1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. mineo(マイネオ)の解約金について調べてみました

mineo(マイネオ)の解約金について調べてみました

SIMフリー

mineo(マイネオ)はdocomoの回線以外にもauの回線も用意されていることが特徴の格安SIMになります。ここではmineo(マイネオ)の解約金についてまとめていくので、mineo(マイネオ)の解約金について気になっているという方はぜひご覧ください。

mineo(マイネオ)はdocomoの回線が使えるだけでなくauの回線も使えることで人気になっている格安SIMです。auの回線が使える格安SIMはあまりないためauの端末を持っていて格安SIMを利用したいという方が選ぶことも多くなっています。
ここではmineo(マイネオ)の解約金についてまとめていくので、これからmineo(マイネオ)を利用したいと考えている方は解約金のことについても知っておきましょう。


mineo(マイネオ)を解約するために

mineo(マイネオ)を解約する際はmineo(マイネオ)の解約ページにアクセスする必要があります。mineo(マイネオ)の解約ページはhttp://support.mineo.jp/mnp_cancel.html になっているので、こちらにアクセスしてください。

このページにアクセスした後はページに沿って進んでいきIDとパスワードを入力してさらに進んでいきましょう。

電話でmineo(マイネオ)を解約する場合はmineo(マイネオ)のサポートダイヤルに電話しましょう。

  • 固定電話/携帯電話/PHS 0120-977-384
  • LaLaCall、他社IP電話 050-7102-8890

これらの番号に発信をした後は音声ガイダンスに従って操作していきましょう。解約の場合は5をタップした後に1をタップしましょう。MNPの場合は5をタップした後に2をタップしましょう。

mineo(マイネオ)でSIMカードを返却しなければいけないのはdocomoプランの場合のみとなります。auプランの場合はSIMカードを返却する必要はないので間違えないようにしましょう。docomoプランの場合は解約をした時に送られてくるメールに載っている住所へ郵送しましょう。

公式サイト:mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)の解約金について

mineo(マイネオ)のデータSIMは、最低利用期間と解約金のどちらもありません。そのためmineo(マイネオ)を契約していつ解約をしてもデータSIMであれば解約金はかかりません。

通話SIMの場合も最低利用期間と解約金のどちらもありませんが、通話SIMでMNPをする場合は少し異なります。MNP転出をする期間が、利用開始月の翌月から12ヶ月以内の場合、MNP転出手数料として11,500円が必要になります。これらはauプランの場合でもdocomoプランの場合でも同じとなります。

以前はmineo(マイネオ)は解約金が必要だった

実はmineo(マイネオ)は2015年7月までは解約金が必要でした。最低利用期間が12ヶ月となっていて、12ヶ月を経過していない段階で解約をすると9,500円の解約金が必要となっていました。解約金がかからなくなったものの、MNP転出手数料がその分高くなったのです。

mineo(マイネオ)以外の格安SIMの解約金について

mineo(マイネオ)では解約金がかからないことは分かって頂けたかと思いますが、ここからは他の格安SIMの解約金について少しまとめていきたいと思います。

基本的にデータSIMの場合は解約金がかからないことがほとんどです。楽天モバイルやIIJmio(みおふぉん)などの格安SIM会社もデータSIMであれば解約金はかかりません。

反対に通話SIMの場合は解約金がかからない格安SIMはありません。IIJmio(みおふぉん)の場合は利用期間により解約金は変わってきますし、楽天モバイルの場合は9,800円の解約金が必要になります。

ただしIIJmio(みおふぉん)の場合はMNP転出手数料は3,000円となっていますし、楽天モバイルのMNP転出手数料も3,000円となっています。そのためMNP転出手数料も含めると解約時に支払う金額はあまり変わらなくなってきます。

mineo(マイネオ)を解約するときに支払う金額を抑えるために

mineo(マイネオ)を解約するときに解約金はかかりませんが、MNP転出手数料がかかることは先程も述べました。利用開始の翌月から12ヶ月以内にMNP転出する場合のMNP転出手数料は11,500円ですが、13ヶ月目移行にMNP転出する場合のMNP転出手数料は2,000円となります。

そのためmineo(マイネオ)の音声SIMを契約している場合は契約した翌月から13ヶ月目移行にMNP転出すると、解約時に必要な金額は抑えられます。

このときに今何ヶ月目なのか分からないという場合はmineo(マイネオ)のマイページから確認すると分かりやすいでしょう。
https://my.mineo.jp/ このURLからmineo(マイネオ)のマイページにアクセスして、ご利用状況確認に行き、ご契約内容照会に行くことで、契約期間と利用期間が確認できます。この利用期間が12ヶ月目の末日までは11,500円のMNP転出手数料がかかるため気を付けましょう。

mineo(マイネオ)の解約金についてまとめ

mineo(マイネオ)の解約金についてのまとめは以上になります。mineo(マイネオ)ではデータSIMでも音声SIMでも解約金はかかりません。ただし音声SIMの場合は利用開始の翌月から12ヶ月以内にMNP転出する場合はMNP転出手数料が11,500円かかってしまいます。少しでも安くMNP転出をする場合は利用開始の翌月から13ヶ月目以降に解約をするようにしましょう。

mineo(マイネオ)の解約は公式サイトからでも行なえますし電話でも行えます。自分が簡単だと思う方で解約の手続きを行っていきましょう。MNPをする場合はmineo(マイネオ)のマイページにログインしMNP予約番号を発行しましょう。

mineo(マイネオ)の違約金を予め知っておいて、解約をする場合も少しでもオトクに解約をするように心掛けるとオトクにスマートフォンを運用できます。音声SIMを利用する場合は番号を変えたくない人は13ヶ月は使い続けるようにして、番号を変えても良いという方は気にしなくても良いでしょう。

公式サイト:mineo(マイネオ)