1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. LINEモバイルの料金プランはどうなっている?

LINEモバイルの料金プランはどうなっている?

更新日:2018.09.20

LINEモバイルの料金プランは、他の格安SIMとちょっと内容が異なっています。 その理由は、LINEモバイルがLINEユーザー向けの格安SIMであることです。 この記事では、LINEモバイルの料金プランについて詳しく解説します。契約を検討している方は、ご覧ください。

LINEモバイルの料金プランは、他の格安SIMとちょっと内容が異なっています。その理由は、LINEモバイルがLINEユーザー向けの格安SIMであることです。

この記事では、LINEモバイルの料金プランについて詳しく解説します。契約を検討している方は、ご覧ください。

LINEモバイルの料金プラン:LINEフリープラン

pixta_20470868_M

LINEモバイルの料金プランの中でも人気が高く、魅力も大きいのはLINEフリープランです。

LINEフリープランはデータSIMなら月額500円、音声SIMだと1200円で使用できます。

月額料金が安いため、キャリアから乗り換えた際は一気にスマホ代が少なくなるのがLINEフリープランのメリットですね。

LINEフリープランは、LINEの通信量がカウントされません。さらにもし通信量を使い切ってしまっても、LINEについては高速通信が可能です。

つまりLINE以外のアプリをあまり使わない人は、LINEフリープランを選ぶのが最適ですね。

LINEフリープランは1GBのみ

500
出典:LINEモバイル

LINEフリープランは月額料金が安い代わりに、1GBプランしか用意されていません。

1GBより多い通信量のプランを契約したいなら、コミュニケーションフリープランを選ぶ必要があります。

1ヶ月を1GBで持たせるのは、LINEの通信量がカウントされず無料であることを考慮してもけっこう大変です。

LINEフリープランを契約するなら、まず現在の自分のスマホの通信量がどれくらいかを確認しておいた方が良いでしょう。

スマホで動画を見たり音楽を聴いたりする場合は、LINEフリープランだとおそらく通信量が足りなくなります。

自宅に固定回線とWi-Fiがないなら、LINEフリープランは選ばない方が良いでしょう。

LINEフリープランはデータSIMでもLINEの登録・年齢認証が可能

LINEフリープランの最大の特徴は、データSIMでもLINEの登録や年齢認証ができることです。

LINEは本来、SMS認証をしなければ登録できませんし、ID検索をするには年齢認証が必須です。

しかしLINEモバイルのSIMなら、SMS認証をしなくてもLINEを登録可能です。さらに年齢認証も行えます。

他の格安SIMだと、LINEの登録にはSMS対応SIMである必要があり、年齢認証は不可能です。

LINEモバイルならデータSIMでも登録できるということで、データSIMを契約すればそれだけでLINEが使えます。これは便利ですよね。

LINEフリープランにはSMS対応SIMも用意されていますが、LINE以外使わないならデータSIMを選べばOKです。

LINEモバイルの料金プラン:コミュニケーションフリープラン

pixta_24031079_M

LINEフリープラン以外に展開されているのは、コミュニケーションフリープランです。

コミュニケーションフリープランは、SNSを多く使う人におすすめのプランです。

LINEモバイルには低速通信の機能がありませんが、代わりにカウントフリー機能があるため、通信量を節約できます。

コミュニケーションフリープランの月額料金はやや高め

linemobile1
出典:LINEモバイル

コミュニケーションフリープランの月額料金は、正直なところあまり安いとは言えませんね。

SMS対応SIMと音声SIMが選べますが、いずれも若干料金設定が高いです。

カウントフリーの機能が必要ない人にとっては無駄に月額料金が高くなってしまうわけで、年齢認証が必要な人以外にはあまりおすすめできないプランです。

コミュニケーションフリープランでは、様々なSNSが通信料無料

さて、コミュニケーションフリープランでは、Twitter、LINE、Facebook、Instagramの通信料がかかりません。

ただしカウントフリーになる機能には制限があります。

linemobile3
出典:LINEモバイル

以上の項目以外の機能についてはいずれも通信量が消費されますので、注意しましょう。

大半の作業は問題なく行えることが考えられますが、どこかで通信量が発生する恐れがあります。

とくにLINEについては、LINEと名のつくアプリがたくさんありますよね。それらが全て通信料無料になるわけではないので注意しましょう。

LINEモバイルの弱点は低速通信ができないこと

LINEモバイル全体的に言えることは、カウントフリーの機能の代わりに低速通信がないのは弱点ですね。

Instagramのような画像中心のサービスは低速通信に向いていませんが、LINEやTwitter、Facebookといった文字中心のサービスは低速通信があればそれで無料通信ができてしまいます。

月額料金そのものが安いLINEフリープランは良いとしても、コミュニケーションフリープランについてはInstagramをよほど使う、あるいは年齢認証が必要ということでなければ、他の低速通信が使えて月額料金も安い格安SIMの方が良い場合がありますね。

LINEモバイルの料金プランはどうなっている?のまとめ

LINEモバイルの料金プランは、大きく分けて二つあります。

LINEフリープランは1GBのみでLINEの通信量が無料、コミュニケーションフリープランは3GB~10GBでLINEやTwitter、Facebook、Instagramの通信量がかかりません。

LINEモバイルを検討している方は、LINEをどのくらい使うかが契約を決めるにあたってのポイントとなるでしょう。

終了日未定
新・月300円キャンペーン!&
キャンペーンコード入力でさらに合計5,400円割引

キャンペーン期間中に音声通話SIMの契約・利用開始で
月額基本利用料3カ月間最大1,502円割引!
月額324円でSNS使い放題!
さらに申し込み時に「1906WA05」入力で
最大5カ月間 月額基本利用料から1,080円割引に! 詳細をチェック
公式サイトへ
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい