1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. mineo(マイネオ)は複数回線を契約できる?家族割引とどっちが安い?

mineo(マイネオ)は複数回線を契約できる?家族割引とどっちが安い?

更新日:2018.04.19

mineo(マイネオ)は複数の回線を一名義で契約できる格安SIMです。複数の回線を契約した場合、複数回線割引が適用されます。また、mineo(マイネオ)には複数回線割引の他に家族割引も用意されています。今回はmineo(マイネオ)を複数の回線で使う場合複数回線割引と家族割引どちらが良いのかなどをご紹介します。

mineoはdocomo回線とau回線の両方が用意されている格安SIMで利用者もとても増えてきています。そんなmineo(マイネオ)は複数の回線を契約することが可能です。複数の回線を契約した場合は、複数回線割引という割引が適用されます。またmineoには家族割引も用意されており、どちらが安くなるのか気になる人も多いのではないでしょうか。今回はmineoの複数回線割引と家族割引のどちらが安いのかなどをまとめていきます。


mineo(マイネオ)は複数回線の契約は可能?

mineoは一名義で最大で5回線までの契約が可能となっています。手続き方法も1台目の場合と変わりません。

またmineoでは一度に1回線しか申し込みができないので、一気に2回線以上申し込むということは不可能です。

mineo(マイネオ)の複数回線割引について

まずはmineo(マイネオ)の複数回線割引についてまとめていきます。

  • 申し込み:不要
  • 基本料:無料
  • 割引額:54円

mineoの複数回線割引は申し込みが不要となっており、自動で適用されます。複数回線割引は利用開始月の翌月からの適用となっているので注意しましょう。

mineo(マイネオ)の複数回線割引が適用される条件

mineoの複数回線割引は申し込みは不要ですが、適用されるには条件を満たしている必要があります。適用されるための条件は以下になります。

  • 同一eoID回線が適用対象
  • 割引回線は最大5回線まで
  • 利用開始月の翌月から適用
  • 同一回線での家族割引との併用は不可能

これらの条件を満たしている場合、複数回線割引が自動で適用され、利用開始月の翌月から54円割引され始めます。

mineo(マイネオ)の複数回線割引を利用する際の注意点

  • 解約月まで割引されますが割引額が月額基本料を上回った場合は実施されない
  • 複数の回線を解約し単独回線に戻った場合は割引は自動で適用外になる

mineoの複数回線割引は自動で適用されるものの、単独回線に戻った場合は自動で適用外になります。またmineoを解約した場合や他社に乗り換えた場合、割引額が月額基本料を上回った場合も適用外となるので気をつけましょう。

mineo(マイネオ)の家族割引について

次はmineoの家族割引についてまとめていきます。

  • 申し込み:必要
  • 基本料:無料
  • 割引額:54円

mineoの家族割引は申し込みが必要です。複数回線割引と違い、自動で適用されることはないので、自分で申し込みを行わないといけません。

mineo(マイネオ)の家族割引が適用される条件

  • 割引回線は主回線を含め5回線まで
  • 主回線者から3親等が家族割引適用範囲
  • 住所や姓が異なる場合は家族であることを証明する書類のアップロードが必要
  • 利用開始月の翌月から適用
  • 同一回線での複数回線割引と併用は不可能

これらの条件を満たしている場合、mineoのマイページから申し込みを行うことで、利用開始月の翌月から54円割引され始めます。

mineo(マイネオ)の家族割引を利用する際の注意点

  • 解約月まで割引されますが割引額が月額基本料を上回った場合は実施されない
  • 主回線を解約すると家族割引も解約となるので残りの回線で家族割引を利用するには再度申し込みが必要

家族割引でも複数回線割引と同じように月額基本料を上回った場合は適用外となります。主回線を解約した場合、家族割引も解約されてしまうので、残った回線で利用する際はまた申し込みが必要となります。申し込みを忘れていると割引が適用されないので注意しましょう。

mineo(マイネオ)の3親等はどこまでが範囲?


出典:mineo(マイネオ)

mineoの家族割引はこの表で記載されている中であれば適用されます。

mineo(マイネオ)の家族割引の申し込み方法

mineoの家族割引は申し込みが必要なので手続き方法を知っておきましょう。

  1. mineoのマイページにログイン
  2. 「ご契約サービスの変更」から「家族割引変更」を選択
  3. 「グループを追加する」を選択
  4. 家族回線の「ご利用番号」「ご契約者様との続柄」を入力
  5. 住所や姓が異なる場合は家族であることを証明する書類をアップロード
  6. 内容を確認し「申し込む」を選択

mineoの家族割引の申し込み方法はこのようになっています。この時に住所や性が異なる場合は家族であることを証明する書類(運転免許証など)をアップロードする必要があります。

家族であることを証明する書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)
  • パスポート
  • 顔写真付き住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 特別永住者証明書
  • 身体障害者手帳
  • 外交官等住居証明書
  • 個人番号カード(表面のみ)
  • 保険者証(健康保険証、国家公務員・地方公務員共済組合員証、私立学校教職員共済加入者証)+補助書類(現住所の記載がある発行から3カ月以内の公共料金領収書または住民票)

家族であることを証明する書類はこれらになります。健康保険証などで記載されている住所が異なる場合は、発行から3カ月以内の公共料金領収書が必要になります。

mineo(マイネオ)の複数回線間でパケットの共有は可能?

割引とは少し違いますが、mineoにはパケットギフトというサービスも用意されています。パケットギフトとは自分の余ったデータ容量を誰とでも分け合えるサービスです。パケットシェアとは家族間で前月の余ったデータ容量をシェアできるサービスになります。

mineo(マイネオ)のパケットギフトとは

パケットギフトは同一eoIDで契約している回線同士ではパケットギフトを贈りあえません。つまり複数回線割引が適用されている状態だとパケットギフトは使えません。

mineo(マイネオ)のパケットシェアとは

パケットシェアは月額基本料無料で、申し込みを行っておくだけで、家族間で前月の余ったデータ容量をシェアできるサービスです。

パケットシェアの繰り越しには翌月までという期限があるので、翌月中に前月のデータ容量を使い切らないと、使い切らなかった分は消えてしまいます。

mineo(マイネオ)の複数回線割引と家族割引はどちらがおすすめ?

mineoの複数回線割引と家族割引は割引される金額はどちらも54円と違いがありません。ですが細かい部分が違っています。

 家族割引複数回線割引
申し込み必要不要
パケットシェア同一住所に住んでいる場合は可能同一住所に住んでいる場合は可能
パケットギフト家族間で贈りあえる家族間では贈りあえない

複数回線割引は申し込みが不要なものの同一住所に住んでいる場合は可能で、パケットギフトは家族間で不可能になります。反対に家族割引は申し込みが必要なものの、同一住所に住んでいる場合は可能で、パケットギフトは家族間でも可能になります。

申し込みが面倒だという場合は複数回線割引の方が良いでしょうが、私は家族割引をおすすめします。どちらも適用される条件の場合、家族割引に申し込みを行うだけでパケットギフトが可能となります。家族内でデータ容量を贈りあえるだけでもかなりお得になります。

mineo(マイネオ)は複数回線の運用が可能で割引も受けられる!

mineo(マイネオ)は複数回線の運用が可能な格安SIMです。また複数回線割引や家族割引が用意されているので、複数運用するとお得になります。複数回線割引も家族割引も基本料が無料となっています。

2台持ちをするのであれば複数回線割引となるでしょうし、家族でmineoを運用するという場合であれば家族割引を受けられるようにすると良いでしょう。

複数回線割引や家族割引だけでなくパケットギフトやパケットシェアを使うことでmineoはとてもお得に運用できます。お得に複数の回線を持ちたい、お得に家族で格安SIMを使いたいという人はmineoを検討してはいかがでしょうか。

期間:2018年7月31日まで
mineo紹介キャンペーン
紹介元・先どちらもAmazonギフト券1,000円分プレゼントキャンペーン実施中!詳細を確認
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)

SHARE!!

あわせて読みたい