1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ポケットWiFiとは?その特徴と端末機種を比較紹介

ポケットWiFiとは?その特徴と端末機種を比較紹介

更新日:2020.06.24

スマホのデータ通信を消費しないためにはWi-Fiは欠かせないものです。そんなWi-Fiを使うのに、ポケットWi-Fiと呼ばれるものがあります。果たしてポケットWi-Fiとは何か、この記事では様々な機種を比較して紹介していきます。

スマホやパソコンを使用するにあたって、今や欠かせないのはWiFiです。WiFiを使用すると、データ通信量が節約できるので、多くの人が利用しているでしょう。

そこで「自分もWiFiを利用したい」と考えたときにおすすめしたいのが、ポケットWiFiです。

今回は、ポケットWiFiとは何か、また、ポケットWiFiでも大手キャリアによって料金形態が異なるため、特徴や料金についても徹底解説していきます。

SIMチェンジWIFI

ポケットWiFiとは

ポケットWiFiとは、簡単な設定をすることで自宅でも外出先でも持ち運びができ、インターネット通信が気軽にできる端末のことです。

では、自宅に回線をひく固定回線とは何が違うのでしょうか。その比較を表にまとめましたので、参考にしてください。

ポケットWiFi固定回線
利用できるエリア電波が入れば外でも家でも可能家のみ
回線速度速いとても速い
速度制限使いすぎると制限かかるなし
回線工事不要必要
設定の難易度簡単比較的難しい
利用できるまでの期間即日の場合あり数週間はかかる
利用するための設備不要必要

費用面(初期費用)

月3,000~4,000円程度
(事務手数料が3,000円程度)

月6,000円程度
(工事費など20,000円程度)

ポケットWiFiの大きな特徴は、自宅以外でも電波が入れば持ち運んで使用できるというところです。ゲームのような高速通信には弱いですが、Webサイトなどの閲覧などは快適でしょう。

さらに、工事不要であることから、届いてすぐに利用できることもポケットWiFiのメリットです。

固定回線は通信の速さや制限が一切ないという点では、ポケットWiFiよりも勝りますが、総合的に比較すると、ポケットWiFiの方がメリットが大きいです。

ポケットWiFiのWPSについて

WPSとは、パソコンやスマホとWiFiルーターを接続する技術のことで、WPSのおかげでパスワードやIDの入力要らずでWiFiに繋げられるのです。

WiFiルーターの機種によっては、ボタン1つで接続できるWPS機能があるため、ポケットWiFi初心者の方でも安心して利用できます。

大手キャリアのポケットWiFiを比較

大手キャリアでもポケットWiFiを提供しています。もしも、キャリアのスマホを使用している場合は、同じキャリアに合わせた方がよいこともあります。

各社によっても契約プランやポケットWiFiの特徴、料金が異なりますので、それぞれ詳しく比較していきましょう。

ドコモのポケットWiFiの特徴と料金

ドコモのポケットWiFiの特徴と料金を詳しく解説します。ドコモユーザーの方でドコモのポケットWiFiを検討中の方は、とくに参考にしてみてください。

ドコモの特徴

ドコモのポケットWiFiは、クロッシィを利用しています。クロッシィとは、ドコモが提供するLTEを使った通信サービスのことです。

クロッシィ回線の特徴は、エリアが広くて安定した速度であるところです。

そしてドコモが提供するポケットWiFiのラインナップは次の表をご覧ください。スペックなどをまとめています。

WiFi STATION SH-05LWiFi STATION HW-01L
LTE通信速度
  • PREMIUM4G(下り最大988Мbps/上り最大75Мbps)
  • LTE(下り最大150Мbps/上り最大50Мbps)
  • 3G(下り最大14Мbps/上り最大5.7Мbps)
  • PREMIUM4G(下り最大1288Мbps/上り最大131.3Мbps)
  • LTE(下り最大150Мbps/上り最大50Мbps)
  • 3G(下り最大14Мbps/上り最大5.7Мbps)
同時接続数11台17台
連続通信時間
  • PREMIUM4G:約5時間
  • LTE:約15時間
  • 3G:約17時間
  • PREMIUM4G:約6時間
  • LTE:約11時間
  • 3G:約7時間
特長
  • PREMIUM4Gで快適な高速通信
  • シーンを選ばないデザイン
  • モバイルバッテリー機能つき
  • 国内最速の高速通信
  • 国際ローミング対応
  • 自宅のブロードバンド回線が利用可能

ドコモの料金

ドコモのポケットWiFiは、毎月最大30GBまで速度制限なしのギガホと、毎月1~7GBまでで使用した分だけ支払うギガライトにプラスする「データプラス」がおすすめです。

なお、データプラスは月1,000円(税抜)で利用できます。ギガホまたはギガライトの契約者のみ利用できるプランとされています。

ドコモオンラインショップで確認

auのポケットWiFiの特徴と料金

auのポケットWiFiの特徴と料金を解説していきます。auユーザーの方は、とくに参考にしてみてください。

auの特徴

auはauからとしてポケットWiFiの販売をしているのではなく、WiMAXという形で販売しています。

WiMAXとauのスマホをセットで契約をすると、料金が割引になるのでauユーザーの方にとってはお得です。auスマホ割の割引額は次の表をご覧ください。

通信量
  • WiMAX2+フラットforDATAEX
  • WiMAX2+フラットforHOME
WiMAX2+フラットforDATA
10МBまで基本使用料372円/月基本使用料372円/月
10МB超え(割引の前)基本使用料5,880円/月基本使用料5,196円/月
10МB超え(割引の後)基本使用料4,880円/月基本使用料4,196円/月

さらにWiFiルーターの新規契約の事務手数料が、通常3,000円ですが、スマホとセット割の場合は無料です。

また、データ容量が条件つきで制限なしと月7GBまでのプランがあります。

auの料金

auには、モバイルルータータイプのプランとホームルータータイプのプランがあります。それぞれのプランを表にまとめて紹介します。

モバイルルーター(2年契約N適用)ホームルーター(2年契約N適用)
月額料金(税抜)

4,292円(2年契約が適用されない場合は、4,462円)

4,292円(2年契約が適用されない場合は、4,462円)

オプション利用料(ハイスピードプラスエリアモード)(税抜)

月1,005円月1,005円
データ容量
  • ハイスピードモード(上限なし)
  • ハイスピードプラスエリアモード(月7GBまで)
  • ハイスピードモード(上限なし)
  • ハイスピードプラスエリアモード(月7GBまで)

モバイルルーターでもホームルーターでもプラン内容に変わりはありません。

また、初期設定のハイスピードモードでも、ルーターに初期設定されているAPNの変更で速度制限がかかる場合もありますので注意してください。

auオンラインショップで確認

ソフトバンクのポケットWiFiの特徴と料金

ソフトバンクのポケットWiFiの特徴と料金を解説していきます。ソフトバンクにもスマホとセットで契約できるプランがありますので、ぜひ検討してみてください。

ソフトバンクの特徴

auのWiMAXと同様にサービスエリアは広いのですがドコモよりは狭いのと、通信制限がかかってしまうと速度はauやドコモよりも遅い傾向にあります。

速度制限は、3日間で10GB以上利用するとかかってしまいます。毎日たくさんデータ容量を使う人にはおすすめしにくいです。

しかし、契約期間の縛りがないところがソフトバンクのポケットWiFiを選ぶメリットの1つです。そしてソフトバンクのポケットWiFi製品のスペックは次の表をご覧ください。

PocketWiFi802ZT
通信速度下り最大988Мbps/上り最大37.5Мbps
連続通信時間約12時間
同時接続数16台
特長生活防水・防塵

ソフトバンクの料金

ソフトバンクのポケットWiFiの料金プランは、3つあります。それぞれ表にまとめて紹介します。

データシェアプランウルトラギガモンスター+forデータミニモンスターforデータ
月額料金980円(税抜)7,480円(税抜)3,980円(税抜)~
データ容量データを分け合える50GB0~50GBまで

データシェアプランが、スマホとセットで契約できるプランです。データを分け合えるので、とくに制限はありません。ソフトバンクのスマホと契約したい方におすすめです。

ほか2つのプランは、モバイルデータ通信のみで利用する場合です。

ソフトバンクで確認

SIMチェンジWIFI

最新端末NEXTWX06

今年発売されたばかりの最新機種、WiMAXのモバイルルーターから「NEXT WX06」の特長は次のとおりです。

  • WiMAXモバイルルーター初の2.4GHzと5GHzが同時で利用できる
  • 最大で16台まで接続可能
  • QRコードの読み取り機能でiOS端末とAndroid端末でWiFi接続可能
  • ディスプレイに3日間のデータ通信量が表示される
  • ディスプレイにハイスピードプラスエリアモード通信量がグラフと数字で表示される

2.4GHzと5GHzのなにが凄いのかというと、2.4GHz帯だと接続できる機器が多彩になります。パソコンやスマホ以外にも、ゲーム機やオーディオ機器などです。

5GHz帯は、通信が高速で安定して干渉が少ないところです。定期的に周辺の電波状況を判断して快適に利用できるような機能が搭載されています。

最近よく聞くSIMフリーのポケットWiFiって?

最近ではSIMフリーのポケットWiFiがあるのですが、キャリア以外のポケットWiFiを選ぶ際のメリットやデメリットには、どんなものがあるのでしょう。

また、特徴も解説していきます。

SIMフリーポケットWiFiとは

SIMフリーのポケットWiFiは、SIMロック解除されているため、お好みのキャリアと契約して使用できます。

大手キャリアが販売するポケットWiFiは、SIMロックされている状態なので、ドコモのポケットWiFiの場合、ドコモを解約してソフトバンクと契約という形はできません。

SIMフリーのポケットWiFiを使用する場合は、格安SIM業者のSIMを使って通信を行います。通信回線を変えたいときは、簡単に行えるという特徴があります。

SIMフリーポケットのメリット

SIMフリーのポケットWiFiのメリットを見ていきましょう。

料金が安くなる

キャリアのポケットWiFiよりも月々の料金を安くできるのは、SIMフリーのポケットWiFiのよさです。

通信費用を少しでも抑えたい場合は、少しでも料金が安いプランのSIMを選ぶことで、場合によっては半額以上安くなることもあります。

とにかくキャリアにこだわらず、通信費安くしたい方にはSIMフリーのポケットWiFiがおすすめです。

解約金がいらない

多くのポケットWiFiは、2年契約や3年契約というように契約縛りがあります。更新月以外で解約する場合は、違約金が発生してしまうので難点という方いるのではないでしょうか。

しかしSIMフリーのポケットWiFiの場合は、契約縛りがないものが多いため違約金が発生しません。更新月がないので、好きなときに解約できるのです。

自分に合ったプランで使える

キャリアのポケットWiFiを選ぶと、プランの選択の用意されているものから選ばなくてはいけません。

そうすると、選んだプランでも自分に合っていないこともあり、結果的に高い料金払って損しているということも考えられます。

しかしSIMフリーのポケットWiFiは、様々なプランから自由に選べます。

好みの回線も選べますし、月に使用する通信料に応じたプランもあるので、損することなく自分に合うプランを見つけることができます。

SIMフリーポケットのデメリット

メリットの次は、SIMフリーのポケットWiFiのデメリットを見ていきましょう。デメリットのことも考えて、SIMフリーを選ぶか判断してください。

ルーターやSIMカード等は自分で用意の必要あり

WiMAXやほかのキャリアのポケットWiFiの場合だと、契約して届いた段階ですでにSIMカードが挿入されています。

さらに端末も、キャリアごとで販売されているラインナップから選ぶことができるので、届いた段階ですぐに使用できます。

しかしSIMフリーのポケットWiFiの場合は、自分で端末を購入する必要があります。さらにSIMカードも入っていないため、どこのSIMにするかも決めないといけません。

自分で探す手間が苦ではないのなら、端末の選択肢も広がりますし、今はネット通販でも販売されています。

自分で用意するのが苦に感じるのなら、SIMフリーのポケットWiFiはおすすめしにくいです。

トラブルがあった場合は自分で解決をする

キャリアのポケットWiFiの場合は、もし端末に問題が起きたらサポートを受けることができます。故障だと端末保証などのオプションもあります。

しかしSIMフリーのポケットWiFiの場合は、トラブルがあってもサポートを受けられないため、自力で解決しなくてはいけません。

トラブル以外でも、接続設定なども調べて自力で行う必要があります。このような電子機器が得意な方にはよいですが、慣れない方や初心者にはおすすめしにくいです。

SIMチェンジWIFI

色んな場所でポケットWiFiを使ってみよう

ポケットWiFiは、自宅でも外出先でもWiFiを利用でき、気軽にインターネットを楽しめます。工事不要で届いたらすぐ利用できるのも魅力的です。

主にポケットWiFiはWiMAXが有名ですが、ほかにもドコモやソフトバンクでも販売しています。各社によってはプラン内容、料金、特長が異なるため、それぞれ比較して吟味しましょう。

スマホとセット割引のプランもありますので、キャリアのスマホを使用しているユーザーの方は、お得なプランを選んで契約するのもおすすめです。

また、ポケットWiFiによってサービスエリアが異なります。光回線とは違い、電波の状況を受けやすいデメリットもありますので、障害を受けそうな場所では繋がりにくいでしょう。

メリット・デメリットはありますが、外出先でもWiFiを利用したい方、わずらわしい設定や手続きなしで気軽にインターネットを楽しみたい方には、ぜひポケットWiFiをおすすめします。

SHARE!!

あわせて読みたい