1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. インターネットWiFiのつなぎ方・接続方法|接続できない・速度が遅い原因と対処法

インターネットWiFiのつなぎ方・接続方法|接続できない・速度が遅い原因と対処法

更新日:2020.06.22

パソコンやスマホをWi-Fi経由でインターネットに接続する方法を紹介しています。通信速度が遅い場合や接続が切れてしまう場合の原因と対処法についても触れていますので、Wi-Fi接続で問題を抱えている人は参考にしてください。

パソコンやスマートフォンをインターネットに接続する際、WiFiを活用するととても便利です。自宅にWiFiがあれば、家族全員が持つ様々な機器を手軽にインターネットに接続できますし、外出先のWiFiを使えば、スマホ等に入れているSIMカードの高速データ通信量を節約できるからです。

そこでこの記事では、パソコンやスマートフォンのWiFiへの接続方法と、「通信速度が遅い」「接続が切れる」といったWiFi接続時のトラブルの原因・対処法を紹介します。併せて、通信速度の問題を解消するために乗り換えを検討したい、おすすめのインターネット回線事業者3社の特徴も紹介しています。

パソコンやスマートフォンをWiFi経由でインターネット接続したい人は、ぜひ参考にしてください。

SIMチェンジWIFI

WiFiでインターネットに接続する方法

WiFiでインターネットに接続する方法を「パソコン」と「スマートフォン(iPhone・Android)」とに分けて説明します。

パソコンもスマホも、WiFiでインターネットに接続する際は「WiFiルーター」という機器、そしてWiFiルーターを確認するための「SSID」、そこに接続するための「パスワード」の3つが必要になります。これは自宅のWiFiに接続する場合も、フリーWiFiスポット(公衆無線LAN)に接続する場合も同じです。

WiFiとは

WiFiルーターとは、光回線などの外部のインターネットネットワークとパソコンやスマホをつなぐための中継装置のようなものです。

単に「ルーター」と呼ぶ場合もありますし、持ち運び可能なものは「モバイルWiFiルーター」、また、WiFiルーターを「親機」、パソコンやスマホを「子機」と呼ぶこともあります。そして、パソコンやスマホをWiFiルーターに接続する際には必ず「SSID」と「パスワード」が必要になります。

SSIDとパスワード

SSIDとは、ネットワーク上でそのWiFiルーターにつけられている名前のようなものです。

パソコンやスマホをWiFiルーターに接続しようとすると、周辺にあるWiFiルーターがいくつも表示されることがあるでしょう。その中から自分のWiFiルーターを見つけるためには、このSSIDを把握しておく必要があります。

そして、WiFiルーターに接続する(=インターネットに接続する)ためにはパスワードが必要です。パスワードがないと誰でも自由にそのWiFiルーターを介してインターネットに接続できてしまうからです。

このSSIDとパスワードは、大抵一緒にWiFiルーターの側面や底面に貼られているシールに記載されていますので、事前に確認するようにしてください。SSIDは「ネットワーク名」などと、パスワードは「暗号化キー」「セキュリティキー」などと表記されていることもあるので注意しましょう。

SIMチェンジWIFI

パソコンのWiFi設定方法

Windows10の場合

OSがWindows10ならデスクトップ画面の右下にあるタスクトレイに表示されている扇状のネットワークアイコンをクリックし、「ネットワーク設定」を開きます。すると周囲にあるWiFiルーターのSSIDが表示されるので、自分の使うWiFiルーターを選択して「接続」をクリックします。

この時、次回以降も同じWiFiルーターに接続したければ「自動的に接続」のチェックボックスにチェックを入れます。

「接続」をクリックすると「ネットワークセキュリティーキーの入力」と表示されますので、ここにWiFiルーターのパスワードを入力し「次へ」をクリックします。「接続済み、セキュリティ保護あり」と表示されたらインターネットへの接続ができていますので、ブラウザ等を開いて接続を確認してみましょう。

もしもタスクトレイにネットワークアイコンが表示されていない場合は、デスクトップ画面左下のスタートボタンから「設定」→「ネットワークとインターネット」と進み、左側の「WiFi」をクリックしてからWiFiが「オン」になっているかどうかを確認してください。

オフになっていたらオンにして、その下の「利用できるネットワークの表示」をクリックすると周囲にあるWiFiルーターのSSIDが表示されます。

iOSの場合

iOSの場合、画面右上のメニューバーに扇状のネットワークアイコンが表示されているはずですので、ここをクリックすると周囲にあるWiFiルーターのSSIDが出てきます。もしWiFiが有効になっていない場合は「WiFiをオンにする」をクリックして有効にしてください。

自分の使うWiFiルーターを選択するとパスワードの入力を求められますので、入力してから「接続」をクリックします。するとインターネットに接続されますので、ブラウザ等を開いて接続を確認してください。

iPhone・AndroidのWiFi設定方法

iPhoneの場合

ホーム画面から「設定」→「WiFi」の順に進み「WiFi」をオンにします。すると周囲にあるWiFiルーターのSSIDが表示されますので、自分の使うWiFiルーターを選択します。

パスワードの入力が求められるので、パスワードを入力して「接続」をタップするとインターネットへの接続は完了です。インターネットへ接続されるとSSIDの左にチェックマークがつき、ディスプレイ上部に扇状のネットワークマークが表示されます。

Androidの場合

「設定」→「無線とネットワーク」→「WiFi」の順に進み、「WiFi」をオンにします。すると周囲にあるWiFiルーターのSSIDが表示されますので、自分の使うWiFiルーターを選択します。

パスワードの入力が求められるので、入力して「接続」をタップするとインターネットへ接続されます。インターネットへ接続されるとSSIDの下に「接続済み」と表示され、ディスプレイ上部に扇状のネットワークマークが表示されます。

インターネットWiFiのトラブル別対処方法

パソコンやスマホをWiFi経由でインターネットに接続する際に発生しがちなトラブルである「通信速度が遅い」「接続が切れる」という2つについて、その原因と対処法をまとめました。

そもそもネット接続自体できない方は、WiFiで「インターネット未接続」と表示される原因と対処法を解説した記事をご覧ください。

通信速度が遅い

「通信速度が遅い」という問題の原因は、4つの可能性が考えられます。

  • パソコンやスマホとWiFiルーターの距離が離れている、障害物がある
  • 他の電化製品と電波が干渉している
  • WiFiルーターやインターネット回線の性能的な限界
  • WiFiルーターの設定の問題

パソコンやスマホとWiFiルーターの距離が離れている、障害物がある

パソコンやスマホのWiFi経由でのインターネット接続で通信速度が遅い場合、大抵の場合これが原因です。WiFiルーターから離れれば離れるほど電波は弱くなります。

そのため、通信速度の遅さを感じた場合はWiFiルーターとパソコン、スマホの物理的な距離をなるべく近くするようにしてください。家で1台のWiFiルーターを共用している場合は、どの部屋からも等距離になる家の中心部に置くのがベターといえます。

物理的に距離を近づけられない場合、WiFiルーターの電波を中継する「WiFi中継器」の導入も検討しましょう。

また、WiFiルーターとパソコン、スマホの間に大きな家具などの遮蔽物があると、WiFiルーターの電波が届きにくくなります。これを避けるにはWiFiルーターの位置をなるべく高くすることです。

直に床などに置くと直近にある家具で電波が遮られるので、遠くのパソコンやスマホに届く頃には電波がかなり弱くなってしまうことが考えられます。

他の電化製品と電波が干渉している

家の中に置かれている電化製品の中には、WiFiルーターのように電波を発生するものがいくつかあります。これらの電化製品とWiFiルーターの電波はお互いに干渉し合ってしまうことが多く、通信速度を遅くする原因になります。

代表的なものが電子レンジやBluetoothスピーカーを始めとするBluetooth対応機器、コードレス電話機などです。他にも色々とありますが、特に干渉しやすいのがこの3つと言われており、中でも電子レンジは使用時に限られるもののかなり強力な電波を発します。

電波の干渉が原因で通信速度が遅くなっている場合、最も簡単な対処法は「5GHz帯に対応するWiFiルーターを使うこと」です。WiFiルーターには2.5GHz帯の電波を使っているものと、2.5GHz帯と5GHz帯の両方を使っているものの2種類があります。

電化製品は2.5GHz帯を使っているものが多いため、WiFiルーターと電波が干渉してしまいます。そのため、WiFiルーター側を2.5GHz帯だけではなく5GHz帯にも対応したものに変えることで、お互いの電波の干渉を防ぐことができるというわけです。

また、WiFiルーターと電化製品の物理的な距離を離すというのも効果的です。

WiFiルーターやインターネット回線の性能的な限界

WiFiルーターには「最大接続台数」や「推奨接続台数」が設けられており、接続台数がこれらの数に近づけば近づくほど1台ごとの通信速度は落ちてしまいます。

このような場合、WiFiルーターをたくさんの子機が接続できる最新かつ高性能なものに買い替えたり、WiFiルーター自体の台数を増やして1台のWiFiルーターに接続する子機の数を減らしたりすることが効果的です。

インターネット回線の性能的な限界(最大通信速度など)に対処するには、契約しているプランを変更したり、契約するプロバイダ自体を変更したりするしかありません。

WiFiルーターの設定の問題

WiFiルーターの設定自体に問題があると、通信速度が落ちてしまうことがあります。可能性の高いものの1つが「ファームウェア」です。

ファームウェアとはWiFiルーターそのものを制御するためのソフトウェアのことで、脆弱性が見つかったり、OSがアップデートした場合にはそれに合わせてWiFiルーターのメーカーから最新のものが配布されます。WiFiルーターがネットにつながっていれば大抵は自動的に更新されますが、何かの問題で更新されていないままになっていることも考えられます。

通信速度が遅い場合はWiFiルーターの製造メーカーの公式サイトへいき、使っているWiFiルーターのファームウェアが最新の状態になっているかを確認してみてください。もし古い場合は最新のものに更新しましょう。

接続が切れてしまう

接続が切れてしまう場合も、まずは「回線速度が遅い」のところで挙げた4つのポイントを確認してください。その上で解決しない場合、「インターネット回線」「WiFiルーター」「パソコンやスマホなどの子機」のいずれかに具体的な問題がある可能性があります。

そのため、原因がこの3つのどこにあるのかの切り分けをすることが重要です。

この手の切り分けは「上流から行う」のが鉄則なので、まずはインターネット回線に問題がないかどうかから確認をしましょう。

確認する1番簡単な方法は、パソコンを有線でインターネット回線に接続することです。これでインターネットが使えれば、インターネット回線自体に問題はない、ということになります。

もし使えない場合はLANケーブルを差し込むコンセントを変えて試してみて、それでも使えない場合はインターネット回線自体や自宅の光回線終端装置(ONU)などに障害が発生している可能性が高いので、契約しているインターネットプロバイダに問い合わせを行ってください。

インターネット回線に問題がなければ、あとはWiFiルーターかパソコン、スマホかの問題になります。これを切り分けるには、別のパソコンやスマホをWiFiルーターにつないでみて使えるかどうかを試すのが簡単です。

もし他の子機なら回線がつながるのであれば、問題は使っているパソコンやスマホに問題がある可能性が高いです。逆に他の子機でも回線がつながらないのであれば、問題はWiFiルーターにある可能性が高いです。

パソコンやスマホに問題がありそうな場合

パソコンやスマホに発生している問題は再起動を行う過程で解消されることも多いため、真っ先に再起動を行うようにしてください。

再起動をしても接続できない、あるいは接続が切れてしまう場合、パソコンやスマホのOSやソフトウェアが最新の状態になっているかを確認し、最新でない場合はソフトウェアの更新やアップデートを行ってください。その上でWiFiルーターへの接続設定を一旦削除し、再度SSIDを選んでパスワードを入力してください。

これでもダメな場合、同じパソコンやスマホでフリーWiFiスポットなど別のWiFiルーターに接続できるかどうかを試してください。別のWiFiルーターにもつなげない場合はそのパソコンやスマホが故障している可能性があります。

WiFiルーターに問題がありそうな場合

WiFiルーターに問題がありそうな場合も、まずは電源の入れ直しを行いましょう。それでもダメな場合、WiFiルーターの製造メーカーの公式サイトへアクセスし、WiFiルーターのファームウェアの更新、アップデートなどが行われていないか確認してください。

WiFiルーターが最新の状態になっているにも関わらず子機がインターネットに接続できない、接続が切れてしまう場合は、WiFiルーターが故障している可能性があります。

おすすめのインターネット回線3社

WiFiを経由してパソコンやスマホをインターネットに接続する場合、最終的にはどうしても契約しているインターネット回線自体によって通信速度や回線品質が左右されます。そこで、おすすめのインターネット回線を3社紹介します。

今回紹介する3社は、コミュファ光以外は「光コラボ」と呼ばれる事業者です。光コラボは、「フレッツ光+プロバイダ」という契約をするよりも月額料金が安くなることや問い合わせ先が一本化できること、さまざまな割引制度が充実していること、などが大きなメリットとして挙げられますので非常におすすめです。

最初に3社の主要なプランの月額料金を表にまとめておきます(コミュファ光は回線速度によって料金プランが分かれます)。

戸建てマンション
ソフトバンク光5,200円3,800円
NURO光6,480円
コミュファ光4,110円~6,350円3,980円~6,350円
SIMチェンジWIFI

ソフトバンクユーザーはこれ一択!「ソフトバンク光」

出典:Softbank光

ソフトバンク光は、スマホでおなじみのソフトバンク株式会社が運営している光回線のブランドです。

ソフトバンク光のメリットは、何と言ってもソフトバンクのスマホを使っていれば「おうち割 光セット」というキャンペーンが適用されて、月々のスマホ料金から最大1,000円が永年割引される、という点です。他の家族もソフトバンクのスマホを使っていれば、それぞれから最大1,000円が割引されます。

例えば、4人家族全員がソフトバンクなら毎月最大4,000円、年間最大48,000円の割引が受けられる計算になります。1年間で5万弱、2年間で10万弱の金額が浮くわけですから、家族の中にソフトバンクユーザーが多い人ほど、自宅の光回線はソフトバンク光にしたほうがおトクです。

ソフトバンク光を契約する!

回線速度にこだわる人向け「NURO光」

出典:NURO光

NURO光はインターネットプロバイダの「So-net」と同じく、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営しています。

NURO光には数ある光回線の中でも最も速い10Gbpsという通信速度を誇る料金プランが存在します。そのため、とにかく何よりも通信速度にこだわりたいという人に強くおすすめしたい事業者です。

ただし、こちらの料金プランは月額6,480円となっており、他の光回線に比べると割高です(現在は1年間限定で3,980円になるキャンペーン中)。

「そこまで高い料金は払いたくない」という人には、1つ下の4,743円のプランで十分です。この料金プランでも通信速度は2Gbpsとなっており、ソフトバンク光を始めとする他社の1Gbpsという通信速度の倍です。

NURO光で1つ注意が必要なのは、フレッツ光や他の光コラボ業者からの乗り換えであっても契約時には工事が発生するということです。

これはNURO光がNTT東日本・NTT西日本から借り受けている回線がフレッツ光に使用している光回線(ライトファイバー)ではなく、現在利用していない光回線(ダークファイバー)だからです。そのためNURO光への乗り換えは、スケジュールに余裕を持って進めるようにしましょう。

工事費自体は31カ月以上NURO光を契約すれば実質無料になるキャンペーンが行われています。しかし、そもそも工事が終わらないと回線が使えず、工事の際は少なからず順番待ちが発生するため、回線の乗り換えが思うように進まない可能性があります。

NURO光を詳しく見る

中部エリアの人へおすすめ「コミュファ光」

出典:コミュファ光

コミュファ光はあまり聞き馴染みがないかもしれませんが、東海4県(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)のみで展開する事業者で、KDDIの子会社で中部電力も出資している中部テレコミュニケーション株式会社が運営しています。

コミュファ光は中部電力が独自に敷設した光回線を使っています。そのためNTT東日本・NTT西日本から回線を借り受けている光コラボ事業者ではありません。

そのため、フレッツ光や光コラボ事業者からの乗り換えの際は工事が発生します。KDDI系の会社でありながらKDDIの回線も利用していないので、auひかりからの乗り換えでも工事が発生します。

2020年1月現在、工事費の25,000円は無料になるキャンペーンが行われています。工事費用自体の心配は必要ありませんが、工事の順番が回ってくるまでにはある程度の日数が必要になります。

コミュファ光は、料金プランが豊富に用意されており、ニーズに合わせた料金プランを選べるのが最大のメリットといえます。

用意されている料金プラン

  • 10Gホーム(マンション) EX:最大10Gbps
  • 5Gホーム(マンション) EX:最大5Gbps
  • 1Gホーム(マンションF):最大1Gbps
  • 300Mホーム(マンションF):最大300Mbps
  • 30Mホーム(マンションF):最大30Mbps

基本的には回線速度と料金は比例します。動画やゲームなどを含めてネットをよく利用する人は多少高くても回線速度の速いプランがおすすめですし、たまにサイトを閲覧する程度であれば回線速度が遅く安いプランでも十分でしょう。

また、KDDIの子会社が運営しているということもあって、コミュファ光でネットと電話の契約をしていれば「auスマートバリュー」の適用を受けることができます

auスマートバリューとは、auのスマホの月額料金が500円から最大2,000円割引になるというものです。これはソフトバンク光の「おうち割 光セット」同様、家族にauユーザーが多ければ多いほどお得になります。

コミュファ光を詳しく見る

インターネットはWiFiを有効活用しよう!速度が出なければ回線の乗り換えも要検討

パソコンやスマホをWiFi経由でインターネットに接続する方法とWiFi接続時のトラブルの典型例と原因、その対処方法、おすすめのインターネット回線の紹介をしてきました。WiFi使用時には「速度が遅い」「電波が切れる」といった問題が起きがちですが、まずは記事内で紹介したポイントを1つずつチェックして問題を解決するようにしてください。

どうしても問題が解決しない場合(特に回線速度の問題)は、思い切って契約しているインターネット回線を変えてしまうのも1つの手です。各社とも様々な乗り換えキャンペーンを頻繁に行っているので、うまく乗り換えれば費用的なデメリットは発生しにくいでしょう。

SHARE!!

あわせて読みたい