1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiFi接続が切れるのはなぜ?原因別に解消法を徹底解説

WiFi接続が切れるのはなぜ?原因別に解消法を徹底解説

更新日:2020.06.22

Wi-Fi接続は途中で切れることがあり、これには原因があります。接続が切れる原因によって、解消法が違うため、ケースに合わせた対策を取ることが大切です。接続が切れる原因から安定させる方法まで知り、快適な環境でWi-Fiを利用しましょう。

WiFi環境があると、スマホの通信量がかからず、PCにも接続できて便利です。

しかし、WiFi接続は安定しているとは限らず、環境によっては途中で切れたり、通信速度が十分に出なかったりすることも少なくありません。

接続が切れたり、通信に不具合が出たりすることには、様々な原因があります。

SIMチェンジWIFI

WiFiルーターに原因がある場合の対処法

WiFiルーターを使用している場合は、接続が切れる原因がルーター本体にあることも少なくありません。

まずはルーター本体の状態を確認して、様々な解消法を試して通信が安定するかどうかチェックしてみましょう。

元々WiFiルーターの電波が弱いなら最新機種に

使用しているWiFiルーターが古いと、接続が途中で切れたり、速度が遅くなったりすることも多いです。

ルーター本体の電波が弱いと接続が安定しないため、古いものを使っているなら最新機種に交換しましょう。

交換する際にはWiFiルーターの最大速度や外付けアンテナの有無、通信規格などの確認が必要です。最大速度が遅いと、どうしても通信速度は下がってしまうため、できるだけ速いものを選びましょう。

求める通信速度によってどれくらいのスピードが必要かは異なりますが、基本的には最大1Gbps以上のものを目安に選ぶと間違いはありません。

アンテナの有無も重要であり、外付けアンテナがあり、かつ本数が多いと安定した環境で利用しやすいです。通信規格も重要であり、最新のものを選んだほうが、接続は安定しやすくなります。

通信規格は「IEEE 802.11」が主流であり、この後にアルファベットがつきます。おすすめは「802.11ac」であり、802.11bやa、gやnなどを使用しているとWiFiが切れることが多いため注意しましょう。

WiFiルーターのファームウェアを更新

本体が古くても性能に問題がないなら、ファームウェアが古いままで通信が切れやすくなっているという可能性もあります。

ファームウェアのアップデートが必要なのは主に据え置き型のルータ―であり、まずは最新バージョンになっているかをチェックしましょう。

ルーターによって更新の方法は異なりますが、PCから操作して更新する場合や、スマホのアプリからアップデート作業を行う場合が多いです。

詳しい方法はルーターの説明書に記載されているため、これを確認して最新バージョンになっているかどうかを確認しておきましょう。

WiFiルーター周りの障害物を除ける

最新機種で最新のファームウェアを使っていたとしても、ルーターの設置場所次第でWiFiが切れやすくなることがあります。

WiFiの電波は障害物によって弱くなりやすいため、周りにできるだけものを置かないようにしましょう。周囲にものがあると、電波が吸収されたり、上手く端末まで飛ばなかったりして、接続が切れることが多いです。

特に複数階ある家では、天井や壁に邪魔されて上手く接続できないことも少なくありません。

端末の使用場所とルーターの設置場所はできるだけ階層を合わせることが大切であり、例えば1階で機器を使用するなら、ルーターも1階に設置することがおすすめです。

また、ルーターを箱の中にしまっていると、それだけ電波が通りづらくなるため、注意しなければなりません。

使用する電波帯も重要であり、どうしても周りに障害物が多いなら、より電波干渉に強い2.4GHzに接続してみることもおすすめです。

ただし、通信速度自体は5GHzのほうが速くなりやすいため、周囲にものを置かないようにして設置場所を工夫するなら、5GHzで接続するのも一つの方法です。

WiFiルーターのケーブルを交換

据え置き型のルータ―なら、使用しているケーブルが古くなっていないかも確認しましょう。使用するケーブルが劣化していると、接続が切れやすくなるため、新しいものに交換する必要があります。

また、LANケーブルはケーブルごとに対応している速度が違うため、これをルータ―本体の最大速度に合わせることが重要です。

例えばルータ―本体の最大速度が1Gbpsだとしても、LANケーブルが500Mbpsにしか対応していない場合は、理論上の最大速度は500Mbpsまで落ちます。

通信速度は接続している端末や備品のもっとも遅いものに合わせられてしまうため、最大速度はルーターと同じものを選ばなければなりません。

WiFiルーターの故障なら買い替えか修理

様々な解消法を試しても不具合が解消されない場合は、ルーターが故障している可能性があります。何度か再起動をしてみても治らないようなら、買い替えか修理で対応しましょう。

軽微なバグなら再起動で解消されることも多いですが、本体が故障しているとこれだけでは治せません。

長く使っていたり、使用頻度が高かったりする場合は故障している可能性が高いため、メーカー保証で修理に出すか、保証期間が終了しているならば買い替えを検討するとよいでしょう。

スマホやPC側に原因がある場合の対処法

WiFi接続が切れるのは、ルーターによる問題だけではなく、接続しているスマホやPCの端末側のトラブルも考えられます。

ルーターに問題がなさそうならば、端末側の設定を見直し、不具合が解消されないか確認してみましょう。

スマホやPCのWiFi接続がオンになっているか確認

初歩的なことですが、何らかの原因でWiFi接続がオフになってしまい、ネットに接続できないこともあります。

ネットに繋がらない場合は、一度接続状況を確認し、WiFi設定がオンになっているかをチェックしましょう。

特にスマホは端末を操作しているときに、何らかの拍子で機内モードになり、WiFiがオフになってしまうことも多いです。

自分では設定を変えたつもりがなくても、切り替わってしまっていることはあるため、基本の設定を見直してみる必要があります。

予期しないエラーはスマホやPCの再起動

ネット機器は軽微なバグが起きることもあり、予期せぬエラーによってWiFiが切れることも少なくありません。

この場合はWiFiルーターを再起動するだけではなく、接続しているスマホやPCも再起動してみましょう。両方の端末を再起動することでエラーが解消され、元通り接続できることは少なくありません。

長い間電源を入れっぱなしにしていると、予期せぬエラーが起きることはあるため、定期的に再起動して機器を正常に作動させることが大切です。

一部のWiFiを切り同時接続の上限を回避

WiFiルーターは複数台の同時接続が可能ですが、同時接続台数が多くなるほど通信速度は下がり、WiFiも切れやすくなります。

そのため、使っていない端末を接続している場合はそれを切り、同時接続の台数を減らしてみましょう。

上限以上は繋がらなかったり、接続できても通信性能が下がったりすることが多いため、快適に利用するには使っている端末のみ、WiFi設定をオンにすることが大切です。

SIMチェンジWIFI

スマホ独自の接続機能の設定を変更する

スマホによっては端末ごとの独自の設定によって、WiFiが切れることもあります。

例えばiPhoneなら「WiFiアシスト」機能を切ったり、Androidならスリープ時のWiFi設定を変更したりすることで不具合が解消されることもあります。

PCでは問題なく接続できるものの、スマホだと切れやすい場合はこれらの設定を見直しましょう。

セキュリティの設定を見直す

PCでは導入しているセキュリティソフトの影響で、WiFiに接続できないこともあります。そのため、PCでのみ接続ができない場合は、一度セキュリティの設定を見直しましょう。

設定を見直す際には、一度セキュリティを切ってWiFiに接続できるかどうかを試すことがおすすめです。

ただし、セキュリティなしで使用するのは危険なため、セキュリティ設定の強度を下げたり、別のセキュリティソフトを導入したりするようにしましょう。

セキュリティソフトやファイアウォールは、設定次第でWiFiとの相性が悪いこともあるため、設定を変更して問題なく使用できるポイントを見つける必要があります。

PCのOSがWindow10の場合

PCでWindow10のOSを使用している場合は、次の方法で設定を見直してみましょう。

これらの手順で設定を変更すると、WiFiが切れにくくなる場合があります。該当するOSを使用しているなら、一度試してみることがおすすめです。

ネットワークに原因がある場合の対処法

WiFiルーターや接続している端末に問題があるだけではなく、ネットワークの不具合によって上手く接続できないこともあります。

機器に問題がないと判断したならば、ネットワーク側の不具合の可能性も視野に入れて次の方法を試してみましょう。

障害が起きているなら解消されるまで待つ

機器に問題がなく、接続も正しくできているのにネットに接続できない場合は、ルーターの回線で通信障害が発生している場合があります。

通信障害が発生している場合は、復旧するまで待つしかありません。通信障害の有無は回線のホームページやSNSなどの情報で確認して、改善されるのを待ちましょう。

ネットに接続する時間帯をずらす

同時に使用している人数が多いと、WiFiは切れやすくなるため、ネットを利用する時間帯をずらしてみることも効果的です。

土日や平日でも夕方から夜までの間は、ネットを利用している人が多いため、どの回線でも通信速度は落ちやすくなります。

また、集合住宅で固定回線を利用している場合は、同じ建物で使用している人数が多いと、WiFiが切れることは多いです。

これは建物に設置された回線を、住民が共有して使用していることが理由です。

集合住宅では構造上ネットワークが混雑しやすいため、別途モバイルルーターを購入するか、引越しをするなどで対処する必要があります。

WiFiの接続を安定させる方法

WiFiが切れる原因は様々な方法で対処できますが、そもそもWiFiの接続を安定させることも重要です。快適な環境でWiFiを使用するためにも、次の2つの方法も検討してみましょう。

接続が安定しているサービスを利用する

ルーターや接続する端末の状態も重要ですが、快適に使い続けるには使用している回線そのものの安定性も重要です。

WiFiが切れやすい場合は通信環境が不安定なサービスを利用している可能性があるため、他社への乗り換えも検討しましょう。

固定回線でおすすめは「NURO光」

出典:NURO光

自宅のみでWiFiを利用するなら、固定回線のNURO光がおすすめです。NURO光は最大速度が2Gbpsと他の光回線の2倍の速度があり、高速通信を行いやすいです。

加えて、ネットワーク網が自社管理であるため、他の回線と混線する心配もありません。利用できるエリアは限られているものの、使える環境にあるなら高速かつ安定性が高いためおすすめです。

NURO光を詳しく見る

モバイルWiFiを使うなら「Broad WiMAX」

出典:BroadWiMAX

持ち運びが可能なモバイルWiFiなら、Broad WiMAXがおすすめです。Broad WiMAXは全国の主要都市をカバーしており、幅広いエリアで利用できます。

そのため、自宅での利用はもちろん、旅行や出張などで別の地域を訪れた際でも快適に利用しやすいでしょう。

最新端末も手軽に入手でき、端末代金0円で利用できるため、コスト面でも優れています。

Broad WiMAXを契約する!

自宅内に中継器を設置する

自宅で快適にWiFiを利用するには、WiFi中継器を設置して電波をスムーズに飛ばすという方法もあります。

中継器を置くことで電波をキャッチしてより遠くまで飛ばせるようになり、設置場所で悩む心配がありません。

使用するルーターはそのままで、より安定した環境でWiFiに接続できるため、買い替えたばかりで不具合が起きる場合におすすめです。

SIMチェンジWIFI

切れる原因を突き止め快適にWiFiを使おう

WiFiの接続が安定しない場合は、まずは切れる原因を追究することが大切です。WiFiはルーター本体から接続する端末、使用している環境まで切れる原因が潜んでいます。

原因を究明し、それに合った対策を取ることで、接続を安定させてWiFiを快適に利用しましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい