1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Wi-Fiを安く使えるホームルーター・モバイルルーターを紹介

Wi-Fiを安く使えるホームルーター・モバイルルーターを紹介

スマホは便利ですが、使うほどデータ利用量があっという間に上がってしまうのが難点です。そんなとき便利なWi-Fiルーターにはホームルーターとモバイルルーターがありますが、利用料金をより安く抑えるにはどちらを選び、どう使うと良いのでしょうか。

この記事の目次

インターネットコンテンツが充実するにつけて、大容量・高速化がより求められるようになってきました。

しかしそれらを満足に利用すると今までのデータ利用料プランでは追いつかず、費用だけがかさんでしまいます。

「かといって固定光回線を契約するのはちょっと…」とさまざまな事情から躊躇する人も多いでしょう。

そんな時は、今話題のWi-Fiルーターを検討しましょう。

Wi-Fiルーターなら無線の電波を使うため、特定の工事が不要で、追加データ量を割安に手に入れることができます。

ただ、Wi-Fiルーターには「ホームルーター」と「モバイルルーター」の2種類がある上、提供企業は多くさらにそれぞれ展開するサービスは似ているものの細かい点で違いがあり、自分にあったものを見極めるのは簡単ではありません。

ここでは、そんなWi-Fiルーターの基本的な仕組みから、ホームルーター・モバイルルーターの違い、それぞれのおすすめな利用状況について解説します。

ぜひ、これからWi-Fiルーターを検討する参考にしてみてください。

ホームルーターとモバイルルーターの違い

ホームルーターとモバイルルーターは、前提とする使い方が違うため機器の仕組みや電波の強さにも違いがあります。

使い方をよく見定めて選ばなくては、思わぬ使いづらさで後悔することにもなりかねません。

持ち運べるかどうかの違い

ホームルーターは自宅を含めた建物の中で使われることを前提としています。そのため持ち運べるほどコンパクトに作られておらず、電源もほとんどがコンセントから供給されます。

一方モバイルルーターは自宅・建物の中でも使えますが、バッテリーを内蔵した端末はコンパクトなので使えるエリア内のどこへでも持ち出せるのが最大のメリットです。本体にディスプレイを搭載し、現在の通信速度やデータ資料料などの通信状況を確認できるようになっています。

また機種によっては内蔵している大容量バッテリーでスマホなどを充電する「モバイルバッテリー」としても使えるものもあります。

SIMチェンジWIFI

電源供給方法が違う

ホームルーターは基本的に「建物の中のある位置に固定して」うため、コンセントを使って安定した大きな電力を供給することができるため、より強い出力で広範囲にWi-Fi電波を発信できます。

一方、モバイルルーターでは内蔵バッテリーで動作する場合とACアダプタから給電する場合に分かれるものの、ホームルーターよりWi-Fi電波の出力は低くなります。モバイルルーターは「さまざまな場所での利用」という機能を優先しているので、1人から少人数での同時利用までに向いています。

またモバイルルーターは充電式なので動作できる時間に制限があることも特徴の一つです。バッテリー残量を気にしながら使うことになりますし、充電する手間もかかります。さらに、頻繁に充電するとバッテリーの劣化を早めてしまうため、充電するタイミングやその時のバッテリーの残量にも注意する必要があります。

電波の強度や届く範囲が違う

それぞれのWi-Fi電波の出力は、機種によっても異なりますが、およそ以下のような違いがあります。

種別給電方法Wi-Fi電波の届く範囲
モバイルルーター内蔵バッテリー約10m〜15m程度
ACアダプターを使いコンセントから給電約20m〜25m程度
ホームルーター(ACアダプターを使いコンセントからの給電のみ)約50m程度

この数値は利用する場所の特徴にも大きく影響されます。ホームルーター・モバイルルーターのどちらでも入り組んだ建物で直線距離が遠いほど電波が弱くなり接続できないこともありえます。しかし概ね、ホームルーターは電波の届く範囲が広く、モバイルルーターは比較的狭いといえます。

Wi-Fi接続する電波はどちらも2.4GHz帯と5GHz帯の2つ

ここでどちらのルーターでも使うWi-Fi接続電波の周波数帯「2.4GHz帯」「5GHz帯」の違いについても触れておきましょう。電波も「波」の一種ですから、浜辺に打ち寄せる波とも同じ特徴があります。それは「周波数が高いほど直進性が高い」ということです。

波には障害物を「回り込む」性質(波動の「回折」)があります。2.4GHz帯はどちらかというと直進性が低いく、端末間に障害物があってもその後ろに回り込んで接続しやすい特徴があります。それが5GHz帯では比較的回り込みにくくなるため接続できない現象が起きやすくなるのです。

それとは別に、周波数は高いほど単位時間当たり多くのデータを送受信できる、つまり5GHz帯電波で接続すると2.4GHz帯電波より通信速度が速くなるのです。どちらを使うかは「状況で判断する」のがベストですが、実際に利用してみて接続しやすい、高速通信しやすい周波数帯を選ぶと考えると良いでしょう。

ホームルーターWi-Fiはどこが安い?各社比較

ではここから、提供している会社ごとのホームルーターWi-Fiをその契約プランの費用や条件などと合わせて比較してみましょう。月額料金だけでなく気になる「基本契約期間」とそれにかかわる「契約解除料」について詳しく解説します。

最安級のWiMAXはカシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

ホームルーターの中でも特に安く利用できるのはカシモWiMAXです。

3年契約となる「最安級プラン」は契約初月が0円、「新端末プラン」は初月が1,380円で、それ以降割引額は少なくなるものの3年トータルで考えると安い料金で利用できるからです。

しかも新端末プランで利用できる端末「Speed Wi-Fi HOME L02」なら光回線に匹敵する下り最大1Gbpsの高速通信が利用できます。

基本は3年縛りとなる

カシモWiMAXには2年契約もありますが、その月額料金の安さから3年契約を利用するのが一般的です。

中でも最安級プランの「ライトプラン」は、最も高額になる期間の月額料金でも3,379円と非常にお得に利用できます。

時期によって解約解除料が必要になるので注意

3年契約の場合の契約期間は、端末を発送した月の翌月を1カ月目とした36カ月間です。

この36カ月目を「満了月」、37カ月目を「更新月」とし、更新月以外での解約は契約解除料が発生しますが、金額は解約する時期によって異なります。

契約期間契約解除料
0カ月目〜12カ月目1万9,000円
13カ月目〜24カ月目1万4,000円
25カ月目以降更新月以外の月9,500円
36カ月目0

38カ月目以降は36カ月ごとに更新月となり契約解除料はかかりません。契約期間と金額は、2年契約の場合も同じですが、更新付きは25カ月目とそれ以降の24カ月ごとになります。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

ソフトバンク利用者ならソフトバンクエアー

「工事不要のおうちのWi-Fi」で有名なソフトバンクエアーは基本料金が月額4,880円で、ソフトバンクのスマホを契約中なら「おうち割光セット」が適用され月あたり1,080円が割引されるので実質3,880円で利用できます。

WiMAXと違い「3日の利用データ量10GB以内」といった制限もなく、動画の視聴やオンラインゲームなどを存分に楽しみたい人にもぴったりです。

基本は2年縛りだが実質は4年契約

ソフトバンクエアーの基本の契約年数は2年ですが、同時にホームルーター「Airターミナル」を分割払いにすると分割期間が36カ月に設定されており、Airターミナルの分割支払いが終わった後初めて違約金がかからないのは契約から4年後なので、実質的には4年縛りと言って良いでしょう。

違約金がかからず、2年で解約するならAirターミナルをレンタルする方法もありますが、6カ月以上利用するならトータルの費用はむしろ高くなるのでおすすめできません。ソフトバンクエアーは4年の契約を見越して利用すると考えるべきです。

更新月以外の解約で解約費用が9500円かかる

ソフトバンクエアー2年契約の期間は、課金開始日を含む月を1カ月目として、24カ月目の末日までです。24カ月目に解約の申請がない限り契約は自動的に更新されさらに2年間契約が延長されます。違約金がかからず解約できるのはこの「24カ月目」で、それ以外の月に解約すると9,500円の違約金が請求されます。

ただ、6カ月以上利用するならAirターミナルを分割購入する方がお得なのですが、分割回数は36回なので契約月でいうと36カ月目にあたり、更新月ではなく解約すると違約金9,500円が請求されてしまいます。

このような解約するタイミングごとの解約にかかる合計費用は表にすると以下のようになります。

契約月分割金残金支払違約金合計費用
0カ月目〜5カ月目5万1,840円9,500円6万1,340円
6カ月目〜23カ月目2万2,680円〜5万220円3万2,180円〜5万9,720円
24カ月目2万1,060円02万1,060円
25カ月目〜35カ月目3,240円〜1万9,440円9,500円1万2,740円〜2万8,940円
36カ月目1,620円1万1,120円
37カ月目〜47カ月目09,500円
48カ月目000

カギになるのはAirターミナルの分割代金の残金です。結局解約にかかる費用を0にしたいなら、48カ月目に解約する、つまり4年間の契約になるということです。

ソフトバンクAirを契約する!

通信速度にこだわらないならネクストモバイル

通信速度にこだわらないがWiMAX圏外の広いエリアで利用したいなら、ソフトバンクのポケットWi-Fiと同じLTE回線を安く利用できるネクストモバイル
の「HT100LN」がおすすめです。この端末は非常にコンパクトなデザインで置き場所にも困りません。

ネクストモバイルは、月間通信量ごとにギガネクスト20GB、30GB、50GBの3つのプランで、ソフトバンクエアーより安い月額料金で利用できます。

基本は2年縛りとなる

ネクストモバイルのプラン別月額利用料金は、以下の通りで契約当初は割引が適用されます。

月額利用料支払方法
ギガネクスト202,760円(25カ月目以降3,695円)クレジットカードのみ
ギガネクスト303,490円(25カ月目以降3,695円)クレジットカードまたは口座振替(口座振替は月200円の手数料がかかる)
ギガネクスト503,490円(13〜24カ月目は4,880円、25カ月目以降は5,815円)クレジットカードのみ

20GBプランは最も安価ですが25カ月目から料金が1.3倍に、50GBプランは13カ月後には約1.4倍、25カ月目には約1.6倍と高額に引き上げられますが、30GBプランは約1.06倍とあまり変わりません。それもあって公式サイトでは30GBプランが最も人気があります。

また、契約期間は2年で、25カ月目の更新月以外で解約すると契約解除料が発生します。

契約月契約解除料
0カ月目〜12カ月目1万9,000円
13カ月目〜24カ月目1万4,000円
25カ月目0
26カ月目以降更新月以外9,500円

ネクストモバイルを契約する

機器レンタルのプランは27ヶ月未満の契約解除料が3万円近くに

ネクストモバイルにはホームルーターをレンタルする「プラン29」「プラン38」というプランも用意されています。

解約の際は、ホームルーターを返却しなくてはならず、以下のような契約解除料が発生します。

契約月契約解除料
0カ月目〜26カ月目2万9,500円
27カ月目0
28カ月目以降更新月以外9,500円

この他、初期費用無料キャンペーンを利用して申し込んでいた場合は、別途キャンペーン違約金9,500円が発生する場合があることにも注意しましょう。

ネクストモバイルを契約する

モバイルルーターはどこが安い?各社比較

ここではモバイルルーターについて、各社の費用をみてみましょう。

大容量プランが豊富なのはネクストモバイル

「もっと大容量のプランが必要」「通信制限は困る」という人には、ネクストモバイルがおすすめです。

ネクストモバイルには最大50GBまでのプランがあるので、より大きい容量のプランにすれば通信制限にかかりにくくすることもできます。

しかし、定額動画配信などを利用して50GBを超えると通信制限はかかってしまいます。

料金も20GBプランで2,760円から、50GBプランでも4,880円からと比較的安価であることも魅力です。

安さにこだわるならカシモWiMAX

徹底的に安い料金をと考えると、カシモWiMAXの人気のギガ放題プラン(月額料金1,380円から)もおすすめです。

このWiMAX業界の中でも最安級の安さは、他社によくある「キャッシュバック」をなくして月額料金に反映させるなどさまざまな工夫のおかげだといわれています。

現在は端末代金無料・初月料金無料などのキャンペーンもよく開催されています。それらを利用すればよりお得に利用できます。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

Yahoo!プレミアム会員ならYahoo! Wi-Fi

Yahoo!WiFIは3年契約となっており、月額料金も1,980円からとお得です。

プランはデータ量5GBまでの「PocketWi-Fiプラン2ライト(月額2,480円)」と、1GBまでの「データプランS(月額1,980円)」、7GBまでの「データプランL(月額3,696円)」の中から選べます。

どのプランも規定のデータ利用量を超えると通信制限がかかりますが、月額684円の「アドバンスオプション」をつけると高速通信が維持されます。

Yahoo! Wi-Fiを契約する

キャッシュバックを利用するならGMOとくとくBB WiMAX

出典:GMOWiMAX

GMOとくとくBBの最大のメリットは、高額キャッシュバックと月額料金3,609円からという低料金、それらの合計費用の安さです。プランはデータ量7GBのものと使い放題のものがありますが、どちらも初期費用としての端末代金やその送料も無料と徹底して「安く利用できる」というのも魅力的です。

キャッシュバックの金額は、利用する端末によっても違いますが、どれも高額です。ただすぐに受け取れるわけではなく、契約後の11カ月目にメールでGMOの管理画面に設定された受信ボックスに届き、自分で手続きして受け取れるとされていますから、忘れてしまわないよう注意が必要です。

GMOとくとくBBを契約する!

