1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホに乗り換えた場合の料金プランはどうなっている?

格安スマホに乗り換えた場合の料金プランはどうなっている?

格安スマホ

格安スマホは、月額料金を抑えて毎月お得に利用できるのが魅力です。現在docomoやauと契約していて、端末を持っているということであれば、すぐに乗り換えて利用を始めることができます。 この記事では、格安スマホに乗り換えた場合、料金プランはどうなるのかということについて解説していきたいと思います。

格安スマホは、月額料金を抑えて毎月お得に利用できるのが魅力です。

現在docomoやauと契約していて、端末を持っているということであれば、すぐに乗り換えて利用を始めることができます。

この記事では、格安スマホに乗り換えた場合の料金プランはどうなるのかということについて解説していきたいと思います。

格安スマホの料金プランは?

格安スマホの料金プランはキャリアと同じように、容量で分けられている場合がほとんどです。チェックしていきましょう。

まずは、格安スマホの料金プランがどういった形態になっているのかを解説していきたいと思います。

大きく分けて3種類、その中に、格安SIMごとの設定されたプランが複数存在しているという形態となっています。

まだ格安SIMを契約したことがないという方は、こちらをチェックし、どういったものがあるか確認してみてくださいね。

データSIM、SMSSIM、音声通話SIMがある

pixta_23619570_M
格安スマホに乗り換えるにあたって格安SIMの公式サイトを見ると、どこでも2~3種類料金プランが記載されているということに気づくのではないでしょうか。

格安SIMには、データSIM、SMSSIM、音声通話SIMの3種類があります。


音声通話SIMは、キャリアで配られている格安SIMと同一の存在です。電話番号があるため、誰かがその番号に発信すれば、通話を行うことができます。

SMSSIMは、音声通話を行うことができません。しかし、代わりにSMSメッセージの送受信はすることができます。


ネットでは、SMSで認証を行うサイトがいくつかありますよね。そのため、そういったサイトを利用する方にはSMSSIMがおすすめです。


LINEも登録時にSMS認証が行われますので、LINEユーザーはSMSSIMを契約しましょう。

データSIMは、SMSも音声通話も行うことができず、ただデータ通信のみが行えるという格安SIMです。

できることがデータ通信に限られる関係で、月額料金は音声通話SIMと700円程度の開きがあります。とにかく月額料金を抑えたい人や、ガラケーとの2台持ちを行いたいという人にはデータSIMがおすすめです。

MVNOごとに、料金プランの数は違う

データ、SMS、音声通話の3種類以外にも、格安SIMでは通信量ごとに料金が異なってきます。


キャリアでも、パケットパックごとに通信量は異なりますよね。しかし、MVNOの格安SIMの場合はキャリアに比べて容量ごとの価格差がそれほどありません。

docomoを例に挙げると、2GBのデータSパックは3500円、5GBのデータMパックは5000円、8GBのデータLパックは6700円。それぞれ1500円以上の開きがあります。


しかし、DMM mobileの音声通話プランならば2GBで1380円、5GBで1910円、8GBで2680円。それぞれ数百円しか違いがありませんよね。

そして格安スマホ独自の制度としては、料金プランの数がMVNOごとにまったく違うことが挙げられます。

IIJmio(みおふぉん)の場合は、3GB、6GB、10GBの3種類が展開されています。


一方DMM mobileの場合は、低速回線のみ、1、2、3、5、7、8、10、15、20という10種類もの容量の中から選ぶことができるのです。

公式サイト:IIJmio

月額料金も、MVNOごとに全く違う

月額料金の設定も、MVNOごとに異なります。同じ容量であっても、会社ごとに金額が違います。さらにはある1つの会社が全てにおいて月額料金が最安値であるということはなく、容量ごとに最安値のMVNOが違っていますので、調べてしっかりチェックすることをおすすめします。

例えば3GBプランの音声通話SIMの場合、IIJmioやmineoの場合は1600円で利用できますがDMM mobileを選ぶと100円安い1500円で毎月利用することができます。

格安スマホは、どこがおすすめ?

続いて、現在おすすめの格安スマホはどれか、チェックしていきましょう。


ここではmineo、DMM mobile、Y!mobileを紹介していきたいと思います。ぜひご覧ください。

mineoならば、au回線がお得

pixta_20516079_M
格安SIMの中でも月額料金はとくに安いということも高いということもないmineo。その特徴は、docomo回線が利用できるDプランと、au回線が利用できるAプランが存在するということです。


そして、音声通話SIMにおいてAプランを選んだ場合は月額料金が90円安いという特徴がありますので、au回線が使える端末を持っているという方は、mineo(マイネオ)のAプランを契約することをおすすめします。

公式サイト:mineo

DMM mobileは、全体的に月額料金が安い

月額料金が安い格安SIMを利用したいという場合は、DMM mobileの契約がおすすめです。


DMM mobileの特徴は、月額料金がとにかく安いということです。全てのプランにおいて最安値というわけではありませんが、豊富なプランが存在し、なおかつ同じ容量の中では3本指に入る月額料金の安さですので、いちいち安いMVNOを探すのが面倒であるという方は、とりあえずDMM mobileを選択しておくと良いのではないでしょうか。

docomo回線ですので、格安スマホとしても導入ハードルが低いDMM mobile。SIMフリースマホをセットで購入することができますので、ソフトバンクなどからの乗り換えの際にも安心ですね。

公式サイト:DMM mobile

Y!mobileならキャリアメールやかけ放題が利用可能

格安スマホの弱点は、かけ放題やキャリアメールが利用できないことです。しかし、Y!mobile(ワイモバイル)
であればこれらの機能が利用できます。

料金プランは1GB、3GB、7GBの3種類ですし、月額料金も1GBで2980円とそこそこ高めです。キャリアメールが利用したいという方、10分以内の通話のかけ放題が利用したいという方は、Y!mobileを選びましょう。

なお、1000円ほど追加料金を支払えばスーパーだれとでも定額が適用されますので、全ての通話がかけ放題になります。

1GBプランでも4000円ほどになってしまいますので、あまりお得度は高くありませんが、一つの選択肢としては重要ですね。

なお、スマホをセット購入することもできますし、SIMカードのみで契約することもできますが、いずれにせよ2年契約となっています。

公式サイト:Y!mobile

格安スマホに乗り換えた場合の料金プランはどうなっている?のまとめ

格安スマホに乗り換えると、料金プランはより選択肢が広くなります。

月額料金を抑えたいという方も、自分にぴったりな容量を契約したいという方も、格安スマホへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

浮いたお金を貯金したり、豪華な食事に使ったりと、楽しい生活もできますね。