1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 引越し先のWi-Fi楽な設定方法は?解約金・工事費・月額料金はどれくらいかかる?

引越し先のWi-Fi楽な設定方法は?解約金・工事費・月額料金はどれくらいかかる?

更新日:2020.03.03

引越しをする際に悩むのは、Wi-Fiをどうするかということではないでしょうか。具体的にどんな方法なら一番楽にインターネット環境を整えられるのか解説しますので、ぜひ参考にしてください。

進学や就職などで引越しをする場合、転居先でのWi-Fiをどうするかというのは誰しもが悩むことでしょう。現在使用しているWi-Fiでの契約を継続するのか、それとも乗り換えるのか、一体どちらがいいのでしょうか?

そこで今回は、引越し先でのWi-Fiの選び方や、乗り換え・継続に掛かる費用などについて解説します。

SIMチェンジWIFI

引越し先のWi-Fiは乗り換えと継続はどちらがお得?

引越しすることが決まったけれど、現在使用しているWi-Fiの契約期間が残っている。このような場合、Wi-Fiを乗り換えるのと継続するのとでは、どちらがお得になるのでしょうか?

また、乗り換え・継続をするためには、具体的にどのような手続きが必要なのでしょうか?

乗り換えの方法

Wi-Fiを乗り換える場合は、以下の手順を踏むことになります。

  1. 使用していた回線の解約手続きを行う
  2. 新たに契約する回線の申込みを行う
  3. 転居先で回線の開通工事に立ち会う
  4. インターネットを使用するための設定を行う

Wi-Fiを乗り換える場合は、旧回線との解約手続きと新回線との新規契約手続きを行う必要があります。

乗り換える場合のメリット

Wi-Fiを新しい回線に乗り換える場合のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

高額なキャッシュバックを受けることができる

Wi-Fiを乗り換える場合の最大のメリットは、キャッシュバックを受けることができるということです。契約するWi-Fiによって異なりますが、場合によってはかなり高額なキャッシュバックを受けられるでしょう。

キャッシュバックは単にお得というだけではなく、旧回線の解約や新回線の工事に掛かる費用を負担してもらえるという側面があります。

解約や工事費用など、Wi-Fiの契約手続きにはさまざまな費用が掛かります。それらの費用をキャッシュバックによって相殺できるので、余計な費用を負担することなく新しいWi-Fiを利用できるというわけです。

SIMチェンジWIFI

乗り換える場合のデメリット

Wi-Fiを新たに乗り換える場合のデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

手間と時間が掛かる

Wi-Fiを乗り換える場合の最大のデメリットが、手間と時間が掛かるということです。まず、乗り換えの場合は旧回線の解約と新回線の契約が必要になります。

また、新回線を開通させるための工事へ立ち会わなければなりません。転居前後のバタバタしているときに、このような手間がかかるため、煩わしさを感じることがあるでしょう。

さらに、新回線を開通するための工事は申込みを行ってから1ヶ月以上時間が掛かる場合があります。引越しのシーズンである春先に申込んだ場合は工事依頼が殺到していることもあるので、Wi-Fiが開通するまでさらに時間が掛かる可能性もあります。

旧回線の解約費用や新回線の工事費用が掛かる

契約する業者によってキャッシュバックの金額には差があるため、解約や新規契約に掛かる費用をすべて負担してもらえない可能性があります。

キャッシュバックの条件も業者によって異なり、手続きが複雑な場合もあります。人によってはキャッシュバックを受けることができず、費用をすべて負担しなければならないこともあるでしょう。

そのため、キャッシュバックを利用してWi-Fiをお得に乗り換えたいと考えているなら、その内容についてしっかりと把握しておかねばなりません。

継続の方法

Wi-Fi契約を継続する場合を見てみましょう。

  1. 現在使用しているWi-Fi業者に移転申込みを行う
  2. 転居先での開通工事に立ち会う
  3. インターネットを使用するための設定を行う

Wi-Fi回線の解約手続きや新規回線の契約手続きがない分、継続するほうが手間が少ないといえるでしょう。

継続する場合のメリット

Wi-Fi回線の契約を継続する場合のメリットについて考えてみましょう。

解約料金が掛からない

Wi-Fiの契約更新月と引越しのタイミングが同じになることはなかなかありません。そのため、Wi-Fiを乗り換える場合には、たいていの場合解約金が発生することなります。

タイミングによっては、1万円近い違約金を支払うことになることも…。しかし、継続利用するなら違約金は発生しないので、転居に掛かる費用を抑えることができます。

手続きがシンプルである

Wi-Fiを乗り換える場合は、解約手続きと新規契約手続きを行うことになります。それぞれに手間がかかり、新規契約の場合はエリアの確認や本人確認書類の提出、各種登録などさまざまなことに対応しなければなりません。

一方、引越してもWi-Fiを継続利用する場合、移転することと移転先の情報について申し出をするだけです。手続きが簡単ですぐに完了するメリットは大きいといえます。

継続する場合のデメリット

Wi-Fi契約を継続する場合のデメリットについて見てみましょう。

工事費が掛かるのにキャッシュバックを受けられない

Wi-Fiを継続利用する場合、転居先での開通工事が必要になります。工事費用は新規契約時と同じになりますが、継続利用の場合は新規契約時のようなキャッシュバックを受けることができません。

また、工事費が実質無料になるようなキャンペーンも適用されません。そのため、転居先の工事費用が全額負担になると考えておいたほうがいいでしょう。

実際に掛かる費用を考えると、実は乗り換えたほうがお得になるということもあるので、比較検討することが大切です。

転居先では継続できない可能性がある

Wi-Fi契約を継続したいと希望しても、継続できない可能性もあります。転居するエリアや建物の種類によっては、同じWi-Fi回線が利用できないケースがあるからです。

また、関西から関東など広範囲にわたる転居の場合、業者を変更する必要があったり、サービス内容や料金などが変わったりする可能性もあります。

希望すれば現在のWi-Fi環境を必ず継続できるわけではない、ということを理解しておきましょう。

引越し先でWi-Fi・光回線をひくデメリット

引越しをした後にインターネットを使用するなら、Wi-Fi環境を整える必要があります。しかし、新たに光回線を引く場合、それなりのデメリットが発生します。

どのようなデメリットが発生するのでしょうか?