短期間しか利用しないならモバイルルーターレンタルがおすすめ

「短期間だけ必要」「費用はかかってもまずじっくり試してみたい」などの短期間利用ならをレンタルで利用するという方法もあります。

1ヶ月~半年の利用ならレンタルの方が安い

短期間向けのモバイルルーター契約では、1日単位の契約を受け付けているキャリアもあります。

レンタル料は1日あたり400円であったり、1カ月プランで契約すると1日あたり216円というものもあり、これほど安ければ自分の必要なモバイルルーターにたどり着くまでいくつも試しに使うことができます。

中にはデータ利用量に制限がない、ヘビーユーザーでも安心して使えるものもあります。3カ月・6カ月の利用で割引されるプランもあるなど、短期間のレンタルモバイルルーターはとても契約しやすくなっています。

契約解除料がない

レンタルの場合、利用契約自体に契約期間に縛りがないので契約解除料が発生することはありません。利用する日数を決めて契約するので費用があらかじめはっきりしているので安心して利用できます。

ホームルーターとモバイルルーターの初期費用ついて

ホームルーターにせよモバイルルーターにせよ、発生するのは月額料金や契約解除料だけではありません。固定の光回線で発生する工事費こそありませんが、かかる初期費用は発生します。

ホームルーターの初期費用は一律3000円+機器代金

ホームルーターを契約すると初期費用として一律3,000円が発生します。これは各社名称が違う場合もありますが多くは「契約事務手数料」と呼ばれ、契約情報を確認したり端末やその設定をするスタッフの人件費としてかかる費用とされています。

その他、ホームルーターを購入する代金も発生します。キャンペーンによっては「機器代金無料」として請求されなかったり、分割購入として月額利用料金に含まれる場合もあります。

モバイルルーターの初期費用も基本はホームルーターと同様

モバイルルーターの契約も、基本的にホームルーターと変わりません。ただ機器代金については、モバイルルーターは選べる端末が多く、その性能によって無料になる場合もあります。端末によっては充電器が無料でセットになっているものもありますが、別に購入する場合はそれらの合計も初期費用といえます。

ホームルーターとモバイルルーターはどちらがおすすめ?

ここまでの情報を踏まえ、ホームルーターとモバイルルーターのおすすめな場合について具体的に考えてみましょう。

単純に「好みで」選ぶこともできますが、重要なのは「より快適に使えること」と「コストとのバランスが取れている」ことです。

オフィスで使うならホームルーターがおすすめ

ホームルーターのメリットはまとめると以下の2点になります。

  • 安定した出力の大きい電波で設置場所周辺で広く利用できる
  • 同時接続端末数が多い

これを踏まえると、自宅で家族全員が、また例えばワンフロアのオフィスでスタッフが利用するといった場面にぴったりだといえます。

しかも、もともと複数端末の接続を想定しているため、大人数での利用も可能です。

ただ、その一方でそれだけの大容量データ利用になると、月あたり使用データ量は無制限だとしても「3日で10GB以上の使用」でかかる通信制限は避けられません。1日だけ使うならまだしも、通常利用としてはあまり適していません。

ホームルーターは、

  • 多すぎない複数の端末利用台数・データ利用量
  • 引越しなど利用場所の変更が頻繁にある

といった場合に有効といえそうです。

外出先でもWi-Fiを使うならモバイルルーターがおすすめ

モバイルルーターのメリットは何と言っても「持ち運びしやすい」ことです。現在は複数で同時利用できる機種もありますし、カフェに1人でスマホやタブレット、パソコンを同時に接続して利用するときも大いに役立ちます。

しかもルーターそのものはよりコンパクトになり、バッグのポケットに入れたまま取り出すことなく利用することもできます。

一人暮らしの場合もモバイルルーターがおすすめ

とりわけ「一人暮らし」にはモバイルルーターはぴったりです。

  • 利用するのは自分だけ(自宅に利用する家族はいない)
  • 利用人数が少ないためデータ利用量制限にかかりにくく管理しやすい
  • 引越しする時も固定光回線のように工事の段取り・立会いの面倒がない

特に学生や独身の社会人は、今の住まいが変わる可能性が高いため、工事費がかかる固定光回線を設置するより、手間がかからないモバイルルーターの方が料金も安く抑えられるかもしれません。

海外で使える安いレンタルモバイルルーター

国内でこれだけインターネットに慣れてしまうと、海外旅行などで急に使えなくなるととても不安になります。そんなときは、海外で利用できるレンタルのモバイルルーターがおすすめです。

SIMチェンジWIFI

無制限に使いたいならWi-Ho!

渡航先でも、見事な風景やめずらしい瞬間を写真に収めできるだけ早くSNSにアップしたいものですが、回数が多いと1日のデータ量はあっという間に使い切ってしまいます。

そんな時は、データ利用無制限プランがあるWi-Ho!がおすすめです。

1日あたりの利用料は高めですが、一緒に旅行している友人3人でシェアすればアメリカなら約600円、台湾なら530円ずつなのでそれぞれ別に利用するよりお得です。

ただし、無制限プランが提供されている国はまだ少なく、データ利用もあまりに大容量になると通信制限がかかる場合があることには注意しましょう。

Wi-Ho!を契約する!

キャンペーンを活用するならイモトのWi-Fi

キャンペーンを利用してできるだけ安く、安心して使いたいなら「イモトのWiFi」を検討しましょう。

1カ国渡航用プランや2カ国以上の渡航用プラン、長期割(30日パック)プランから自分にあったプランを選ぶことができ、利用する国によってはデータ利用量無制限のプランもあります。

また、利用開始から30日前、45日前、60日前など早めに予約すると料金が最大20%割引される「早割」サービスなど各種のキャンペーンを利用すればより安く利用できます。

タレントのイモトアヤコさんのCMで知名度が高く、24時間・365日サポートしてくれますから安心して利用できます。

イモトのWiFiを契約する!

1カ国で使うならフォートラベルグローバルWi-Fi

利用するのが1カ国なら、日本人が渡航する国のほとんどで最安値の「フォートラベルグローバルWi-Fi」がおすすめです。

ルーターのは空港や宅配を利用した自宅での受け取りが一般的ですが、フォートラベルグローバルWi-Fiは国内10カ所以上の空港での受け取ることができ、ハワイ・韓国・台湾に限れば現地の空港・オフィス・ホテルで受け取るサービスもあります。

また旅行中、ルーターの破損や紛失など困った事態になっても、24時間いつでも問い合わせられるサポート体制が整っており、国際電話だけでなくLINEやSkypeを使って問い合わせることもできます。

ホテルやカフェのフリーWi-Fiを使って通信量無料で相談できるのは、困った時にとても助かります。

用途に合わせてモバイルルーターかホームルーターか選ぼう

ホームルーターとモバイルルーターには同じ特徴と異なる特徴があります。どちらも固定回線ではないため、引っ越しの多い人や近く引っ越しする可能性の高い人には工事手配の手間がなく便利な通信方法です。

ホームルーターモバイルルーター
通信速度440Mbps〜1.2Gbps
Wi-Fi電波の周波数2.4GHzまたは5GHz
利用料金月額料金千円台からあるが、通常料金は4,000円程度
メリット広いエリアで使える持ち運びできる
デメリット持ち運びできない利用できる範囲が狭い

大まかに言えば、ホームルーターは「一緒に住んでいる家族全員が使う」場合に向いており、モバイルルーターは「一人暮らしで外出先で使うことがほとんど」という場合に向いています。

つまり取り巻く生活のスタイルや用途で選ぶことが賢明だということです。

ただ、どちらも「データ利用量」に制限があるため、大容量通信になると通信制限がかかるので、この前の段階で「Wi-Fiルーターにするかどうか」という検討も必要です。また一度契約すると契約解除料や端末ダイキンの一括支払いが必要になる場合もあるので、慎重に決断しなくてはなりません。

とはいえ、これらの注意点を踏まえれば、Wi-Fiルーターは非常に便利な通信手段です。具体的に自分の使い方を考え、最も使いやすくトータルの費用が適切なものを選びましょう。

SHARE!!