1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiMAXの速度制限がかかる条件や確認方法について解説

WiMAXの速度制限がかかる条件や確認方法について解説

今使っている回線を辞めて、WiMAXにしようかどうかと検討しているときに気になってしまうのが、速度制限についてではないでしょうか。そこで、WiMAX回線で外出先・自宅でインターネットを使う際に注意したい「WiMAXの速度制限」について紹介していきます。

小型で軽量で持ち運びができるルーターを使ってインターネットができるWiMAXは、近年とても人気があるモバイル通信です。多くのプロバイダがさまざまな種類のWiMAXを販売しています。

WiMAXの魅力の一つは、どこでも気軽にインターネットを楽しむことができる、ということでしょう。しかし、今まで光回線などの固定回線を使用していた人が、まず気になるのが「WiMAXの速度制限」ではないでしょうか。

WiMAXの利用の仕方によって、速度制限がかかる・かからないという違いが出てきます。今回は、WiMAX回線を使用するときに注意しておくべき速度制限の種類や、詳細などについて解説していきます。

また、WiMAX回線で日々インターネットをするときに注意したいことや、データ量の確認の仕方などについてみていきます。速度制限がかかるデータ使用量のボーダーラインについてもご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

WiMAXでの速度制限の概要

WiMAXの速度制限は大きく分けると、次の3つのパターンがあります。3日間で計算する速度制限と、1カ月間での速度制限、そして速度が速いエリアで使用したときの速度制限です。

ここでは、それら3つの速度制限の概要について解説していきます。

3日間で10GB利用した場合

WiMAXを販売しているプロバイダに関わらず、WiMAXサービス全体で共通している速度制限の決まりの中には「直近3日間で10GB利用すると速度制限がかかる」というものがあります。

これは3日間で通信料が10GBを超えると、一定の期間(時間帯)まで速度が制限されるというものです。制限後のネットワークの速度は最大で1Mbpsになります。

連続しての3日間で計算しますので、連続しない場合はこれに当てはまらず、データ使用量が10GBを超えても構いません。制限後、動画の視聴などは、かなり見にくくなります。

SIMチェンジWIFI

1カ月間で7GB利用した場合

WiMAXの速度制限の中には、「7GB通常プラン」というものもあります。これは、1カ月間で7GBのデータ通信量を超えると、その月の通信速度が月末までに128kbpsへと制限されるというものです。

7GB通常プランを契約している人に対しての速度制限と覚えておきましょう。これは3日間で10GBと比べると、かなり少ないデータ量です。サブの通信手段とする予定の人や、毎月のデータ通信が少ないという人向けと言えるでしょう。

速度制限後の128kbpsはかなり低速ですが、ネットワーク自体にはつながります。しかしかなりの低速ですので、LINEをしたりテキストメールの送受信以外はほぼ何もできない通信速度ですので、かなり不便を感じるかもしれません。

ハイスピードプラスエリアで7GB以上利用

WiMAXの契約プランの中には「ハイスピードプラスエリア」が使えるというものがあります。これは、山岳部や郊外などのWiMAXの電波が届かない場所や、電波状態が弱い場所でもつながる便利なプランです。

このハイスピードプラスエリアモードは4G LTE通信に切り替えて使えるというものですが、使った通信量が、1カ月で7GB以上となった場合は速度制限がかかってしまいます。

ハイスピードプラスエリアモードを使った後で、そのままにしておくとずっと4G LTE通信のままですので、即ハイスピード(WiMAX回線)に切り替える工夫が必要といえるでしょう。

なお、このハイスピードプラスエリアモードが使えるルーターは、W06・W05・W04・W03・W02の機種です。

速度制限後の速度と制限時間

もし、WiMAXでの通信で速度制限がかかったならば、その後のネットワーク速度や制限される期間についても気になるのではないでしょうか。速度制限後のスピードや制限期間は、主に2つのパターンがあります。

ここでは「3日間で10GBのプラン」「1カ月で7GBのプラン」の速度制限後についてみていきましょう。

3日間で10GB以上の場合

WiMAXはよりたくさんの人がWiMAXを快適に使うようにするために、一人の人が短期間に多くのデータ通信をしないように制限をかけています。直近3日間で10GB以上以上のデータ通信をした場合、1Mbps程度の通信速度に制限されます。

直近の3日間で10GBを超えると、翌日のネットワーク混雑時間帯(18:00頃から翌日の14:00頃まで)通信速度が制限されます。なお、データ量はWiMAXと4G LTEのデータ量の合計となります。

7GBプランは月末まで速度制限

auなどの4G LTE回線を利用する通信モード「ハイスピードプラスエリアモード」は、月内に使用するデータ通信量が7GBを超えると、その月は速度制限がかかります。

ギガ放題プランを契約していても、ハイスピードプラスエリアモードの使用が月間7GBを超えると月末まで終日速度制限が行われるますので、注意が必要です。

制限後の通信速度は、128Kbpsですのでかなり低速になってしまいます。

速度制限がかからないためのポイント

WiMAXを契約してインターネットをするときには、できるだけ速度制限がかからないような使い方をしたいと考える人も多いと思います。

ここでは、インターネットをどのように使うと速度制限になりにくいのかについて解説していきます。

通信量を確認しながら使用する

WiMAXの通信制限がかからないように、毎月自分が使用する通信量を把握しながら使いたい、という場合の確認の仕方をみていきましょう。

使用済の通信量を調べるには、専用のアプリを使う方法やWiMAXのルーターの「通信量カウント機能」を利用することで現在までの当月の通信量がわかります。

ルーターの設定は「カウントする最大データ通信量」を10GBや7GBなど自分の契約プランに合わせ、日にちも3日間、1カ月などに設定しておくと、ひと目で通信量が把握できます。

固定回線があれば併用する

WiMAXのルーターは外出時だけに使用する、という使い方をしている人も多くいます。これは、自宅に光回線などの固定回線が別にあるというケースです。

自宅に固定回線がある場合は、スマホやパソコン・タブレットなどを固定回線のWi-Fiで使用するようにしましょう。固定回線を利用すると、WiMAXの毎月の通信量を大幅に減らすことができます。

固定回線ではアプリのダウンロードや、写真や動画などのダウンロードなど通信量が多くなるときに優先的に使う工夫をすることをおすすめします。

3日間で10GB到達する使い方

自分が契約しているWiMAXの速度制限についての仕組みを最初に理解したら、次にデータ使用量の目安も知っておくことが大切です。

データ使用量が多くなる動画の視聴、アプリやプログラム・ファイルのダウンロード、ゲームをする場合の使い方のコツについてご紹介します。

動画の視聴

WiMAXの通信制限対象になる目安の10GBは、どの位使うと到達するのかが知りたいという人も多いと思います。

まず使うデバイスですが、パソコン・インターネット対応テレビ・オンラインゲーム機は、データ通信量が大変多くなりますので、注意が必要です。

一方、スマートフォンの場合は、WiMAXに接続してインターネットを使用しても、パソコンなどに比べるとデータ通信量は少ないのです。動画では10GBですと2時間23分程度観ることができます。これは映画を1日1本ずつ3日間連続で見ても到達しない量です。

高画質の動画視聴や配信、ゲームソフトのダウンロード・更新、オンラインテレビ会議などの場合は大容量のデータ通信となりますので、まめに通信量をチェックしながら使うか、固定回線などに切り替えて使うようにしましょう。

アプリやファイルのダウンロード

スマートフォンアプリやパソコンでプログラム・ファイルなどをダウンロードするときには、大容量のデータを通信しますので、注意して使うことが必要です。

たとえば、10GBの目安としては音楽のファイル4分程度のものなら、3日間で約2,500曲程度ダウンロードすることができます。また、動画視聴の場合は、YouTubeを標準画質で観るならば3日間で約47時間までなら10GB内の収まります。

もし高画質(HD)で視聴する場合には、3日間で13時間で10GBに到達しますので、動画視聴の際には画質の切り替えをするなどの工夫をするようにしましょう。

ゲームをした場合

近年スマートフォンやパソコンでオンラインゲームをする人が大変多くなっています。たとえば、スマートフォンでゲームをした場合は、約30分使用すると150MB程度のデータ消費をします。

ここから考えると、3日間で約3時間までならスマートフォンでオンラインゲームができるという計算になります。ハードユーザーの場合は気がつかない内に時間が経過している、ということもありますので要注意です。

できるだけ固定回線につないでプレイするなど、工夫するようにしましょう。

WiMAXが速度制限になったのか確認する方法

スマートフォンやパソコンを使用するときに、現在までで月にどの位のデータ量を使用しているかどうかを把握することが大切です。

ここでは、WiMAXのデータ量の確認するための4つの方法についてみていきます。

ルーターの表示で確認

どのWiMAXルーター端末でも、どのくらいの通信量になっているかどうかの情報をチェックすることができます。モバイルルーター端末の表示設定をすることで簡単に確認できますので、ぜひ最初に設定しておきましょう。

WiMAXのルーター端末のホーム画面に表示されている通信量カウンターの設定を3日間にしておくと、直近で10GBの通信量を超えていないどうかを簡単に確認し、制限されることを回避できます。

SIMチェンジWIFI

プロバイダのサービスページで確認

契約しているWiMAXのプロバイダの契約者用専用ページ(マイページなど)でも、現在速度制限をされているかどうかを確認できる場合があります。

しかし、Broad WiMAXなどのように契約者用専用ページに情報画面がないプロバイダもあります。また、JPWiMAXのように契約者ページ自体がないプロバイダもありますので、この場合は他の方法で確認する必要があります。

データ消費アプリをチェックする

スマートフォンのアプリには、通信量をチェックできるアプリがありますので、これを利用することでも直近の通信量や毎月の通信量を確認することができます。

スマートフォンに入れておけば、現在の通信量がわかります。しかし、このアプリはあくまでも通信量を表示するものですので、速度制限の条件を満たしていないかは自分自身で確認する必要があります。

データ通知サービスで確認

WiMAXプロバイダの中には、WiMAXの速度制限が実施される旨をメールで通知してくれる「データ量通知サービス」を行っている会社もあります。

これは、速度制限がかかる当日の13:00以降にメールで連絡が入るというものですが、あらかじめホームページ内で登録をしておく必要があります。登録をする際に必要な情報は以下の通りです。

このサービスは、あくまでも速度制限をする人に通知するものです。事前に速度制限を回避したい場合は、まめにデータ量をチェックするなど他の方法を検討するなどが必要といえるでしょう。

速度制限がかからないように確認しながらWiMAXを使おう

WiMAXはルーターがコンパクトで持ち歩きができる通信機器としても人気があります。しかし、4G LTEのモバイルルーターと同様に、一定のデータ通信量を超えると速度制限がかかってしまいます。

WiMAXを契約するときには、いくつかあるプランの中から自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことが望ましいといえます。主なプランは「3日間で通信料が10GBまでは高速通信のプラン」「1カ月で7GBまでは高速通信が可能なプラン」などがあります。

また、山間部や電波状態が悪い場所で4G LTEに切り替えて使用できるハイスピードエリアプランもあります。この場合は、4G LTEの通信量は1カ月で7GBまでで、それ以上は速度制限がかかると覚えておきましょう。

速度制限を回避するには、自宅の固定回線を利用したり、大量のデータ通信はWiMAXで行わないなどの工夫が必要です。また、専用アプリやWiMAXルーターで現在までの通信量を確認する習慣で、データ通信量を抑えるなども有効的です。

通信制限を避ける工夫をして快適にWiMAXを使用しましょう。

SHARE!!