1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. LINEモバイルから「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro」が販売中!

LINEモバイルから「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro」が販売中!

スマホ

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Proが2月22日にLINEモバイルから発売されました。どんなスペックなのか気になりますよね?月々の支払い料金とともに見ていきましょう。

LINEモバイルから「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro」が販売されています。どんなスペックなのか?月々の料金はどうなるのか?気になる方も多いと思います。


出典:LINEモバイル

今回はLINEモバイルのHUAWEI MediaPad T2 7.0 Proをご紹介します。

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Proってどんなタブレットなの?


出典:LINEモバイル

HUAWEI MediaPad T2 7.0 のスペックについて詳しく見ていきましょう。

価格が24,800円とお求め安いにもかかわらず、オクタコアを搭載しており、処理能力は十分にあります。また、指紋認証を搭載しているため、スムーズにロックを解除することができます。LINEモバイルで購入する際に注意することは端末のカラーです。HUAWEIの公式ホームページを見ると、カラーバリエーションにブルーがありますが、LINEモバイルではブルーの取り扱いはありません。

HUAWEI MediaPad T2 7.0 のスペック

端末名MediaPad T2 7.0 Pro
メーカー名HUAWEI Technologies Co., Ltd.
販売価格24,800円
OSAndroid 5.1 / Emotion UI 3.1
ディスプレイ約 7inch( 1920 x 1200ドット) LTPS screen
CPUMSM8939 Octa-core 64-bit
RAM / ROM2GB / 16GB
カメラメインカメラ:1300万画素/インカメラ:500万画素
SIMカードスロットナノ SIM対応
BluetoothV4.0
付加機能GPS、加速度センサー、電子コンパス、指紋センサー、ホールセンサー
本体サイズ幅105.8mm×奥行き187.4mm×厚み8.2mm
質量約250g
カラーホワイト/ゴールド
通信速度下り(受信時) 最大150Mbps(LTE) / 上り(送信時) 最大50Mbps(LTE)

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro には色味や明るさを自動で最適化してくれる機能があります。この機能により、写真や動画を鮮やかに映し出すことが可能になっています。太陽の下でも画面が見やすいように自動で調節されます。外出先でもストレスなく画面を見ることができるでしょう。

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Proのおすすめポイント

太陽の下でもストレスフリーで使用することのできるHUAWEI MediaPad T2 7.0 Proには、他にもおすすめポイントがあります。

スマートフォンに比べて大画面
画像や動画を見る際には、大迫力間違いなし!また、文字が小さくて見えにくいということもありません。
ブルーライトカット標準搭載
視力保護モードを利用することによって、ブルーライトの影響を軽減することができるため、目の負担を軽くすることができます!
メインカメラの画質が良い
HUAWEI MediaPad T2 7.0 Proのメインカメラ画素数は1300万画素であり、メインカメラ画素数が1200万画素であるiphone7よりも高いです!

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Proを使用する際の注意点

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Proはあくまでもタブレットなので、スマホと同じ感覚で使用するといくつかの問題点も出てきます。また、OSのバージョンにも注意が必要です。

大画面ゆえに通話がしづらい
せっかく通話SIMを使うことができても、片手で持って耳に近づけて話すスタイルはやりにくいでしょう。
フリック入力がしづらい
大画面であるため、フリックするときにスムーズに文字が打てないことも。
OSのバージョンが古い
現在(2017年3月23日)、最新のバージョンがAndroid7.1であるのに対し、HUAWEI MediaPad T2 7.0 Proは未だにAndroid5.1のままです。

LINEモバイルの料金プランを解説!


出典:LINEモバイル

LINEモバイルには料金プランが三種類あります。それぞれの料金プランを詳しく見ていきましょう。

LINEフリープランは低価格ではあるものの、月に使うことのできるデータ量が1GBという選択しかできないため、YouTubeなどの動画サイトを高速通信で使うことが多い方には向かないかもしれません。
コミュニケーションプランとMUSIC+プランには3GB、5GB、7GB、10GBと選択肢が豊富にあります。自分が毎月どれくらいの通信量を使用するかを確認してから容量を選びましょう。

LINEモバイル 料金プラン

LINEモバイル月額料金 データSIMプラン SMSなし月額料金 データSIMプラン SMSあり月額料金 通話SIMプラン
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
LINEフリープラン540円669円1,296円1GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
コミュニケーションフリープラン
3GB
-1,198円1,825円3GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
MUSIC+プラン
3GB
-1,954円2,581円3GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
コミュニケーションフリープラン
5GB
-1,771円2,397円5GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
MUSIC+プラン
5GB
-2,311円2,937円5GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
コミュニケーションフリープラン
7GB
-2,484円3,110円7GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
MUSIC+プラン
7GB
-2,916円3,542円7GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
コミュニケーションフリープラン
10GB
-2,851円3,477円10GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
MUSIC+プラン
10GB
-3,175円3,801円10GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚

どのプランを選んでも、LINEアプリの年齢認証が可能です。多くのMVNO業者では、LINEアプリの年齢確認をすることができず、ID検索の機能を使うことができません。この点はLINEモバイルと契約する魅力の一つになるでしょう。

公式サイト:LINEモバイル

「カウントフリー」とは?

LINEモバイルの特徴的なサービスである「カウントフリー」について解説します。

カウントフリーとは、対象のサービスを利用する際に高速データ通信量を消費しないというものです。例を見てみましょう。
LINEフリープランでは、カウントフリーの対象がLINEとなっています。なので、LINEフリープランを契約してる方はLINEを使用している時にデータ通信量が減りません。また、データ通信量を使い切った後でも、LINEであれば高速データ通信が可能です。

公式サイト:LINEモバイル

LINEフリープラン


出典:LINEモバイル

3つのプランの中でも最も安いプランです。SNSは主にLINEしか使わないという人にはぴったりなプランかもしれません。
画像、動画の送受信や、通話もカウントフリーの対象となっています。LINEヘビーユーザーにとっては嬉しいサービスでしょう。

公式サイト:LINEモバイル

コミュニケーションフリープラン


出典:LINEモバイル

LINEフリープランと異なる点は、LINEに加え、Twitter、Facebook、Instagramもカウントフリーサービスの対象となる点です。各種サービスの画像投稿や動画投稿がカウントフリー対象となる点は大きいです。また、データ容量のバラエティもLINEフリープランよりも豊富になります。これについては後述します。

公式サイト:LINEモバイル

MUSIC+プラン


出典:LINEモバイル

コミュニケーションフリープランのカウントフリー対象に加え、LINE MUSICも対象に加わります。

ここで、LINE MUSICについて補足します。

定額制オンデマンド型音楽配信サービスです。これまで国内の定額制音楽配信サービスとしては一般的だったラジオ型と異なり、いつでもどこでも聴きたい曲・アーティストを選択して再生やプレイリストの作成などを行うことができます。

出典:LINEモバイル
一部無料で利用することができる機能もあるようですが、基本的には有料と考えた方がよいと思います。
なお、MUSIC+プランを契約した方には、初回ご利用特典としてLINE MUSIC 30日間無料チケットがもらえます。取得方法等、詳細は公式サイトでご確認ください。

公式サイト:LINEモバイル

LINEモバイルのHUAWEI MediaPad T2 7.0 Proまとめ

LINEモバイルのHUAWEI MediaPad T2 7.0 Proについて解説しました。目に優しいブルーライトカット機能や、タブレットには少ない指紋認証機能が搭載されているのは嬉しいですね。
加えて、自身の端末の使い方と相談してどのプランで契約するかを決めましょう。

また、自分に合った格安SIMをお探しの場合は、「おすすめ格安SIM診断」もぜひご利用ください。