1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 「iPhoneを探す」の5つの機能|設定方法から使い方までを解説

「iPhoneを探す」の5つの機能|設定方法から使い方までを解説

「iPhoneを探す」機能は、iPhone探しを含めて便利な機能が5つあります。iPhoneを紛失した際や、それ以外でも使える機能には何があるかを確認していきましょう。本記事では5つの機能の詳細から設定方法、使い方まで記載しています。

「iPhoneを探す」機能はiPhoneを探す時に活躍するだけ、と思っていませんか。実はiPhoneだけでなく、Apple製デバイスを探すためにも役立ちます。

それ以外にも、親しい人と位置情報を共有したり、遠隔操作でiPhoneの機能をロックしたり、iPhone内のデータを消去したりといった機能が備わっていて大変便利です。

これらの機能を利用するにはあらかじめ設定しておく必要があります。本記事で「iPhoneを探す」機能の詳細や設定方法などを確認していきましょう。

「iPhoneを探す」でこんなことができる

「iPhoneを探す」機能には、紛失した時やそれ以外でも役立つ機能があります。

たとえば、近くで紛失したiPhoneを探すために音を鳴らす、他人から勝手にiPhoneを操作されないようにロックする、iPhone発見者に連絡先を伝えるといったことが可能です。

いざという時に備えて、機能の詳細と役立つ状況について見ていきましょう。

Apple製デバイスを探す

iPhone、i Pad、i Pod touch、iMacなどのApple製デバイスなら、「iPhoneを探す」機能を使って探せるようになります。MAPからおおよその位置情報を確認したり音を鳴らして探したりできるため、遠くでも近くでも探しやすくて便利です。

デバイスによって設定方法に差がありますが、どれも簡単なものばかりです。

iCloudのアカウントにリンクさせておく、iOSを更新しておく、探す機能を有効にする、iCloud.comにサインインする、「iPhone を探す」アプリをインストールしておく、などで対応できます。

位置を共有する

「自分の位置情報を共有する」機能を利用すれば、友達や家族に自分がいる場所を共有できます。友達や家族に同じ機能を使ってもらえば、相手がどこにいるのかの確認も可能です。

外出先で連絡できずになかなか合流できない、相手のいる場所がいまひとつ分かりづらい、自分のいる場所を上手く伝えられない時に重宝します。

遠方からロックやデータ消去する

紛失してしまった時や盗難にあった時は、遠隔ロックや遠隔データ消去を使うのもおすすめです。クレジットカードの不正利用や個人情報の悪用を防げます。

遠隔ロックを行うとiPhoneの利用を制限でき、勝手に個人情報やApple Payへアクセスできないようにできるので安心です。

「iPhoneを消去」機能を利用するとiPhone内の情報がすべて削除されます。「iPhoneを探す」機能を使っての位置情報の検索もできなくなりますから、どうしても見つからない時や盗難が疑われる時に利用しましょう。

設定自体は、iPhoneの電源が切れていてもオフライン状態でもできます。しかし、データ消去が実行されるのはデバイスがオンライン状態の時です。

音を鳴らす

部屋の中で紛失してしまった時は、音を鳴らして探す「サウンド再生」を利用しましょう。「iPhoneを探す」アプリやiCloudのウェブサイト経由で使えます。

「サウンドを再生」機能を利用すると、大きめの音がなるのでそれを頼りに探しましょう。サイレントモードでも音は出るので安心してください。

ただし、深夜に使うと近所迷惑になるので注意が必要です。窓を閉め切る、長いこと音を鳴らし続けないようにするといった工夫をしましょう。

紛失していることを知らせてくれる

「iPhoneを探す」機能には、電話番号と任意のメッセージをロック画面に表示させる機能があります。

設定しておけば、発見者がiPhoneを届けてくれる可能性が高まるので利用しましょう。設定自体はiPhoneの電源が切れていてもオフライン状態でも可能です。

しかし電話番号や任意のメッセージを表示させるには、デバイスに電源が入っており、かつオンライン状態である必要があります。

「iPhoneを探す」機能の使用条件

「iPhoneを探す」機能は設定なしに使えるものではありません。最低限、電源が入っていてインターネットに接続されている状態である必要があります。

それぞれ注意しておきたい状況や、設定しておきたい項目などについて見ていきましょう。

iPhoneの電源が入っていること

「iPhoneを探す」機能を利用するには、iPhoneの電源が入っている必要があります。ただし、電池切れや電源オフだった場合でも、「最後の位置情報を送信」機能を有効にしていれば、その時までの位置情報を確認できます。

心配な方は「iPhoneを探す」機能をオンにしておき、最後の位置情報を送信するようにあらかじめ設定しておきましょう。

iPhoneがインターネットに繋がっていること

iPhoneがインターネットに繋がっていないと「iPhoneを探す」機能が利用できません。たとえばiPhoneが通信圏外の場所にあったり、機内モードになっていたりすると使えないのです。

モバイルデータ通信を有効にしている場合は、「iPhoneを探す」機能が利用できます。

「iPhoneを探す」機能の利用を考えている方は、機内モードの利用を控えたりモバイルデータ通信を有効にしたりして、できる限りiPhoneをインターネットに繋がっている状態にしておきましょう。

「iPhoneを探す」オン・オフの設定方法

「iPhoneを探す」機能を利用するには、設定をオンにしておく必要があります。そのためにはiCloudにアクセスする必要があり、機能や位置情報をオンにしなくてはなりません。

それぞれの設定方法や手順、注意事項について解説します。

iCloudにアクセスしApple IDを入力

「iPhoneを探す」機能を使うためには、iCloudにアクセスしなければなりません。iCloudにアクセスするにはApple IDが必要です。

多くの人はすでにApple IDを設定しているはずなので、それを使用しましょう。

設定していなかった場合は、Apple公式サイトからApple IDを作成します。名前や生年月日など必要な情報を入力し、Apple IDを取得しましょう。

機能をオン・オフにする

iCloudにアクセスしたら「iPhoneを探す」機能のオン・オフを設定します。設定手順は以下の通りです。

1.「設定」アプリをタップします。

2.自分のユーザー名をタップします。

3.「iCloud」をタップします。

4.「iPhoneを探す」をタップします。

5.オン・オフを切り替えて完了です。

オンからオフにする場合、最後にApple IDのパスワードの入力が必要です。

位置情報もオン・オフにする

「iPhoneを探す」機能は、位置情報(GPS機能)が有効になっていなければ使えません。設定手順は以下の通りです。

1.「設定」アプリをタップします。

2.「プライバシー」をタップします。

3.「位置情報サービス」をタップします。


p>4.「システムサービス」をタップします。

5.「iPhoneを探す」のオン・オフを切り替えて完了です。

「iPhoneを探す」機能を利用する場合には、位置情報機能もオンに切り替えておきましょう。

「iPhoneを探す」の使い方

「iPhoneを探す」機能はアプリから利用する方法とPCから利用する方法があります。PCから利用する場合、途中からはアプリと同じ手順ですから、当てはまる目的の手順を参考にしてみてください。

アプリの場合

位置情報の確認、音を鳴らして探す、遠隔ロックの利用、遠隔データ消去の4つの機能の手順や補足、注意事項について解説します。

位置情報を確認する時

失くしたデバイスの位置情報を確認したい場合は以下の手順を踏みます。

  • 1.「iPhone を探す」アプリを起動します。
  • 2.Apple IDとパスワードを入力してサインインします。
  • 3.「許可」をタップします。

  • 4.探したいデバイスを選択し、ポップアップしたアイコンをタップして完了です。

アカウントにリンクさせているデバイスであれば全て表示されます。現在地と探したいデバイスの位置を地図上で確認可能です。

別の端末を探したい場合は、画面左上の「すべて」をタップして再度デバイスを選び直しましょう。

音を鳴らしたい時

失くしたデバイスを音を鳴らして探したい場合、以下の方法で行います。

  • 1.「iPhone を探す」アプリを起動します。
  • 2.Apple IDとパスワードを入力してサインインします。
  • 3.「許可」をタップします。
  • 4.探したいデバイスを選択します。

  • 5.「アクション」をタップします。

  • 6.アクションメニューの「サウンドを再生」をタップします。

デバイスのロックを解除するとサウンドを停止させられます。

遠隔ロック操作をしたい時

遠隔ロック操作を行いたい場合、以下の手順で設定します。

  • 1.「iPhone を探す」アプリを起動します。
  • 2.Apple IDとパスワードを入力してサインインします。
  • 3.「許可」をタップします。
  • 4.探したいデバイスを選択します。

  • 5.「アクション」をタップします。

  • 6.アクションメニューの「紛失モード」をタップします。

  • 7.紛失モードをオンにします。

  • 8.電話番号を入力して「次へ」をタップします。

  • 9.任意のメッセージを入力して「完了」をタップします。

  • 10.他人のデバイスを利用した時は「iPhoneを探す」からサインアウトして完了です。

入力する電話番号は、発見者に連絡してほしい電話番号に設定します。メッセージの入力では、「デバイスを紛失してしまったこと」と「見つけたら連絡してほしいこと」が分かる内容にしておきましょう。

もしiPhoneにパスコードを設定していなかった場合、パスコードを設定できるので設定しておくといいです。

遠隔操作でデータを消去したい時

遠隔操作でデータを消去したい場合、以下の手順を行いましょう。

  • 1.「iPhone を探す」アプリを起動します。
  • 2.Apple IDとパスワードを入力してサインインします。
  • 3.「許可」をタップします。
  • 4.探したいデバイスを選択します。

  • 5.「アクション」をタップします。

  • 6.アクションメニューの「iPhoneを消去」をタップします。

  • 7.「iPhoneを消去」をタップします。

  • 8.Apple IDのパスワードを入力して「消去」をタップします。

  • 9.電話番号を入力して「次へ」をタップします。

  • 10.任意のメッセージを入力して「完了」をタップします。

入力する電話番号は、発見者に連絡してほしい電話番号に設定します。メッセージの入力では、「デバイスを紛失してしまったこと」と「見つけたら連絡してほしいこと」が分かる内容にしておきましょう。

データ消去はデバイス上の情報をすべて消去するため、個人情報の流失を防ぐには有効です。

しかしデータ消去を実行すると、端末の位置を確認できなくなるうえ、バックアップを取っていなかった場合にはデータまで紛失してしまうデメリットもあります。データ消去はあくまで最終手段と思っておきましょう。

PCで操作する場合

PC上で「iPhoneを探す」機能を利用したい場合、以下の手順を行います。

以降の操作はアプリ版と同じですから、目的に応じて同じ手順を行いましょう。Androidから操作する場合も、ブラウザの設定をPC版サイトにすれば利用できます。

「iPhoneを探す」機能を上手に使おう

「iPhoneを探す」機能を利用すると、以下の5つの機能の利用が可能です。

紛失したiPhoneを探したり、家族や友人と位置情報を共有したり、盗難対策を取ることもできます。

事前に設定をしておき、いざという時でもきちんと対処できるよう「iPhoneを探す」機能をうまく活用しておきましょう。

SHARE!!