1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Wi-Fiと有線LANの接続方法|速度が遅い場合の対処法についても解説

Wi-Fiと有線LANの接続方法|速度が遅い場合の対処法についても解説

インターネット通信を有線LANで接続すると、無線LAN接続より通信が速くなった経験はないでしょうか。有線LAN接続には、様々なメリットがあります。Wi-Fiと有線LANとの違いや接続方法を知って、快適なインターネット環境を整えましょう。

Wi-Fi接続の方法が主流になっていますが、有線接続するメリットは意外と知らない人が多いかもしれません。

この記事では、固定回線やモバイル回線を有線LANで接続するメリットや、Wi-Fiを有線接続するためのいくつかの方法を紹介します。

有線LAN接続をしながら、Wi-Fi接続も併用すると利用する幅が広がります。Wi-Fiと有線LAN接続を複数のデバイスにつないで利用しましょう。

SIMチェンジWIFI

Wi-Fiと有線LANとは

Wi-Fiとは、デバイスとケーブルで繋がっていない無線LANのことで、ワイヤレスランとも呼ばれています。

有線LANとはルーターとパソコンなどのデバイスをLANケーブルで繋がっている接続の仕方です。それぞれの特徴を比較してみましょう。

特徴Wi-Fi接続有線LAN
デバイスへの接続の仕方無線で接続LANケーブルで接続
デバイスの移動配線不要でデバイスを移動しやすい線で繋がり移動できない
設定の仕方Wi-Fiルーター記載のSSIDを選択し暗号化キーを入力するLANケ-ブルで繋ぐだけで簡単
セキュリティデータが流出するリスクがあるネットワークへの侵入の心配がない
通信速度不安定で電磁波の影響を受けて遅くなることがある安定して通信速度が速い
離れた部屋電波が届けばインターネットが可能ルーターと離れた場所で有線接続は難しい
情報量情報量が多い通信には不向き情報量の多い通信に向いている

このように、Wi-Fi接続と有線接続にはそれぞれの特性があるので、利用する場所や利用する目的などで接続方法を考えてインターネットを利用しましょう。

有線LAN接続のメリット

有線LAN接続は、固定のWi-Fiルーターだけでなく、一部を除いてモバイルWi-Fiルーターも接続できます。ここでは、有線LANで接続するメリットをみてみましょう。

通信速度が安定する

電波は位相で波のように広がります。波と波がぶつかると、波形が高くなったり弱くなったりします。

それと同じように、電波が伝わるときに同じ位相の電子機器の電波の位相とぶつかると、電波干渉を起こします。

例えば、2.4GHzのWi-Fi接続の場合は、2.4GHzの電子レンジなどの電気製品や2.4GHzのBluetooth通信などと電波干渉しあって、通信速度が低下する場合があります。

しかし、有線接続はLANケーブルでモデムとデバイスを直接繋ぐので、電波干渉されることがありません。

Wi-Fiと比較して有線LAN接続は通信速度の低下がなく、安定したインターネット通信が行えます。

無線LANの接続に比べて、有線LANの接続は多くのデータを送受信できます。

SIMチェンジWIFI

セキュリティ面が安全

Wi-Fi接続は、デバイスを何台もつなげられるというメリットがある反面、ネットワークへ侵入される恐れがあります。

ネットワークへの侵入を防ぐために最初に採用されたWEPという暗号化は、脆弱性のためあまり推奨されておらず、最近ではWPAやWPA2を選択している場合が多いです。

現在のWi-Fiは、出荷する時点で暗号化されているので、セキュリティ面の心配はそれほどありませんが、有線LANの方がネットワークへの心配がなく、セキュリティのリスクが防止できます。

通信速度が速くなる

有線接続は電波干渉がないため、無線Wi-Fi接続のような速度の低下がなく、むしろ通信速度があがります。

オンラインゲームをしているなら、有線接続の方が安定して速いので安心してゲームを続けられます。

モバイルWi-Fiルーターには、有線接続に対応していないものもあるので注意が必要です。クレードルを利用している場合で有線ポートが搭載されているものは、有線接続が可能です。

Wi-Fi接続と有線LAN接続を併用すると便利

複数のデバイスを利用するときは、有線LAN接続とWi-Fi接続の両方を併用すると便利に利用できます。

例えば、セキュリティを強化したいデスクトップパソコンを有線LAN接続するなら、ノートパソコンやタブレット、スマホなどはWi-Fi接続すれば同時に利用ができます。

一般の無線LANルーターはWANあるいはLANポートが4つあり、それぞれのLANポートと複数のパソコンなどのデバイスをUSBケーブルで繋げることができます。

このように、複数のデバイスとLANケーブルで接続していても、無線Wi-Fiでさらに他のデバイスに接続することが可能なので、Wi-Fiと有線LANの接続の併用が便利です。

セキュリティ面や通信速度を重視するデバイスのみ有線LAN接続して、階などが離れた場所ではWi-Fi接続をするとよいでしょう。

Wi-Fiと有線LANを接続する3つの方法

Wi-Fiルーターと有線LAN接続の併用をするには、有線LANポートが必要です。

Wi-Fiルーターと有線LAN接続を繋ぐ方法を知って、便利に利用しましょう。

USBケーブルで接続

一般的なつなぎ方がLANケーブルを利用して接続する方法です。固定のWi-FiルーターやモバイルWi-Fiの挿し込み口と、デスクトップパソコンのUSNポートをUSBケーブルでつなぎます。

有線接続するUSBケーブルには、充電用と接続用の2種類があります。必ず接続用のケーブルを用いましょう。

少し前のデバイスには充電用のUSBポートしかない機種があり、その機種はデバイスと有線LAN接続ができません。その場合は、有線LANアダプターを取り付けることで有線LAN接続が可能です。

また、モバイルWi-Fiの中には有線接続に対応していない機種があるので注意しましょう。

クレードルを利用

モバイルWi-Fiには、多くの機種でクレードルがついています。クレードルを上手に利用することで、有線接続と無線接続の併用が可能です。

クレードルとは

クレードルとは、モバイルWi-Fiを充電するためのスタンドのことです。

クレードルがなくてもUSBケーブルでパソコンやコンセントに繋ぐことはできますが、クレードルはそこにモバイルWi-Fiの端末を挿すだけで充電ができるので、抜き差す部分が歪むなどのトラブルがありません。

また、モバイルWi-Fiをクレードルに置くだけなので手間が要りません。

充電しながらネット接続が可能

クレードルに有線LANポートがあるものなら、有線LANケーブルでデバイスと有線接続しながらモバイルWi-Fiを充電することができます。

居室環境で、障害物があるとか電波干渉する電子機器などが置かれている場所では、クレードルを利用してモバイルWi-Fiを有線LAN接続した方が通信速度が速く、安定したインターネットが楽しめます。

ただし、古いパソコンや携帯できる薄型パソコン、スマホ、タブレットなどは有線ポートがないため、クレードルに有線ポートがあっても有線接続はできません。

出張や移動に多い人におすすめ

ホテルや旅館などのネット環境は場所によって様々なので、クレードルを出張や旅行に持っていくと役に立ちます。

出張先の会社やホテルなどで、ネット環境が整備され壁に有線LAN端子があるなら、クレードルのLANポートと有線LAN端子をLANケーブルで繋ぐと、無線Wi-Fiの容量制限に関係なくインターネット接続が可能です。

クレードルには拡張機能があるので、繋がりにくい場所や、有線のみに対応しているホテルなどでもネットが利用できます。

たとえWi-Fiが繋がらないエリアでも、クレードルで有線接続ができればインターネットができます。

無線LAN中継器を使う

無線Wi-Fiを有線LAN接続に変換するには、無線LAN中継器を使います。その際注意したいのが、無線規格です。

無線LAN中継器とは

無線LAN中継器とは、Wi-Fiルーターの電波を拡張する機器のことです。

有線接続に対応していないモバイルWi-Fiでも、中継器に搭載されているUSBポートを使うことで有線接続が可能です。

まず、Wi-Fiルーターから無線LAN中継器にWi-Fiの電波を送り、中継器がキャッチします。

中継器の有線LANポート有線LANケーブルを通して、パソコンなどのデバイスと有線接続してインターネットを繋げます。

ルーターから遠いときに便利

Wi-Fiルーターから近い場所でデバイスと有線接続するなら中継器は必要ありません。

しかし、2階や離れなど遠い場所でインターネットをするときに、無線LAN中継器のLANポートを利用して繋ぐことで、繋がりにくい場所でも安定したネット通信が可能です。

無線LAN中継器で有線LANに変換するときは、機器の規格によって通信速度が異なるので、通信規格がIEEE802.11ac対応のモデルを選ぶとよいでしょう。

現在普及している通信規格には、IEEE802.11ac、IEEE802.11nが主流で、最大通信速度が11nは最大600Mbpsに対して11acは最大5Bbpsと10倍も高速です。

親機のWi-Fiルーターが11ac対応であっても中継器が11acに対応していないなら、11acの通信速度での通信はできません。

無線LAN中継器を選ぶときは、通信規格も注意して確認しましょう。

Wi-Fiと有線LANを接続して遅い原因と対処法

有線LAN接続をしていても通信速度が遅いと感じる場合は、次の原因が考えられます。

その場合の対処法も知っておくと、いざというときに役立ちます。

SIMチェンジWIFI

ケーブルの状態が悪い

有線接続はLANケーブルで繋ぐので、ケーブルが折れ曲がったり断線したりすると通信速度が遅くなります。

ケーブルは折れ曲がりや衝撃に弱く、ペットを飼っている場合はかじられる可能性も考えられます。また、上にものを置いていると、線が引っ張られて断線することもあります。

ケーブルにトラブルがあった場合は新しいLANケーブルと交換しましょう。

さらに、固定の光回線やひかり電話を利用している場合は何本もケーブルを使うため、絡まりあった配線で通信速度が遅くなります。

その場合はいくつかのコンセントがついた電源タップを利用し、ケーブルをまとめるなどして絡まらないように工夫しましょう。

モデム機器が高温で熱い

モバイルWi-Fiやモデム機器のONUを触ったときにかなり熱くなっている場合は、通信速度が遅くなっていることがあります。

その場合は一度電源を切って筐体を冷やしてから電源を入れ直しましょう。

それでも通信速度が遅いならモデム機器に原因があるのかもしれません。その場合は、光回線やモバイルWi-Fiのサービス会社に連絡して問い合わせましょう。

CAT5e以上のケーブルに変える

有線LANのケーブルには、高速通信に対応したケーブルが必要です。対応していないケーブルだと、通信速度が高速になりません。

CAT5は100Mbpsですが、CAT5eは伝送帯域が100MHzで最大通信速度が1Gbpsです。

CAT6は最大通信速度が1Gbps、CAT6AやCAT7の最大通信速度は10Gbpsです。

CAT5e以上の高速通信に対応しているケーブルに変えると、快適なインターネット環境が利用できます。

Wi-Fiと有線LANの接続の方法を知っておこう

有線接続をすると、Wi-Fi接続より通信速度が速く安定しています。ネットへの侵入がないので、セキュリティ面も安心できます。

有線接続をする方法は、USBケーブルを用いる方法やクレードルで接続する方法、無線LAN中継器を使って無線Wi-Fiを有線接続に変換する方法があります。

セキュリティや安定した通信をしたいデバイスには有線LAN接続を行いながら、離れた場所ではWi-Fi接続を併用して利用すると便利です。

離れた場所で無線が入りにくい場所でも、無線LAN中継器を使って有線接続や無線接続をすることで広範囲でインターネットを利用できます。

SHARE!!

あわせて読みたい