1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. MVNOには、低速モードがある!

MVNOには、低速モードがある!

MVNO比較

MVNOには、低速モードがあるものがあります。 低速モードとは、通信速度が遅くなる代わりにパケットを消費しない非常に便利なモードです。 全ての格安SIMに搭載されているわけではない低速モード。 この記事では、低速モードについて詳しく解説します。

MVNOには、低速モードがあるものがあります。


低速モードとは、通信速度が遅くなる代わりにパケットを消費しない非常に便利なモードです。

全ての格安SIMに搭載されているわけではない低速モード。


この記事では、低速モードについて詳しく解説します。

pixta_9038869_M

MVNOには、低速モードがある場合がある!

pixta_1

MVNOには、低速モードがあることがあります。


ないものもあります。

低速モードがある格安SIMは、うまく低速モードを活用していくことによって便利に通信することができますね。


低速モードを活用することであえて容量の少ないプランを利用し、通信量を削減できますよ。

まずは低速モードそのものについて、解説していきましょう。

低速モードは、主に最高200kbpsで通信できる

低速モードは、主に最高200kbpsで通信できるシステムです。会社によっては、もっと速いものもあります。

また注意したいのは、あくまで最高200kbpsなことですね。実際はもう少し遅い速度が出ることもあります。

200kbps程度に速度が落とされる代わりに、高速通信のパケットを消費しなくなるのがMVNOの低速モードです。


MVNOを契約する際は、低速モードがあるかどうか確認しておきましょう。

低速モードでできることは限られる

最高200kbpsで通信できる低速モード。低速モードでできることは、限られます。

動画を視聴したい場合は、非常に低画質な動画でなければ読み込みが再生に追いついてしまうため使い物になりません。

音楽再生も、ストリーミングの品質を下げなければしっかりと読み込むのは難しいでしょう。

ネットサーフィンも、画像の多いサイトだとなかなか最後まで読み込まれません。イライラしてしまうかもしれませんね。

SNSなど文字主体のサービスなら、低速モードでもそれほど普段と変わらない体感速度で読み込むことができる場合があります。

低速モードが使える格安SIMを契約したら、色々なサービスで試してみて、低速モードが活かせるアプリやサービスは低速モードで行うようにすると良いでしょう。

使わないのに無理に低速モード付きの格安SIMを契約する必要はない

低速モードは、けっこう人を選ぶサービスです。


スマホの用途によっては、あまりにも遅くて全く使えないのが低速モードです。人によっては全く不要だと感じる場合もあるでしょう。

低速モードを契約する場合は、低速モード付きのものを無理に選ぶ必要は全くありません。


自由に、より自分に合ったものを選ぶことが大事ですね。

低速モードを無理に活用して時間を無駄にするより、お金を払ってもっと容量が多いプランを選んだ方が良いこともあるでしょう。

ただし低速モードがない格安SIMを選ぶ場合は、他に何かメリットがなければちょっと物足りないですね。

例えばLINEモバイルは、低速モードがない代わりにカウントフリーという機能を持っています。これはSNSの対応アプリやLINEの通信量がカウントされないというもので、低速モードがない欠点を見事に補えています。

LINEモバイルのように、何かメリットがあるなら低速モードなしの格安SIMを選んでもOKです。

MVNOで低速モードを活用したいなら、どこで契約するべき?

pixta_6

ここからは、MVNOで低速モードを活用するにあたってオススメの選択肢を紹介します。

低速モードをうまく使って、通信量を節約しましょう。

IIJmio(みおふぉん)は、バースト機能搭載の低速モードが使える

格安SIMの低速モードといえば、まず挙げられるのはIIJmio(みおふぉん)でしょう。


直近3日間で366MBまでしか低速モードを使えないというデメリットは抱えていますが、アプリから簡単に速度を切り替えられます。

IIJmio(みおふぉん)は、バースト機能を持っています。これは低速モードで通信を始めるときに、始めの一定量だけ高速で読み込める機能です。

つまりもしもバースト機能で読み込める範囲内に通信量が収まるなら、高速通信と変わらないわけです。


IIJmio(みおふぉん)で、バースト機能を活用していきましょう。

公式サイト:IIJmio(みおふぉん)

OCNモバイルONEやmineo(マイネオ)は、無制限の低速モードが使える!

OCN モバイル ONEmineo(マイネオ)は、低速モードの通信量が無制限です。


つまり自由に通信できるわけですね。

低速モードしか使わないことにして、一番安いプランで契約するのもアリです。


低速モードを便利に使うなら、これらの格安SIMがオススメですよ。

公式サイト:OCN モバイル ONE

公式サイト:mineo(マイネオ)

UQ mobile(UQモバイル)は、300kbpsの速い低速モードが使える

UQ mobile(UQモバイル)は、低速モードでの通信速度が最大300kbpsです。


できるだけ速く低速モードでの通信をしたい場合は、オススメですね。

公式サイト:UQ mobile(UQモバイル)

MVNOには、低速モードがある!のまとめ

MVNOには、低速モードがあります。低速モードを便利に活用していくことで通信量の節約ができますよ。

昼など通信回線が混雑しているときはどのみち速度が出ないので、あえて低速モードに落とすことで高速通信のパケット消費を抑えるという使い方もできます。

低速モードは、もしものためにあると便利です。無理に低速モード付きの中から格安SIMを選ぶ必要はありませんが、とくにサービス面で不満がないなら低速モード付きのものを選んでみてはどうでしょうか。