固定回線はWi-Fiの電波を供給する大元の装置であり、これ単体でスマホやパソコンなどと接続できるわけではありません。

そのため、Wi-Fiの電波を各端末に飛ばせるWi-Fiルーターを用意しなければなりません。

Wi-Fiルーターはネットや家電量販店などでも購入可能であり、機種によって性能が異なります。

通信性能は回線とWi-Fiルーター自体の性能、接続する端末の性能によって変わり、もっとも遅いものに合わせられます。

どれかひとつだけ高性能でも、実際の通信速度はもっとも性能が低いものに合わせられてしまうため、Wi-Fiルーターや端末の性能は同等程度のものを揃えましょう。

Wi-Fiルーターは回線やプロバイダの契約の際にレンタルや買取ができることもあるため、これを利用することも1つの方法です。

プロバイダと契約をしてWi-Fiをインターネットに繋ぐ

光回線はいわば電波の通り道であり、これ自体にインターネット接続サービスが含まれているわけではありません。

ネットを利用するには、別途プロバイダと契約して、インターネット接続サービスが利用できる環境を整える必要があります。

インターネットへの接続サービスを提供するプロバイダは複数あり、それぞれで利用料金や契約時の特典は異なります。

そのため、各社で条件を比較して、もっともお得に契約できるプロバイダを見つけることが大切です。

Wi-Fiを設定する

光回線を導入し、プロバイダの契約を行った後は、機器の初期設定をしてWi-Fiに接続します。

使用している機器によって設定方法は異なり、例えばホームゲートウェイという、電話とネットが両方利用できる機器は、次の手順で設定を行います。

  1. Wi-FiルーターをAPモードにする
  2. 端末側で接続設定をする

また、光回線の終端装置であるONUが導入されている場合の設定方法は、次の通りです。

  1. ONUとWi-FiルーターをLANケーブルで接続する
  2. ルーターを設定モードにする。
  3. プロバイダ情報をルーターの設定に入力する
  4. 端末側で接続設定をする

使用しているルーターによって細かい設定の方法は異なるため、それぞれの説明書を参考にしましょう。

設定時に登録するプロバイダの情報は、契約時の書類などに記載されているため、これも参考にしながら入力を進めていきます。

SIMチェンジWIFI

Wi-Fiルーターの種類と使い分け

ひとくちにWi-Fiルーターといっても、種類によって特徴は大きく異なり、シーンによる使い分けが可能です。

ルーターには据え置き型の「ホームルーター」と、持ち運びが可能な「モバイルルーター」があります。

それぞれの特徴の違いを把握して、自分の場合はどちらが適しているのかを考えておきましょう。

自宅で利用するのに特化した据え置きタイプ

ホームルーターは、完全自宅据え置きタイプであり、外に持ち出して使用することはできません。

そのため、ネットをじっくり利用するのは自宅のみで、外出先ではほとんど使わないという人におすすめのルーターです。

ホームルーターは通信量の上限が設定されていないことが多く、データ容量を気にせずに動画の視聴やオンラインゲームのプレイなども楽しめます。

また、複数台同時接続できるものも多く、端末を複数台持っている人や、家族などで使いたい人にもおすすめです。

光回線からWi-Fiを供給しているため通信速度は高速であり、通信の安定性が高い点も魅力です。

新規導入時や引っ越しの際には、回線の開通や撤去といった工事の手間やコストはかかりますが、自宅のみで利用するには最適な選択肢といえます。

外出先に持ち出して利用するのに適したモバイルルーター

一方、自宅だけではなく、外出先でもネットを利用したい人には、持ち運びが可能なモバイルルーターがおすすめです。

モバイルルーターは基地局から飛んできた電波をルーターがキャッチし、それを接続している端末に飛ばしてWi-Fi接続を行います。

そのため、光回線のような固定回線の開通は不要であり、ルーター本体が手元に届き次第すぐに利用できる点がメリットです。

モバイルルーターの場合は、複数のプランがあるのが一般的で、通信量の制限があるものから、無制限で使い放題のものまで選択肢は広いです。

外出先はもちろん、自宅でも利用できるため、活用の幅も広いでしょう。

ただし、据え置き型のホームルーターと比較して、通信の安定性は低く、通信速度自体も下がることが多いです。

どうしてもホームルーターよりはパワーが落ちてしまうため、基本的には自宅のみで使うよりも、外出先で利用したい人におすすめです。

Wi-Fiのプロバイダに関する豆知識

プロバイダについての理解を深めるには、次の3つの豆知識を知っておきましょう。

  • プロバイダはスマホと同じにするとお得
  • プロバイダのサービス内容は申し込み窓口によってかわる
  • 回線に加えてプロバイダ契約しなければインターネットは使えない

それぞれ快適にネットを利用し、かつ、お得に契約するために必要な知識といえます。

プロバイダはスマホと同じにするとお得

スマホのサービスを提供している通信事業者は、Wi-Fiのプロバイダサービスも提供しています。

大手キャリアではスマホとのセット割引を実施しており、スマホの契約先とWi-Fiのプロバイダを同じ業者にすることで、通信費はより削減できます。

セット割引を適用すると、スマホ料金が300~2,000円程度安くなることも少なくありません。

使用しているキャリアや加入しているプランなどによって詳細は異なりますが、該当するキャリアを使っている場合は、プロバイダもそれに合わせて決めることがおすすめです。

プロバイダのサービス内容は申し込み窓口によってかわる

プロバイダ契約の申し込み窓口は複数あり、どこで申し込むかによって得られる特典内容が変わることも多いです。

選択肢としてはネットや店舗、家電量販店などの窓口や代理店サイトがあげられ、それぞれでキャンペーンが違っていることも少なくありません。

もっともキャンペーンが充実しているのはネットや代理店サイトであるため、特典適用の条件なども確認しながら、よりお得になる方法で契約するとよいでしょう。

回線に加えてプロバイダ契約しなければインターネットは使えない

光回線の場合は、ネットを利用するには回線とプロバイダのそれぞれの契約が必要です。

回線のみ、プロバイダのみの契約では、Wi-Fiは利用できないため、注意しなければなりません。

ただし、モバイルルーターの場合は端末の契約のみでWi-Fiが利用できるため、回線工事は不要です。

また、回線業者によっては回線とプロバイダが一体となっていることもあり、このサービスを利用する場合は別途プロバイダ契約をする必要はありません。

据え置きタイプWi-Fiのおすすめ光回線とプロバイダ

自宅据え置き型のホームルーターを利用するなら、次の回線業者がおすすめです。

それぞれでおすすめのプロバイダも異なるため、どのような選択肢があるのかを知っておきましょう。

ドコモユーザーならドコモ光

出典:ドコモ光

スマホをドコモキャリアで契約しているなら、セット割引が適用できるドコモ光がおすすめです。

セット割引によって、月額500~1,000円の割引が受けられます。

利用料金は、戸建てかマンションかだけではなく、契約するプロバイダによっても異なります。

プロバイダはAとBの2つのタイプに分けられており、2年契約の場合、それぞれの料金は次の通りです。

住宅の種類タイプAの月額料金(税抜)タイプBの月額料金(税抜)
戸建て5,200円5,400円
マンション4,000円4,200円

おすすめのプロバイダはGMOとくとくBBであり、タイプAであるため安価で利用できます。

また、GMOとくとくBBで申し込みをするメリットは、次の5つがあげられます。

  • V6プラスを採用しているため快適に通信できる
  • 高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
  • 新規なら基本工事料が無料
  • ドコモ光専用無料訪問サポート付き
  • セキュリティサービスが月額500円(税抜)が1年間無料

金銭的なメリットが大きく、かつ通信の快適性も高いため、おすすめのプロバイダです。

ドコモ光を詳しく見る

auユーザーならauひかり

出典:auひかり

スマホをauキャリアで契約しているなら、セット割引が適用できるauひかりがおすすめです。auひかりはセット割引のauスマートバリューを適用することで、月額500~1,000円の割引が受けられます。

回線の利用料金はプランによって異なりますが、例えば「auひかりホーム5ギガ」(3年契約)の場合、1年目の月額料金は5,600円(税抜)です。2年目以降は割引が適用され、2年目で月額5,500円(税抜)、3年目で5,400円(税抜)となります。

プロバイダの選択肢は多く、代表的なものだと次のものがあげられます。

お得に申し込むなら正規代理店の「株式会社NEXT」がおすすめであり、高額なキャッシュバックや工事費無料などのキャンペーンが適用可能です。

auひかりを詳しく見る

ソフトバンクユーザーならNURO光

出典:NURO光

通信速度の速さを求め、かつソフトバンクユーザーであるなら、NURO光がおすすめです。

光回線では最大速度は1Gbpsとなっていることが多いですが、NURO光は最大2Gbpsとさらに高速で利用できます。

プロバイダはSo-netのみに限定されていますが、高速通信がプロバイダ料金込みで、月額4,743円(税抜)で利用できるのは大きなメリットです。

ソフトバンクユーザーならセット割引の特典も受けられ、さらにお得に利用できます。

申し込みは正規代理店の「株式会社アウンカンパニー」がおすすめです。キャシュバックが確実に受け取れたり、回線工事費が実質無料になったりする特典があります。

NURO光を詳しく見る

モバイルWi-Fiのプロバイダおすすめ3社

モバイルルーターを利用するなら、次の3つのプロバイダがおすすめです。

プロバイダが違っても、利用する端末が同じなら通信の品質は同じです。そのため、モバイルルーターはプロバイダごとの料金の違いをチェックして選びましょう。

SIMチェンジWIFI

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

月額料金の安さで考えるなら、カシモWiMAXがおすすめです。

「ギガ放題プラン」(3年契約)の場合は、料金は次の通りです。

  • 初月:無料
  • 1ヶ月目:1,380円(税抜)
  • 2~24ヶ月:3,480円(税抜)
  • 25ヶ月目以降:4,079円(税抜)

また、「ライトプラン」(3年契約)はさらに安く、業界最安級の料金設定となっています。

  • 初月:無料
  • 1ヶ月目:1,380円(税抜)
  • 2~24ヶ月:2,880円(税抜)
  • 25ヶ月目以降:3,379円(税抜)

キャッシュバックやスマホとのセット割引などの特典はないものの、月額料金自体が破格に安いため、十分お得に利用できるプロバイダです。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

Broad WiMAX

出典:BroadWiMAX

通常18,857円(税抜)の初期費用がかかりますが、キャンペーンによって無料となっている点がBroad WiMAXの特徴です。

安価でサービスを利用でき、かつ月額料金の割引も受けられます。

「ギガ放題プラン」(3年契約)の場合、月額料金は次の通りです。

  • 1~2ヶ月目:2,726円(税抜)
  • 3~24ヶ月目:3,411円(税抜)
  • 25ヶ月目以降:4,011円(税抜)

ただし、直近3日間で10GB以上の通信があった場合、速度制限がかかります。

また、月間のデータ容量が7GBまでと決められている「ライトプラン」(3年契約)は、さらに安く利用できます。

  • 1~24ヶ月:2,726円(税抜)
  • 25ヶ月目以降:3,326円(税抜)

月額料金が安価であるため、ギガ放題とライトプランのどちらも利用しやすいでしょう。

Broad WiMAXを契約する!

GMOとくとくBB WiMAX

出典:GMOWiMAX

高額なキャッシュバックが魅力のGMOとくとくBBは、最大31,500円が受け取れます。

また、月額料金の割引もあり、「ギガ放題プラン」(3年契約)の場合、次の通りです。

  • 1~2ヶ月目:3,609円(税抜)
  • 3ヶ月目以降:4,263円(税抜)

3ヶ月目以降からは料金が変動しないため、コスト管理がしやすい点も魅力でしょう。

月間7GBまで通信できる「ライトプラン」(3年契約)の料金は、次の通りです。

  • 1~24ヶ月目:3,609円(税抜)
  • 25ヶ月目以降:3,609円(税抜)

初回の料金から一切変更がないため、より分かりやすい料金体系となっています。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

プロバイダの選択は申し込み窓口とあわせたサービス内容で検討しよう

Wi-Fiを利用する際にはプロバイダの選択は重要であり、どの業者にどの窓口から申し込むかまで考えなければなりません。

契約先や申し込みの方法によって、得られる特典の内容は違ってきます。

自分に合った好条件のプロバイダを見つけ、もっともお得になる窓口から申し込むことで、充実した特典を受けながらWi-Fi環境を整えましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい