1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【LINEモバイル】データプレゼントとは?利用方法や注意点|届かない場合の原因も解説

【LINEモバイル】データプレゼントとは?利用方法や注意点|届かない場合の原因も解説

更新日:2020.06.18

この記事では、LINEモバイルのデータプレゼントについて解説しています。サービスの概要や贈る側、受け取る側別の利用方法、メリットや注意点をまとめました。フリマアプリで売られているLINEモバイルのデータは安全かどうかも調べています。

スマートフォンを利用していてデータ容量が上限に達し、速度制限がかかってしまった経験は誰もが一度はあるのではないでしょうか。この記事では、そんな時にも便利なLINEモバイルのデータプレゼントについて解説します。

データプレゼントとはなんなのか、実際の利用方法、メリットなどについて解説します。

LINEモバイルの「データプレゼント」とは?

LINEモバイルのデータプレゼントとは、LINEモバイルの利用者同士がデータを送り合えるサービスです。

送れるデータ容量5種類

  • 500MB
  • 1,000MB
  • 1,500MB
  • 2,000MB
  • 2,500MB

データプレゼントは、翌月に持ち越しできません。

LINEモバイル「データプレゼント」のメリットは?

LINEモバイルのデータプレゼントにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

無料でカンタンに利用可能

データプレゼントは、その手軽さが特徴といえるでしょう。プレゼントを贈る時は初期設定が必要ですが、手続きはとても簡単に行えるので安心です。

また、受け取る側は何も設定をする必要がありません。データ容量に困っている家族や友人に対して気軽にプレゼントを贈ることができます。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

LINEモバイル同士であれば誰とでもデータがシェアできる

格安SIMの中にはデータシェアができるものもありますが、これらの多くは家族に限られているものもあります。

一方で、LINEモバイルなら家族でも友人でも会社の同僚でもデータが必要な人、プレゼントしたい人にデータのシェアがいつでも行えます

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

データプレゼントの利用方法【データを人に贈る場合】

データプレゼントは事前準備を行っておけば、あとは簡単に行えます。具体的なよう方法を確認していきましょう。

データプレゼントを贈る前の準備

データプレゼントを行う際の事前準備として必要なのが契約者・利用者連携です。データプレゼントにはこの契約者・利用者連携が欠かせません。

契約者・利用者連携とは、LINEアプリの公式アカウントと自分自身のアカウントが友達になり、LINEモバイルの契約を紐づけることです。

契約者・利用者連携の手順

  1. 設定をタップ
  2. 「公式アカウント」をタップ
  3. 検索欄に「LINEモバイル」と入力
  4. LINEモバイル公式アカウントを追加する
  5. LINEモバイル公式アカウントとのトークを開く
  6. 「契約者連携」をタップ
  7. 「同意する」をタップ
  8. 「新規ログインID連携」をタップ
  9. ログインIDとパスワードを入力して「連携する」をタップ
  10. 利用コードが出てくるのでメモする
  11. トークに戻って、「利用者連携」をタップ
  12. コピーした利用コードを入力してから「連携する」をタップ

以上で完了です。工程数こそ多いですが難しくはなく、あっという間に行えます。

データプレゼントを贈る手順

  1. 「LINEモバイル公式アカウント」のトーク画面からデータプレゼントを選択
  2. 贈りたい友だちを選んでチェックを入れる
  3. 「次に進む」をタップ
  4. 贈りたいデータ容量を選ぶ
  5. 「データプレゼントする」をタップ

データプレゼントを行うとトーク履歴に記録が残るので、正しく贈れたか確認できます。

データプレゼントの利用方法【データを人から受け取る場合】

データプレゼントを受け取る側は、とくに何かを設定したり受け取るための操作を行ったりする必要はありません

通常のLINEのようにメッセージを受信する形で受け取ることになります。メッセージが届くとLINE公式アカウントのトーク画面からデータをいくらもらったのか確認することが可能です。

LINEモバイル「データプレゼント」の注意点・届かない原因

データプレゼントを利用していると、うまく贈れない、届かないことがあります。その原因について解説します。

もらったデータプレゼントは翌月に繰り越せない

データプレゼントはプレゼントを受け取った月に限って利用可能です。もし余ったとしても翌月への繰り越しは不可能です。

そのため、「先月の余りがある!」と考えてデータプレゼントをチェックするとデータが残っていない、といったことになる可能性があります。

贈る側は少しずつ贈るようにするといいでしょう。また、月末が近づいたタイミングで贈るのは避けたほうがいいかもしれません。

贈ることができるデータには上限がある

データプレゼントで送れるデータは基本的に自分が契約しているデータとなります。例えば、前月から繰り越されたデータやプレゼントで受け取ったデータなどは送ることができません。

そのため、自分の契約しているデータ容量が上限となるため、それ以上を贈ろうとしても贈れません。ただし、もらう側には上限はありません

利用者連携が必要|届かない場合は要確認

利用者連携ができていない場合は、データプレゼントが利用できません。相手に届かない場合は、もう一度確認してみてください。

フリマアプリで売られているLINEモバイルのデータは安全?

LINEモバイルのデータは、ヤフオクやメルカリといったフリマアプリで販売されています。


出典:ヤフオク!

出典:mercari

データの制限を超えてしまいデータプレゼントを受け取りたいと思っても、友達にラインモバイルユーザーがいないケースもあるでしょう。そのような時に利用できるのがフリマアプリでのデータプレゼントの購入です。

価格は数百円で販売しているものもあるなど比較的安価といえますが、データプレゼントを利用するには販売者とLINE上で友達にならなければいけません

そのため、安全面を考えるとできれば利用は避けたほうがいいでしょう。利用する際は自己責任で利用するようにしてください。

どうしてもデータが必要な場合は、少し値段は高くなりますがLINEモバイルを利用した正規ルートで購入することをおすすめします。

LINEモバイルのデータ容量追加購入にかかる料金

LINEモバイルでデータ容量を新たに追加購入する場合に発生する料金です。

プラン回線容量・価格購入可能回数/月
ベーシックプランドコモ・au・ソフトバンクすべて0.5GB:500円
1GB:1,000円
合計10回
LINEフリー
コミュニケーションフリー
MUSIC+
ドコモ0.5GB:500円
1GB:1,000円
3GB:3,000円
合計3回
au0.5GB:500円
1GB:1,000円
合計10回
ソフトバンク0.5GB:500円
1GB:1,000円
合計10回

データを購入する際に注意して欲しいのが利用期限です。購入したデータの場合、翌月末でデータが消滅するので使い切るようにしてください。

SIMチェンジでは通信制限を解除する方法や速度が制限されにくい使い方を紹介しています。

まとめ

LINEモバイルの「データプレゼント」について概要から実際の利用方法などについて解説しました。データプレゼントは友達や家族間で気軽にデータの送受信ができるサービスです。

簡単な設定を行うだけで利用できるため、LINEモバイルユーザーはぜひ試してみてください。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

SHARE!!

あわせて読みたい