1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【工事不要】置くだけのWiFiは何がおすすめ?|評判・口コミや料金・速度を解説

【工事不要】置くだけのWiFiは何がおすすめ?|評判・口コミや料金・速度を解説

更新日:2020.03.10

自宅のコンセントに挿し込むだけで利用できる置くだけWi-Fiは、固定回線よりも手軽に利用できます。提供する業者は複数あり、それぞれで条件が異なります。各社の違いや置くだけWi-Fiの特徴を知り、自分に合ったお得な契約先を見つけましょう。

端末を設置するだけですぐに使える置くだけWi-Fiは、工事の手間をかけずにインターネットを利用できます。しかし、自宅で据え置きで使うなら固定回線のほうがよいのではないかと思う人も多く、実際にどちらにすべきか悩む人は少なくありません。

置くだけWi-Fiは固定回線の代わりになるのか、特徴や提供している業者について理解を深めて知っていきましょう。

SIMチェンジWIFI

置くだけWi-Fiを提供しているのは

置くだけWi-Fiを利用したいなら、そもそもどの業者が提供しているのかを知らなければなりません。業者によって呼び方は異なり、ホームルーターやモバイルルーターのホームタイプといった呼び方があります。

置くだけWi-Fiを提供している業者は数多くありますが、代表的なものだと3つが挙げられます。

ソフトバンクのソフトバンクエアー

スマホの三大キャリアのひとつであるソフトバンクは、置くだけWi-Fiとしてソフトバンクエアーという端末を提供しています。ソフトバンクが提供しているだけあって、ソフトバンクキャリアのスマホを使っている人は、お得なセット割引を受けられます。

簡易式のWi-Fi設備ながらも性能は優れており、固定回線のように上限なしで利用できる点が魅力です。大容量通信を行っても通信制限がかからないため、ソフトバンクユーザーで月々の通信量が多い人におすすめです。

出典:ソフトバンク取扱店DRM

当SIMチェンジでは光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

今すぐ電話無料相談をする!

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

TEL:0120-937-536
受付時間10:00-20:00 (年末年始除く)

今ならGoogle Home Mini(先着25名様)をご契約の方にプレゼント!
スマホから通話料無料でご利用いただけます。

\工事不要でかんたん接続のホームルーター型Wi-Fi/
ソフトバンクエアーの相談はこちら

auのauスマートポート

auは「auスマートポート」という置くだけWi-Fiを提供しており、別途プロバイダと契約を結ぶことで利用できます。注意が必要なのはauスマートポートのサービスを提供するのはauではなく、契約するプロバイダであるということです。

プロバイダの選択肢は複数あり、どこと契約するかによって料金は変わります。また、ソフトバンクと同様に、auスマホを使っている人はauスマートバリューを適用させてお得な割引が受けられます。回線はWiMAXと同じものを使用しており、制限があるものの高速通信できる点が魅力です。

SIMチェンジWIFI

ドコモは提供していない

三大キャリアの中でもは、ドコモのみ置くだけWi-Fiを提供していません。

ドコモの置くだけWi-Fiは法人専用で個人での利用はできないため、別の業者を探す必要があります。もちろん、ホームルーターの提供がないだけで、モバイルルーターのサービス自体は行っています。

そのため、ドコモでモバイルルーターを契約し、それを据え置き用として使って自宅でWi-Fi接続することは可能です。ただし、ドコモのモバイルルーターは月額料金が高く、スマホとのセット割引も適用できません。無理に置くだけWi-Fiとして代用するメリットはないため、別の業者を探したほうがよいでしょう。

WiMAXのホームルーター

三大キャリア以外では、WiMAXもホームルーターとして置くだけWi-Fiを提供しています。機種は次の通りであり、プロバイダによって選択肢が異なります。

  • WiMax HOME L01
  • WiMax HOME L01s
  • Speed Wi-Fi HOME L02

また、機種とプロバイダによって料金も異なるため、どこと契約するかをよく考えることが大切です。回線がWiMAXでプロバイダを選択する必要があるという点から、auと特徴が似ているでしょう。

ユーザーの置くだけWi-Fiの評価は

置くだけWi-Fiが本当に便利に使えるか知るためにも、実際のユーザーの評価を参考にしてみましょう。契約先や自宅の環境次第で使い勝手は変わりますが、よくある意見を参考にすることで、置くだけWi-Fiへの理解は深められます。

賛否両方の意見を参考にして、ユーザーがどのような評価を下しているのか知っておきましょう。

よい口コミ

他にも利用している人にはこういった声がありました。

よい口コミ

  • シンプルでインテリアに馴染む
  • 設定が簡単
  • 即日開通で工事のための日程調整の必要がなかった
  • 光回線に比べ通信費がダウンした
  • ADSLから乗り換えで快適な通信

機種によって違いはありますが、白や黒を基調としたシンプルなデザインのものが多いです。固定回線のモデムに比べると小型なものも多く、インテリアの邪魔になりづらい点が評価されています。

また、使用面での評価も高いです。ADSLよりも通信速度が速く、設定も簡単でスムーズに利用を開始できます。置くだけWi-Fiは端末が届き次第すぐに使うことができるため、工事の立ち会いや日程調整が不要な点も評価されているポイントです。

また、月額3,000~4,000円程度で利用できる場合が多く、光回線の戸建てタイプの平均月額5,000円と比べると、安価で利用できるのも嬉しいポイントです。

よくない口コミ

引用元:https://review.kakaku.com/review/K0001124622/#tab

他にも利用している人にはこういった声がありました。

よくない口コミ

  • スマホなら問題なくできるが通信速度が遅い
  • PCとスマホを併用するとすぐに制限がかかる
  • 部屋により感度が変わる場合がある
  • 携帯回線を使っているため人が多くなると速度が遅くなる

通信速度の遅さや不安定さは、悪評価を受けていることが多いです。置くだけWi-Fiは固定回線と比べるとどうしても通信性能は落ちてしまいます。

機種によっても違いますが、光回線が最大1Gbpsであるのに対し、置くだけWi-Fiでは500~800Mbps程度ということも少なくありません。

また、工事が不要な分、固定回線よりは簡易式のサービスのため、利用人数が増えると安定性も下がりやすいです。便利ですが環境次第では使い勝手が悪くなってしまうことを理解しておかなければなりません。

ソフトバンクの置くだけWi-Fi

ソフトバンクが提供しているソフトバンクエアーは、次のような特徴があります。

ソフトバンクエアーの特徴

  • ソフトバンクユーザーには料金割引がある
  • 夜の速度が遅い
  • エアーターミナルというルーターを使用
  • SoftBankあんしん乗り換えキャンペーンを実施中

契約内容やWi-Fi機器そのものへの理解を深め、ソフトバンクエアーの魅力を深堀りしていきましょう。

ソフトバンクユーザーには料金割引がある

料金面でお得なポイントは、ソフトバンクのスマホを使っていると料金の割引が受けられるということです。スマホの月額料金が永年1,000円割り引きになります。複数人で利用する場合は1人1,000円ずつ引かれるため、2人だと2,000円、3人だと3,000円の割引が受けられます。

また、月額料金も4,880円と固定回線と比較すると安く、最初の12カ月間は「SoftBank Airスタート割」によって、月額料金は4,300円とさらに安価です。ソフトバンクユーザーは大きな割引が受けられ、かつソフトバンクエアー自体の割引もあるため、お得に利用しやすいです。

ソフトバンクAirを契約する!

夜の速度が遅い

ソフトバンクエアーは時間帯によって通信の快適さが異なり、夜の時間帯は速度低下しやすいです。これはアクセスが集中するからであり、多くの人がインターネットを利用する夕方から夜にかけてのリラックスタイムは、安定性が落ちることは理解しておかなければなりません。

これはほかの置くだけWi-Fiや固定回線でも言えることであり、多少は仕方ない部分といえます。

Airターミナルというルーターを使用

ソフトバンクエアーは、Airターミナルというルーターを使ったサービスです。通常のAirターミナルから2と3、さらに4まであります。Airターミナル4がもっとも新しい機種であり、4GやLTEの通信にも対応しているため、速度は速いです。

最大速度は下りで962Mbpsであり、固定回線に匹敵するほどの速度を誇ります。古いモデルほど最大速度が下がるため、快適に利用したいならAirターミナル4を選ぶとよいでしょう。

SoftBankあんしん乗り換えキャンペーンを実施中

すでに他社でインターネットを利用している場合は、「ソフトバンクあんしん乗り換えキャンペーン」を適用できます。これは他社からソフトバンクエアーに乗り換える人を対象に、乗り換え時に発生した違約金や回線撤去この工事費を最大10万円まで還元してくれるものです。

多額の違約金がある場合でも安心して乗り換えることができ、これからソフトバンクエアーを使ってみたい人に最適です。また、キャンペーンはソフトバンク光への乗り換えにも適用できるため、固定回線の利用を検討している人も使えます。

終了期間が決まっていないキャンペーンなので、いつまで実施されるかは明確にされていません。他社からの乗り換えを考える際には、その時にもキャンペーンが適用できるか確認しておくことが大切です。


ソフトバンクAirを契約する!

auの置くだけWi-Fi

大手キャリア関連の置くだけWi-Fiなら、auのものもあります。特徴は次の通りで、ソフトバンクとは異なる部分が多いです。

auの置くだけWi-Fi特徴

  • 提供ルーターはSpeed Wi-Fi HOME L02
  • スマホとセットでお得なプランがある
  • プロバイダ系置くだけWi-Fiと同じ

auの置くだけWi-Fiならではのポイントを理解して、自分に合っているか見極めましょう。

提供ルーターはSpeed Wi-Fi HOME L02

auで提供されている最新のルーターは、Speed Wi-Fi HOME L02という機種です。

最大速度は下り867Mbpsで、固定回線とそれほど変わらない高速通信が可能です。使用している回線も新しいWiMAX2+であり、置くだけWi-Fiでも快適に使いやすいでしょう。

スマホとセットでお得なプランがある

auでは置くだけWi-Fiは月額4,292円かかりますが、auスマホとセットにしてauスマートバリューを適用させることでよりお得に利用できます。スマートバリュー専用プランだと、置くだけWi-Fiの月額料金は25カ月間3,792円となります。

また、通常利用月に1,005円の追加費用がかかるハイスピードエリアプラスモードのオプションが、無料で利用可能です。スマホの料金自体の割引も受けられ、2年間は最大2,000円の割引が、3年目以降は最大934円の月額割引が受けられます。

プロバイダ系置くだけWi-Fiと同じ

auの置くだけWi-Fiはプロバイダ系のサービスと同じであり、料金面だけで見ると他のプロバイダのほうが安いことも多いです。しかし、auならスマートバリュープランの適用や利用料金の支払いによるauポイントの加算といったメリットがあります。

総合的に見るとauで利用したほうが安くなるケースもあるため、スマホの利用状況を確認して、プロバイダ系とどちらがお得かチェックすることが大切です。

置くだけWi-Fiのメリット

メリットを知ることで、置くだけWi-Fiの魅力がさらに理解できます。

  • 工事不要で即日使用が可能
  • 月額利用料金が光回線より安い
  • モバイルルーターよりも電波が安定

3つのメリットを知り、固定回線やモバイルルーターと比較して優れているポイントを知っていきましょう。

工事不要で即日使用が可能

固定回線と違い、端末が届き次第即日使用できる点が置くだけWi-Fiのメリットです。

光回線の場合は利用を開始するには申し込みをし、工事日のすり合わせをしてから、開通工事が終わるのを待たなければなりません。スムーズに進んでも1週間以上はかかり、長いと1カ月程度かかることも多いです。

対して置くだけWi-Fiなら申し込み後順次端末が郵送されるため、早いと2~3日で利用開始できます。加えて、工事費もなく初期費用が安い点も置くだけWi-Fiの魅力です。

月額利用料金が光回線より安い

光回線と比較すると、置くだけWi-Fiのほうが月額料金は安いです。契約内容によって月額料金は変わりますが、平均すると3,000~4,000円程度のものが多いです。光回線の場合は戸建てで月額5,000円から、マンションで月額4,000円からが基本となります。

マンションプランだと同程度になることもありますが、割引を適用できるなら置くだけWi-Fiのほうが安いです。業者によっては違いますが、安い場合だと月額1,000円台という破格の金額で利用できることもあります。

モバイルルーターよりも電波が安定

置くだけWi-Fiとモバイルルーターを比較すると、電波の安定性という面で置くだけWi-Fiのほうが優れています。自宅に据え置きの置くだけWi-Fiはコンセントから電力を供給できるため、バッテリー駆動のモバイルルーターよりも安定しやすいです。

光回線と比較すると若干安定性は落ちますが大幅な違いはなく、特に気にならない程度であることも多いでしょう。

置くだけWi-Fiのデメリット

複数のメリットがある一方で、デメリットもあるため注意しなければなりません。

  • 持ち出しができない
  • ギガ放題契約でも制限がかかることもある
  • 回線の不安定さがある

よい面だけではなく、悪い面も知り、細部まで正しく理解を深めておくことが大切です。

持ち出しができない

置くだけWi-Fiはホームルーターと呼ばれるように自宅での利用に限られ、モバイルルーターのように持ち出すことはできません。工事不要で手軽に使える反面、利用場所が限定されることは覚えておきましょう。

置くだけWi-Fiはコンセントに挿し込んで使用し、この時契約会社に位置情報が発信されています。そのため、契約した住所以外で使用すると警告が出され、それを守らずに使い続けると強制解約にもなりかねないため、自宅での利用に限らなければなりません。

ギガ放題契約でも制限がかかることもある

通信量無制限のプランとしてギガ放題がありますが、これで契約している場合でも完全に使い放題になるわけではありません。ギガ放題契約は月間のデータ使用量は無制限としているものの、直近の3日間で10GB以上の通信があると一時的に通信制限がかかる、という取り決めがあります。

通信制限は10GBを超えた翌日の18時から2時までの8時間と限定的であり、かつ速度も1Mbpsと緩やかな制限です。しかし、固定回線のように全面的に使い放題ではなく、この点も置くだけWi-Fiならではのデメリットといえます。

回線の不安定さがある

固定回線やモバイルルーターと同様に、自宅で利用する置くだけWi-Fiもサービスの提供エリアが業者ごとに決まっています。都市部なら問題はありませんが、地方だと業者によっては利用できない可能性があります。

また、選択肢の多い都市部でも利用している人の多さによっては回線が混雑し、通信環境が不安定になることも少なくありません。光回線と比較すると回線の不安定さの問題は多少は残り、環境次第では使い勝手が悪くなるため注意が必要です。

SIMチェンジWIFI

置くだけWi-Fiそれぞれの特徴を比較

契約するならどの置くだけWi-Fiにすべきか考えるなら、それぞれの違いを比較することが大切です。比較対象はソフトバンクとそれ以外のプロバイダ系となり、auもプロバイダ系と同じと考えましょう。

それぞれの違いを把握して、より自分に合ったものを選ぶことが、お得にインターネットを利用する近道です。

ソフトバンクエアーなら使用量の制限がない

通信制限の面で考えるなら、制限なしで使えるソフトバンクエアーがおすすめです。ソフトバンクエアーは他の置くだけWi-Fiのように直近3日間で10GBまでという制限もなく、固定回線のようにデータ使用料を気にせず利用できます

ギガ放題の制限ならそれほど苦にはなりませんが、少しでも制限なしで使いたいならソフトバンクエアーがおすすめでしょう。

プロバイダ系置くだけWi-Fiの料金表

代表的なプロバイダの置くだけWi-Fiの料金を比較しました。

プロバイダ料金①料金②料金③
UQ WiMAX月額4,380円
GMOとくとくBB月額2,170円
(1~2カ月目)
月額3,480円
(3~36カ月目)
月額4,263円
(37カ月目以降)
カシモWiMAX月額1,380円
(1カ月目)
月額3,480円
(2~24カ月目)
月額4,079円
(25カ月目以降)

UQ WiMAX以外は、段階的に月額料金が上がる点が特徴です。使い続けるごとにコストは上がるものの、最終段階でも4,000円程度とそれほど高いわけではありません。

3社で比較するならカシモWiMAXがもっとも安く、25カ月目以降でも最安値で利用できます

プロバイダごとに利用できる機種が異なることも多いため、料金だけではなく置くだけWi-Fiの性能も比較して適切なものを選ぶことが大切です。

自分に合う置くだけWi-Fiで契約しよう

自宅でインターネットを利用したいなら、コンセントに挿し込むだけで簡単に使える、置くだけWi-Fiがおすすめです。

置くだけWi-Fiにも多数の種類があるため、違いを把握して自分に合ったものを見極めなければなりません。業者ごとの違いを知り、自分に合ったものを見つけて快適にインターネット環境を整えましょう。

SHARE!!