1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 通話のみ格安SIMで本当にお得に利用できるMVNOを徹底調査!

通話のみ格安SIMで本当にお得に利用できるMVNOを徹底調査!

通話のみ格安SIM利用してスマホ代をお得に済ませたい!という人は意外と多いです。今回の記事では、お得なMVNO各社を徹底的に調査し5社に厳選してご紹介します!分かりやすく、それぞれの人に合ったプランやオプションなどをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スマホの利用料金で、普段からネットを利用していない人にとってはスマホ料金が割高に感じてしまうこともあります。通話のみのお得なプランがあれば、と考えている人もいるのではないでしょうか。そういった人には通話のみの格安SIMを上手に利用することをおすすめします。基本料金だけでなくオプションなども含めて、どこのMVNOがお得なのかをご紹介します。

通話のみ利用する場合になぜMVNOがお得なのか

MVNOをおすすめする一番大きな理由は、大手携帯会社と比較すると、格安SIMを利用するほうが通話料金を安く抑えることができるためです。格安SIMと言えば、データ通信を安く抑えるものと思われている人もいるかもしれませんが、音声通話も安いです。MVNOはそもそも基本料金が安いので、通話のみ利用する人にとっては、スマホ料金の負担が軽くなります。そして、気になる音声通話の品質も、大手の携帯電話の回線を使用しているため、問題ありません。

また、各社MVNOの基本料金だけでなく、オプションも含めて検討してみてください。通話を多く利用するものの、1回の電話の時間が短い人や、1回の電話が長い人など、それぞれ人によって利用方法も違ってきます。それでは、オプションも含めて、総合的にお得になるおすすめのMVNOをご紹介します!

通話のみ利用でおすすめの格安SIM①:楽天モバイル


出典:楽天モバイル

楽天モバイルでは、最安値のプランとして月額の基本料金「ベーシックプラン1,350円」があり、このプランは業界でも最安値レベルです。また、ベーシックプランでは回線速度は200kbpsに制限されていますが、通話のみの利用を考えている場合は大きな問題にはなりません。

「5分間の通話かけ放題プラン」ではオプション料金が918円となっていて、5分以内の通話ならかけ放題です。1回の通話時間が少ない人にはおすすめです。

そして、楽天モバイルのもう一つの大きな特徴は、オプションを付けていなくても、「楽天でんわ」アプリを利用すると通話にかかる料金は30秒ごとに10.8円と業界でも最安値のレベルです。この通話料の安さも見逃すことはできません。ちなみに、この楽天でんわアプリの月額利用料金は無料で、料金は後払いになっています。楽天モバイルは、その知名度の高さもあり、MVNOのなかでも屈指の会員数がいることでも知られています。

期間:終了日未定
スーパーホーダイ新規契約特典・ウィンターセール実施中!
スーパーホーダイを2年契約で申し込むと1万円、3年契約ならセット端末から2万円のキャッシュバックキャンペーン実施中!
ウィンターセールで2018年2月26日10時まで端末も合わせてお得に購入できます! 詳細を確認

通話のみ利用でおすすめの格安SIM②:DMM mobile(DMMモバイル)


出典:DMM mobile
DMM mobile(DMMモバイル)では、豊富なプランに加えてシンプルな値段設定がされています。通話対応SIMプランの最安値は、「ライトプラン」で1,231円に設定されています。このプランは通話のみ利用する人を対象にしたプランになっていて、通信速度は200Kbpsに制限されます。しかし、通話する際の品質には問題はないのでご安心してください。

また、オプション月額918円で10分かけ放題になっています。5分かけ放題から通話時間が2倍の10分に増えて、よりお得になっています。DMM mobileのこういった、ユーザーにとってお得になるオプション更新が行われている点もおすすめする理由の一つです!

期間:終了日未定
『DMMモバイルのキャンペーン実施中!』
ただいまSIMチェンジ限定で1,000円のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中! 詳細を確認

通話のみ利用でおすすめの格安SIM③:mineo(マイネオ)


出典:mineo

mineo(マイネオ)の通話のみ最安値のプランは「auプラン(Aプラン)」の1,415円になっています。データ通信の容量は500MBで、ほとんどネットに接続しない人なら十分かもしれません。また、DMM mobileと同様にオプション月額918円で10分以下の通話はかけ放題です。

mineoが他社と違うところは、現在、お得なキャンペーンを豊富に行っていることです。上記にも紹介した「auプラン(Aプラン)」の1,415円を契約すると、月額基本料金から972円を6カ月間割引が適用(※2018年5月8日まで)されることになります!さらに、お友達を紹介すると、Amazonギフト券2,000円分がプレゼント(※2018年3月28日まで)としてもらうこともできます。mineoでは現在、通話のみ利用者に対するキャンペーンが実施されているので、お得に使用することができます。

期間:2018.5.8 まで
100万回線ありがとう!900円6カ月割引キャンペーン実施中!
デュアルタイプSIM(音声SIM)の契約で、6ヶ月間月額利用料金が972円割引!
★さらに3/28までは紹介元・先どちらもAmazonギフト券2,000円分プレゼントキャンペーン実施中!詳細を確認

通話のみ利用でおすすめの格安SIM④:ロケットモバイル(ロケモバ)


出典:ロケットモバイル

ロケットモバイル(ロケモバ)はその「基本料金の安さ」が目を引きます。通話対応SIMプランの最安値は、「神プラン」の月額料金1,024円で、MVNOのなかでも最安値となっています。そのため、通話のみ利用を考えている人で、「あまり通話も使わない」という人には最適のプランになっています。利用した分だけ支払う分かりやすいプランです。通話料金は21.6円/30秒となっています。

公式サイト:ロケットモバイル(ロケモバ)

また、ネット通信速度は200Kbpsに制限されます。オプションも「10分かけ放題」などのサービスもないですが、その分オプション料を支払わなくてすみます。10分かけ放題のオプション料金は安くても918円程度はかかります。このオプション分も「ムダ」と考える人もいるのではないでしょうか。通話する時間も少なく、とにかく安く通話用のスマホを持ちたいという方におすすめです。基本料金が格安のため、自分から電話をするのではなく、電話を受ける側の人が持つための格安SIMとしても利用できます。

通話のみ利用でおすすめの格安SIM⑤:Y!mobile(ワイモバイル)


出典:Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)の通話対応SIMプランの最安値は「ケータイプランSS」というプランで、業界でもトップクラスの安さ「1,009円」に設定されています。通話のみ利用を考えている人には嬉しい価格設定になっています。また、ネット接続を利用する場合には、「ベーシックパック(月額料金324円)」と「パケット定額サービス」(0円~4,500円)への加入が必要になります。

Y!mobileの一番の特徴であるオプションは、「無制限のかけ放題」です。「スーパーだれとでも定額(月額料金1,009円)」のオプションを付けると、国内で誰とでも、どの携帯とも、電話かけ放題です。そのため、月に電話をする回数や通話時間が長い人にとっては最適のプランになります。ネットと通話で端末を完全に分けている人にもこのY!mobileはおすすめです。

このケータイプランSSは、下記の「ガラケーの5機種」のみの対応となっています。そのため、ガラケーに慣れているという人には違和感なく利用できのではないでしょうか。また、ビジネス用としてもおすすめです。

  • DIGNO ケータイ2(702KC)
  • Simply(603SI)
  • AQUOS ケータイ2(602SH)
  • AQUOSケータイ(504SH)
  • DIGNO ケータイ(502KC)
期間:終了日未定
最大15,000円キャッシュバックキャンペーン
Y!mobileの音声SIMを新規または他社から乗り換えでスマホプランSの場合は10,000円、スマホプランM/Lの場合は15,000円キャッシュバック!
★5/31まで学割も実施中! 詳細を確認

5つのMVNOからどれを選ぶべき?

今回は通話のみ格安SIMでおすすめのMVNOを5つ紹介しました。それぞれに、特徴があるMVNOを取り上げました。「ネットと通話は別の端末でする」という人で、月に何度も長時間の通話をするという人は、「Y!mobile」の通話かけ放題をおすすめします。通話料だけでも年間に換算すると、かけ放題とそうじゃない場合、大きな差が出てきます。

また、「低速でもネットが見たい」かつ「1回の通話は10分以下」という人は「DMM mobile」や「mineo」がおすすめです。この2社の違いはキャンペーンの違いです。お得なキャンペーンを利用するならmineoで、安定的に安いところを選ぶならDMM mobileが向いています。どちらも低速ですがネットを見ることは可能になっています。

また、「とにかく安く通話のみSIMを持ちたい」という人には「ロケットモバイル」か「楽天モバイル」をおすすめします。ロケットモバイルは月額料金1,024円でスマホを持つことができます。電話を受ける用の端末として持っておくこともできます。楽天モバイルは、ベーシックプランの1,350円と楽天でんわを利用することで、通話料が10.8円/30秒と通話のみで利用すると安くなります。楽天モバイルは、楽天でんわを上手に活用することで、通話料金を抑えることができます。

通話のみで格安SIMを考えている人も、「長く通話をする」「電話の回数は多いけど、通話時間は短い」「とにかく通話用の格安SIMを持っておきたい」といった具合に細かく分類することができます。それぞれの用途に合わせて、自分に合うMVNOを選んでください!

公式サイト:楽天モバイル
公式サイト:DMM mobile(DMMモバイル)
公式サイト:mineo(マイネオ)
公式サイト:ロケットモバイル(ロケモバ)
公式サイト:Y!mobile(ワイモバイル)

おすすめ比較診断を試そう!!

あなたがお支払いの携帯料金はもっと節約できるかも?
SIMチェンジのおすすめ格安SIM比較診断おすすめ格安スマホ比較診断であなた自身にぴったりな格安SIM・格安スマホを見つけよう。

SHARE!!

SIMカードの新着記事