1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. auのWiMAXは終了する?au以外での契約方法を解説

auのWiMAXは終了する?au以外での契約方法を解説

更新日:2020.03.03

大手キャリアのひとつのauは、WiMAXサービスを提供しています。しかし、auのWiMAXはサービス終了が予定されているため、新規申し込みは別の業者を探さなければなりません。au以外での申し込み方法を知り、WiMAXの利用に役立てましょう。

auはモバイルルーターサービスのWiMAXを提供していますが、サービスの終了が予定されています。そのため、WiMAXの契約を考えているなら、別のプロバイダを探さなければなりません。

また、現状auのWiMAXを利用している人も、サービスの終了に伴い、別のプロバイダを探す必要があります。

au以外ではどのような選択肢があるのか、申し込みの方法なども含めて知っておきましょう。

SIMチェンジWIFI

auのWiMAXについて

WiMAXの契約を考えるなら、まずはauのWiMAXがどのようなものなのか、基本的な知識を身につけておくことが大切です。

  • 対応エリアは全国主要都市
  • 違約金は途中解除で9,500円(税抜)
  • 速度制限がある

これら3つの基本情報を頭に入れて、どのようなサービスなのか理解を深めておきましょう。

対応エリアは全国主要都市

自宅だけではなく外出先でも利用できるauのWiMAXは、全国の主要都市のほとんどで利用できます。

対応エリアは非常に広く、全国の99%を網羅しているため、利用できないエリアはごくわずかといえます。

ただし、利用できるエリアでも電波の環境は地域によって違い、回線が混雑したり、電波が届きにくかったりして通信品質が落ちることはあります。

それでもWi-Fiの電波が届いていることは確かであるため、通信環境さえ工夫して整えるなら、国内のほとんどの場所で快適に利用できるでしょう。

違約金は途中解除で9,500円

auのWiMAXは、2年契約の場合は契約満了月と、その翌月と翌々月が更新期間となります。

この期間中に解約する場合、違約金はかかりませんが、その他の期間で解約すると9,500円(税抜)の違約金が発生するため注意しなければなりません。

これは解約に理由に関係なく一律であり、更新月以外ではすべての場合で違約金が発生することは覚えておきましょう。

そのため、少しでもコストをかけずに解約したり、他社に乗り換えたりするなら、更新期間を把握しておき、その間に手続きを済ませなければなりません。

SIMチェンジWIFI

速度制限は

加入しているプランや使用しているモードによって、速度制限の要件は異なります。

月々のデータ容量が決められているプランでは、それを超えると月末まで速度制限がかかりますが、使い放題のギガ放題プランでも、一部制限が発生する要件があります。

通信モードごとの速度制限の違いを知り、どのようなケースだと制限がかかるのか理解しておきましょう。

ハイスピードモードの場合

通常の通信モードであるハイスピードモードは、ギガ放題プランの場合は月々のデータ容量は無制限です。

そのため、自由に大容量通信が行えますが、例外的に直近3日間で10GB以上の通信を行うと、一時的に速度制限がかかるため注意しなければなりません。

ハイスピードモード時の速度制限は、10GB以上通信した翌日の18時から2時までです。

最大速度も低下しますが、1Mbps程度は確保できるため、速度制限としては比較的緩いといえるでしょう。

制限も約8時間で解消され、制限時でもネットの閲覧程度なら問題なく利用できるため、快適に使い続けたい人はハイスピードモードでの利用がおすすめです。

ハイスピードプラスエリアモードの場合

auのWiMAXではWiMAX回線ではなく、auのLTE回線を使用するハイスピードプラスエリアモードというものがあります。

これを利用することで通信速度や安定性などの向上は図れますが、利用した月は7GBまでしか使えないため注意しなければなりません。

当該月で一度でもハイスピードプラスエリアモードを使用すると、ギガ放題プランでもその時点で7GBまでの通信が上限となります。

途中でモードを切り替えてハイスピードモードに戻したとしても、7GBまでしか使えないという制限は残り続けるため注意が必要です。

既定の容量を超えて通信を行うと、翌月まで速度制限がかかり、通信速度は最大128kbpsまで低下します。

画像や動画などの多いサイトでは、ネットの閲覧すらままならない速度であるため、ハイスピードプラスエリアモードの使用には注意しなければなりません。

auのWiMAXの今後について

サービスの終了が予定されているため、auのWiMAXを利用しようと考えていた人は別の選択肢を探さなければなりません。

auのWiMAXサービスは今後どのように推移するのかを知り、WiMAXを利用するにはどのような行動が必要なのかを考えていきましょう。

料金プランは新規受付が終了している

auのWiMAXサービスでは、次の3つの料金プランがあります。

  • WiMAX 2+ フラット for DATA EX
  • WiMAX 2+ フラット for DATA
  • WiMAX 2+ フラット for HOME

これらの新規受付は2019年12月25日で終了しているため、今後加入することはできません。利用できるのは、受付終了以前に申し込みをしていた人に限られます。

また、2020年3月31日でauはWiMAXに関連するサービスの提供自体を終了すると発表しているため、今後WiMAXの契約をするなら、別のプロバイダを選択しなければなりません。

auのWiMAXとUQ WiMAXの違い

WiMAXのサービスを提供するプロバイダとして、UQ WiMAXがあります。

今後新規でWiMAXの契約を考えているなら、auのWiMAXとUQ WiMAXにはどのような違いがあるのかを知っておく必要があります。

それぞれの違いや共通点を知り、WiMAXサービスへの理解をさらに深めていきましょう。

サービス自体はまったく同じ

出典:UQWiMAX

auのWiMAXもUQ WiMAXも、サービスの品質自体はまったく変わりません。これはどちらもUQコミュニケーションズが提供する、同じWiMAX回線を利用しているからです。

使用している回線は同じであり、単に販売店のみが異なると考えて問題ないでしょう。

つまり、auからUQ WiMAXに乗り換えたからといって、通信性能が下がったり、反対に上がったりすることも基本的にはありません。

また、UQ WiMAX以外にもWiMAXサービスを提供するプロバイダは多数ありますが、これらもUQコミュニケーションズのWiMAX回線を使用しています。

そのため、プロバイダによって通信の品質が違うということはなく、通信環境は使用状況や利用する端末自体の性能に依存すると考えましょう。

auは料金の割引がない

auのWiMAXとUQ WiMAXの違いは、月額料金の割引の有無にあります。

UQ WiMAXでは1〜2ヶ月目は月額料金の割引を実施しており、3,696円(税抜)で利用できます。

対してauのWiMAXは、初月から4,380円(税抜)の月額料金がかかるため、コスト面で見るとUQ WiMAXのほうが優れているでしょう。

UQ WiMAXでも3ヶ月目以降の月額料金は4,380円(税抜)となりますが、最初の2ヶ月分が安いため、少しでもコストカットできるのは確かです。

UQ WiMAXを契約する!

au以外のWiMAXを契約する方法

au以外でWiMAXを申し込む方法は、次の2つがあげられます。

  • サイトから申し込む
  • 店舗で申し込む

それぞれの契約方法の違いを知り、自分に合ったやり方でWiMAXの契約を行いましょう。

サイトから申し込む

WiMAXのサービスはネット申し込みが可能であり、サービスを提供しているプロバイダの公式サイトから契約ができます。

各サイトの申し込みフォームにアクセスした後は、利用したいプランや端末の色、住所や支払いの情報などを入力します。

必要事項をすべて入力して送信すると申し込みは完了であり、後日自宅にWiMAXの端末が届き次第利用が可能です。

各プロバイダの公式サイト以外では、代理店サイトからの申し込みや、価格.comなど比較サイトから申し込むこともできます。

ただし、申し込み先によって適用できるキャンぺーンは異なることが多く、その結果損をすることも少なくありません。

特に価格.comからの申し込みだと、契約時に得られる特典の条件が落ちやすいため、あくまで料金の比較だけに留めて、実際の申し込みは他のサイトからにしたほうがよいでしょう。

店舗で申し込む

家電量販店など、一部の店舗ではWiMAXの申し込み窓口を設置している場合があります。店舗に窓口がある場合は、その場で申し込みが可能です。

申込用紙に必要事項を記入して提出するだけで契約は完了であり、分からないことはその場で質問できる点は大きなメリットです。

また、店舗に在庫がある場合は、申し込み終了後その場ですぐに端末を受け取れるため、即日利用開始できます。

ただし、家電量販店での申し込みではキャンペーンの適用ができなかったり、あっても内容が少なかったりすることも多いです。

即日受け取り可能な点は魅力ですが、契約の条件だけで見るならネット申し込みのほうがお得になりやすいでしょう。

WiMAXをお得に契約するには

少しでもお得にWiMAXを契約するには、次の2つの点を守りましょう。

  • 代理店を経由して契約する
  • ルーターは最新機種を選ぶ

契約方法や内容次第でお得かどうかは違ってくるため、手続きの際には細かいポイントまでチェックしておかなければなりません。

代理店を経由して契約する

お得な条件でWiMAXを契約するなら、代理店サイトを経由して申し込むがおすすめです。

利用するサイトによって内容は異なりますが、代理店サイトでは公式サイトよりも充実したキャンペーンを実施していることが多いです。

公式サイトから申し込んだ場合のキャンペーンに加えて、代理店サイト独自の特典を追加していることもあり、キャッシュバックや割引などの金銭的なメリットが受けやすくなります。

キャンペーンの適用には特定のプランやオプションへの加入など、条件を満たさなければならないこともあるため、この点には注意が必要です。

キャンペーン内容が充実していることはもちろん、それらが確実に適用できるかどうかも考慮して、利用する代理店サイトを選ぶとよいでしょう。

ルーターは最新機種を選ぶ

WiMAXの使い勝手を決めるのはルーターの性能であるため、契約するなら最新機種を選ぶことが大切です。

型落ちのモデルを選んでしまうと、最大速度が下がったり、通信の安定性が低下したりすることもあります。

もちろん、旧式のモデルでも快適に使える場合はありますが、最新機種と比較するとより快適に使えるのは最新機種のほうで間違いはありません。

わざわざ古いモデルを選ぶメリットはないため、契約するなら必ず最新機種を選びましょう。

最新機種を契約した人のみに限定して高額のキャシュバックを提示するプロバイダもあるため、コスト面と使用面の両方で見ても、最新機種を選ぶことがおすすめです。

おすすめの最新ルーター

2020年1月現在でおすすめのルーターは、次の4つです。

  • Speed Wi-Fi NEXT W06
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • Speed Wi-Fi HOME L02
  • WiMAX HOME01

持ち運びができるモバイルルーターと自宅据え置き型のホームルーターの両方があるため、それぞれの違いもチェックしながら、ルーターごとの性能差を比較していきましょう。

Speed Wi-Fi NEXT W06

USB接続時の最大速度が1.2Gbpsと、光回線並みの速度を誇るSpeed Wi-Fi NEXT W06は、高速通信を行いたい人におすすめです。

Wi-Fiでの接続時でも867Mbpsが最大速度となっているため、十分快適に利用できるでしょう。

また、受信する電波を強める高性能ハイモードアンテナや、キャッチした電波を端末に強く飛ばすTXビームフォーミングなども搭載している多機能モデルです。

最大速度が速いだけではなく、快適な通信環境をサポートする機能が揃っているため、高性能なルーターといえます。

SIMチェンジWIFI

Speed Wi-Fi NEXT WX05

おまかせ一括設定搭載によって、シーンに合わせたモードの切り替えが簡単にできる点が、Speed Wi-Fi NEXT WX05の魅力です。

高速通信を行いたい場合は「通信速度を優先」を、通常時は「スタンダード設定」を選ぶことで、バランスよくインターネット通信が行えます。

また、外出先でも利用しやすいように、「バッテリー持ちを優先」といった設定もあり、合計3つのモードにワンタッチで切り替えられるのは大きな魅力です。

電波が弱いときでも通信品質を向上できるWiMAXハイパワー機能が搭載されているため、通信環境が乱れやすい場所でも快適に利用しやすいでしょう。

Speed Wi-Fi HOME L02

自宅据え置き型のホームルーターなら、ギガスピードに対応しているSpeed Wi-Fi HOME L02がおすすめです。

USB接続で、月額1,005円(税抜)のハイスピードプラスエリアモードを使用することで、一部エリアにおいて1,237Mbpsでの高速通信が可能です。

また、Wi-Fi接続においても最大速度は867Mbpsと高速であり、通常利用でも快適に使いやすいでしょう。

高感度のアンテナを4本搭載しているため、受信感度は高く、TXビームフォーミングに対応していることで、送信電波の強度が高い点も魅力です。

WiMAX HOME01

自宅が広い場合は、広範囲で電波を飛ばせるWiMAX HOME01がおすすめです。

広範囲で同時接続ができるワイドレンジアンテナを搭載し、かつビームフォーミング機能も搭載しています。

そのため、より広い範囲で電波の送受信が可能となり、家中どこにいても快適にWi-Fiを利用しやすいでしょう。

電波が弱いときに強度を高めるWiMAXハイパワーにも対応しており、通信の安定性は高いです。

WiMAXはauではなく代理店経由で契約しよう

auのWiMAXの新規受付はすでに終了しているため、申し込むなら別のプロバイダを選ばなければなりません。

申し込みはプロバイダの公式サイトよりも代理店サイト経由がおすすめであり、充実したキャンペーンを適用することで、よりお得に利用できます。

代理店サイトから自分に合ったプロバイダに申し込み、少しでも好条件でWiMAXを利用しましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい