1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Wi-Fiで「インターネット未接続」と表示される原因と解決方法【iPhone・Android別】

Wi-Fiで「インターネット未接続」と表示される原因と解決方法【iPhone・Android別】

更新日:2020.03.03

スマホのWi-Fiがなぜかインターネットに繋がらない、自分だけ繋がらない、突然使えなくなった。そんなトラブルに突然遭遇する経験をした方は多いのではないかでしょうか。そのWi-Fiインターネット未接続トラブルの原因、対処法をお伝えします。

スマホが突然Wi-Fiを検知しなくなった、インターネットが繋がらなくなった、未接続になってしまうというWi-Fiのトラブルはスマホユーザーにとって大問題です。

その問題を速く的確に解決するため、症状、原因、対処策をお伝えしましょう。

SIMチェンジWIFI

Wi-Fiの「インターネット未接続」は設定ミスが大半

Wi-Fiとスマホが正常に繋がらない「インターネット未接続」となる原因の多くは、設定ミスが原因です。パスワードの入力、SSIDの選択が正しくないという原因はみなさん経験があるでしょう。

アルファベットの「O」と数字の「0」を間違えていたり、英字の大文字「I(アイ)」と小文字「l(エル)」を見間違えたりして、パスワードがどうしても弾かれてしまうということもあります。

このような簡単な設定ミスは何度か試行することで解決できますが、他にもたくさんの原因が元となり、Wi-Fiに繋がらないということもあります。

SSIDのステルスモード

スマホやパソコンの調子悪かったり、買い替えたりした時、なぜかWi-FiのSSIDを検出しないということがあります。

SSIDはWi-Fiルーター側の設定で、普段は検出できないステルスモードという設定ができます。このステルスモードをONに設定していると、新しいスマホやパソコンでSSIDを自動検出できません

Wi-Fiルーターの電源やケーブルに異常

Wi-Fiルーターの電源が切れている電源プラグが外れているLANケーブルが正しく挿さっていない違うポートにLANケーブルを差し込んでいるということもあります。

掃除や部屋の模様替えで全部のケーブルを外して繋ぎなおしたら、繋ぎ方を間違えていたり電源を入れ忘れていたり、コンセントに電源プラグが刺さっていなかったりということが原因でWi-Fiに繋がらない、インターネットが未接続になるということもあります。

SIMチェンジWIFI

IPアドレスに競合が発生

スマホやパソコンの台数が増えた時にIPアドレスが正しく発行されず、既に使われているIPアドレスを別のスマホやパソコンにも発行してしまうということもあります。

IPアドレスはスマホやパソコンなど、ネットワークに繋がる機器に簡易的な名前を設ける機能です。例えば、お父さんと子供が同じ名前だったら、届いた手紙がお父さん宛てなのか子供宛てなのかわからなくなります。

それと同じことがネットワークの中でも起こるので、IPアドレスという特殊なアドレスを設けて区別しているのです。そのIPアドレスはWi-Fiルーターが自動的に管理するのですが、これが正常に機能していない時はネットワーク内で競合という異常が発生し、結果インターネット未接続という症状を起こします。

スマホ側でインターネットを手動切断している

スマホ側の設定で機内モードに設定していたり、Wi-FiをOFFにしていたりするとインターネット未接続となります。

Wi-Fiの「インターネット未接続」の解決方法

Wi-Fiのインターネット未接続の原因はいくつもありますが、多くの問題は以下の方法で解消できます。

機内モードのON/OFFを切り替える

iPhoneやAndroidのスマホでWi-Fiによるインターネット接続ができない場合、まず疑ってみるのはスマホの設定です。単純にスマホを機内モードにしていたり、Wi-FiがOFFになっていたりしていないか確認をしてください。

また、機内モードのスイッチ、Wi-FiモードのスイッチをON/OFFを切り替えてみてください。もしもIPアドレスの問題だったりスマホのパケット処理問題だったりしている場合は、この方法で問題が解決することがあります。

スマホ・ルーターを再起動する

機内モードやWi-FiスイッチをON/OFFしてもインターネットが未接続になる場合、他の機器でもWi-Fiでインターネットができる機器があるのであれば、インターネット接続をテストしてみてください。

もしも問題なくインターネットができる機器が1台でもあるのなら、ルーター側は問題ないと考えられます。

iPhoneやAndroidスマホを再起動してみましょう。再起動することでプログラムが正しく動作できるようになり、インターネットへの接続が復活できる可能性があります。

さっきまで問題なかったインターネットが急にできなくなるという現象もあります。スマホは一旦電源をONにすると何ヶ月も電源を落とすことなく使います。

何ヶ月もの間たくさんのアプリを使ったりインストールしたり、削除したりとプログラムがだんだん複雑化してしまうために動きが悪くなったり、機能が正常に動作しなくなったりすることがあります。そういった場合にスマホがインターネットから受け取ったパケットを正しく処理できず、インターネット未接続になってしまうことがあるのです。

スマホを再起動するとプログラムを一旦終了し、リセットして起動できるため問題を起こしていた機能を復活することができます。

もしもスマホを再起動してもインターネットができず、他の機器でもインターネットができていないという場合はWi-Fiルーター側に問題があるはずです。Wi-Fiルーターは絶えずインターネットとスマホの情報橋渡しをしています。

Wi-Fiルーターもスマホ同様に一旦電源をONにしたら何ヶ月、もしくは何年も電源がついたままになっているということもあります。Wi-Fiルーターもプログラムで動いていますので、だんだんと異常がでてくる場合もあるでしょう。

気づかないうちに小さな問題をいくつも抱え、処理できない状態になるとインターネット接続にエラーを発生させる場合もあります。このような場合もスマホ同様にWi-Fiルーターを再起動させます。

再起動の方法は電源ボタンがある場合は電源ボタンの長押しで電源OFFに、電源ボタンがないWi-Fiルーターの場合はコンセントから電源プラグを抜きます。また、スマホやパソコンからWi-Fiルーターのコントロールができる場合はそちらのアプリケーションから再起動をしましょう。

スマホのネットワーク設定を再設定する

iPhoneやAndroidスマホが原因でインターネットが未接続になる場合、スマホの再起動でも問題が解決できないのであれば、iPhone、Androidスマホでのネットワーク設定の初期化を試してみましょう。

iPhoneのネットワーク設定の初期化は「設定」→「一般」→「リセット」→「ネットワーク設定をリセット」から初期化できます。

Androidのネットワーク設定の初期化は「設定」→「ネットワークとインターネット」→右上メニューで「Wi-Fi、モバイル、Bluetoothをリセット」から初期化できます。(AndroidOS 6.0以降)

ネットワーク設定の初期化をすると3Gや4Gのモバイルネットワーク設定は別の項目なので消えませんが、全てのWi-Fi設定やBluetoothの設定が消えます。Wi-Fiの設定を見直してもう一度設定してみましょう。

ルーターの初期化

スマホの再起動、初期化をしてもWi-Fiのインターネットが未接続となる場合、Wi-Fiルーター側を初期化します。Wi-Fiルータの初期化の方法はメーカーによって異なります。

リセットボタンで初期化する方法、Wi-Fiルーターのコントロール画面から初期化する方法などがあります。Wi-Fiと繋がっているけれどもインターネットがどうしても未接続になるという場合、Wi-Fiルーターのコントロール画面にはアクセス可能ですので、パソコンやスマホからWi-Fiルーターのコントロール画面にログインしましょう。

ログインの方法はメーカーによって異なりますが、スマホアプリからログインできる場合やスマホのブラウジングアプリケーション「Google Chome」「Safari」、パソコンの「Internet Explorer」「Microsoft Edge」でIPアドレス欄に「192.168.0.1」や「192.168.0.11」を入力してアクセスする方法があります。この数字はメーカーによって異なりますので説明書を見て確認してください。

Wi-Fiルーターに接続できたらログイン画面になります。

ログイン画面ではユーザー名、パスワードの入力が必要になります。Wi-Fiルーターの説明書にユーザー名、パスワードが載っていると思いますので入力してください。

多くの場合ユーザー名もパスワードも「admin」に設定されていることがあります。ログインできたらコントロール画面内の「再起動」ボタンを探して押してください。

SIMチェンジWIFI

スマホ・ルーターが故障している

スマホの初期化、ルーターの初期化をしても、ケーブルの接続を見直してもインターネット未接続になる場合は、スマホかWi-Fiルーターのどちらかが故障していることが考えられます。

その場合、まずスマホの確認をします。スマホ持って公衆無線LANのあるコンビニやカフェ、ファミリーレストランでWi-Fiに接続できないかテストしてみてください。

公衆無線LANの接続ができない、接続できてもインターネット未接続になる場合は、スマホの完全初期化、修理が必要になります。公衆無線LAN等への接続、インターネットができる場合はWi-Fiルーター側かインターネット回線自体の異常ということになります。

自宅のインターネットが正しく動いているかどうかの確認をしましょう。契約しているインターネット会社に問い合わせて回線の動作状況を確認してもらってください。

Wi-Fiルーターの設定を確認

自宅のインターネット機器まで確認したのにインターネット接続できない場合は、Wi-Fiルーターに問題があると考えていいでしょう。その場合Wi-Fiルーターの設定をよく確認します。

Wi-Fiルーターはコントロール画面へのログインができるかファームウェアは最新になっているか確認してみましょう。また、無線LANの機能がOFFになっていないかも確認が必要です。

そして、Wi-FiルーターにPPPoEの設定ができているかも確認します。多くのWi-Fiルーターの場合はPPPoEの設定など必要なく、電源プラグをコンセントに差し込んでLANケーブルをポートに接続すれば正常稼働するのですが、稀にPPPoEの設定が必要になるWi-Fiルーターも存在します。

PPPoEは契約したインターネット会社が発行してくれるIDとパスワードです。これをインターネットの装置に設定しないと、どこの誰がインターネットアクセスしようとしているのか分かりません。

当然、誰のアクセスか分からないような通信をインターネット会社は通してくれません。そのため、このPPPoEの設定が必要になるのです。

PPPoEの設定が必要なくWi-Fi接続できる場合は、元の光ターミナルやADSLモデムに自動判別システムがあるためです。NTT東西のフレッツ光ドコモ光などはPPPoEを採用しているため、この設定が必要になります。

PPPoEの設定はWi-FiルーターにログインしてPPPoE認証設定画面で設定します。PPPoEのID、パスワードは契約したインターネット会社から発行されていますので書類を確認してください。

ルーターの設置場所・電波が悪い

Wi-Fiルーターとスマホのインターネット接続ができない場合、Wi-Fiの電波が届いていないということも考えられます。これはスマホでWi-Fiの電波強度が確認できます。

電波が悪いと通信も途切れます。Wi-Fi繋がっていてもパケットがなかなかスマホに届かない場合は、インターネット未接続となります。

この場合はWi-Fiルーターの場所とスマホを利用する場所を変えてみたり、Wi-Fiルーターを新しく電波の強いタイプに交換してみましょう。

「インターネット未接続」はスマホの設定を見直したらWi-Fiルーターも見直しましょう

スマホの「インターネット未接続」はスマホの設定を見直ししましょう。どこかにちょっとした間違いが含まれていて、それが原因になっていることが多いです。

それでもインターネットができないなら、Wi-Fiルーターを見直してみてください。両方がしっかりと設定されていれば必ずインターネット未接続現象はなくなるでしょう。

SHARE!!

あわせて読みたい