工事費と解約料(違約金)が発生する

新たに光回線と契約する場合には、旧回線の解約費用と新回線を開通するための工事費用が発生します。キャッシュバックを利用できない場合は、それだけ費用を負担しなければなりません。

また、回線の撤去が必要な場合やモデル・ルーターなどをレンタルしている場合は、工事・返却のために費用がさらに掛かる場合もあります

ルーターの寿命もあり買い替えが面倒

光回線を引き、無線で利用したい場合は、ルーターの設置も必要です。しかし、ルーター本体には寿命があり、4~6年を目安に買い替えなければなりません。

それだけ費用が掛かりますし、買い替えたり設定をし直したりする手間がかかるため、面倒に感じる場合もあるでしょう。

一人暮らしには余分すぎるデータ通信容量

光回線では、データ通信の使い過ぎによる速度制限を受けることがありません。そのため、データを気にすることなくWebサイトや動画などを楽しむことができます。

しかし、常にオンラインゲームをしているようなヘビーユーザーでない限り、速度制限を受けるまでデータ通信量を消費しない可能性もあります。一人暮らしで利用するデータ量を考えれば、光回線が必要ないケースもあるため、よく確認したいところです。

SIMチェンジWIFI

引越し先でWi-Fiを使うならホームルーターがおすすめ

引越し先でWi-Fiを使用したい場合、どうしたらいいのでしょうか?

そんなときにおすすめしたいのが簡単に利用できる「ホームルーター」です。ホームルーターとは自宅でインターネットを利用するのに特化したWi-Fiルーターのことをいいます。

ホームルーターがおすすめな理由

自宅のインターネット環境を整えるために、どうしてホームルーターがおすすめなのか紹介していきましょう。

工事不要ですぐに使用できる

ホームルーターの特徴の1つが、光回線のように工事が不要だということです。契約後、ホームルーターが自宅に届いたら、機器をコンセントにつなぎ、Wi-FiのSSIDとパスワードを設定するだけ

このように、手間いらずでインターネットを利用できるようになるというのがホームルーターをおすすめする理由です。

モバイルWi-Fiよりも繋がりやすい

ホームルーターと同じように、モバイルWi-Fiも工事不要ですぐに利用できるという特徴があります。しかし、モバイルWi-Fiと比較して、ホームルーターのほうがインターネットに何かとつながりやすいのです。

ホームルーターでは、2.4GHzと5GHzといった異なる周波数帯を同時に利用できます。それぞれのメリットを生かしながらデメリットを消してくれるため、インターネットを快適に使用可能になるのです。

また、モバイルWi-Fiの電波が届く範囲は10~20mですが、ホームルーターなら50~60mまで電波が繋がるため、インターネットが届きにくいと感じることは少ないでしょう。

おすすめのホームルーターは?

ホームルーターなら、引越し後のインターネット環境を簡単に整えることができます。おすすめのホームルーターを2つ紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

ソフトバンクエアー

出典:ソフトバンク取扱店DRM

当SIMチェンジでは光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

今すぐ電話無料相談をする!

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

TEL:0120-937-536
受付時間10:00-20:00 (年末年始除く)

今ならGoogle Home Mini(先着25名様)をご契約の方にプレゼント!
スマホから通話料無料でご利用いただけます。

\工事不要でかんたん接続のホームルーター型Wi-Fi/
ソフトバンクエアーの相談はこちら

大手携帯キャリアのソフトバンクが提供している「ソフトバンクエアー」は、通信制限なしで利用できるホームルーターです。夜など時間帯によっては通信速度が低下するケースもあるようですが、データ通信が使い放題というのはとても使いやすいです。

また、ソフトバンクワイモバイルのスマートフォンを使用している場合、「おうち割」という割引サービスによって、スマートフォンの月額料金が500円~1,000円安くなります。さらに、正規取扱い店を経由して申し込めば、キャッシュバックや他社の解約料を満額還元してくれるのも嬉しいポイント。

ホームルーターの導入を考えているなら、ソフトバンクエアーを選択肢に加えましょう!

ソフトバンクエアーを契約する!

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

ホームルーターならカシモWiMAXもおすすめです。その理由は、業界でも最安級の月額料金で契約初月は0円、1ヶ月目は1,380円とリーズナブルな価格設定となっています。

また、料金プランがシンプルでわかりやすいというのも使いやすいポイント。さらに、人気端末も基本0円で契約可能なうえ、端末送料も無料です。

できるだけ安くインターネットを使用したいという方には、ぜひおすすめしたいホームルーターです。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

まとめ

今回は、引越し先での楽なWi-Fiの設定方法について紹介しました。Wi-Fiの乗り換えや継続など、さまざまな設定方法がありますが、一番簡単なのはホームルーターを契約する方法です。

工事不要ですぐに使用できるホームルーターで、手軽かつ快適にインターネットを楽しみましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい