1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. auとSoftBank(ソフトバンク)から20GB 6,000円プラン登場!格安SIMと比べてみた

auとSoftBank(ソフトバンク)から20GB 6,000円プラン登場!格安SIMと比べてみた

SIM

auとSoftBank(ソフトバンク)が発表した「スーパーデジラ」と「ギガモンスター」は、今までより月額料金を安くした大容量プランです。でも果たしてそれが一番安いプランなのでしょうか?実は格安SIMの方がもっと安いプランがあります。

auとSoftBank(ソフトバンク)のプランにスーパーテジラとギガモンスターが追加されました。既存の20GBプランや30GBプランを破格に安くしたプランです。でも実際は、格安SIMの方が安くなるので格安SIMの方をおすすめします。auのスーパーデジラと、SoftBank(ソフトバンク)のギガモンスターの詳細を検証し、格安SIMと比べてみました!


SoftBank(ソフトバンク)のギガモンスターは一体どんなプラン?

ソフトバンクから出たギガモンスタープランは2016年9月から始まった大容量プランです。

170522_softbank gigamon
出典:softbank

SoftBank(ソフトバンク)のギガモンスターは、全部込みで月額8,640円

ソフトバンクのギガモンスターは20GB 6,480円、30GB 8,640円のプランで、今までのプランと比べると数万円も安くなるプランです。
このギガモンスターで申し込んだ場合、全体的にいくらになるのでしょうか?

  • 通話(スマ放題ライト・2年契約)1,836円
  • ウェブ使用料 324円
  • パケット(データ定額20GB)6,480円

合計8,640円

  • 通話(スマ放題ライト・2年契約)1,836円
  • ウェブ使用料 324円
  • パケット(データ定額30GB)8,640円

合計10,800円

月額8,000円〜12,000円くらいです。今までと比べるとすごく安いプランですが、それでも毎月8,000円は痛手です。さらにギガモンスターではテザリング料金が月額540円!テザリングも使いたいという人は更に500円プラスの料金が必要となります。

ただし、今は2018年3月末までテザリングオプションの月額使用料が無料となるキャンペーンを実施していますね。

しかし、このギガモンスターは今まであった3日間で1GB以上の場合通信制限になるルールがなくなっており、通信を20GB、30GBまで使い放題です。今まではどんな大容量プランでも通信制限があり、実際は大容量を使いこなせないのがネックでしたから、これはいい傾向です。

SoftBank(ソフトバンク)のギガモンスターは家族には向かないプラン

しかし、このギガモンスタープランは家族でのシェアプランには対応しなくなりました。20GBもの大容量ですから複数人で利用するのが一番のメリットのように思えるのですが、使えません。
つまり、このギガモンスターは一人でたくさんの通信を使う人、家にWiFi等がない人に向けたプランです。主に新社会人や大学生など、一人暮らしの人ということです。

auのスーパーデジラはどんなプラン?

auのスーパーデジラも、2016年9月から始まった大容量プランです。

superdejira
出典:au

auのスーパーデジラはスマートバリュー割引適用で月額7,117円!

auのスーパーデジラは20GB 6,480円、30GB 8,640円と、ソフトバンクの料金と同じになっています。全部の料金を合わせると

  • 通話(スーパーカケホ)1,836円
  • プロバイダ料(LTE NET)324円
  • パケット(データ定額20GB)6,480円

合計8,640円

  • 通話(スーパーカケホ)1,836円
  • プロバイダ料(LTE NET)324円
  • パケット(データ定額30GB)8,640円

合計10,800円

しかし、auの光インターネットや固定電話を使っている方はここにスマートバリュー割引が適用されます。最大1,522円の値引きが発生し、20GBプランだと全部で月額7,118円、30GBだと月額9,278円になります。また、テザリングは本来月額1,000円なのですが、キャンペーンで2018年3月まで無料になります。
また、余ったデータ通信量は全て繰越できて無駄がありません。

合計通信量が月間データ容量を超えた場合は、月末までの通信速度が最大128kbpsに制限されます。(制限は翌月1日に解除)
ただし、「データチャージ」でデータ容量を購入した場合、購入分は通信速度の制限を受けません。

また、直近3日間に6GB以上使用すると、残データ容量に関わらず通信速度制限になるようです。

auのスーパーデジラはデータを家族に分けることはできない

auのスーパーデジラはソフトバンク同様に家族とシェアすることができません。20GBのデータ通信量は例えば家族4人だと5GBずつ使える計算になり、お得なんですが、スーパーデジラはデータギフトに対応していないため誰にも分けることができません。

ただし、他にタブレットを持っている場合、タブレットにデータ容量を分ける「データシェア」を使うことが可能です。

やはり、一人でたくさんの通信を使う人、自宅にWiFiがない人向けということになります。ただし、近くに家族がいる場合は、テザリングを使えば半年ほどは通信量を分けることができます。

格安SIMなら20GBをもっと安く使える

ソフトバンクのギガモンスター、auのスーパーデジラが安い!とすぐに申し込んではいけません。格安SIMにはもっと安くて大容量のプランがあります。

「U-mobile MAX 25GB」は月額2,570円

格安SIMのU-mobile(ユーモバイル)には「U-mobile MAX 25GB」というプランがあり、25GBを月額2,570円から使えます。通信速度制限は25GBを超えた時のみ、最大200Kbpsになります。ギガモンスター、スーパーデジラよりも安く使えますね。そして対応機種であればテザリングが無料で使えます。

音声通話込みの場合は月額3,110円!ソフトバンクよりもauよりも5,000円以上安いのは驚きです。

公式サイト:U-mobile

大容量プランを使いたい方はU-mobileを使おう

大容量プランを備える格安SIMには他にDMM mobile(DMMモバイル)イオンモバイル(イオンスマホ)があります。ですが、スーパーデジラ、ギガモンスターが発表されたことで値段が近くなり、格段に安いとは感じなくなってしまいました。ただ、DMM mobileやイオンモバイルの場合はデータシェアができます。

現時点で20GB以上使えて一番安いのは「U-mobile MAX 25GB」ということになります。大容量プランを使う人にはU-mobile(ユーモバイル)、絶対におすすめです。

やっぱり、格安SIMはキャリアよりも安かった

au、ソフトバンクから月額10,000円以下の大容量プランが登場しましたが、それでも格安SIMの方がもっともっと安く使えます。大容量プランが使いたい方は「U-mobile MAX 25GB」を申し込みましょう!

公式サイト:U-mobile