1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. mineo(マイネオ)は法人でも契約が可能でおすすめ!

mineo(マイネオ)は法人でも契約が可能でおすすめ!

更新日:2018.09.12

mineo(マイネオ)はauの回線も利用できることが特徴となっている格安SIMになります。そんなmineo(マイネオ)は法人でも契約が可能となっていることをご存知でしょうか。今回はmineo(マイネオ)を法人で契約するときのプランなどをご紹介していくので、検討している方はぜひご覧ください。

mineo(マイネオ)はdocomoだけでなくauの回線も利用が可能な格安SIM会社となります。それだけでなくmineo(マイネオ)は法人でも契約が出来るという特徴も持っています。ここではmineo(マイネオ)を法人で契約するときのプランやオプションなどをご紹介していこうと思うので、mineo(マイネオ)との契約を考えている方は参考にしてください。

mineo(マイネオ)の法人向けプラン


出典:mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)の法人向けプランは個人向けプランと同じようにdocomo回線とau回線を選べます。docomoプランでもauプランでも社内のパケットをシェア出来るというのもmineo(マイネオ)の法人プランの特徴です。

mineo(マイネオ)の法人向けプラン:データ通信プラン

docomoプランの場合
  • 500MB700円
  • 1GB800円
  • 3GB900円
  • 5GB1,580円
  • 10GB2,520円
auプランの場合
  • 500MB700円
  • 1GB800円
  • 3GB900円
  • 5GB1,580円
  • 10GB2,520円

mineo(マイネオ)の法人向けプラン:通話可能プラン

docomoプランの場合
  • 500MB1,400円
  • 1GB1,500円
  • 3GB1,600円
  • 5GB2,280円
  • 10GB3,220円
auプランの場合
  • 500MB1,310円
  • 1GB1,410円
  • 3GB1,510円
  • 5GB2,190円
  • 10GB3,130円

mineo(マイネオ)の法人向けプランはこのようになっています。データ通信プランでも通話可能プランでも100MBを150円で追加が可能となっています。

mineo(マイネオ)の法人向けプランの特徴

ここからはmineo(マイネオ)の法人向けプランの特徴をご紹介していきます。

2回線以上を契約した場合割引される

mineo(マイネオ)の法人向けプランは先程紹介したプランの料金から50円割引されます。これは回線数に応じた割引となります。

余ったデータ量を翌月繰り越せる

有効期限は翌月までとなりますが、翌月まではデータ量を繰り越せるので、少ないデータ量のプランを利用していても使いやすくなっています。

管理ページで一元管理

mineo(マイネオ)の法人向けプランはWeb上の企業管理ページで社員の利用状況を確認したり、容量の変更をしたり、パケットチャージしたり、通信速度を制限してデータ量を節約できます。管理ページで一元管理が可能なので、手間に思うこともなく出来ます。

ビジネスLaLaCallを利用することで通話料が安くなる

通話可能プランを選ぶ場合、ビジネスLaLaCallを利用することで更に通話料が安くなります。090音声通話よりも通話料が安くなっており、一般電話への通話料が20円/30秒が8円/3分に、携帯電話やスマートフォンへの通話料が20円/30秒が18円/1分になります。またアプリ間通話が無料となっているため、内線にすることも可能です。

mineo(マイネオ)の法人向けプランのおすすめのポイント

ここからはmineo(マイネオ)の法人向けプランのおすすめのポイントをご紹介していきます。

端末のコストも下げられる

端末を中古で購入することで、端末のコストをぐっと抑えることが可能となります。出来るだけコストは抑えたいと思うので、抑えやすい部分が明確になっているというのは良いでしょう。

セキュリティサービスがしっかりとしている

mineo(マイネオ)の法人向けプランにはマルチデバイスセキュリティサービスというものが用意されています。料金は5台分で1,400円/月となっているので、1台辺り280円でセキュリティを強化できます。情報漏洩などの対策を安価で出来るというのは非常に良い部分です。

海外出張でも使える

mineo(マイネオ)の法人向けプランは海外用プリペイドSIMが用意されています。先払いとなっているため、料金に怯えることもありません。また対応している端末であれば、国際ローミングが可能となります。国際SMSは送る時に100円かかることは覚えておきましょう。

データ通信プランを使えばコストを抑えられる

データ通信プランは090の番号がありませんが、月に700円から端末を運用が可能になります。その際にビジネスLaLaCallで運用していけばコストを抑えることが可能になります。もちろん090番号が欲しくなったというときにはデータ通信プランから通話可能プランに変更することも可能です。ただし変更する場合は事務手数料として2,000円かかるため注意してください。

mineo(マイネオ)の法人向けプランの気を付けるところ

ここからはmineo(マイネオ)の法人向けプランを契約する時に注意してほしいことをご紹介していきます。

個人契約から法人契約への変更は不可能

mineo(マイネオ)の法人向けプランは個人契約からの変更はできません。そのため個人契約のものを解約し、新しく法人契約をしなければいけません。変更が出来ないというだけで個人契約をしたら法人契約出来ないというわけではありません。

契約事務手数料は回線ごとにかかる

mineo(マイネオ)の法人向けプランを契約する時に必要な契約事務手数料は、法人契約1件に1回必要なのではなく、回線ごとに必要になります。10人使う場合に必要な契約事務手数料は30,000円となります。

mineo(マイネオ)の法人向けプランについてまとめ

mineo(マイネオ)の法人向けプランについてのまとめは以上になります。料金プランも安くなっていますし、端末を中古で用意するようにするとさらにコストは抑えられます。海外で仕事をする機会が多いという場合にもmineo(マイネオ)はプリペイドSIMが用意されているためおすすめです。

出来るだけコストを抑えつつも、セキュリティサービスも充実させたいと考えている方はmineo(マイネオ)の法人向けプランを検討してみてはいかがでしょうか。

2019.8.30まで
合計3GBのパケットがもらえる!
2つのキャンペーンを組み合わせることで合計3GBのパケットがもらえます。
①mineoアプリをダウンロードして応募で2GB(8/30まで)&②「マイネ王」にメンバー登録後、mineoのeoID連携で1GB
詳細をチェック
公式サイトへ
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい