1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Wi-Fiが遅いと感じたときの原因と対処法10選|【2019年保存版】

Wi-Fiが遅いと感じたときの原因と対処法10選|【2019年保存版】

更新日:2020.03.03

Wi-Fiは無線で高速通信が可能ですが、環境次第では遅いと感じてしまうこともあります。通信速度が下がる原因は多数あるため、まずは原因を知って対処する必要があります。Wi-Fiの基礎知識や遅い場合の対処法を知り、快適にネットを利用しましょう。

自宅にWi-Fi端末があると、通信量を気にせずインターネットが楽しめるため便利です。しかし、Wi-Fiに接続しているものの通信速度が遅く、快適なネット環境とはいえない場合も少なくありません。

なお、自宅にインターネット環境がある男女100人にアンケートを行った結果、約8割の人が遅いときがある、またはつながらなくなることがあると感じているようです。

Wi-Fiに繋げているのに通信速度が遅くなってしまうことには、いくつかの原因が考えられますが、例えばzホームルーターが熱くなってしまっている場合は劣化や寿命の可能性もあります。

ここでは、なぜ遅くなってしまうのか具体的な原因や対処法を紹介していきます。Wi-Fiをさらに快適に利用しましょう。

結論のみ知りたい方はこちらをご覧ください

SIMチェンジWIFI

Wi-Fiが遅くなる原因

Wi-Fiが遅くなる原因は様々です。ここでは主に下の4つについて解説します。

ルーターや端末に原因がある

まずルーターの確認をしましょう。

ルーター側に問題がある

ルーターは一般的に、機種本体は4年から5年、通信規格は2年から6年が寿命だと言われています。ただ、それを過ぎても使用することはできるので、そのまま使い続けている方も多いのではないかと思います。

ただし、ルーターは長く使っていると少しずつ劣化して通信速度が下がってしまいます。また、通信規格が端末側に追いついていない場合も同様です。

端末側に問題がある

意外と見落としがちなのは、接続台数です。一般的にWi-Fiに接続できる端末数は、据え置きタイプのWi-Fiで10台以上、モバイルタイプのWi-Fiで5台~10台までです。よく昼や夜など回線が混雑する時間帯はネットが落ちたり、遅延したりすることがありますが、これと同じで混線が原因の可能性もあるでしょう。

電波障害や干渉が発生している

ルーター本体の設置場所によってはつながりにくい場合も出てきます。具体的には、ルーターを家電周りに置いている場合です。電子レンジなどの家電は2.4MHzの周波数を出していますが、この周波数はワイヤレスLANでも同じものを使っていて、電波干渉を受けやすくなります。

また、ルーターの親機と子機の距離が離れていたり、1階と2階で使用していたりする場合も同様に物理的な影響を受けて遅れが生じたりします。

最近では、ルーターが3台セットになった商品も販売されているため、お部屋の広さや間取りが多い場合におすすめです。


一方で、これはあまり頻発することではありませんが、サイト自体にアクセスが集中している、もしくはメンテナンス中のためにページにつながりにくいという状況があります。それと同様に、サーバー管理側でシステムエラーが生じた時も同様に、そのサーバーを利用しているサイトへ全体的につながりにくくなることはあります。

この場合は、ユーザー側ではどうすることもできませんので復旧するまで待機するか、他のページから情報を収集するしかありません。

SIMチェンジWIFI

通信制限に引っかかっている

光回線ではなく、モバイルルーターでWi-Fiを使用している場合は、通信制限にかかっていないかの確認が必要です。

契約している業者やプランによって制限の有無は異なり、制限ありのプランだと、通信量が上限を超えると通信速度が極端に落ち込んでしまいます。

制限時は翌月まで128kbpsとなり、ネットサーフィンでも満足にできないほど低速になるため、注意しなければなりません。

何度も通信制限に引っかかるようなら、プランの拡張か制限のない光回線への移行を考えてもよいでしょう。

また、無制限のプランで加入していていも、直近3日間で10GB以上の通信を行うと、翌日の18時から2時までの間に制限がかかる場合が多いです。無制限プランの制限速度は1Mbpsのため、そこまで極端に遅くはなりませんが、通信制限の有無で快適さが大幅に変わってしまいます。

ファイアウォールの設定によるもの

ウィルスの侵入を防ぐ役割のあるァイアウォールは、「防火壁」の意味があり、ネットワーク同士の通信を見張り、不明な通信は遮断する働きをします。

社内内部ネットワークをインターネットを通して侵入してくる不正なアクセスから守るなど高度なセキュリティシステムです。この機能が働いて、インターネットに接続しない可能性もあります。

Wi-Fi速度の改善方法

続いて、改善方法について解説します。

再起動を行う

端末、ルーター、モデムどこに原因があるのかわからない場合は、一つずつ再起動することによって解決するケースもあり、多くの問題をこの作業だけで解消できます。

再起動することでシステムの状態がリセットされたり、機器にこもっていた熱が放出されたりして、軽微なバクを修正できます。

もちろん、再起動しても直らないケースもありますが、反対に再起動だけで簡単に直ることもあるため、試してみる価値はあるでしょう。

親機の再起動は順番に行おう

親機にルーターを接続している場合は、まずはルーターの電源を切り、それからモデムの電源を切ります。

これはモデムが大元になっているからであり、先にモデムの電源を切ってしまうと、ルーターの電源も強制的に切れてしまいます。

ルーターに負担がかかってしまう恐れがあるため、回線から遠い順に電源を落とすようにしましょう。起動する際には反対に、回線に近い順番で、つまりモデム→ルーターと電源を入れます。

親機と子機の距離を確認

Wi-Fiは無線接続のため、親機と子機が離れていても接続は可能です。しかし、距離が遠くなったり、途中に障害物を隔てたりすると接続はしづらく、通信速度も落ちてしまいます。

そのため、親機と子機の距離を確認し、できるだけ遠くならない場所で、かつ障害物の少ないところに設置するようにしましょう。

例えば家の端と端に親機と子機があると、それだけで接続の安定性は下がり、通信速度も遅くなるため注意しなければなりません。

親機と子機の設置場所を確認

スムーズに子機に電波を届けるためにも、親機は使用場所の近くで、障害物の少ない場所に置くことが大切です。また、電波が届きやすいように、できるだけ高い位置に設置することも意識しましょう。

反対に避けるべきなのは、周囲に物が多い場所や子機の使用場所が遠い部屋、電波を阻害しやすい水回りや電波を発する家電などが多い場所の付近です。

設置場所を変えるだけで通信の安定性が劇的に変化することもあるため、置き場所はこまめに変えて、最適な場所を見つけておきましょう。

端末の接続台数と端末側の設定を確認

Wi-Fiルーターを使用すると、複数台の端末に同時接続できますが、接続台数が多いと速度は遅くなりやすいです。

Wi-Fiルーターによって何台まで接続可能かは異なり、接続可能台数が低いほど、多人数利用した時には速度が遅くなりやすいことは理解しておきましょう。

快適に通信するには、使用していない端末は接続を解除しておくか、ルーター自体のスペックを上げ、対応できる端末数を増やす必要があります。高性能のものだと、複数の端末を同時接続しても快適に利用できるため、使用する端末が多いなら、ルーターの性能にはこだわらなければなりません。

中継器の利用も検討

親機と子機の設置場所がどうしても遠くなってしまう場合は、中継器を利用するのもひとつの方法です。

中継器とはその名の通りWi-Fi電波を中継する役割を持ち、これを使うことでより遠くまで電波を届けることができます。

中継することで通信速度自体は若干落ちますが、電波の利用距離は伸びるため、広い家に住んでいる人におすすめの方法です。

周波数帯を切り替えてみよう

親機が複数の周波数帯を持っているなら、もう一方のほうに切り替えてみることがおすすめです。同じ機器でもどちらの周波数帯に接続するかで通信の快適さは変わり、環境が劇的に変化することもあります。

基本的には5Ghzのほうが快適に利用しやすいですが、障害物の多い環境なら、2.4GHzのほうが適しています。周波数帯を切り替えてみて、自宅の環境ならどちらが適しているか確認しておくとよいでしょう。

ルーターが熱いときは劣化かも!買い替えも検討

使い方の問題で子機に負荷がかかり、これが原因となって速度低下を起こしていることもあります。

通信速度を上げるには、できるだけ端末に負担をかけないことが大切であり、使っていないファイルやアプリ、ページなどは全て閉じておきましょう。

また、一度再起度してリセットをかけることも大切であり、少し休ませてから使うことで、それによって通信速度が回復することもあります。

それでも改善しないなら、そもそも端末自体のスペックが足りていない可能性が考えられます。端末が古くなっていると速度低下を起こしやすいため、必要に応じて買い替えも検討しましょう。

また、端末が古くなっているとセキュリティ面でも安全とは言い切れません。

SIMチェンジWIFI

システムアップデートの確認と実行

親機と同様、子機でもシステムのアップデートがあるなら、実行しておくことが大切です。通信速度に関係しないアップデートも当然ありますが、速度に影響を及ぼす更新もあります。

快適に利用するなら端末は最新の状態にしておく必要があるため、使用する機器それぞれで更新ファイルを確認しておきましょう。

ファイアウォールの設定解除

ファイアウォールの解除方法は、Windowsの場合、「スタート」→「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「Windowsファイアウォール」→「Windowsファイアウォールの有効化または無効化」をクリックします。

Macの場合は、「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」→「ファイアウォール」をクリックし鍵マークを押すと設定変更のパスワードが聞かれますので、入力すると設定完了です。

Wi-Fiの速度が遅い場合はプロバイダの見直しも検討

上記を試してみてもWi-Fiの速度が改善しない場合は、プロバイダの見直しを検討してもよいかもしれません。インターネットの速さは、回線で決まりますが、速さの安定性という点では、プロバイダによって変わります。

プロバイダを変えれば必ずしもWi-Fiの速度が速くなるとは言い切れませんが、回線が遅くなる原因は一つではないため、プロバイダを変えれば通信速度に変化がみられるかもしれません。最大速度は1Gbps以上のプロバイダを紹介します。

プロバイダ名最大速度おすすめな理由
ソフトバンク光最大1Gbps

ソフトバンクのスマホ割引で毎月1,000円の割引が適用されます。

auひかり最大1Gbps

auのスマホを契約で月額料金から最大2,000円の割引を受けることができます。

NURO光最大2Gbps

独自の光ファイバー網で下り最大2Gbpsという超高速通信が人気です。

Wi-Fiの基本を知って速度が遅い原因を探ろう

無線での高速通信が可能なWi-Fiは、環境次第で通信速度が大きく変化します。

遅いと感じる場合は、回線と親機、子機の三つをチェックし、原因を探ることが大切です。原因が分かると解決もしやすいため、まずの問題を把握し、適切に対処してWi-Fiを快適に利用しましょう。

出典:ソフトバンク取扱店DRM

当SIMチェンジでは光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

今すぐ電話無料相談をする!

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

TEL:0120-937-536
受付時間10:00-20:00 (年末年始除く)

今ならGoogle Home Mini(先着25名様)をご契約の方にプレゼント!
スマホから通話料無料でご利用いただけます。

\工事不要でかんたん接続のホームルーター型Wi-Fi/
ソフトバンクエアーの相談はこちら

SHARE!!