1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 工事不要のWi-Fiを導入の注意点とは|賢く選んで失敗しない方法

工事不要のWi-Fiを導入の注意点とは|賢く選んで失敗しない方法

Wi-Fiは、持ち運べるモバイルルーターや自宅でコンセントにつなげるホームルーターを選ぶ人が増えてきました。技術の向上で光回線に負けない速度が出てきたからですが、工事不要でWi-Fiを導入するのはどうすればいいのか解説します。

Wi-Fiを使用するにはルーターが必要になります。ルーターには、持ち運びできるルーターと据え置き型のルーターがあり、用途によって選ぶルーターが違ってきます。

外出先で使うことが多いならモバイルルーター自宅で使うことが多いならホームルーターというようにライフスタイルに合わせて選びましょう。こちらでは、工事不要でWi-Fiを導入する方法とおすすめのプロバイダを紹介します。

工事不要でWi-Fiを導入する方法

工事不要のWi-Fiは、無線通信で電波を受信してインターネットに接続できます。固定回線のように宅内に光ケーブルを引き込む必要がないので工事をする必要がなく、契約後、端末が届けばすぐにWi-Fiが使用できます

注意したいのは、無線通信ならではの特徴があるということです。電波を使う無線のインターネット回線には必ず通信量制限があることを理解して利用しましょう。

モバイルルーターを利用する

モバイルルーターとは、外出先などどこでもインターネットが使用できるタイプのルーターです。どこへ行くにも、モバイルルーターとスマホを接続しておけば、パケットを消費せずにスマホが使え、スマホの通信量の節約になります。

一人暮らしの場合、外出していると誰もいない部屋にネット回線を置いておくのは無駄になるのでモバイルルーターをおすすめします。モバイルルーターは機種にもよりますが、通常は端末を10台程度同時接続できる仕様になっています。同時に接続する台数が増えればその分速度は遅くなります。

複数の端末を同時接続できるので、自宅でパソコンとスマートフォン、ゲーム機など複数の端末で同時にインターネットを利用したいときに便利です。

モバイルルーターのメリット

モバイルルーターがあれば、自宅でも外出先でも時間と場所を選ばずインターネットに接続できるようになります。モバイルルーターはスマートフォンと同じぐらいの大きさなので、バッグに入れて手軽に持ち運べます。インターネットを使うのは、外出先が多いという人におすすめです。

モバイルルーターは、サービスを提供している通信会社の対応エリアにもよりますが、電車内や地下でも使用できるようになっています。

モバイルルーターのデメリット

デメリットは、据え置き型ホームルーターに比べて電波を受信しにくく同時に接続できる機器の台数が少ないということです。自宅でよく使う人は、電波の受信が弱いのでおすすめはできません。

SIMチェンジWIFI

ホームルーターを利用する

モバイルルーターは、一人暮らしのワンルームや一部屋程度なら十分Wi-Fiが届く範囲にあります。しかし、複数の部屋をまたいで使う場合はWi-Fiが届かず通信が不安定になります。

ホームルーターは、据え置き型で部屋のコンセントにつなぐだけでWi-Fiの届く範囲が広くなり、複数の部屋をまたいでも安定して使えます。住んでいる場所にもよりますが、最短で申し込んだ翌日には端末が自宅に届いてインターネットが使えます。

インターネット光回線(固定回線)は開通までに1ヵ月以上かかりますが、ホームルーターは工事不要なので端末が届けばすぐに使えます。

ホームルーターのメリット

ホームルーターの一番のメリットは、「Wi-Fiの強さ」です。持ち歩いて使わないので、ルーターとPC、スマホなどをつなぐ「Wi-Fi」はモバイルルーターよりも電波が安定しています。また、データ上限がないため制限がかかる心配がありません。

ホームルーターのデメリット

ホームルーターは、コンセントにつなげるのでバッテリーを搭載したモバイルルーターのように持ち運べません。使用は登録した住所のみなので、外出先に持っていって使用するのは規約違反になります。

工事不要のホームルーターは電波を受信してインターネットに接続するので、光回線などの固定回線と比べて上りの通信速度が遅いです。上りの通信速度とは、パソコンやスマホからファイルをアップロードする速度のことをいいます。

コンセントが必要になるので、停電などの緊急時にはインターネットが使えなくなるデメリットがあります。また、通信エリア外の可能性がないか、必ず申込み前に通信エリア対象地域なのかを確認しましょう。

工事不要のWi-Fiを選ぶときのポイント

工事不要のWi-Fiを選ぶには、何を基準にすればいいのでしょうか。ポイントを確認していきましょう。

容量無制限で使えるものを選ぶ

月間のWi-Fiデータ容量が、無制限で使えるものを選ぶのは重要なポイントです。Wi-Fiデータ容量のプランは、2通りあります。

  • 月のデータ容量の制限がない(無制限)
  • 月に5GB、7GBなどデータ容量の制限がある

会社別の月間通信料を比較してみましょう。

月間通信量
UQ WiMAX7GBまたは無制限

Y!mobile(ワイモバイル)

7GBまたは無制限
au7GBまたは 無制限
ドコモ5GBまたは20GB
ソフトバンク7GB

月間通信量を無制限で使えるのは「UQ WiMAX」「Y!mobile」「au」の3社です。大手キャリアのドコモとソフトバンクは、Wi-Fiの容量無制限プランはありません。

ソフトバンクは、月間のデータ通信量が7GBを超えると制限がかかります。しかし、ソフトバンクの据え置き型ホームルーターなら無制限で利用できます。

ドコモは通信容量の上限が5GBから20GBですが、上限が上がるほど月額料金は高くなります。

無制限プランにもデメリットがあり、使い方によっては速度制限があります。工事不要のWi-Fiデータを選ぶときは「無制限で使いたいかどうか」「無制限プランを提供している会社はどこなのか」を確認して選びましょう。

実質の月額料金の安さで選ぶ

長期的に利用するなら初期費用や割引キャンペーンを含めて、実質の月額料金が安いところを選ぶのをおすすめします。使うほどに月額料金が高くなるサービスもあるのでしっかり確認しましょう。

工事不要でおすすめなWiMAXのプロバイダ

工事不要のおすすめのWiMAXのプロバイダを3つご紹介しましょう。選定の基準は「端末料金がかからない」「割引などのキャンペーンを実施している」を重要視しています。

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

カシモWiMAX初月が無料(最安級プランとTriprouterプランのみ)なので、契約した月は月額料金が発生しません。端末代金と送料は無料です。

月額費用(ギガ放題プラン)
利用月1カ月目2カ月目から24カ月25カ月目以降
月額料金/日割1,380円3,580円4,079円

初月に払うのは事務手数料3,000円のみです。事務手数料はどのプロバイダでも発生します。

カシモWiMAXの1カ月目の月額料金は1,380円です。2カ月目からは料金プランが変わるので注意しましょう。また、解約は更新月ではない場合、最大1万9,000円の契約解除料がかかりますので規約をしっかり読みましょう。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

GMOとくとくBBWiMAX2+

出典:GMOWiMAX

GMOとくとくBBWiMAX2+」はGMOインターネット株式会社が運営するプロバイダーサービスで、屋内外問わずインターネットが使えます。WiMAX2+のプロバイダ会社は多数ありますが、この「とくとくBB」のプランは「端末代金が無料」「月額料金が値引き」という特典があります。

そして、期間限定で最大3万1,000円のキャッシュバックが行われています。

月額費用(ギガ放題プラン)
利用月1カ月目から2カ月目3カ月目以降
月額料金/日割3,609円4,263円

「とくとくBB」は「20日間キャンセル期間」があります。他のプロバイダと比べるとキャンセル期間が長いのが特徴です。

解約する場合、契約更新月の前月21日から当月20日までの間に手続きすると解約料金はかかりませんが、以下のことを注意しましょう。

解約時の注意点

  • 1カ月目~24カ月目までの解約:入会プランによって解約料金が異なる
  • 25カ月目以降で契約更新月以外に解約:9,500円

「GMOとくとくBB」は、利用開始後11カ月目にキャッシュバックを受け取るための手続きを行う必要があります。契約11カ月目に来る「口座情報登録メール」から1カ月以内に振り込み口座を登録してください。

