1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 自宅のWi-Fiを様々な機器と接続する方法について解説

自宅のWi-Fiを様々な機器と接続する方法について解説

手持ちの機器とWi-Fiを接続したいけど「どうやって接続すればよいか分からない」というネット初心者のために、スマホやパソコンはもちろん、テレビやゲーム機など自宅にある様々な機器と、Wi-Fiとの接続方法を、分かりやすく解説します。

自宅にある「Wi-Fi」の「利用方法が分からない」、スマホやパソコンに代表される、様々な機器との「接続方法を知りたい」という、ネット初心者も多いのではないでしょうか。

無線LANのブランドの1つである「Wi-Fi」は、今や「無線LAN」=「Wi-Fi」といわれるほど、無線LANの中でもスタンダードになっています。

ここでは、スマホやパソコン、テレビやゲーム機など、様々な機器と自宅のWi-Fiを接続するための方法はもちろん、接続できないときの原因から対処法まで分かりやすく解説します。

SIMチェンジWIFI

自宅のWi-Fiとスマホの接続方法

自宅のWi-Fiとスマホ(iPhone・android)の接続方法は、パスワードの入力間違いさえ気をつければ、想像するほど複雑なものではありません。

SSIDとパスワードを確認する

自宅のWi-Fiとスマホを接続するには、まず、ルーターの側面や背面のラベルに記載されている、「SSID」と「パスワード」の確認が必要です。

SSIDはネットワーク名、PASS KEYの欄に記されているのがパスワードです。

iPhoneの場合

「iPhone」を自宅のWi-Fiに接続する手順を紹介します。まず、「設定」から「Wi-Fi」を開き、Wi-Fiをオンにしすると「無線LANネットワーク」一覧が表示されます。


その中から、自宅の無線LANのID(SSID)を選び、パスワードを入力してください。

Wi-Fiに接続されると、画面上部に扇形のマーク出るので、確認してから使用を開始しましょう。なお、OSのバージョンによっては、表示や操作方法が異なる場合があります。

androidの場合

「android」の場合は、「設定」から「無線とネットワーク」を開き「Wi-Fi」を選択します。

次の画面で「Wi-Fi」をONにすると、近くにある「無線LANネットワーク」の一覧が表示されるので、その中から、自宅の無線LANのID(SSID)を選び、パスワードを入力してください。

画面上部に扇形のマークが表示されれば、接続が完了した証拠です。

なお、androidの場合も、機種やバージョンによって、表示や操作方法が異なる場合があります。

パスワードを入力したのに接続できない場合は

「パスワードを入力したのに接続できない」という場合は、パスワードを間違えて入力している可能性があります。

パスワードは、意味のない文字列のため間違いやすいものです。そのため入力誤りがないか、改めてパスワードを確認してみましょう。

Wi-Fiの接続候補一覧から、再設定したいSSIDをタップし、メニューの中から「設定を削除」を選んで、最初から一連の作業をやり直してください。再度入力すると解決する場合があります。

SIMチェンジWIFI

スマホのWiFi接続を切りたい場合は

スマホのWiFi接続を切りたい場合は、スマホの画面を上から下にスワイプさせ、表示された通知バーの中から「Wi-Fi」のアイコンを選択しましょう。

Wi-Fiのアイコンをタップすれば、Wi-Fi接続のON/OFFが切り換わり、接続をONからOFFに切り替えることができます。

自宅のWi-Fiとパソコンの接続方法

自宅のWi-Fiとパソコンの接続方法も、スマホ同様、手順を踏めば誰でも簡単に接続することが可能です。

ここでは、Windows10/8.1/7、Mac OSの接続手順をみてみましょう。

Windows10の場合

「Windows10」の場合、デスクトップ左下の「Windows」マークから「設定」を選択し「ネットワークとインターネット」をクリックします。

次にSSID一覧から、利用するルーターのSSIDを選んで「接続ボタン」を押します。表示されたネットワークセキュリティキーの入力枠に、ルーターに表示されているパスワードを入力しましょう。

入力が完了したら「次へ」を選択します。Wi-Fi接続が完了すると、選んだSSIDが「接続済み」と表示されるので、それを確認してから使用を開始します。

Windows8.1の場合

「Windows8.1」の場合は、まずはデスクトップを開き、画面の右下に表示されている「電波マーク」をクリックします。

Wi-Fiの設定画面が表示されるので、そこから「Wi-Fi」をオンにし、使用したいネットワークを選びまましょう。

ネットワークセキュリティキーの入力枠にパスワードを入力し、選択したネットワークに「接続済み」と表示されれば接続完了です。

Windows7の場合

「Windows7」の場合、まずパソコンを開き、画面の最下部にあるバーに表示されている「電波マーク」をクリックします。WiFiの設定ウィンドウが開いたらSSIDを選択し「接続」をクリックしましょう。

画面が切り替わったら、パスワード(セキュリティキー)を入力してください。正しく入力できていれば「接続」と表示され、自由にインターネットが使える状態になります。

Mac OSの場合

「Mac OS」の場合は、画面上部のメニューバーから「電波マーク」をクリックして、SSIDを選択します。

WPAパスワードを入力してから「接続ボタン」をクリックします。接続中のネットワークにチェックマークが付けば接続手続き完了の証拠です。

もしメニューバーに電波マークがない場合は、アップルメニューから「システム環境設定」を選択し「ネットワーク(Network)」をクリックします。


画面左から「Wi-Fi」 を選択して「メニューバーにWi-Fiの状況を表示(Show Wi-Fi status in menu bar)」にチェックをいれ、「適用」ボタンを押して接続します。

自宅のWi-Fiとその他の機器の接続方法

スマホやパソコン以外にも、「テレビ」「レコーダー」「ゲーム機」など、ほかの機器と自宅のWi-Fiを接続すれば、大画面で動画配信サービスや、大勢でのオンラインゲームを楽しむことも可能です。

テレビを接続したい場合

「テレビ」と自宅のWi-Fiを接続したい場合は、最初に、テレビがWi-Fi内蔵であることを確認してから、テレビのリモコンでWi-Fi設定画面を開きます。

そこから「接続方法」を選択し、SSIDとパスワードを入力するだけで簡単に接続することが可能です。

自宅のテレビが、WiFiに対応しているか分からない場合は、取扱説明書を確認するか、購入した店舗や製造元に問い合わせます。

手軽な方法では、Webでテレビの名称や製品番号を検索すると、取扱説明書が公開されていることもあるので、活用するのもよいでしょう。

レコーダーを接続したい場合

使用している機種によって画面構成は異なりますが、「レコーダー」とWi-Fiの一般的な接続方法は次の通りです。

リモコンの「ホーム」を押し、「設定」から「通信設定」を選択します。「ネットワーク設定」をクリックしたら「無線LAN」を選びましょう。

機器の準備・接続を確認して次に進んだら、WPSに対応の場合は「はい」を選択します。WPSに非対応の場合は、「いいえ」を選択し手動設定を行ってください。

WPS対応の場合は、アクセスポイントのWPSボタンの位置を確認してから「次へ」をクリックし、アクセスポイントのWPSボタンを、WPSランプが点滅するまで数秒間押し続けます。

画面が切り替わったら「次へ」をクリックして、「IPアドレスなどの設定方法」から「自動設定」を選びましょう。IPアドレスなどを手動で設定する場合は「詳細設定」から設定を行います。

これで接続設定は完了ですが、「接続診断」をクリックすると、正しく接続されているか確認することができます。

ゲーム機を接続したい場合

ゲーム機をWi-Fiに接続する場合、ゲーム機やWi-Fiルーターのメーカーによって接続方法は変わりますが、一般的な接続手順は次の通りです。

ゲーム機本体の「設定画面」を開き、「アクセスポイント」の設定方法を選択します。

ルーターのWPSボタンを1秒以上押し、ゲーム機本体に「設定完了」のメッセージが表示されれば接続完了です。

手動で設定する場合は、ゲーム機本体の「設定画面」から、使用している「SSID」を選択しパスワードを入力することで接続できます。

Wi-Fiの接続が悪くなる原因

Wi-Fiを利用していると、接続はしているけど「通信速度が遅い」「つながりにくい」といった不具合に悩まされることもあるでしょう。不具合の原因を知ることで、対処法もはっきりします。

同時接続台数以上の台数で接続している

Wi-Fiとの接続が悪くなる原因の1つに、同時に接続できる「可能台数」を超えた機器に、接続している可能性が挙げられます。

例えば、自宅に据え置く「据え置きタイプ」は通常10台以上、持ち運びに便利な「モバイルタイプ」は5~10台まで接続可能というように、ルーターによって同時に接続できる台数には制限があります。

モバイルルーターの場合、快適にネットワークを使用するためにも、同時に3人以上の使用は避けた方がよいでしょう。

このように、回線が込み合うと接続不良を起こしやすいため、パソコンやスマホ・ゲーム機・テレビなど、可能台数を超えた機器に接続していないか確認する必要があります。

電波干渉が発生している

「電波干渉」が原因で、Wi-Fiの接続が悪くなることもあります。電波干渉とは、同じ周波数の中に多くの無線が飛び込み、それぞれの無線がぶつかり合うことで、電波障害を起こすというものです。

Wi-Fiと似通った、2.4GHz帯の周波数帯域である電波を発する、電子レンジやコードレス電話を使用すると、Wi-Fiに干渉して通信を邪魔することがあります。

電波干渉を解消するには、これらの家電から、できるだけ距離を取り、無線LANネットワークを構築することがポイントです。

ルーターのステルス機能が有効になっている

「ステルス機能」を有効にすると、一部の機器は接続できないケースがあります。

ステルス機能とは、第三者の不正アクセスを防ぐために、ルーターやアクセスポイントのSSIDを表示しないようにする機能です。

しかし、iPhoneや、任天堂のWiiなど一部のゲームは、ルーターのステルス機能が有効になっているとWi-Fi接続できないことがあるため、使用中は解除する必要があります。

Bluetooth機能を同時に使用している

スマホでBluetoothとWi-Fi機能を同時に使用すると、ネットワーク速度が遅くなったり、接続に失敗したり、またBluetooth通話が途切れるなど、WiFiの接続が不安定な状態になることがあります。

これは、端末のWi-FiモジュールとBluetoothモジュールが、同じ2.4GHz周波数帯を共有しているため、電波干渉を起こすのが原因です。

また、スマホ(iPhoneやAndroid)や、パソコンのOSソフトウェアのバージョンが古いと、Wi-Fiの接続が不安定で繋がりにくくなることもあります。

そのため、バージョンアップ情報をこまめにチェックし、常に最新の状態にアップデートしておくことが大切です。

Wi-Fiが接続が悪いときの対処法

Wi-Fiが接続が悪いときは、一体どう対処したらよいのでしょう。ここでは、機器と、無線LAN(Wi-Fi)が接続できない場合の、解決方法をいくつか紹介します。

機器と無線LANを近づけて設定する

パソコンやスマホなどの機器と、無線LAN(Wi-Fi)を接続する際は、両者を近づけて設定してください。

機器と、無線LAN(Wi-Fi)距離が離れすぎていると、家具や壁が障害物となって、接続に失敗する場合があります。

電波の不具合を避けるためには、機器と無線LAN(Wi-Fi)を、3m以内に近づけて設定するのがポイントです。

Wi-Fi接続をいったん切断する

Wi-Fiが接続できない時は、いったん、Wi-Fiの接続を切断してみましょう。切断後、再度ONにすると接続できることがあります。これは、設定が正しくできているのに接続できない場合に有効な手段です。

また、パソコンのセキュリティソフトを新しく変更したときなどに、ウイルスの侵入を防御するファイヤーウォール等のセキュリティソフトが、通信を遮断することもあります。

そんなときは、一度、セキュリティを停止して接続を確認しますが、セキュリティソフトの動きを停止するだけでは改善されないケースもあります。

この場合、ソフトを一度削除してから接続を確認してください。

端末とルーターを再起動する

端末やルーターに不具合がある場合、端末がルーターからの電波を、しっかりキャッチできていない可能性も考えられます。

こうした場合には、端末とルーターをそれぞれ再起動することで、不具合が解消されることがほとんどです。ルーターを再起動するには、ルーター本体の電源ボタンを押して電源を切ります。

ルーターに電源ボタンがない場合は、プラグをコンセントから抜き、1分ほど待ってから再びコンセントを差し込みましょう。

なおコンセントを抜く際は、故障の原因にならないためにも、ソフトウェアの更新中には行なわないように注意してください。

中継器を設置する

これまで紹介した方法を試しても、Wi-Fiの接続に時間が掛かかったり、よく途切れてしまうという場合は、「無線LAN中継器」を設置するのも1つの方法です。

無線LAN中継器とは、親機である無線LANルーターから出た電波をキャッチし、パソコンやスマホなど、離れた場所にある子機に電波を中継する機器で、電波が届く範囲を広げてくれる効果があります。

届く電波の範囲が広がれば、鉄筋コンクリート造の住居や、部屋同士の仕切りが多い家、また2階、3階がある広い家など、電波が届きづらい住環境で活躍してくれます。

無線LAN中継器は、設置が簡単で、新しくルーターを取り換えるよりコストがかからない点などが、メリットに挙げられるでしょう。

導入の際は、親機のルーターの無線LAN規格に対応しているか必ず確認してください。規格に対応していないと、最大限効果を発揮できないため注意が必要です。

SIMチェンジWIFI

Wi-Fi接続に関するQ&A

Wi-Fi接続機器の「台数を確認するにはどうしたらよいの」、ルーターのラベルが劣化して「SSIDやパスワードが分からない」など、Wi-Fi接続に関するQ&Aを紹介します。

Wi-Fi接続機器の台数を確認するには

Wi-Fi接続機器の台数を確認するには 自宅のWi-Fiに、どんな機器が接続しているかが一目でわかるアプリ、「Fing(フィング)」を利用すると便利です。

ネットワークの知識が無くても、簡単に確認できる点が魅力といえるでしょう。

Fing(フィング) なら、Wi-Fi接続機器の接続台数を確認できるのはもちろん、定期的な確認で「ただ乗り」や「盗み見」など、第三者から不正利用されていないかのチェックも可能です。

Fing (フィング) - ネットワークツール

Fing (フィング) – ネットワークツール
無料
posted withアプリーチ

SSIDやパスワードがわからないときは

ルーターに貼られているラベルが剥がれてしまい、SSIDやパスワードが確認できない場合は、「WPSボタン」を押すことでWi-Fiを接続することが可能です。

ボタン1つで無線LAN端末を、無線ルーターと簡単につなぐことができるWPSボタンは、ルーターの側面や背面・前面に配置されています。

ボタン付近にはWPSと表記されていますが、NECのルーターなら「らくらく無線スタート」BUFFALOの製品であれば「AOSS」など、メーカーによってWPSの呼び名は様々です。

Androidスマホを例に取ると、スマホの本体設定を開いて「Wi-Fi」を設定しSSID一覧画面の右上から「詳細設定」選択します。

ここで「WPSプッシュボタン」をタップして、スマホを接続待機の状態にします。このタイミングでルーターのWPSボタンを、ランプが点滅するまで長押ししてください。

Wi-Fiに接続されると、画面に「WPSの設定に成功しました」と表示されるので、確認してから使用を開始します。

Wi-Fiをスムーズに接続してインターネットを楽しもう

自宅のWi-Fiルーターに、スマホやパソコンなどを接続すれば、インターネットや会話をリビングや寝室など、家のあらゆる場所で利用することが可能です。

また、テレビやゲーム機をWi-Fiと接続することで、インターネットの動画配信を臨場感あふれる大画面で満喫できるほか、オンラインゲームの対戦なども楽しめるなど、活用の幅も広がります。

Wi-Fi通信は、安定した速度で、通信量に関係なくインターネット利用が可能なうえ、スマホの通信量節約にも効果があるなど、そのメリットは計り知れません。

自宅にある様々な機器とWi-Fiをスムーズに接続して、快適なインターネット生活を楽しみましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい