1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ポケットWiFiを無制限で使いたい!料金や通信速度を徹底比較!

ポケットWiFiを無制限で使いたい!料金や通信速度を徹底比較!

更新日:2020.01.31

ポケットWiFiでは、2019年から完全無制限プランが発表されました。これまでも無制限プランはありましたが、新たに発表されたものは従来の制度とは一線を画しています。プランの詳細やおすすめの会社を知り、ポケットWiFiを上手に活用しましょう。

外出先でもインターネットを利用したいなら、持ち運び可能なポケットWiFiが便利です。

ポケットWiFiはこれまで容量無制限としながらも、実質通信制限がかかっていました。

しかし、2019年からは完全無制限で使えるものが登場しています。無制限のポケットWiFiにはどのような種類があるのかを知り、自分に合った機種を見つけましょう。

この記事では無制限で使えるポケットWifiやWiMAXの比較を行っていきたいと思います。

SIMチェンジWIFI

ポケットWiFiが使える会社と機種は

まず知っておきたいのは、どのような会社でポケットWiFiが利用できるのかです。

ポケットWiFiを提供している会社は、大きくキャリア系とプロバイダ系の2つが挙げられ、それぞれで特徴が異なります。

また、会社ごとに提供する機種も異なるため、この違いも把握しておきましょう。

キャリア系3社のポケットWiFi

スマホの三大キャリアであるSoftBankやdocomo、auはポケットWiFiのサービスも提供しています。それぞれ提供しているのは、次の通りです。

キャリア機種
SoftBankPocket WiFi 601HW
docomo
  • Wi-Fi STATION SH-05L
  • Wi-Fi STATION HW-01L
  • Wi-Fi STATION N-01J
au
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • Speed Wi-Fi NEXT W06
  • Speed Wi-Fi NEXT W05

docomoやauでは、複数の機種からポケットWiFiを選択できる点が特徴です。

プロバイダ系6社のポケットWiFi

大手キャリア以外でもポケットWiFiのサービスは広く提供されており、プロバイダ系の会社も多いです。

プロバイダ系の会社は数が非常に多いですが、代表的なものは次の6つが挙げられます。

プロバイダ機種
カシモWiMAX
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • Speed Wi-Fi NEXT W06
  • Speed Wi-Fi NEXT W05
Y!Mobile
  • Pocket WiFi 803ZT
  • Pocket WiFi 801HW
  • Pocket WiFi 701UC
  • Pocket WiFi 601ZT
  • Pocket WiFi 603HW
  • Pocket WiFi 502HW
  • Pocket WiFi 506HW
UQ WiMAX
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • Speed Wi-Fi NEXT W06
  • Speed Wi-Fi NEXT W05
GMOとくとくBB
  • Speed Wi-Fi NEXT W06
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
どんなときもWiFiD1
縛りなしWiFi
  • Pocket WiFi 601HW
  • Pocket WiFi 502HW
  • Speed Wi-Fi NEXT W04
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05

一部大手キャリアと重複する機種もあります。プロバイダの種類は他にも多数ありますが、別のプロバイダでは無制限プランを提供していないこともあるため注意が必要です。

SIMチェンジWIFI

キャリア系ポケットWiFiは無制限なのか

大手が提供しているキャリア系のポケットWiFiは、知名度が高いことから、迷った時に選ぶ人は少なくありません。

身近な存在でもあるため、利用はしやすいですが、快適に使いたいなら本当に無制限で使えるのかという点に注目が必要です。制限のあり方はキャリアによって異なるため、それぞれの違いを把握しておかなければなりません。

SoftBankは無制限ポケットWiFiではない

大手キャリアのひとつであるSoftBankでは、ポケットWiFiの無制限プランは提供されていません。スマホとデータ容量を分け合える「スマホ放題Wi-Fiルータープラン」や「データし放題」のプランがありますが、通信容量の上限は7GBと決められています。

月間のデータ通信量が7GBを超えると制限がかかるため、大容量通信を楽しみたい人には不向きです。SoftBankでは据え置き型のホームルーターであるSoftBank Airが提供されており、これなら無制限で利用できます。

ポケットWiFiは7GBという制限があり、かつ端末の購入代金もかかるため、利用するコストは高いです。

docomoも無制限ポケットWiFiではない

通信容量の上限が5GBからとなっているdocomoも、無制限でどこまでも利用できるわけではありません。通信容量の上限は増やせますが、上限が上がるほどが月額料金は高くなります。

そもそもの月額料金が6,900円とポケットWiFiの中では高額であり、かつスマホとのセット割引もありません。無制限での利用はできず、かつポケットWiFiの利用自体のコストが他の会社よりも高い点から、おすすめ度は低いでしょう。

auはWiMAXと同じ機種・サービス

auはキャリア系でありながら、プロバイダ系のWiMAXと同じ機種やサービスを提供していることが特徴です。

そのため、7GBまでの制限ありのプランと、無制限で使えるプランの両方があります。7GBまでだと月額3,696円から、無制限プランだと月額4,380円からで利用できます。

無制限プランが利用できるため、キャリア系の中ではおすすめ度が高いです。しかし、プロバイダ系と比較すると、他社のほうが好条件で利用できることもあるため、それぞれ比較してから利用先を決めることが大切です。

無制限で使えるポケットWiFiのおすすめ5つ

プロバイダ系のポケットWiFiで、無制限プランが利用できるおすすめのものは、次の5つです。

  • カシモWiMAX
  • UQ WiMAX
  • Y!Mobile
  • GMOとくとくBB
  • Broad WiMAX

それぞれ料金が安いながらも高速で利用でき、かつ通信可能エリアも広いため、利用しやすいです。ただし、どれも3日で10GBまでという制限はあるため、全くの制限なしではないことは理解しておきましょう。

カシモWiMAX

初期費用を安く済ませたいなら、カシモWiMAXがおすすめです。カシモWiMAXでは、端末料金が無料で、送料もかかりません。

また、初月の月額料金は無料であり、1カ月目は月額1,380円からと、業界でも最安級の金額で始められます。高性能な最新ポケットWiFiでも、安価で利用でき、金銭的なメリットが非常に高いです。


【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

UQ WiMAX

auのネットワークを利用するUQ WiMAXは、3年契約を結ぶとよりお得に使えます。無制限プランの「UQ Flatツープラス ギガ放題」を3年で契約すると、最初の3カ月は月額3,696円で、以降は4,380円で利用できます。

さらに、3年契約だと、通常利用月に1,005円の追加料金が発生するLTEのオプションが、無料で利用可能です。契約期間の途中で解約すると、9,500~19,000円の高額な違約金が発生するため注意が必要であり、長く使うと決まっている人におすすめです。


UQ WiMAXを契約する!

Y!Mobile

Y!Mobileは、SoftBankと同様に7GBまでのプランしかありませんが、別途アドバンスオプションに加入することで、実質無制限での利用が可能です。アドバンスオプションに加入することで、制限の7GBを超えても高速通信が可能であり、3日で10GBという制限を超えない限り、通信制限はかかりません。

7GBまでのプランは月額3,696円であり、そこにアドバンスオプションの684円を足した4,380円が、無制限で利用するための最低料金です。


Y!Mobileを契約する!

GMOとくとくBB

auやUQ mobileを利用している場合は、スマホとのセット割引が適用できるGMOとくとくBBがおすすめです。それぞれ特定のプランに加入することで、auは月額最大1,000円の、UQ mobileは月額最大300円の割引が受けられます。

また、ポケットWiFi自体も安価でお得に利用でき、契約時に必要なのは事務手数料の3,000円だけです。端末代金や高速通信のLTEオプション料は無料であり、無制限プランなら2カ月目まで月額3,609円で利用できます。3カ月目以降は月額4,263円と上がりますが、それでも比較的安価で利用できるでしょう。


GMOとくとくBBを契約する!

Broad WiMAX

月額料金の安さで見るなら、Broad WiMAXは業界トップクラスに優れています。無制限プランでは最初の2カ月は月額2,726円で利用できます。

3カ月目から24カ月目までは月額3,411円で、以降は4,011円と上がりますが、それでも安いことは確かです。auスマホやUQ mobileとのセット割引も適用でき、割引サービスが充実しています。


Broad WiMAXを契約する!

無制限のポケットWiFiでレンタルできるのは

ポケットWiFiはレンタルでの利用もでき、おすすめの会社は次の3つです。

  • どんなときもWiFi
  • WiFiレンタルどっとこむ
  • 縛りなしWiFi

それぞれ料金はもちろん、制限に関する取り決めも異なります。

どんなときもWiFi

完全無制限で利用したいなら、どんなときもWiFiがおすすめです。悪質なデータ利用がない限り制限なしで利用でき、月額料金もクレジットカード払いなら3,480円と安価です。契約は2年の定額制となっており、25カ月目以降は500円ほど月額料金が高くなります。

口座振替による支払いも可能ですが、クレジットカードよりも月額料金が500円程度上がるため、できるだけカード払いがおすすめです。

三大キャリアと同じエリアで利用可能であり、別途料金を払うことで、海外でも使えます。通信速度は最大150Mbpsとそれほど早くはありませんが、環境次第では十分快適に使えるでしょう。

どんなときもWiFiを契約する!

WiFiレンタルどっとこむ

短期から長期まで、自由に使い分けがしやすい点が、WiFiレンタルどっとこむの特徴です。SoftBankやWiMAXの端末から機種を選ぶことができ、期間も1カ月単位から最短1日まで自由に選択できます。使用する機種や期間によって料金は異なるため、予算に合わせて選び分けやすいのも魅力のひとつです。

制限については機種によって違い、完全無制限のものから、3日で10GBの制限があるもの、使用データ量自体が限られているものまで、複数あります。

縛りなしWiFi

契約期間を決めずに使いたいなら、縛りなしWiFiがおすすめです。機種はSoftBankかWiMAXから選ぶことができ、利用する地域に合わせた選択ができます。月額料金は3,300円と安く、いつでも解約できる点が魅力です。

また、あえて契約期間を3年と縛って使うプランもあり、この場合は月額料金は2,800円とさらに安くなります。1日2GBまでという制限があるため注意が必要ですが、この制限さえ超えなければ、月間の合計通信量は気にせず利用できます。

プロバイダ系ポケットWiFiの無制限について

ポケットWiFiは、プロバイダ系のものだと無制限で利用できることが多いです。しかし、無制限といっても実際には若干の制限がついていることがあり、その規定は会社によって異なります。

プロバイダ系のポケットWiFiを使いこなすためにも、無制限とはどのような意味合いを持つのか、正しく理解しておく必要があります。

SIMチェンジWIFI

2019年3月に無制限のポケットWiFiを実現

そもそもポケットWiFiで完全無制限のプランが発表されたのは、2019年3月になってからです。代表的なプロバイダで言えば「どんなときもWiFi」が挙げられ、月間のデータ通信量が、完全無制限で利用できます。無制限で利用できるため、大容量通信を行う人にとってはありがたいですが、一部注意点もあります。

完全無制限といっても、あまりに大量にデータを使用すると、制限をかけられることがあるため気をつけなければなりません。また、データの不正利用のように、犯罪やトラブルにかかわる使い方をしている場合も、制限がかけられます。

制限がかかる要件は明確に定義されているわけではないため、使い方には注意しなければなりません。さらに、無制限で便利に利用できる分、契約期間途中での解約では、高額な違約金が発生するといったデメリットもあります。

端末も購入ではなくレンタルで、解約後は返却が必須といったように、細かいデメリットが他にもあることは覚えておきましょう。

主流は3日間で10GBの制限があるポケットWiFi

プロバイダ系のポケットWiFiは、データ無制限やデータ使い放題プランと銘打って、サービスを展開していることが多いです。しかし、この場合の無制限には注意点があり、直近3日間の通信量の合計が、10GBを超えると一時的に通信制限がかかります。

つまり、完全に無制限というわけではなく、3日で10GBという制限を超えない限り、無制限で使えるということです。この直近3日で10GBまでという制限はポケットWiFiでは主流であり、次の会社で採用されています。

  • カシモWiMAX
  • UQ WiMAX
  • Y!Mobile
  • GMOとくとくBB
  • Broad WiMAX

また、縛りなしWiFiでは、1日2GBまでと独自の制限をつけているため、利用するなら注意が必要です。3日で10GBの制限を超えてしまうと、翌日の18時から2時までの8時間で、通信制限がかけられます。しかし、制限時でも1Mbps程度の通信は可能であり、ネットサーフィン程度なら問題なく行えます。

制限も2時以降に解除されるため、それほど厳しくはありません。どのような使い方をするかでかかる通信量は異なりますが、動画で換算すると約13時間程度のため、よほど使いすぎることがない限り、簡単には制限は気にせず利用できるでしょう。

ポケットWiFiを選ぶ際のポイント

どのポケットWiFiを利用するか選ぶ際には、機種ごとの料金や制限の規定、通信速度や利用可能エリアなどを確認することが大切です。仮に料金がもっとも安くても、すぐに制限がかかったり、通信速度が遅かったりすると不便を感じてしまいます。

また、そもそも利用可能エリア外だと、端末があっても接続ができないため、まずはこの点を確認しておかなければなりません。住んでいる地域、または主な外出先の地域でどれが利用できるかを確認し、そこから求める性能やどれくらい使うかを考えてから、契約先を選びましょう。

ハイスペックなら何でもよいわけではなく、自分が必要とする性能に合わせ、適切な価格帯のものを選ぶことが大切です。

ポケットWiFiの無制限プランを上手に活用しよう

ポケットWiFiにおける無制限は、完全無制限と、3日で10GB使った場合のみ一時的に制限がかかるという限定的に無制限という2つがあります。

それぞれで利用できる会社や機種が異なるため、どちらの条件のほうが自分に適しているのかを考えることが大切です。自分に合ったプランを見つけて、ポケットWiFiを上手に活用しましょう。

SHARE!!