注意が必要なのは「GMOのプロバイダで設定したアドレス」に連絡が入ることです。GMOのアドレスは付与されても普段は使わない人が多いので、中には期限が過ぎてもらえなかったという人もいます。忘れないように必ず11カ月後、メールにログインしましょう。

GMOとくとくBBを契約する!

JPWiMAX

JPWiMAXでは、大型料金割引とキャッシュバック(Amazonギフト券10,000円)の2つのサービスがあります。キャッシュバックが契約月に受け取れるので、受け取り忘れの可能性が低いです。

限定プラン
利用月1カ月目~3カ月目4カ月目~24カ月目25カ月目~26カ月目
月額料金/日割2,800円3,500円4,100円

「3年間ずーっと割引キャンペーン」は通常4,880円の月額料金が最大3カ月2,800円/月で利用でき、契約期間の「3年間ずーっと割引」が適用されます。最新端末0円、月額容量無制限で利用できます。

また、解約は1年未満の場合3万円かかります。更新月は0円なので解約する場合は注意しましょう。

工事不要なWi-Fiを実際に利用した人の口コミ

実際に利用した人の口コミを参考にしてみましょう。

カシモWiMAXを利用した人の口コミ

どこで契約してもWiMAXは同じだと思っていましたが、プロバイダーによって料金が違うことを知り驚きました。カシモWiMAXは目立ったキャンペーンはなかったけれど、申し込みも楽だし端末選択にも迷わないし無難だと思い契約。当たりだったと思っています。

引用元:https://netnavinavi.net/kashimo

初めてのカシモWiMAX05 が、昨日到着し、初めてのポケットWi-Fiを契約しました。 一番の決め手は他社と比べてやはり月額料金が一番安いのが最大の魅力でした。 他社との価格差はもちろん、ギガ放題で2年契約可能もポイントです。

引用元:https://ワイマックス.jp/items/kashimo/

カシモWiMAXは、月額料金が他社と比較して安いのが人気です。2カ月目以降から2年契約の間、月額料金が一定なのも魅力の一つと言えます。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

GMOとくとくBBWiMAX2+を利用した人の口コミ

速度制限があるのが不満です。3日間で10GBを超えると速度制限がかかります。ただし、速度制限中でも昼間は解除されているのでそこは良いと思います。

引用元:https://kakaku.com/bb/providerview/providerview.asp?bb_pagetype=4&bb_provider=37bb

キャッシュバックが受け取れませんでした。多くの人が書いているようにキャッシュバックを受け取るハードルが高いです。普段使わないメールアドレスにメールが来るため、見落としてしまいました。

引用元:https://minhyo.jp/gmotokutokubb?sort=order_point&page=2

目玉であるキャンペーンのキャッシュバッグは契約した11カ月後と忘れてしまいがちです。普段、使用しないGMOのプロバイダで設定したアドレスに手続きのメールが入るので見落とす人が多いようです。

GMOとくとくBBを契約する!

JPWiMAXを利用した人の口コミ

もともと固定回線とスマホの大容量プランにしていましたが、固定回線は解約しスマホもギガ数をおとしたプランにしたので大幅に節約できています。 1万円のキャッシュバックはすぐに受け取れました。

【参照リンク:https://ワイマックス.jp/items/jp-wimax/

プロバイダの知名度が低いのでちょっと不安を感じます。公式サイトで料金が確認しにくいし、電話が繋がりにくい。支払いがクレジットカードのみで、口座振替に対応していないのが残念です。

引用元:https://digitalnews365.com/pocket-wifi/jpwimax-review

Amazonギフト券1万円分キャッシュバックは、すぐに受け取れるので好評です。1~3カ月間は月額2,800円なので、1万円のキャッシュバックは実質無料と考えればお得です。

一方で、知名度が低いので不安を感じる、カスタマーセンターの電話が繋がりにくいなどの不満があるようです。

工事不要でおすすめの据え置き型ホームルーター

工事不要でおすすめの据え置き型ホームルーターを紹介します。選定の基準は、高速通信に対応しているかを重要視しています。

ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーは電源アダプターをAirターミナルにつなぎ、コンセントに差し込むだけで使用できます。下り最大962Mbps、データ容量は無制限で使いたい放題です。ソフトバンクのスマホとセットで1台当たりスマホの通信料金が永年毎月1,000円割引が適用されます。

ソフトバンクAirを契約する!
出典:ソフトバンク取扱店DRM

当SIMチェンジでは光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

今すぐ電話無料相談をする!

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

TEL:0120-937-536
受付時間10:00-20:00 (年末年始除く)

今ならGoogle Home Mini(先着25名様)をご契約の方にプレゼント!
スマホから通話料無料でご利用いただけます。

\工事不要でかんたん接続のホームルーター型Wi-Fi/
ソフトバンクエアーの相談はこちら

HOME L02

ホームルーターHOME L02は、コンセントにつなぐだけのホームルーターです。下り最大1Gbps、4本の高感度アンテナ搭載、最大40台まで同時接続可能です。

SIMチェンジWIFI

工事不要のWi-Fiを導入するときの注意点

工事不要のWi-Fiはデータ通信量が無制限と謳っていますが、ある容量を超えると速度制限がかかるのをご存知でしょうか。詳しく見ていきましょう。

3日で10GB以上使うと速度制限がかかる

データ通信量を無制限利用できるのは、WiMAX、Y!mobile、auの3社です。無制限利用できるといっても、3社とも3日間で10GB以上使ってしまった場合は速度制限がかかります。

なぜ速度制限があるのでしょうか。それは、一部のへービーユーザーによって帯域を占有されるとあまりデータ量を使わない一般ユーザーが混雑の被害を受けてしまうからです。速度制限はユーザーが平等にインターネット回線を利用できるために設けられています

速度制限の通信速度を概ね1Mbpsになりますが、インターネット回線は利用できるようになっています。

制限時間

  • WiMAX:翌日18時から翌々日2時まで(8時間)
  • au:翌日18時から翌々日2時まで(8時間)
  • Y!mobile:翌日18時から翌々日1時まで(7時間)

お得なプランだけで決めないようにする

工事不要のインターネットにはお得なプランがありますが、お得な価格だけで決めてしまうのはおすすめできません。値段だけ見ればお得なプランかもしれませんが、使う環境や望んでいる内容と合っているのかよく考えてから決めましょう。

申し込み後に、思っていたプランではなかったと後悔するかもしれません。しっかり内容を把握したうえで、申し込みましょう。

最初は安くても、数カ月後に料金が段々と上がっていくサービスもあります。長期的に考えて料金が本当にお得なのか確認をしましょう。また、契約年数や違約金は必ずチェックしておきましょう。

用途に合わせて工事不要なWi-Fiを選ぼう

工事の必要もなく、外でもWi-Fiが使えるのは非常に便利なモバイルルーターは外出先で使うことが多い人、自宅で使うことが多い人は据え置き型のホームルーターが向いているのがおわかりいただけたでしょうか。

用途に合わせて工事不要なWi-Fiを選ぶことで、月額料金を抑えることができます。各社、キャンペーンや割引など行っていますが、長期的に使用するにあたり、契約年数やトータルでいくら支払うのかを見極めて、どの会社を選ぶのかがポイントになってきます。

キャンペーンのキャッシュバッグも半年以上たってから受け取りの手続きをする会社もあるので見落とさないようにしっかり管理することが大事です。そして、契約する際は必ず公式サイトで事前に通信エリアの確認を行いましょう。工事不要のWi-Fi導入は失敗しないように賢く選びましょう。

SHARE!!