1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Wi-Fiが繋がりにくい場合の原因・対処法 | 簡単に試せる裏技6選

Wi-Fiが繋がりにくい場合の原因・対処法 | 簡単に試せる裏技6選

Wi-Fiが繋がりにくい原因は何でしょうか?ルーターが悪いのか、端末が悪いのか、電波が悪いのかを特定し、原因に合った対処法をお伝えします。意外と「え?それだけでいいの?」と盲点になっていることもあるかもしれません。

スマホやタブレット、パソコンなどを使用しているときに、いきなりWi-Fiにつながりにくくなったり、速度が遅くなったりした経験ってありませんか?このような場合、使用している端末の故障ではなく、Wi-Fiに原因があることがほとんどです。

今回は、Wi-Fiが繋がりにくくなる原因や対策について解説していきます。

SIMチェンジWIFI

Wi-Fiが繋がりにくくなる原因

Wi-Fiが繋がりにくくなる原因について解説していきます。

Wi-Fiルーターの位置が悪いから

Wi-Fiルーターを設置している位置の関係で、Wi-Fiが繋がりにくくなることがあります。Wi-Fiルーターと使用している端末に距離がある場合、その間にある障害物が干渉して電波をうまくキャッチできなくなるのです。

このような場合は、Wi-Fiルーターの近くでインターネットに接続できるかどうか試してみましょう。問題なく接続できるという場合は、ルーターの位置が悪いとみて間違いありません。

もし、以前の位置から移動している場合は、元の位置に戻すと改善される可能性があります。

Wi-Fiルーターに接続している端末が多すぎる

基本的にWi-Fiルーターに同時に接続できる端末の台数は決められています。据え置きタイプのものなら10~15台程度、ポケットWi-Fiなら5~10台程度が一般的といえるでしょう。

ルーターに設定されている最大接続数を超えてしまった場合、回線が混雑して接続しにくくなったり、速度が低下したりする症状が起こるというわけです。その場合には、使用していない端末とWi-Fiルーターの接続を切ってみましょう

あまり使用しない端末があるのなら、Wi-Fi接続にならないように設定しておくのもおすすめです。どうしても、Wi-Fiルーターに設定されている以上の端末を接続する必要があるという場合は、ルーターの増設について検討したほうがいいかもしれません。

SIMチェンジWIFI

電波の干渉が発生している

Wi-Fiルーター以外に「電波を発生する機器」を使用することで電波の干渉が発生し、インターネットに接続しにくくなることがあります。インターネット接続に使用される電波には「2.4GHz周波帯」と「5GHz周波帯」があります。

このうち、「2.4GHz帯」はWi-Fi以外にもさまざまな機器で使用されているため、電波同士の干渉が発生しやすくなります。特に2.4GHz周波帯は周波数帯が狭いことが特長で、狭い範囲に電波が集まっている状況では干渉しやすくなります。

マンションなどの集合住宅では、他の人が使用しているWi-Fiや電子機器などの電波に干渉してしまうケースもあります。

ルーター自体の調子が悪い

室温が上がりやすい夏場などはルーターが熱を持ちやすく熱暴走と呼ばれる症状を起こし、Wi-Fiに接続にしにくくなるのです。この場合はルーターを再起動させることで、症状が改善されるケースもあるので試してみてください。

また、ルーターはファームウェアと呼ばれるソフトウェアによって作動しています。このファームウェアの不具合によって、ルーターの調子が悪くなっていることも考えられます。

このようなときは、ルーターのホームページからファームウェアのアップデートを行わなければならないこともありますので、確認してみることをおすすめします。

それでもWi-Fiへの接続具合が改善されない場合は、ルーターの寿命が来ているということも考えられるでしょう。Wi-Fiルーターが劣化している場合もWi-Fiへの接続がしにくくなったり、通信速度が遅くなったりするケースがあるからです。古いルーターを使用している場合は、ルーターの購入を検討するべきなのかもしれません。

ファイアウォールが影響している場合も

スマホやタブレットなどでは接続できるのにパソコンの場合のみ接続の調子がおかしいという場合は、パソコンのファイアウォールの設定を疑いましょう。パソコンに導入されているOSのファイアウォールがWi-Fi接続に影響している可能性があるためです。

ファイアウォールには、不明な通信を遮断することでインターネットを通じてウィルスに感染するのを防ぐ役割を持っています。この機能が働いているために、インターネットに接続できなくなることもあるのです。

このような場合はファイアウォールを一時的に解除して、使用しているWi-Fiの登録を行えば症状を改善できることがあります。ただし、あくまでも一時的な解除にとどめておくことが大切です。

ファイアウォールを解除している間、パソコンは外部からのウィルスの脅威にさらされることになりますので十分に注意しましょう。

使用している端末に負担が掛かっている

端末を再起動させることで症状が改善することがあります。また、端末のメモリの空き容量が不足していることによって、通信速度が停滞している可能性もあります。

不要なアプリを削除するなどして、スマホのメモリを軽くすることで改善されることがありますので試してみてください。

Wi-Fiが繋がりにくい時の対処法

Wi-Fiが繋がりにくいときの対処法について解説していきます。先述したような方法でも改善されない場合には、以下に解説するような方法を試してみれば改善される可能性があります。

Wi-Fiルーターとデバイスの機能をリセットしてみる

まず試してもらいたい対処法が、Wi-Fiルーターとデバイスの機能をリセットするというものです。Wi-Fiへの接続がしにくくなったり、通信沿度が遅くなったりする場合、その多くがWi-Fiルーターもしくはデバイスのどちらかに原因があります。

そのため、それぞれの設定をリセットすることで症状が改善される可能性が高いのです。双方の設定をリセットして再度接続の設定を行えば、これまで通りインターネットへと接続できるようになるかもしれません。

端末のOSをアップデートする

スマートフォンやタブレット、パソコンなどOSが古いままで使用していると、Wi-Fiの通信速度が低下することがあるからです。それぞれの端末を確認し、アップデートができていない場合は速やかに最新の状態へ更新するようにしましょう。

Wi-Fiルーターを自宅の中心に設置する

家の中心となるリビングなどにWi-Fiルーターを設置することで、インターネットを利用しやすくなるケースが多いのです。なぜなら、Wi-Fiルーターはスマートフォンやタブレットなどを使用する場所の近くにあるほうが接続しやすくなるためです。

このときに重要になるのが、「できるだけ障害物を避ける」ということ。そのため、机の上などの高い位置にWi-Fiルーターを設置するのがポイントです。

また、Wi-Fiの電波は水を透過しにくいという特徴がありますので、水回りに設置するのはおすすめしません。さらに、床に直置きすると床面に電波が反射し電波の通りが悪くなるので、やはり通信速度が低下してしまう可能性があります。

Wi-Fiルーターのアンテナの角度を調整する

アンテナが付いているタイプのWi-Fiルーターを使用している場合は、アンテナに対して電波は垂直に飛ぶよう設計されています。また、アンテナの向きを垂直に360°全方位に電波が届くようになります。

そのため、自宅の2階の電波を強くしたい場合は、アンテナを水平方向に設定して縦方向に電波が飛ぶようにしてみましょう。

Wi-Fi中継器を使用する

自宅の間取りなどによってはWi-Fiルーターの設置場所が限られてしまうこともあります。そのようなときには、Wi-Fi中継器を使用してみましょう。

Wi-Fi中継器とは、Wi-Fiルーターからの電波をアクセスポイントとして中継してくれる機器のことで、Wi-Fiルーターと使用する端末の中間地点に設置することでWi-Fiの電波が届きやすくなります

これまで電波が届きにくかった場所でも、Wi-Fi中継器を使用することで接続しやすくなる可能性が高いですので、ぜひ試してみてください。

使用していないアプリなどは閉じる

スマートフォンやタブレットなどの端末で、複数のアプリを立ち上げたままにしておくと通信状態が継続されてインターネットの速度が低下することがあります。そのため、使用していないアプリを閉じると通信速度が改善する可能性があります。

特にスマートフォンの場合、気が付くとすごい数のアプリを起動させたままにしていることがありますので、こまめに閉じるよう心掛けましょう。

どうしても繋がらない場合は乗り換えるべき

上記で紹介した対処法を試しても繋がりにくかったり、通信速度が遅かったりする場合は、現在契約中の契約内容を再検討する必要があります。

プロバイダを変更することで、通信速度などが改善される可能性があります。

通信速度以外にも、各プロバイダで注目したいのが「月額料金」「キャンペーン特典」です。

以下では、おすすめのプロバイダを紹介します。自分にピッタリ合うプロバイダが見つかるはずです。

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXに変更した場合、ポケットWi-Fiの端末料金が無料であり、月額料金が1,380円と業界最安クラスに設定されているので、他社のサービスを比較して約6万円程度お得に使用できます。

さらに端末の送料も無料で、最短申し込みの翌日に端末を受け取ることが可能。工事も不要となりますので、すぐにインターネットを楽しむことができます。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

カシモWiMAXのシンプルな料金プラン


出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXはキャッシュバックなどのキャンペーンを行わない代わりに、端末代金を無料にして月額料金を大幅に下げることで、確実に受け取ることができる割引として初月からお得にインターネットを使うことができます。

詳しくは、新R25にてカシモWiMAXが紹介されている動画をご覧ください。

わかりにくいオプション設定などが無く、シンプルな料金プランなので初心者にもおすすめです。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

カシモWiMAXの充実した特典・保証サービス

カシモWiMAXには、キャッシュバックなどの現金還元キャンペーンを行わない代わりに、他社と比べても充実したオプションや安心の保証サービスがそろっています。


出典:カシモWiMAX

一つ目は、カシモWiMAXを契約した方限定特典の「スマートシネマ with U-NEXT」です。

月額980円で動画配信サービスであるU-NEXTが7日間見放題になるサービスです。さらに、「スマートシネマ with U-NEXT」を契約しようと考えている方は、初月無料で140,000本以上の作品を楽しむことができます。

カシモWiMAXのギガ放題プランを契約すれば、無制限で映画・ドラマなどが見放題になるのは嬉しい特典ですね。


出典:カシモWiMAX

二つ目は、カシモWiMAX独自の「安心サポート」です。

月額300円の安心サポートに加入すると、保証期間内の故障端末を無料で修理してもらうことができます。

ただ、安心サポートの申し込みはカシモWiMAXの契約と同時に行う必要があるので注意が必要です。

もっと詳しくカシモWiMAXについて知りたい方は、ぜひ以下の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

SIMチェンジWIFI

BIGLOBE WiMAX 2+

出典:BIGLOBEWiMAX

BIGLOBE WiMAX2+のサービスは初月の使用料が無料で、サービス開始翌月に1万円のキャッシュバックサービスを提供しているため、お得に使用できるプロバイダとなっています。

また、新プランとして1年契約のギガ放題プランの提供が始まっています。他のプロバイダでは3年契約がほとんどとなっていますので、利用しやすいプロバイダといえるでしょう。

クレジットカード払いに設定した場合、申し込みの翌日に発送してくれるので手元に届くのが早く、すぐにインターネットが使えます。さらに、カスタマサポートも充実しているので安心して使用することができるでしょう。

BIGLOBEWiMAXを契約する!

So-net モバイル WiMAX

出典:So-netWiMAX

So-net モバイル WiMAXではポケットWi-Fiはもちろん、工事不要でホームルーターも提供しているので、必要に応じて端末を選択することが可能です。

また、どの端末を選択しても端末代金は無料。さらに、データ容量にせず使いたい場合でも「Flat ツープラス ギガ放題」プランなら、初年度月額3,380円とお得に使用できます。

さらに、契約から2年10ヶ月目以降なら機種変更の料金も無料となるので、最新の性能を備えた新しいルーターに変更しやすいという利点があります。

So-net WiMAXを契約する!

Wi-Fiの調子が悪いときは正しい対処法を

今回は、Wi-Fiの通信速度が遅い場合や接続しにくい場合の原因と対処法について解説してきました。本記事で紹介した方法を試せばたいていの場合症状を改善することができるでしょう。

それでも直らないという場合は、ルーターを新しくするか、プロバイダの変更を試してみてください。

SHARE!!