1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. GMOのWiMAXを解約したい!解約金がかからないタイミングを狙おう

GMOのWiMAXを解約したい!解約金がかからないタイミングを狙おう

更新日:2020.02.10

GMOで契約したWiMAXを解約する際には、いつが適切なのかを見極める必要があります。解約のタイミング次第では、高額な違約金がかかることも少なくありません。解約方法や違約金が発生する条件などを知り、スムーズに手続きを完了させましょう。

GMOとくとくBBで契約したWiMAXを解約する際には、違約金の有無をチェックする必要があります。

解約のタイミング次第では違約金が発生して余計なコストとなってしまうため、注意しなければなりません。

反対にタイミングさえ間違えないなら、違約金なしでお得に解約できます。解約の方法や違約金がかかるタイミングを知り、適切な時期でGMOのWiMAXを解約しましょう。

SIMチェンジWIFI

GMOのWiMAXは3通りの方法で解約

まず知っておきたいのは解約の方法ですが、GMOでは次の3通りの方法で手続きが進められます。

  • BBnavi(ネット)
  • メール
  • 電話

それぞれの方法を把握して、自分に合ったやり方で解約手続きを進めていきましょう。

BBnaviを使った解約方法

GMOでは「BBnavi」という会員サイトがあり、ここから解約の手続きが可能です。まずはBBnaviにアクセスし、IDとパスワードを入力してログインします。

その後、「サービス・オプションの削除・解約」を選択し、さらに画面を下に進めると「解約ボタン」が表示されているため、これを選びます。

後は注意事項などを確認して、画面を進めていくと解約手続きは完了です。

ログインのIDやパスワードを忘れてしまった場合は、契約時の書類を参考にするか、ログイン画面からIDやパスワードの確認と再発行をしておきましょう。

更新月以外のWebからの解約はメール

ネットを使った解約方法はBBnaviを利用する以外に、メールで手続きをするという方法があります。

BBnaviでの解約は契約更新月のみ可能であり、更新月以外では解約ボタンが表示されないため、注意しなければなりません。

メールで解約手続きをするには、お問い合わせフォームから連絡して、解約したい旨を伝えます。

メールで問い合わせをした場合は、「info@gmobb.jp」から返信が届くため、返信できるようメールボックスの受信設定をしておきましょう。

SIMチェンジWIFI

電話での解約は平日のみ

GMOのWiMAXの解約は電話でも手続きが可能ですが、平日の日中しか受付をしていないため注意が必要です。

  • 電話番号:0570-045-109
  • 営業時間:平日の10~19時

電話をかけると音声ガイダンスに繋がるため、「2」のボタンを押して事務手続きサポートに繋げてもらいます。

12~15時など、お昼の時間帯は混みやすい傾向にあるため、できるだけ午前中に電話するとスムーズに繋がりやすいでしょう。

GMOのWiMAXの解約ルール

滞りなく解約したり、損なく手続きを終えるには、GMOのWiMAXの解約ならではのルールを知っておくことが大切です。

  • 更新月以外のタイミングで違約金
  • とくとくBB関連のサービスは利用停止
  • 端末やSIMは返却しない
  • 再契約はキャッシュバックの対象外
  • 解約のキャンセルは月末まで可能
  • 早く解約手続きしても支払いは日割りされない

これら6つのポイントを把握して、上手に解約手続きを行いましょう。

更新月以外のタイミングで違約金

GMOのWiMAXはいつでも解約できますが、更新月以外で解約すると違約金が発生するため注意しなければなりません。

更新月は「BBnavi」の「現在ご利用中のサービス」から、「接続サービス」という項目の契約更新月を見ることでチェックできます。

契約書類が手元にあるなら、そこに記載されている更新月を確認してもよいでしょう。違約金は解約するタイミングによって異なり、契約から25ヶ月目以降は9,500円(税抜)となっています。

24ヶ月までに解約した場合の違約金は加入しているプランによって異なりますが、より高額となることは覚えておきましょう。

更新月に解約できない場合でも、25ヶ月を超えるまで待ったほうが違約金は安く抑えられます。

とくとくBB関連のサービスは利用停止

WiMAXを解約すると、GMOとくとくBBに関連するサービスは利用停止となります。停止されるサービスは利用状況によって異なりますが、該当するのは次の5つです。

  • メールアドレス
  • GMOポイント
  • GMOで開設したホームページ
  • GMOで取得した独自ドメイン
  • BBウォレット

解約が成立するとこれらのサービスは使えなくなるため、ポイントの利用やホームページの移行など、必要な作業はすべて解約前に終えておかなければなりません。

端末やSIMは返却しない

GMOでWiMAX2+を利用していた場合は、解約しても端末やSIMを返却する必要はありません。端末はそのまま利用できるため、捨てずに置いていてもよいでしょう。

もしも不要な場合は、自治体の規定に従って廃棄する必要があります。また、間違って端末やSIMをGMOに返送してしまった場合でも、返却はしてもらえないため注意しなければなりません。

完全に不要ならGMOに送って引き取ってもらうという方法もありますが、送料などを考えると自分で処分したほうがよいでしょう。

再契約はキャッシュバックの対象外

契約内容やキャンペーンのタイミング次第ではお得なキャッシュバック特典が受けられることもあるGMOのWiMAXですが、解約して再契約は特典適用の対象外となります。

適用条件は新規契約となっていることが多いですが、これは再契約を含みません。

一度解約して再契約する場合は新規とは認められないため、特典のお得さを考えてWiMAXの再契約をするなら、キャッシュバックなどが受けられる他社を検討したほうがよいでしょう。

解約のキャンセルは月末まで可能

もし解約手続きをしてしまっても、一定の期間までならキャンセルが可能です。20日までに解約手続きを行った場合は当月の末日まで、20日を超えて解約手続きをした場合は、翌月末までキャンセルができます。

解約のキャンセルは「BBnavi」から可能であり、解約ボタンがあったところに、「退会をキャンセル」という項目が追加されているため、これを選択します。

早く解約手続きしても支払いは日割りされない

GMOのWiMAXは解約手続きをした日ではなく、当月の末日か翌月末と手続きの完了日が決まっているため、早く解約手続きをしたからといって日割で料金が安くなるわけではありません。

解約手続きが翌月にまたがる場合は1ヶ月分の料金がかかりますが、20日以前に手続きをするなら、どのタイミングでも最後に支払う月額料金は同じです。

最後までこれまでと同額の費用が請求され、クレジットカード払いを選択すると解約してから1~2ヶ月後も支払いが続くこともあります。

これは不当に長く請求されているわけではなく、クレジットカードの性質上支払いに1~2ヶ月程度のラグが出る場合があるというだけにすぎません。

つまり、請求されているのは使った分のみで、損をしているわけではないことは理解しておきましょう。

ただし、解約したにもかかわらず数ヶ月以上請求が続く場合は、何らかの不具合が起きているか、解約手続きが正しく完了していない可能性があるため、一度確認が必要です。

申し込み20日以内なら違約金0円

契約更新月以外の解約では違約金がかかるGMOのWiMAXですが、実は申し込みから20日以内なら、違約金なしで解約できる場合があります。

違約金なしで早期解約するにはいくつかの手順を踏む必要があり、特定の条件も満たさなければなりません。

20日以内でお得に解約する手順

申し込みから20日以内で違約金なしで解約するには、「GMOとくとくBB」お客さまセンターに電話をして、解約したい旨を伝えておく必要があります。

  • 電話番号:0570-045-109
  • 営業時間:平日10~19時

お客様センターで受付をしてもらった後は、WiMAXをGMOに返送します。

  • 〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
  • GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBBお客さまセンター 行

返送時に記載する電話番号は、お客様センターと同じで「0570-045-109」です。事前に電話受付をせずに返送しても、違約金なしの対象にはならないため、必ず受付を済ませてから返却しましょう。

0円になるかは利用エリア次第

違約金なしの早期解約は、申し込みから20日以内であることや、事前に電話受付をすることだけではなく、利用エリアによる条件も設定されています。

WiMAXのピンポイントエリア判定を行い、結果が「〇」になった場合のみ違約金なしでの解約が適用されると考えましょう。エリア判定はGMOのサイトにアクセスして、自宅の種別や住所などを入力して確認できます。

その他の費用は自己負担

条件を満たした場合の早期解約なら違約金は発生しませんが、その他の費用はかかるため注意しなければなりません。

例えば3,000円(税抜)の事務手数料や月額料金、クレードルを利用している場合はその費用である3,686円(税抜)も負担しなければなりません。

また、WiMAXやクレードルなどの端末を返送するための送料は、自分負担となります。

無料となるのはあくまで違約金のみであり、早期に解約しても多少はコストがかかることは覚えておきましょう。

SIMチェンジWIFI

解約前にGMOのWiMAXの契約内容を改善

月額料金が高いと感じたり、使い勝手が悪いと思ったりするなら解約を検討することが大切ですが、場合によっては契約内容を見直すことで問題が解決できる場合もあります。

解約する前に現状の契約内容で改善できる点はないか確認し、それでも問題が解消されない場合に解約を選択するとよいでしょう。

長期契約中なら端末の機種変更

出典:GMOWiMAX

WiMAXの長期契約をしているなら、契約から2年10ヶ月以降に3,000円(税抜)の事務手数料のみで、最新の端末と機種変更ができます。

長く使っていると端末は劣化し、通信速度や安定性が下がってしまうこともあるため、一度機種変更をして不具合が解消されないかチェックしてみるとよいでしょう。

2020年1月現在では、最大速度1.2Gbpsで約9時間の連続通信が可能な「Speed Wi-Fi NEXT W06」や、最大速度440Mbpsで約14時間の連続通信が可能な「Speed Wi-Fi NEXT WX05」などが利用できます。

同じ契約内容でも使用する端末が変わると通信環境が改善されることは多いため、同じ端末を長く利用している人には機種変更がおすすめです。

通信容量に合わせて料金プランを変更

月額料金に不満を抱いているなら、通信容量に合わせて料金プランを変更するのも1つの方法です。GMOのWiMAXでは通信容量の制限がないギガ放題と、月間7GBまで使えるプランが提供されています。

毎月の通信量が7GB以下であるなら、より基本料金の安い7GBプランを選択したほうがよいでしょう。ギガ放題プランは大容量通信を楽しみたい人向けであり、使用頻度が低い人には不向きなプランといえます。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

GMOのWiMAXは更新月に解約がお得

GMOのWiMAXは、契約更新月に解約するとよりお得に手続きができます。

更新月以外だと最低9,500円(税抜)の違約金がかかってしまい、コストが高くなります。

時期を見計らい、少しでもコスト負担がなくなるタイミングを狙ってお得にWiMAXを解約しましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい