1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 3大キャリアから格安スマホへの乗り換え方法をまとめました

3大キャリアから格安スマホへの乗り換え方法をまとめました

更新日:2018.10.11

格安スマホへの乗り換え方法・手順を解説します!docomo(ドコモ)、au、SoftBank(ソフトバンク)の3つのキャリアそれぞれでMNP予約番号をもらう方法など、手続きを紹介。さらに、切り替える際に必要な書類や費用、おすすめの格安SIM・MVNOも紹介しています。

格安スマホへの乗り換えを検討している方へ、docomo、au、SoftBankの3キャリアにわけて、MNP予約番号の取得方法などをまとめました。電話番号は意外と簡単に格安SIMへ移行できるので、手順・方法をチェックしておきましょう。まだプランが決まっていない方向けに、おすすめのSIMカードも紹介します。

格安スマホへ乗り換える方法は?

docomoやau、SoftBankの3大キャリアから格安スマホに乗り換える場合、実はたったの3ステップで完了します。

この記事では、3大キャリアから格安スマホへの乗り換えの方法と注意点をまとめています。これから格安SIM・MVNOへの移行を計画している方は、ぜひ確認しておいてください。

格安スマホへ乗り換える基本手順

  1. MNP予約番号をもらう
  2. 乗り換える格安スマホを探す
  3. 乗り換える

docomo、au、SoftBankから格安スマホへ乗り換える場合の手順は、こちらの3ステップのみです。

1. まずは「MNP予約番号」をdocomo、au、SoftBankからもらっておきます。MNP予約番号とは「現在利用している電話番号を、そのまま他社へ乗り換えるために必要な番号」なので、今の電話番号を引き継ぎたい場合は必ず取得しておきましょう。

MNP予約番号を利用しない新規契約で格安スマホを申し込んだ場合には、今使っている番号ではなく新しい電話番号が発行されてしまうので注意が必要です。予約番号はキャリアの指定問い合わせ番号へ電話、もしくは各キャリアのショップなどで取得が可能です。一部のサービスや契約では、オンラインでの取得手続きにも対応しています。

MNP:Mobile Number Portability(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)の略で、簡単にいうと「他社へ電話番号をそのまま乗り換えできる制度」です。

2. MNP予約番号を取得したあとは、乗り換え先の格安スマホ/格安SIMを選びましょう。実は格安SIMにはたくさんの種類があり、ゆうに100を超えるサービスがあると言われています。おすすめのSIMカード・プランは記事後半で紹介するので、参考にしてみてください。

ちなみに、MNP予約番号の有効期間は番号取得から15日以内と有効期間が限られています。乗り換え先の格安スマホによっては、申込み時点で10日以上の有効期間が残っていないと手続きできない場合もあります。先に乗り換え予定の格安SIMを決めておいても良いでしょう。

3. 乗り換え先が決まったら、本人確認書類など必要なものを用意して、公式サイトから申し込みをします。あとはSIMカードや格安スマホが届くのを待ち、届いたら利用設定をして利用開始です。

いかがでしょうか?「MNP予約番号をとる」→「スマホ/SIMカードを選ぶ」→「申し込む」の3ステップなので、実は格安スマホへの乗り換えは簡単なのです。

ここからはもう少し踏み込んで、docomo、au、SoftBankのそれぞれで格安スマホへ乗り換えるステップを紹介していきます。

docomo(ドコモ)からMNP転出

  1. ウェブサイト、電話、docomoショップのいずれかでMNP予約番号をもらう
  2. MNP予約番号を利用して、格安スマホを申し込む
  3. スマホ/SIMカードが届いたら利用開始

docomoから格安スマホへ乗り換える方法は、簡単3ステップです。

まずは先に説明した通り、MNP予約番号をdocomoからもらっておきましょう。通信会社によって取得方法はそれぞれ異なるのですが、docomoの場合には「ドコモオンライン手続き」「電話」「docomoショップ」でMNP予約番号をもらう3通りの方法があります。

乗り換えたい電話番号の回線が一括請求の代表番号であったり、3回線以上でファミリー契約をしていたりする主回線の場合には、オンライン手続きはできません。そのような番号を格安スマホへ乗り換えたい場合には電話、もしくはdocomoショップでMNP予約番号をもらいます。

手続き方法受付時間
ドコモオンライン手続きdアカウントへログインして手続き午前9時〜午後9時30分
docomoショップ店頭へ行って直接手続き店舗による
電話docomo携帯電話から:「151」へ発信
一般電話から:「0120-800-000」へ発信
午前9時〜午後8時

あとは取得したMNP予約番号を利用して、格安スマホの公式サイトから申し込みます。スマートフォンやSIMカードが届いたら設定を行い、あとは利用を開始するだけです。

auからMNP転出

  1. 電話、auショップのいずれかでMNP予約番号をもらう
  2. MNP予約番号を利用して、格安スマホを申し込む
  3. スマホ/SIMカードが届いたら利用開始

MNP予約番号をもらって乗り換える、という手順自体はdocomoと同じですが、auでは「電話」、もしくは「auショップ/PiPit対象店舗」の2通りがメインです。EZwebにアクセスできる3Gケータイのみウェブ手続きに対応しているため、基本的には電話か店頭で予約番号をもらうことになります。

手続き方法受付時間
auショップ
PiPit各店
店頭へ行って直接手続き
(PiPitは一部店舗を除く)
店舗による
電話「0077-75470」へ発信午前9時~午後8時
EZwebEZwebにアクセスして手続き
※3Gケータイ版のみ(EZwebにアクセスできるもの)
午前9時~午後9時30分

MNP予約番号をもらったら、あとは格安SIMへ乗り換えるだけです。

SoftBankからMNP転出

  1. 電話、SoftBankショップのいずれかでMNP予約番号をもらう
  2. MNP予約番号を利用して、格安スマホを申し込む
  3. スマホ/SIMカードが届いたら利用開始

auと似たように、SoftBankも3Gケータイ版のみしかMy SoftBankでのウェブ手続きに対応していません。基本的には「電話」か「SoftBankショップ」での手続きと覚えておくと良いでしょう。

手続き方法受付時間
SoftBankショップ店頭へ行って直接手続き店舗による
電話SoftBank携帯電話から:「*5533」へ発信
フリーコール:「0800-100-5533」へ発信
午前9時~午後8時
My SoftBankMy SoftBankにアクセスして手続き
※3Gケータイ版のみ
午前9時~午後9時30分

MNP予約番号の取得後は、基本的にどのキャリアから乗り換えても手順は同じなので簡単です。

契約に必要な確認書類と支払い方法は?

音声通話が使えるSIMカードを申し込む場合には、本人確認書類が必要です。例えば、有効期限内の国内で発行された運転免許証や、日本国パスポートなどです。必要な書類は各サービスの公式サイトに説明があるので、申し込む際に何が必要か確認しておくと良いでしょう。

支払い方法に関してはクレジットカードが基本ですが、中にはデビットカードや口座振替での支払いを受け付けているサービスもあります。これらの内容も公式サイトに記載があるので、クレジットカード以外を選びたい場合には確認してみてください。

格安スマホに乗り換える前の注意点

ここまでは簡単に乗り換える方法・手順を紹介してきましたが、続いて格安スマホへ変更する上での注意点もいくつか紹介します。

MNP転出手数料

docomo
2,160円
au
3,240円
SoftBank
3,240円

大手キャリアから他社へ乗り換えると、MNP転出手数料(電話番号を引き継ぐために必要な手数料)がかかります。SIMカード単体など少し特殊な契約だと、docomoやSoftBankでは5,400円かかる場合がありますが、それらを除くと、上記のような手数料になります。

契約解除手数料(解約金/違約金)

定期契約などをしている場合には、更新月以外の解約で契約解除料がかかる場合があります。大抵の方は2年定期契約などに申し込んでいるはずですし、金額も契約内容によって異なるので、事前に確認しておいてください。

当然、更新月のときに乗り換えるのであれば、解約手数料はかからない可能性もあります。

端末分割代金の残額

スマートフォンなどを分割払いで申し込んでいる方は、まだ支払っていない分があれば、その残額を支払う必要があります。

残額支払いに関しては、乗り換えたあともそのまま分割払いを継続することが可能です。docomo/au/SoftBankそれぞれ希望があれば残額の一括払いにも対応しています。

その他手数料

契約状況によってはその他手数料が発生する場合もあります。

例えば、docomoの「端末購入サポート」は、購入時に一括価格を割り引く代わりに、購入日もしくは開通日の翌月1日から起算して12カ月の継続契約を条件としています。

購入時は安いのですが、この12カ月+αの利用期間の間に解約すると解除料が発生する可能性もあるので、心当たりのある方は確認しておくことが必要です(一括0円、一括1円などで申し込んでいる場合は、こういった契約である可能性があります)。

費用関連は、MNP予約番号取得時に確認できる

上記のような解約に関わる費用は、基本的にMNP予約番号をもらう際に説明があるので安心です。docomoの場合はウェブ手続きが可能ですが、心配な方は電話か店頭手続きを選ぶべきでしょう。

キャリアメールが使えない

費用以外の部分では、@docomo.ne.jpなど、いわゆる「キャリアメール」のメールアドレスは乗り換えとともに使えなくなるので注意しておきましょう。

現在はGoogle(グーグル)が提供するGmail(ジーメール)など、無料で登録できるEメールサービスがたくさんあるので、あらかじめ新しいメールアドレスのアカウントを乗り換え前に作っておくのがおすすめです。

なお、Y!mobileはMNOとしてキャリアメールを提供していますし、楽天モバイルなどいくつかのSIMカードでは、契約すると無料で独自のメールアドレスを使える場合もあります。

期間:終了日未定
音声SIM限定!最大2万552円割引キャンペーン
新規または他社から乗り換えでY!mobileの音声SIMを単体契約すると、基本料からスマホプランS:最大1万368円、スマホプランM/L:最大1万5,552円割引!
さらに下記限定ページからのMNP申し込みで5,000円還元中! 詳細をチェック
公式サイトへ
2019.2.14 9:59まで
2019年新春スマホ割引キャンペーン
人気のAQUOS sense lite SH-M05が899円/月から購入可能。さらに、iPhone SEやZenFone 5などの人気機種も、今だけの特別価格で販売中! 詳細をチェック
公式サイトへ

支払い方法の種類が少ない

格安スマホでは、クレジットカードの支払いを受け付けていることがほとんどですが、デビットカード、口座振替での支払い可否はサービスによりけりです。

例えばY!mobile、OCN モバイル ONE、BIGLOBEモバイル、楽天モバイルなどは口座振替での支払いに対応しています。クレジットカードを持っていない場合は、これらのSIMカードをチェックしてみましょう。

口座振替が
可能なSIMカード
公式サイト
Y!mobile公式を確認
OCN モバイル ONE公式を確認
楽天モバイル公式を確認
BIGLOBEモバイル公式を確認

それでも格安スマホへ乗り換えるべき理由は?

乗り換えのときにかかる可能性が高い費用を紹介しましたが、これらの注意点を含めても、格安スマホへ移行すべき理由はあります。

月額料金が安い

「格安スマホ」というくらいですから、やはり安さが特長です。格安SIMのDMM mobileを例に挙げると、月額料金は以下のようになっています。

DMM mobile 月額料金

DMM mobile
シングルコース
月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金
データSIM
SMSあり
月額料金
通話SIM
高速通信容量通信速度SIM枚数
ライトプラン476円638円1,232円-最大200kbps1枚
1GBプラン519円681円1,361円1GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2GBプラン832円994円1,491円2GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
3GBプラン918円1,080円1,620円3GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン1,307円1,469円2,063円5GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
7GBプラン2,009円2,171円2,765円7GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
8GBプラン2,139円2,301円2,895円8GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン2,366円2,528円3,122円10GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
15GBプラン3,543円3,705円4,299円15GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン4,299円4,461円5,055円20GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚

MNPで乗り換える場合は通話機能の使える「通話SIM」ですが、DMM mobileの場合、最安は月額1,232円から使えます。高速通信が使えるプランでも、月額1,361円からと激安。これならば、たとえMNP転出手数料や解約金がかかっても、乗り換えたあとの月額料金を考えればお得になりそうですね。

終了日未定
14,000円分ギフト券プレゼント
SIMチェンジ限定で最大14,000円分のamazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中!
★さらに今なら人気端末を大特価で購入できるチャンスです! 詳細をチェック
公式サイトへ

今使っているスマホをそのまま使える(場合がある)

現在利用しているキャリア版のスマートフォンは、格安SIMでもSIMカードを挿し替えるだけでそのまま使える機種が多いのもメリットです。一部機種はSIMロック解除が必要ですが、今持っているスマホを再利用できるので、端末購入費用をかけずに申し込めます。

もちろん使えない機種もあるのですが、格安スマホの各社が「動作確認済み端末」のページを公開しており、独自に使えるか確認をとっています。利用できるかどうか確認したい場合は、まずはこれらのページをチェックしましょう。

自分でスマホを用意できる、もしくはセットで申し込める

今まで利用していたスマホは使わずに、家電量販店やオンラインショップでSIMフリースマホを購入し、その機種へSIMカードを挿して使うこともできます。また、格安SIMではSIMカードとスマートフォンのセット申し込みを受け付けているサービスも多いので、それらを利用するのもおすすめです。

セットで申し込む場合は割引のキャンペーンが開催されている可能性もあるので、どの格安スマホへ申し込むとお得になりそうかも比較しておくべきです。

乗り換えにおすすめ!タイプ別に格安スマホを比較

ここからは、乗り換えにおすすめの格安スマホをタイプ別に分けて紹介します。内容を比較して、自分に合ったプランを見つけてみましょう。

月額料金の安さが魅力の格安SIM・MVNO

まずは「格安SIMの中でも料金が安い」MVNOを紹介。とにかく安く使いたい方はこちらをチェックしてみてください。

DMM mobile(DMMモバイル)

DMM mobile(DMMモバイル)は、月額料金の安さが魅力の格安スマホ。通話SIMの最安料金は月額1,232円と安く、その他容量コースも最安級の月額料金で提供されているのが特長です。格安SIMはdocomo回線網を利用しています。

通話面では10分かけ放題オプション(月額918円)に対応しており、SIMカード複数枚で1つのプラン容量をシェアして使える「3枚コース」も用意。シンプルながら通話や複数台利用にも使いやすいので、おすすめのSIMカードの1つです。

シングルコースの格安SIM料金プラン

DMM mobile
シングルコース
月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金
データSIM
SMSあり
月額料金
通話SIM
高速通信容量通信速度SIM枚数
ライトプラン476円638円1,232円-最大200kbps1枚
1GBプラン519円681円1,361円1GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2GBプラン832円994円1,491円2GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
3GBプラン918円1,080円1,620円3GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン1,307円1,469円2,063円5GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
7GBプラン2,009円2,171円2,765円7GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
8GBプラン2,139円2,301円2,895円8GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン2,366円2,528円3,122円10GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
15GBプラン3,543円3,705円4,299円15GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン4,299円4,461円5,055円20GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚

終了日未定
14,000円分ギフト券プレゼント
SIMチェンジ限定で最大14,000円分のamazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中!
★さらに今なら人気端末を大特価で購入できるチャンスです! 詳細をチェック
公式サイトへ

LINEモバイル(ラインモバイル)

LINEモバイル(ラインモバイル)はdocomo回線、SoftBank回線の格安スマホを提供中。通話SIMの最安プランはLINEフリープランで月額1,296円となっており、高速通信が1GB利用できるコースの中では屈指の安さです。

LINEモバイルの特徴は「データフリー」。プランに応じて対象機能の利用ではデータ容量を消費しないサービスで、例えばコミュニケーションフリープランならLINE、Twitter、Facebook、Instagramの対象機能が高速データ通信消費としてカウントされなくなります。

LINEアプリでの音声通話・ビデオ通話、LINEトークでの画像・動画送受信もデータフリー対象となるので、特にSNSのヘビーユーザーは通信容量を節約できるのがポイントです。

LINEモバイル 月額料金

LINEモバイル月額料金 データSIMプラン SMSなし月額料金 データSIMプラン SMSあり月額料金 通話SIMプラン
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
LINEフリープラン 1GB540円670円1,296円1GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
コミュニケーションフリープラン
3GB
-1,199円1,826円3GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
MUSIC+プラン
3GB
-1,955円2,582円3GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
コミュニケーションフリープラン
5GB
-1,772円2,398円5GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
MUSIC+プラン
5GB
-2,312円2,938円5GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
コミュニケーションフリープラン
7GB
-2,484円3,111円7GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
MUSIC+プラン
7GB
-2,916円3,543円7GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
コミュニケーションフリープラン
10GB
-2,852円3,478円10GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚
MUSIC+プラン
10GB
-3,176円3,802円10GB/月下り最大:375Mbps
上り最大:50Mbps
1枚

2019.1.31まで
新・月300円キャンペーン!
キャンペーン期間中に音声通話SIMの契約・利用開始で
月額基本利用料3カ月間最大1,502円割引!
月額324円でSNS使い放題!
そのほか「年末年始大感謝祭」としてLINEポイントのプレゼントや
HUAWEI P20 liteが5,400円引きで購入できる
キャンペーンも実施中! 詳細をチェック
公式サイトへ

イオンモバイル(イオンスマホ)

イオンモバイル(イオンスマホ)も、月額1,221円からの通話SIMを提供する激安スマホサービスの1つ。docomo回線とau回線のプランを提供していますが、タイプ1プランなら月額基本料金は同等です。通話面では、イオンでんわ10分かけ放題(月額918円)のほか、データ通信専用プランでも申し込めるIP電話のかけ放題「050かけ放題」も提供しており、安く電話をかけることも可能です。

4GB以上のプランは複数枚のSIMカードでデータ容量をシェアできる「シェア音声プラン」もあるので、家族や複数台での運用もおすすめ。

イオンモバイル タイプ1 月額料金

イオンモバイル月額料金データプランSMS付きデータプラン
(docomoのみ)
音声プランシェア音声プラン最大通信速度SIM枚数
500MBプラン
-
-1,221円

-・docomo
下り788Mbps/上り50Mbps
・au
下り370Mbps/上り25Mbps
1枚
1GBプラン
519円671円
1,383円
-
・docomo
下り788Mbps/上り50Mbps
・au
下り370Mbps/上り25Mbps
1枚
2GBプラン843円
995円1,491円
-
・docomo
下り788Mbps/上り50Mbps
・au
下り370Mbps/上り25Mbps
1枚
4GBプラン
1,059円
1,211円1,707円1,923円
・docomo
下り788Mbps/上り50Mbps
・au
下り370Mbps/上り25Mbps
最大5枚
6GBプラン1,599円1,751円2,139円2,463円・docomo
下り788Mbps/上り50Mbps
・au
下り370Mbps/上り25Mbps
最大5枚
8GBプラン2,139円2,291円2,895円
3,219円・docomo
下り788Mbps/上り50Mbps
・au
下り370Mbps/上り25Mbps
最大5枚
12GBプラン2,895円3,047円3,543円
3,867円・docomo
下り788Mbps/上り50Mbps
・au
下り370Mbps/上り25Mbps
最大5枚
20GBプラン4,299円4,451円5,055円
5,379円・docomo
下り788Mbps/上り50Mbps
・au
下り370Mbps/上り25Mbps
最大5枚
30GBプラン5,811円5,963円6,567円6,891円・docomo
下り788Mbps/上り50Mbps
・au
下り370Mbps/上り25Mbps
最大5枚
40GBプラン8,079円8,231円8,619円8,943円・docomo
下り788Mbps/上り50Mbps
・au
下り370Mbps/上り25Mbps
最大5枚
50GBプラン1万1,124円1万1,276円1万1,664円
1万1,988円
・docomo
下り788Mbps/上り50Mbps
・au
下り370Mbps/上り25Mbps
最大5枚

イオンモバイル
業界最安値クラスの料金プラン
イオンモバイルはデータプランは516円から、音声プランは1,220円から利用できます。最大容量は50GB。最大5枚のSIMカードで利用できるシェア音声プランも。ご家族みなさんでイオンモバイルに乗り換えてみてはいかがでしょうか⁈ 詳細をチェック
公式サイトへ

かけ放題込みのセットプランを提供しているMVNO

次に「もともとのプランにかけ放題が付属している」SIMカードを紹介します。通話もそこそこかける方におすすめの格安スマホですが、代表的な3つがY!mobile、UQモバイル、楽天モバイルです。

Y!mobile(ワイモバイル)スマホプランS/M/L

Y!mobile(ワイモバイル)では、国内通話10分かけ放題がセットになった「スマホプランS/M/L」を提供しています。1年目ならかけ放題付きで月額2,139円からと安く、オプションで「スーパーだれとでも定額(月額1,080円)」を追加すれば、時間も無制限で国内通話がかけ放題に。docomo、au、SoftBankで時間無制限のかけ放題を利用していた方は、Y!mobileでも同じように使えます。

2018年9月1日からプラン改定が行われ、月額料金はそのままでデータ容量が増量。かけ放題セットプランの中ではおすすめの1つです。

Y!mobile月額料金高速通信容量SIM枚数
スマホプランS2,139円(利用開始翌月から12カ月以降:3,219円)3GB/月(2年経過後:2GB/月)最大3枚
スマホプランM3,219円(利用開始翌月から12カ月以降:4,299円)9GB/月(2年経過後:6GB/月)最大3枚
スマホプランL5,379円(利用開始翌月から12カ月以降:6,459円)21GB/月(2年経過後:14GB/月)最大3枚
データプランS
2,139円1GB/月最大3枚
データプランL
3,992円7GB/月最大3枚
スマホベーシックプランS
(最低契約期間なし)
5,919円3GB/月(2年経過後:2GB/月)最大3枚
スマホベーシックプランM
(最低契約期間なし)
6,999円9GB/月(2年経過後:6GB/月)最大3枚
スマホベーシックプランL
(最低契約期間なし)
9,159円21GB/月(2年経過後:14GB/月)最大3枚
データベーシックプランS
(最低契約期間なし)
4,299円1GB/月最大3枚
データベーシックプランL
(最低契約期間なし)
6,152円7GB/月最大3枚

期間:終了日未定
音声SIM限定!最大2万552円割引キャンペーン
新規または他社から乗り換えでY!mobileの音声SIMを単体契約すると、基本料からスマホプランS:最大1万368円、スマホプランM/L:最大1万5,552円割引!
さらに下記限定ページからのMNP申し込みで5,000円還元中! 詳細をチェック
公式サイトへ

UQモバイル(ユーキューモバイル) おしゃべりプランS/M/L

UQモバイル(ユーキューモバイル)は、au回線を利用した格安スマホ。5分かけ放題が付属した「おしゃべりプランS/M/L」を提供しており、1年目なら月額料金はY!mobile同様2,139円から利用可能です。UQモバイルも2018年12月1日からデータ容量増量を予定していますが、先がけて9月1日から同様のデータ容量で使えるキャンペーンが開催されているのでお得に申し込めます。

Y!mobileよりもかけ放題時間が短いというデメリットがありますが、Y!mobileはSoftBank回線網、UQモバイルはau回線網を利用しています。au回線を利用したいならUQモバイルを選びましょう。

UQモバイル月額料金
データ+SMSプラン
月額料金
音声通話プラン
高速通信容量通信速度SIM枚数
データ高速プラン1,059円1,815円3GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
データ無制限プラン2,139円2,895円無制限送受信最大500kbps1枚
おしゃべり/
ぴったりプランS
-2,139円
(14カ月以降は3,219円)
最大3GB
(増量オプションを利用した場合。26カ月以降は1GB)
受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
おしゃべり/
ぴったりプランM
-3,219円
(14カ月以降は4,299円)
最大9GB
(増量オプションを利用した場合。26カ月以降は3GB)
受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
おしゃべり/
ぴったりプランL
-5,379円
(14カ月以降は6,459円)
最大21GB
(増量オプションを利用した場合。26カ月以降は7GB)
受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚

期間:終了日未定
SIMチェンジ限定!最大13,000円分キャッシュバック!
「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」「データ高速+音声」の申し込みで、SIMチェンジ限定で最大13,000円キャッシュバック!
詳細をチェック
キャンペーンサイトへ

楽天モバイル スーパーホーダイ

楽天モバイルではdocomo回線とau回線の格安SIMを提供していますが、かけ放題込みの「スーパーホーダイ」はdocomo回線のみで利用できるプラン。国内通話10分かけ放題が付属し、お得に電話をかけられます。

スーパーホーダイは、最低利用期間が長い契約の方が安く、会員のクラスが高いほど安くなります。例えば、ダイヤモンド会員かつ最低利用期間3年の契約であれば、1年目は月額1,059円からとなり、安さの面では他社を圧倒しています。楽天会員かつ最低利用期間2年の契約でも、Y!mobileやUQモバイルと同等の月額料金なので、かけ放題セットのプランではおすすめSIMの1つです。

また、月間の高速データ通信容量を使い切ったあとも、12:00~13:00と18:00~19:00以外は最大1Mbpsの通信が使える点もポイント。このような特典はY!mobileやUQモバイルにはないので、楽天モバイル スーパーホーダイを使うメリットです。

スーパーホーダイ 月額料金

プラン名最低利用期間ダイヤモンド会員
(1年目・対象月のみ)
楽天会員
(1~2年目)
非会員
(1~2年目)
25カ月目以降
プランS
(2GB)
3年1,059円/月1,599円/月2,139円/月3,219円/月
2年1,599円/月2,139円/月2,679円/月
1年2,139円/月2,679円/月3,219円/月
プランM
(6GB)
3年2,139円/月2,679円/月3,219円/月4,299円/月
2年2,679円/月3,219円/月3,759円/月
1年3,219円/月3,759円/月4,299円/月
プランL
(14GB)
3年4,299円/月4,839円/月5,379円/月6,459円/月
2年4,839円/月5,379円/月5,919円/月
1年5,379円/月5,919円/月6,459円/月
プランLL
(24GB)
3年5,379円/月5,919円/月6,459円/月7,539円/月
2年5,919円/月6,459円/月6,999円/月
1年6,459円/月6,999円/月7,539円/月

2019.2.14 9:59まで
2019年新春スマホ割引キャンペーン
人気のAQUOS sense lite SH-M05が899円/月から購入可能。さらに、iPhone SEやZenFone 5などの人気機種も、今だけの特別価格で販売中! 詳細をチェック
公式サイトへ

au回線の格安SIM

以前はdocomo回線を利用した格安スマホがほとんどでしたが、最近はau回線を利用したSIMプランも増えてきました。初期から存在していたUQモバイル、mineo Aプランだけなく、現在はさまざまなプランが登場しているので、人気の格安SIMをピックアップして紹介します。

UQモバイル(ユーキューモバイル)

UQモバイルのプランはすでに紹介したので割愛しますが、au回線を利用した格安SIMとしては代表格の1つです。家電量販店にコーナーが設置されていたり、最近はauショップの中にコーナーが併設されていたりと、実店舗で申し込みできる場所が多いのも強みです。

また、UQモバイルは最近の通信速度テスト結果をみても安定したスピードが出ており、速度を重視するならおすすめの乗り換え先です。

mineo(マイネオ)Aプラン

mineo(マイネオ)は3キャリアの回線網を提供するマルチキャリアMVNOとして有名で、au回線も取り扱っています。月額料金も3回線の中ではau回線 Aプランがもっとも安く、音声対応SIMのデュアルタイプは月額1,415円から利用可能です。

通話面では「mineoでんわ 10分かけ放題(月額918円)」にも対応。またユーザー間でデータ容量を分けあえるパケットギフト機能を提供するなど、余ったデータ容量を有効活用できる点も強みです。au回線網を提供した格安SIMとしては古株で、au回線のSIMカードを提供している乗り換え先としてはこちらもおすすめの1つ。

mineo au回線プラン(Aプラン)月額料金

mineo
auプラン(Aプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
シングルタイプ
データ+
SMS
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量SIM枚数
500MB756円756円(SMS付帯料なし)1,415円500MB/月1枚
3GB972円972円(SMS付帯料なし)1,631円3GB/月1枚
6GB1,707円1,707円(SMS付帯料なし)2,366円6GB/月1枚
10GB2,722円2,722円(SMS付帯料なし)3,381円10GB/月1枚
20GB4,299円4,299円(SMS付帯料なし)4,958円20GB/月1枚
30GB6,372円6,372円(SMS付帯料なし)7,031円30GB/月1枚

2019.1.31まで
mineo人気オプションが最大2カ月無料
mineoで使える超ストレージなどの新オプションや、
人気のオプション、10分かけ放題などが最大2カ月無料!詳細をチェック
公式サイトへ

IIJmio(みおふぉん)タイプA

IIJmio(みおふぉん)はdocomo回線の格安スマホとしてスタートしましたが、現在はau回線網を利用したタイプAも提供しています。音声通話機能付きSIMは月額1,728円から運用可能で、小容量プランであってもSIMカードを追加してデータシェアができる点は魅力です。

「通話定額オプション」を申し込めば、3分もしくは10分の国内通話かけ放題も利用可能。また、通話定額オプション利用時に同一mioID間の通話であれば、定額時間が10分もしくは30分へ延長されるので、これらを活用して家族間の安い通話サービスとしても使えます。

タイプA 月額料金

IIJmio タイプA月額料金
データ通信専用SIM
月額料金
SMS機能付きSIM
月額料金
音声機能付きSIM
高速通信容量SIM枚数
ミニマムスタートプラン-972円1,728円3GB/月2枚
ライトスタートプラン-1,641円2,397円6GB/月2枚
ファミリーシェアプラン-2,764円3,520円12GB/月最大10枚

2018.1.31まで
3カ月間音声SIM540円・3GB増量&初期費用1円
初期費用3,240円が1円!
3カ月間データ3GB増量&音声通話SIM1,188円×3カ月割引で月額料金がワンコイン〜! 詳細をチェック
公式サイトへ

BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)タイプA

BIGLOBEモバイル(ビッグローブSIM)もdocomo回線を提供する格安SIMでしたが、母体のビッグローブ株式会社がKDDIの子会社となり、ブランドも一新されたのちau回線のAプランも提供開始されました。

データSIM+SMSと音声通話SIMの月額料金はdocomo回線のタイプDプランと同様で、通話機能付きプランは月額1,512円から利用できます。また6GB/月以上のプランは「BIGLOBE Wi-Fi」の利用ライセンスが1つ無料でもらえるので、活用次第では外出先でもデータ容量を節約しながら快適にインターネットが使えます。

BIGLOBEモバイルの格安SIM料金プラン(タイプA)

BIGLOBEモバイル タイプA月額料金
データSIM
月額料金
データSIM+SMS
月額料金
音声通話SIM
高速通信容量通信速度SIM枚数
音声通話
スタートプラン
--1,512円1GB/月
受信時最大958Mbps
送信時最大112.5Mbps
1枚
3ギガプラン
(旧:エントリープラン)
-1,102円1,728円3GB/月受信時最大958Mbps
送信時最大112.5Mbps
最大5枚
6ギガプラン
(旧:ライトSプラン)
-1,696円2,322円6GB/月受信時最大958Mbps
送信時最大112.5Mbps
最大5枚
12ギガプラン
-3,046円3,672円12GB/月受信時最大958Mbps
送信時最大112.5Mbps
最大5枚
20ギガプラン-4,990円5,616円20GB/月受信時最大958Mbps
送信時最大112.5Mbps
最大5枚
30ギガプラン-7,420円8,046円30GB/月受信時最大958Mbps
送信時最大112.5Mbps
最大5枚

2019.2.3まで
BIGLOBEモバイルなら\特典総額最大2万8,218円/
月額料金値引きキャンペーン&SIMチェンジ限定キャッシュバックで最大2万8,218円(税込)お得!
クーポンコード「EFC」を申込時に入力ください。
今なら音声通話SIMの申込で初期費用も無料に! 詳細をチェック
公式サイトへ

イオンモバイル(イオンスマホ)au回線

月額料金の安さが魅力のイオンモバイルはすでに紹介しましたが、au回線網を利用したプランも提供しています。月額料金はdocomo回線網のプランと同等なので、auプランの中でも安さが魅力です。

イオンモバイル
業界最安値クラスの料金プラン
イオンモバイルはデータプランは516円から、音声プランは1,220円から利用できます。最大容量は50GB。最大5枚のSIMカードで利用できるシェア音声プランも。ご家族みなさんでイオンモバイルに乗り換えてみてはいかがでしょうか⁈ 詳細をチェック
公式サイトへ

QTmobile(QTモバイル)Aタイプ

QTmobile(QTモバイル)は、九州電力グループの株式会社QTnetが提供する格安スマホ。mineo同様docomo、au、SoftBank回線の格安SIMを提供する、3キャリア対応MVNOです。

通話プランは10分かけ放題(月額918円)のオプションに対応。月額料金に関しては、ほとんどのコースでmineo Aプランの方が安いです。

QTmobileのau回線(Aタイプ)月額料金

QTモバイル Aタイプデータ+通話コースデータコース(SMS付き)
1GB1,566円/月864円/月
3GB1,674円/月972円/月
6GB2,430円/月1,674円/月
10GB3,510円/月2,754円/月
20GB5,292円/月4,536円/月
30GB7,452円/月6,696円/月

期間:終了日未定
ばり得キャンペーン実施中!

2019年5月31日までに6GBプラン新規申し込みで12カ月目までの月額料金が大幅割引!3GBプランと同じ金額に!
すべての回線&音声/データSIMに対応!

★さらにSIMチェンジ限定特典★
申し込みの際、エントリーコード欄に「BBZZ00000000」、クーポンコード欄に「QTMAFCP」と入力して「データ+通話」コースを契約した方に商品券8,000円プレゼント

詳細をチェック
公式サイトへ

Fiimo(フィーモ)Aプラン

Fiimo(フィーモ)は四国電力系の株式会社STNetが提供する通信サービス。docomo回線とau回線の2種類の格安SIMを提供するマルチキャリアMVNOで、両回線で月額料金は共通です。

通話面ではFiimoおトクでんわ 10分かけ放題(月額918円)を提供。グループ内で繰り越したデータ容量を分けあえられるパケットシェアなど、さまざまなサービスに対応しています。

Fiimo Aプラン月額料金
データ通信タイプ
月額料金
データ通信(SMS機能付き)タイプ
月額料金
音声&データ通信タイプ
高速通信容量通信速度SIM枚数
3GB972円1,134円1,728円3GB/月Aプラン:受信最大225Mbps/送信最大25Mbps
Dプラン:受信最大225Mbps/送信最大50Mbps(Xi相当)、受信最大14Mbps/送信最大5.7Mbps(FOMA相当)
1枚
6GB1,728円1,890円2,484円6GB/月Aプラン:受信最大225Mbps/送信最大25Mbps
Dプラン:受信最大225Mbps/送信最大50Mbps(Xi相当)、受信最大14Mbps/送信最大5.7Mbps(FOMA相当)
1枚
10GB2,862円3,024円3,618円10GB/月Aプラン:受信最大225Mbps/送信最大25Mbps
Dプラン:受信最大225Mbps/送信最大50Mbps(Xi相当)、受信最大14Mbps/送信最大5.7Mbps(FOMA相当)
1枚
20GB4,536円4,698円5,292円20GB/月Aプラン:受信最大225Mbps/送信最大25Mbps
Dプラン:受信最大225Mbps/送信最大50Mbps(Xi相当)、受信最大14Mbps/送信最大5.7Mbps(FOMA相当)
1枚
30GB6,696円6,858円7,452円30GB/月Aプラン:受信最大225Mbps/送信最大25Mbps
Dプラン:受信最大225Mbps/送信最大50Mbps(Xi相当)、受信最大14Mbps/送信最大5.7Mbps(FOMA相当)
1枚

2019.1.21まで
ダダも よろこビックリキャンペーン
「音声&データ通信タイプ」の申し込みで月額基本料金を利用開始月の翌月から6カ月間540円割引!
さらに今ならiPhoneシリーズが大特価キャンペーンでお得に購入できます!
詳細をチェック
公式サイトへ

J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)

J:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)は、株式会社ジュピターテレコムが提供する格安スマホ。docomo回線のDプランとau回線のAプランを提供しており、Aプランに関しては端末セットプランが申し込みできます。

J:COM MOBILE
スマホセットプラン
月額料金 通話SIM
長期契約タイプ
月額料金 通話SIM
標準契約タイプ
高速通信容量通信速度SIM枚数
0.5GB1,058円1,490円500MB/月下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
5枚
3GB2,138円(スタート割)
1,058円(スタート割、LG Wine Smart)
13カ月目以降:3,218円
3,974円3GB/月下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
5枚
5GB3,218円(スタート割)
2,138円(スタート割、LG Wine Smart)
13カ月目以降:4,298円
5,054円5GB/月下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
5枚
7GB4,298円(スタート割)
3,218円(スタート割、LG Wine Smart)
13カ月目以降:5,378円
6,134円7GB/月下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
5枚
10GB5,378円(スタート割)
4,298円(スタート割、LG Wine Smart)
13カ月目以降:6,458円
7,214円10GB/月下り最大225Mbps
上り最大25Mbps
5枚

期間:終了日未定
J:COM MOBILEスタート割
J:COM MOBILEスマホセット(長期契約タイプ) に新規申し込みで、月額基本料金から1,080円×12カ月=12,960円割引!
5GB、7GB、10GBプランなら24カ月で25,920円割引! 詳細をチェック
公式サイトへ

SoftBank回線の格安SIM

最後に、SoftBank回線網を利用した格安スマホもいくつか紹介します。以前はau回線のプランより少なかったものの、最近はLINEモバイルやb-mobileが提供を開始しており、選択肢は増えています。

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobileはSoftBankの回線網を利用しており、ソフトバンク株式会社が提供する格安スマホのブランドです。以前からサービスを提供しているので、ショップが多かったり家電量販店にコーナーが設置されていたりすることが多く、申し込みやすいのも特徴の1つです。

本家のSoftBankと利用可能なエリアは同等ですが、SoftBank版のスマートフォンをY!mobileでも利用したい場合、基本的にはSIMロック解除が必要になるので確認しておきましょう。

mineo(マイネオ)Sプラン

mineoもSoftBank回線のSプランを提供していますが、月額料金はDプランやAプランよりも少し高めに設定されています。そのため、SoftBank版のスマートフォンをそのまま使う予定で乗り換える方向けといえます(一部機種はSoftBank版であってもSIMロック解除が必要)。

mineoのSoftBank(ソフトバンク)回線プラン「Sプラン」

mineo
ソフトバンクプラン(Sプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
シングルタイプ
データ+SMS
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量SIM枚数
500MB854円1,048円1,890円500MB/月1枚
3GB1,070円1,264円2,106円3GB/月1枚
6GB1,804円1,998円2,841円6GB/月1枚
10GB2,819円3,014円3,856円10GB/月1枚
20GB4,396円4,590円5,433円20GB/月1枚
30GB6,470円6,664円7,506円30GB/月1枚

2019.1.31まで
mineo人気オプションが最大2カ月無料
mineoで使える超ストレージなどの新オプションや、
人気のオプション、10分かけ放題などが最大2カ月無料!詳細をチェック
公式サイトへ

LINEモバイル(ラインモバイル)

LINEモバイルもSoftBank回線プランを2018年7月よりスタート。月額料金はdocomo回線プランと同様なので安く、データフリー機能もすでに対応済みなのでお得に使えます。

ソフトバンク版のiPhoneはiPhone 5s以降のモデルならSIMロック解除なしで使えるので、現在ソフトバンクでiPhoneを利用している方の乗り換え先としておすすめです。

2019.1.31まで
新・月300円キャンペーン!
キャンペーン期間中に音声通話SIMの契約・利用開始で
月額基本利用料3カ月間最大1,502円割引!
月額324円でSNS使い放題!
そのほか「年末年始大感謝祭」としてLINEポイントのプレゼントや
HUAWEI P20 liteが5,400円引きで購入できる
キャンペーンも実施中! 詳細をチェック
公式サイトへ

b-mobile(ビーモバイル)S

b-mobile(ビーモバイル)はdocomo回線の格安スマホサービスでしたが、現在はSoftBank回線のSIMカードも提供しています。

「ジャストフィットSIM」はSoftBank回線でも珍しい変動型プランで、使ったデータ容量に応じて月額料金が変化します。月額1,069円スタートなので通話機能が使えるプランとしては安くおすすめですが、大容量データを使うと他社より高くなる可能性もあるので注意が必要です。

b-mobile S 990 ジャストフィットSIM

b-mobile S
ジャストフィットSIM
月額料金
データ通信専用
月額料金
SMS付き
月額料金
音声付き
高速通信容量通信速度SIM枚数
1GBまで--1,070円1GB/月制限なし1枚
2GBまで--1,609円2GB/月制限なし1枚
3GBまで--2,149円3GB/月制限なし1枚
4GBまで--2,689円4GB/月制限なし1枚
5GBまで--3,229円5GB/月制限なし1枚
6GBまで--3,769円6GB/月制限なし1枚
7GBまで--4,309円7GB/月制限なし1枚
8GBまで--4,849円8GB/月制限なし1枚
9GBまで--5,389円9GB/月制限なし1枚
10GBまで--5,929円10GB/月制限なし1枚
11GBまで--6,307円11GB/月制限なし1枚
12GBまで--6,685円12GB/月制限なし1枚
13GBまで--7,063円13GB/月制限なし1枚
14GBまで--7,441円14GB/月制限なし1枚
15GBまで--7,819円15GB/月制限なし
※設定上限値(規定値は10GB)に達した場合は低速
1枚

b-mobile
iPhone/iPadのデータ通信が206円/月〜!
iPhone/iPadのデータ通信が206円/月から、使った分だけ支払う段階制料金の「190Pad SIM」やdocomo/SoftBank回線の音声SIMを1,070円/月から利用できる「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」など、魅力的なプランがたくさん!
詳しくは公式サイトで! 詳細をチェック
公式サイトへ

H.I.S. モバイル

H.I.S.Mobile株式会社の格安スマホ・H.I.S. モバイルでは、docomo回線とSoftBank回線を利用した格安SIMを提供しています。通話対応プランは3種類。

b-mobileを提供する日本通信株式会社からも資本が投入されていることもあってか、b-mobileといくつかのプランで似ている点が多いのも特徴です。

きままベストチョイスプラン

 docomo回線利用時SoftBank回線利用時
500MBまで1,021円1,296円
2GBまで1,404円1,836円
6GBまで2,052円2,592円
10GBまで3,024円3,888円
20GBまで4,860円5,940円
50GBまで8,640円設定なし

電話かけ放題プラン

 docomo回線利用時SoftBank回線利用時
500MBまで1,674円1,944円
2GBまで2,106円2,538円
6GBまで2,754円3,186円
10GBまで3,726円4,590円
20GBまで5,562円6,426円
50GBまで9,288円
設定なし

ネットピタットプラン

 docomo回線利用時SoftBank回線利用時
1GBまで1,070円1,178円
2GBまで1,610円1,718円
3GBまで2,150円2,258円
4GBまで2,690円2,798円
5GBまで3,230円3,338円
6GBまで3,770円3,878円
7GBまで4,310円4,418円
8GBまで4,850円4,958円
9GBまで5,390円5,498円
10GBまで5,930円6,038円
11GBまで6,308円6,416円
12GBまで6,686円6,794円
13GBまで7,064円7,172円
14GBまで7,442円7,550円
15GBまで7,820円7,928円

キャリアから格安スマホへ快適に乗り換えよう!

格安スマホへの乗り換え方法と、おすすめの格安SIMについて紹介しました。MNP予約番号を取得したあとの手続きは基本的に同じなので、プランを比較して、お得に使える格安SIMへ乗り換えましょう!

格安SIMのプラン比較は、下記のSIM診断がおすすめ。簡単な質問に答えるだけでおすすめプランが分かるので、SIM選びに悩んでいる方はぜひお試しください。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい