1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. LINEモバイルでのデータ繰り越しの方法まとめ|上限や有効期限も解説

LINEモバイルでのデータ繰り越しの方法まとめ|上限や有効期限も解説

更新日:2020.06.23

LINEモバイル(ラインモバイル)はデータ繰り越しに対応しているので、余った高速通信容量は翌月に持ち越して無駄なく使えます。データフリー機能を使えばデータ容量が余る可能性もあり、うまく活用すればさらに安いプランに変更できることも。今回の記事ではデータ容量繰り越しの内容や注意点をまとめました。

LINEモバイルは、当月余ったデータ容量の翌月繰り越しができます。繰り越された分は先に消費されるので、無駄なくデータ容量を使って快適な高速インターネットを利用できます。さらに、対象サービスのデータ消費がゼロになる「データフリー」を活用すればさらにお得に使えます!今回の記事ではLINEモバイルのデータ繰り越しの詳細、活用方法や注意点を解説します。

格安SIM・MVNO一覧

続々と登場する「MVNO」と「格安SIM」。現在、40社以上のMVNOがあり、それぞれ複数のプランを出しているので、本当に多くの格安SIMプランが存在します。

SIMチェンジでは、各MVNOの格安SIMプランの特徴や評判を一覧で網羅することで、あなたに最適な格安SIM選びをお手伝いします。

MVNO44社の格安SIM情報一覧をまとめました!

「UQモバイル」「楽天モバイル」「mineo」「DMMモバイル」「LINEモバイル」「IIJmio」「BIGLOBEモバイル」「OCN モバイル ONE」など、世の中には様々なMVNOがあります。SIMチェンジでは、各MVNO・格安SIMの特徴や評判を一覧で掲載しています。

LINEモバイルでは繰り越しができる

LINEモバイルでは、当月余ったデータ通信量は翌月まで繰り越せます。「繰り越し」とは具体的にどのようなことなのか説明します。

LINEモバイルで3GBプランを契約している繰り越し例

  • 当月:データ通信量が2GB余った
  • 翌月:5GB使える(基本データ容量3GB+繰り越し分2GB

例えば、3GBプランを契約していて当月2GBの高速データ通信量が余った場合、翌月は2GB分多く高速データ通信が使えます。この場合、翌月は合計5GBも使えることになるので、思う存分高速インターネットを使ってYouTubeなどの動画サービスやSNSが楽しめます。無駄なく繰り越してデータ通信量を使えるのがLINEモバイルの強みです。

ただし、繰り越せるのはあくまで翌月までなので、当月余ったデータ通信量を翌々月以降に繰り越すことはできません。こちらだけは注意しておきましょう。繰り越した分は翌月にすべて消費してしまうべきですね。


  1. LINEモバイルなら、余ったデータ通信量は翌月まで繰り越しOK!

  1. LINEモバイルにはdocomo回線プランとSoftBank回線プランがあるけど、どちらも繰り越しは使えるよ!

繰り越したデータ容量は先に消費される

データ通信量の消費順序

  1. 前月からの繰り越し分
  2. データプレゼント分
  3. 基本容量分
  4. 追加購入した分

LINEモバイルでデータ通信量が消費される順序ですが、最初に前月から繰り越した分が消費されます。データプレゼント分があれば2番目にそれが消費され、3番目に基本プランのデータが消費され、追加購入した分は最後に消費されます。

翌月に繰り越した分は翌々月までは繰り越せませんが、先に消費されるので無駄なく使い切ることができます。使い切れなかった場合もその月の基本データ通信量が余っていればその分は持ち越せるので、無駄がありません。


  1. 繰り越したデータは先に使えるので、無駄がないのがメリット!思う存分高速インターネットを楽しもう!

繰り越しに上限はない

当月余ったデータ容量は繰り越しが可能で、繰り越しデータ容量に上限はありません

繰り越し利用の注意点

  • 翌々月以降には繰り越せない
  • 回線変更前のデータ通信量は、繰り越されない

当月余った分を翌々月以降まで繰り越せないのはすでに説明した通りですが、注意点がもう1つ。もしなんらかの理由でdocomo回線プラン⇄SoftBank回線プラン間の回線変更をした場合、回線変更前のデータ通信量は繰り越しができません

ただし、回線変更後のプランで当月データ通信容量が余った場合、そちらは繰り越せますので安心してくださいね。

docomo回線プラン(3GB)からSoftBank回線プラン(5GB)に回線変更した場合

  • 当月:データ容量は回線変更後の容量(この場合はSoftBank回線プランの5GB)、月額料金は回線変更前の月額料金(この場合はdocomo回線の月額料金)
  • 翌月:月額料金、データ容量共にSoftBank回線プランが適用

回線変更を行った当月は、月額料金は回線変更前のものがそのまま適用され、データ容量に関しては適用後のものが適用されます。上記の例では月初に行っても月額料金は変更前のdocomo回線プラン3GBの料金、データ容量は変更後の5GBを当月使えます。回線変更手数料はありますが、月額料金に対して多くのデータ容量が使える可能性もあります。


  1. いまならキャンペーンでお得にLINEモバイルを始めるチャンスだよ!まずは公式サイトを確認してみてね!

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

LINEモバイルの繰り越しを上手に活用するには?

LINEモバイルのプランには「データフリー」機能が付いているので、対象機能の利用であればデータ容量を消費しません。うまく活用することで、より多くのデータ容量を翌月に繰り越せます。

データフリーで節約

LINEモバイルにはデータフリーという機能がついており、対象機能であればサービス利用してもデータ通信量を消費しないので、うまく使えばたくさんのデータ容量を翌月に繰り越すことが可能です。

例えば、メッセージ・無料通話アプリのLINEでは、トークでのテキストメッセージ(画像、動画、スタンプなど含む)送受信、データ通信を利用してのLINE音声通話・ビデオ通話などがデータフリーの対象なので、容量を消費しません。

データフリー機能はプランごとに対象機能が指定されており、例えばコミュニケーションフリープランであればTwitter、Instagram、Facebookの対象機能、MUSIC+プランであればLINE MUSICがカウントなしの対象となります。LINE系サービスのヘビーユーザーはもちろん、SNS全般をよく使う方はデータ容量を節約できるのがメリットです。

プランとデータフリー対象

LINEフリープラン
LINEの対象機能はデータ消費ゼロ
コミュニケーションフリープラン
LINE、Twitter、Facebook、Instagramの対象機能はデータ消費ゼロ
MUSIC+プラン
LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICの対象機能はデータ消費ゼロ

docomo回線プラン、SoftBank回線プランどちらも対応

サービスごとにデータフリー対象となるもの、ならないものがあるので、一覧にしてみました。Instagramの写真・動画投稿なども消費ゼロの対象となるので、SNSのヘビーユーザーで画像や動画のアップロードが多い方はデータ容量を節約することができますね。

LIVE配信やその閲覧に関しては対象外となっている点や、FacebookではMessengerの利用は対象外となっている点には注意しておきましょう。

データフリー対象になるもの、ならないもの

サービス消費ゼロになるものならないもの
LINE・「トーク」でのテキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルの送受信
・音声通話・ビデオ通話
・「タイムライン」での投稿・カメラ・リレーの利用、閲覧
・「友だち」の閲覧、友だち追加
・「ニュース」トップ・カテゴリの閲覧
・「ウォレット」トップの閲覧
・スタンプ・着せかえのダウンロード
・アカウント設定
・外部リンクへの接続 ※外部リンクに接続すると上部にURLが表示
・グループ内Liveの利用
・「ニュース」詳細の閲覧
・スタンプショップの利用
・着せかえショップの利用
・LINE Pay・送金・コード支払いコードリーダー・請求書支払い・LINEポイントの利用
・LINEが提供する他サービスの利用
Twitter(ウェブブラウザでの下記サービスの利用もデータフリー)
・ツイートの投稿・ツイッターの機能を使って投稿されたツイートの閲覧(画像・動画含む)
・トレンド・モーメント・通知・メッセージの利用
・プロフィール・設定とプライバシーの編集
・ウェブブラウザでの利用
・外部リンクへの接続 ※外部リンクに接続すると上部にURLが表示
・ツイートに含まれるYouTubeなど動画サイトの閲覧
・公式アプリ(Twitter,Inc.が提供)以外の利用
・ライブ動画(Periscope)の配信、閲覧
Facebook(ウェブブラウザでの下記サービスの利用もデータフリー)
・フィードの閲覧、投稿(画像・動画含む)
・リクエスト・お知らせ・その他の閲覧、利用
・プロフィール・設定とプライバシーの閲覧、編集
・ウェブブラウザでの利用
・外部リンクへの接続 ※外部リンクに接続すると上部にURLが表示
・投稿に含まれるYouTubeなど動画サイトの閲覧
・ライブ動画の配信、閲覧
・Messengerの利用
Instagram(ウェブブラウザでの下記サービスの利用もデータフリー)
・タイムラインの閲覧、投稿(画像・動画含む)
・ストーリーズの閲覧、投稿
・検索の利用(画像・動画含む)
・アクティビティの利用
・メッセージの利用
・プロフィールの閲覧、編
・ウェブブラウザでの利用
・外部リンクへの接続 ※外部リンクに接続すると上部にURLが表示
・ライブ動画の配信、閲覧
LINE MUSIC・ホーム・カテゴリ・検索・マイミュージックの利用
・音楽・音声の視聴
・オフライン再生のための音源保存(楽曲のダウンロード)
-

  1. データフリー機能を使えばデータ消費を抑えることができるので、うまく活用すればもっと多くのデータ容量を翌月に繰り越せるかも!

  1. データ容量が毎月たくさん余るなら、もっとデータ容量の少ないプランに変更しても良いかもしれないね。容量の少ないプランは安く使えるし。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

LINEモバイルは繰り越しできるけど料金はお得なの?

pixta_20438785_M

ここまではLINEモバイルの繰り越し内容やその活用方法について紹介してきましたが、肝心な月額料金自体はお得なのでしょうか?プランも確認してみましょう。

LINEモバイルの月額料金

SIMタイプデータ容量月額料金
データSIM(SMS付き)500MB600円
3GB980円
6GB1700円
12GB2700円
音声通話SIM500MB1100円
3GB1480円
6GB2200円
12GB3200円

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアに対応しており、料金はどの回線でも同じです。

料金プランは、(1)SIMタイプ、(2)データ容量、(3)データフリーオプションの3段階で選んでいきます。

(1)SIMタイプ

  • データSIM(SMS付き)
  • 音声通話SIM

SIMタイプは、「データSIM(SMS付き)」と「音声通話SIM」の大きく分けて2種類です。以前はSMSが付いていないデータSIMもありましたが、現在は上記2種類となっています。

データSIMは電話番号を使った通話ができないSIM、音声通話SIMはできるSIMと考えてください。電話番号を使った通話なので、LINE電話のようなネット回線を使った通話はデータSIMでも可能です。

どちらのプランにもSMSがついているため、ショートメッセージの送受信ができます。SMSを使った認証はGmailやメルカリといった様々なアプリで必要なので、ありがたいですね。

(2)データ容量

  • 500MB
  • 3GB
  • 6GB
  • 12GB

データSIMを選んだら次はデータ容量です。データ容量は、500MB・3GB・6GB・12GBの4種類から選びます。

データSIM(SMS付き)で最も少ない500MBを選んだ場合、月額料金はたったの600円です。(3)データフリーオプションで詳しくご紹介しますが、LINEモバイルの全料金プランにはLINE使い放題が付いています。

そのため、LINEをメインに使っている方なら500MBでも十分足りるのです。その他、SNS使い放題のオプションもあるため、データ容量はオプションと合わせて選んだ方が良いでしょう。

(3)データフリーオプション

  • LINEデータフリー:0円
  • SNSデータフリー:+280円/月
  • SNS音楽データフリー:+480円/月

最後は、3種類の中からデータフリーオプションを決めます。

「LINEデータフリー」は、文字通りLINEがデータ通信量ゼロで使えるオプションです。LINEデータフリーは全ての料金プランに無料で付いているため、全プランでLINEが使い放題となっています。

「SNSデータフリー」は、LINE+Twitter+FaceBookが使い放題になるオプションです。「SNS音楽データフリー」は、LINE+Twitter+FaceBook+Instagram+LINE MUSICの5種類が使い放題になります。

SNSをよく使っている人なら、オプションに加入するだけで消費データ量がグンと減るでしょう。そうすれば、契約するデータ容量が減って月々のスマホ代も節約できるはずです。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

むしろ足りない!データ容量の追加購入方法は?

データ容量を繰り越せなかったどころか、今月のデータ容量が残り少なくてピンチ!という場合はどうしたらよいのでしょうか。動画などを諦めてひたすらカウントフリーのアプリだけを利用することもできますが、それはちょっと大変。さらに、データ容量がなくなると自動的に高速通信がストップし、最大200kbpsの低速通信になってしまいます。こうなるとネットの閲覧だけでも動作が遅くなりかねません。

そこで、データ容量を追加購入して高速通信に戻る手段があります。購入できる容量とその価格は以下のとおりです。

データ容量の追加購入料金

0.5GB
540円
1GB
1,080円
3GB
(docomo回線プランのみ)
3,240円

3GB分を一度に追加できるのはdocomo回線プランのみです。1カ月のうちにデータの追加購入ができる回数も異なり、docomo回線プランは3回まで、SoftBank回線プランは10回までです。追加購入したデータは翌月末まで有効です。

1カ月のうちに追加できる回数

docomo回線プラン
合計3回まで
SoftBank回線プラン
合計10回まで
追加方法
マイページから追加購入

価格を見れば分かるとおり、決して安いとはいえない価格設定です。毎月追加購入が必要な場合は契約プランが利用状況にマッチしていない可能性もあるので、プラン内容自体を見直すべきでしょう。


  1. 毎月データ容量の追加購入をしている方は、そもそも今のプラン容量で足りていないかも…?そんな時はプラン変更も検討しておくべきだね。

LINEモバイル以外に繰り越しができるMVNO・格安SIMはある?

LINEモバイル以外にもデータ容量の繰り越しに対応している格安SIMは多いので、いくつかのサービスを簡単に紹介します。

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)はdocomo回線のタイプDとau回線のタイプAがありますが、どちらもデータ容量の翌月繰り越しに対応しています。通信速度の評判も良く月額料金もお得で、バランスのとれた人気SIMカードです。

IIJmioの料金プラン

プラン名音声通話SIMSMS付きデータSIMデータSIM
タイプD・タイプAタイプDタイプAタイプD
3GB1600円1040円900円900円
6GB2220円1660円1520円1520円
12GB3260円2700円2560円2560円

IIJmioの料金プランは、音声通話SIM・SMS付きデータSIM・データSIMの3種類です。

ここ数年、SMSなしのデータ通信SIMが減ってきているので、なるべく料金を抑えたい方にとってはありがたいですね。

回線は、ドコモ・au回線の2種類から選べます。ただし、SMSなしのデータSIMはドコモ回線のみなので、注意してください。

データ容量は、3GB・6GB・12GBの3種類です。IIJmioでは、データ容量に応じて1つのプランで複数のSIMカードが使えます

  • 3GB(ミニマムスタートプラン):最大2枚
  • 6GB(ライトスタートプラン):最大2枚
  • 12GB(ファミリーシェアプラン):最大10枚

最も容量が多い12GBプランでは、最大10枚までSIMカードが使えます。

複数のSIMカードが使えるメリットは、複数端末や家族でギガを分け合える点です。スマホとタブレットでギガを分け合って使えば、SIMカードを2枚別々に契約するよりも安く済みます。

また、あまりギガを使わない子どもや両親とギガを分け合うのもおすすめです。IIJmioなら、スマホだけでなく家計の通信費用も抑えることができるでしょう。

OCN モバイル ONE

NTTコミュニケーションズが提供するOCN モバイル ONEも、余ったデータ容量は繰り越しOK。

月毎にデータ容量が決まっている月単位コースは翌月に繰り越されますが、日ごとに高速通信容量が決まっている日単位コースだと翌日にデータ容量が繰り越されます。いずれのプランも繰り越しには対応しているので、余ったデータ容量は無駄なく使えます。

コースデータ通信専用SIM
SMS対応SIM
音声対応SIM高速通信容量通信速度SIM枚数
110MB/日900円1,020円1,600円110MB/日下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
170MB/日1,380円1,500円2,080円170MB/日下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
3GB/月1,100円1,220円1,800円3GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
6GB/月1,450円1,570円2,150円6GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
10GB/月2,300円2,420円3,000円10GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
20GB/月4,150円4,270円4,850円20GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
30GB/月6,050円6,170円6,750円30GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
※データ通信専用SIM、SMS対応SIMにはオプションで050 plus(月額150円)をつければIP電話で通話ができます。

mineo

mineoはauプラン、docomoプラン、SoftBankプランの3回線を提供していますが、どのプランを選んでも当月使い切れなかった容量は翌月に繰り越せます。回線が違うと使える機種も違うので、公式サイトで確認しておきましょう。

mineoの料金プラン

mineoの料金プランは数が多く、少し複雑です。データSIMと音声通話SIMの他に、データ容量・通信速度・回線を選ぶ必要があります。

  • SIMタイプ:シングルタイプ・デュアルタイプ
  • データ容量:6種類
  • 通信速度:通常コース・エココース
  • 回線:ドコモ・au・ソフトバンク

シングルタイプはデータ通信SIM、デュアルタイプは音声通話SIMのことです。呼び方が違うだけで、できることは他の格安SIMを変わりません。

通信速度は、通常コースの他に「エココース」があります。エココースは、最大速度が制限される代わりに料金が安いプランです。

月曜〜金曜までは最大速度が200kbpsになり、土日は通常速度で使えます。さらに、ギガを使い切ったあとも最大200kbpsが維持されるので、通信制限でイライラすることもありません。

通常プランに比べ、月額料金は450円安くなります。年間で5400円も安くなるので、かなりお得ですね。

SIMタイプ・データ容量・速度を選んだら、あとは回線だけです。ドコモ・au・ソフトバンク回線で月額料金が違っており、ドコモが最も安くなっています。

シングルタイプ(データSIM)Aプラン・DプランSプラン
500MB700円790円
3GB900円990円
6GB1580円1670円
10GB2520円2610円
20GB3980円4070円
30GB5900円5990円

デュアルタイプ(音声通話SIM)AプランDプランSプラン
500MB1310円1400円1750円
3GB1510円1600円1950円
6GB2190円2280円2630円
10GB3130円3220円3570円
20GB4590円4680円5030円
30GB6510円6600円6950円

シングルタイプ(データSIM)Aプラン・DプランSプラン
500MB
3GB850円940円
6GB1480円1570円
10GB2370円2460円
20GB3680円3770円
30GB5450円5540円

デュアルタイプ(音声通話SIM)AプランDプランSプラン
500MB
3GB1460円1550円1900円
6GB2090円2180円2530円
10GB2980円3070円3420円
20GB4290円4380円4730円
30GB6060円6150円6500円

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルはdocomo回線のタイプD、au回線のタイプAがありますが、どちらも当月余った分は翌月に繰り越せます。

6GBプラン以上であればBIGLOBE WiFiの利用ライセンスが1つ無料となったり、3GB以上であれば動画・音楽ストリーミングなどの通信消費カウントが0になるエンタメフリー・オプションに別途申し込めたりと、付帯サービスやオプションが豊富な点もおすすめポイントです。

BIGLOBEモバイルの料金プラン

  • SIMの種類:3種類
  • データ容量:6種類
  • 回線の種類:2種類

BIGLOBEモバイルは、音声通話SIM・データSIM(SMS付き)・データSIM(SMSなし)の3種類のプランがあります。

SMS付きだと、電話番号宛にくるショートメッセージの送受信が可能です。SMSはGmailやアプリの認証でよく使うので、あった方が便利です。

3つのSIMタイプから選んだら、あとはデータ容量と回線の種類を選びます。データ容量は1GB〜30GBまでの6種類、回線はau回線・ドコモ回線の2種類です。

音声通話SIM月額料金(タイプA・タイプD)
1GB1400円
3GB1600円
6GB2150円
12GB3400円
20GB5200円
30GB7450円

BIGLOBEモバイルの音声通話SIMは、月額1400円〜7450円までの6種類です。低容量プランが主流な中、20GBや30GBといった大容量プランがあるのは珍しいですね。

ネットもSNSも十分使えてコスパの高い、6GBプランが最も人気なようです。

データSIMSMS付き(タイプA・タイプD)SMSなし(タイプD)
1GB
3GB1020円900円
6GB1570円1450円
12GB2820円2700円
20GB4620円4500円
30GB6870円6750円

データSIMは、SM付きとSMSなしの2種類があります。SMS付きはau回線・ドコモ回線どちらも選べますが、SMSなしはドコモ回線のみです。

また、データ容量は3GB〜30GBの5種類となっています。1GBは音声通話SIM限定で、データSIMでの契約はできないので注意してください。

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルも月額料金の安いプランを提供していますが、定額プランのみ当月余ったデータ容量の翌月繰り越しに対応しています。最適料金プランは使ったデータ容量に応じての変動型なので、繰り越しはありません。

定額プラン

 1枚コース
(データSIM)
1枚コース
(SMS付き)
1枚コース
(音声SIM)
3枚コース
(データSIM)
通信速度SIM枚数
1GB670円810円1,370円1,260円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚または3枚
2GB770円910円1,470円1,450円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚または3枚
3GB900円1,040円1,600円1,680円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚または3枚
4GB1,170円1,310円1,870円1,980円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚または3枚(最大5枚)
9GB2,250円2,390円2,950円2,460円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚または3枚(最大5枚)
20GB3,980円‭4,120‬円4,680円4,480円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚または3枚(最大5枚)
30GB5,980円‭6,120‬円6,680円6,580円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚または3枚(最大5枚)
40GB7,980円‭8,120‬円8,680円8,580円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚または3枚(最大5枚)
50GB1万180円1万320円1万880円1万680円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚または3枚(最大5枚)

最低料金プラン ※繰り越しできない


1枚コース
(データSIM)
1枚コース
(SMS付き)
1枚コース
(音声SIM)
3枚コース
(データSIM)
通信速度SIM枚数
低速通信のみ500円

640円1,200円-最大200Kbps1枚
~100MB
630円770円‭1,330‬円1,050円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
~500MB
630 円770円‭1,330‬円1,100円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
~1GB660円800円‭1,360‬円1,180円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
~2GB770円‭910‬円‭1,470‬円1,340円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
~3GB880円‭1,020‬‬円‭1,580‬円1,550円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
~4GB1,150円1,290円‭1,850‬円1,780円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
~5GB1,450円‭1,590‬円‭2,150‬円1,890円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
~6GB1,600円1,740円2,300円1,950円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
~7GB1,900円2,040円2,600円2,100円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
~8GB
2,120円2,260円2,820円2,190円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
~9GB2,200円2,340円2,900円2,380円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
~10GB2,380円2,520円‭3,080‬円2,540円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
~11GB---2,830円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
~12GB---3,100円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
~13GB---3,450円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
~14GB---3,790円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚
~15GB---3,980円下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
最大5枚

NifMo(ニフモ)

NifMo(ニフモ)は3種類のシンプルなプラン体系が特徴で、どのプランも余った高速データ通信容量は翌月末まで繰り越して使えます。バリュープログラムなど、独自の還元サービスが特徴の格安SIMです。

NifMoデータ通信専用SIMSMS対応SIM音声対応SIM高速通信容量通信速度
(LTE通信)
SIM枚数
3GBプラン900円1,050円1,600円3GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚
7GBプラン
1,600円1,750円2,300円7GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚
13GBプラン2,800円2,950円3,500円13GB/月下り最大988Mbps
上り最大75Mbps
1枚

インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIMはグローバル固定IPアドレスが1つ付いてくるのが特徴で、128Kbpsの低速使い放題プランや、1GB、3GB、7GB、10GB、30GBの高速通信プラン、上り速度に特化した上り高速プランも提供している珍しいサービスです。

データ容量の翌月繰り越しは全プランが対応しています。

インターリンクLTE SIM月額料金
SMSなし
月額料金
SMS付き
高速通信容量通信速度SIM枚数
128kbpsで
使い放題プラン
1,080円1,231円-上下最大128kbps1枚
1GBまで
高速プラン
1,458円1,609円1GB/月下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
1枚
3GBまで
高速プラン
1,728円1,879円3GB/月下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
1枚
7GBまで
高速プラン
2,538円2,689円7GB/月下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBまで
高速プラン
3,132円3,283円10GB/月下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
1枚
30GBまで
高速プラン
7,344円7,495円30GB/月下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBまで
上り高速プラン
2,106円2,257円10GB/月下り最大200Kbps
上り最大50Mbps
1枚
30GBまで
上り高速プラン
3,888円4,039円30GB/月下り最大200Kbps
上り最大50Mbps
1枚

LINEモバイルはデータ繰り越しが便利!

LINEモバイルのデータ容量繰り越しについて解説しました。余った高速通信容量は翌月末まで持ち越して使えますし、データフリー機能を活用できれば消費を抑えて、さらに繰り越し容量を増やすこともできるかもしれません。データ容量が多く余るなら、もっと容量が少なく安いプランに変更するのも良いですね。

LINEモバイルは繰り越しができるSIMカードとしてはおすすめの1つなので、プラン詳細を公式サイトで確認してみましょう。

【LINEモバイル】最新キャンペーンはこちら

自分にあった格安SIMを診断してみる!

SHARE!!

あわせて読みたい