1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホの販売代理店!ビジネスの仕組みと業者をチェック

格安スマホの販売代理店!ビジネスの仕組みと業者をチェック

格安スマホ

格安スマホ・格安SIMの利用者が急増する現在、代理店を募集している業者がいくつか見られます。個人でも始められる代理店のビジネスの仕組みはどのようになっているのでしょうか?今回は格安スマホの代理店ビジネスの仕組みと、募集している業者をまとめました。

格安スマホ・格安SIMの利用者が急増する現在、代理店を募集している業者がいくつか見られます。市場の急拡大を背景に個人でも始められる代理店を募集しているのですが、そのビジネスの仕組みはどのようになっているのでしょうか?今回は格安スマホの代理店ビジネスの仕組みと、募集している業者をまとめました。


格安スマホの代理店とは

pixta_19389403_M

格安スマホの通信事業者(MVNO)に代わり、スマホ端末・SIMカードの販売を行うお店です。すべてのMVNOが代理店を募集しているわけではなく、一部のMVNOに限られています。

各MVNO専用の代理店という形式をとっているお店もありますが、複数のMVNOを取り扱っている代理店もあります。特に、比較的新しく参入したMVNOは知名度やユーザー数がまだ少ないため専用の代理店を設けるのは難しいです。そこで、すでに営業している事業者に対して格安スマホのラインナップを増やしてみませんかという形で、お店に置いてもらう戦略を取ることが多いです。

代理店ビジネスの収益の仕組み

pixta_1543704_M

格安スマホの代理店ビジネスでは、主に単発の収益と継続的な収益を得ることができます。契約を獲得したときにインセンティブとして単発の収益が入ってくるのですが、契約者が継続的に利用を続けることで、ストック収益が継続的に入ってきます。

このストック収益は、契約者が止めない限りは何もしなくても手に入るので、一種の不労所得のようになるのが魅力的です。しかし、格安スマホ・SIM業界は競争も激化していて、金額が安いプランもどんどん登場してきています。定期的に契約を見直そうとするユーザーも多いので、契約を続けてもらうために何らかのテコ入れは必要になってくるでしょう。

代理店を募集している格安SIM業者

代理店を募集しているMVNOを見ていきましょう。MVNOごとに募集についての考え方は異なっているようで、格安スマホの知識がない初心者の方にも対応しているところと、すでにショップを運営している人を対象にしているところに分かれます。

もしもシークス

2013年に創業した、スマホ業界で初のLCC(ローコストキャリア)と銘打っているMVNOです。代理店は2015年10月時点で全国560店以上となり、現在でも積極的に代理店を募集しています。

もしもシークスの代理店システムの特徴は、リアル店舗型の販売スタイルと無店舗型の販売スタイルの両方が可能になっているという点です。無店舗型の販売とは、法人を対象にした企画提案営業のスタイルや、ウェブを活用したアフィリエイト型のマーケティングなどの手法を指します。店舗がなくても代理店ビジネスを行うことができるメリットがあります。

もしもシークスは初心者へのサポートも手厚いようで、格安スマホに知識のない方でもサポートしていくとしています。加盟店説明会を定期的に開催し、営業活動のプランニングも一緒に考えてくれるとのことです。代理店営業を行ったことのない方でも相談できます。

公式サイト:もしもシークス

スマモバ

東京・池袋に本社を置く、スマートコミュニケーションモバイルズ株式会社が運営するMVNOです。深夜から朝までがお得なナイトプラン、深夜から夕方まで高速通信が使い放題のプレミアムプランなど、時間帯によるプランがあることが特徴的です。

スマモバでは代理店と物件情報を募集しています。代理店募集に関しては、特に詳細な説明はなく、お問い合わせ画面から申し込む形式になっています。どちらかと言うと既にモバイルビジネスを手掛けている個人を対象にしている色合いが強く、既存のラインナップにスマモバを追加してみてはいかがでしょうというトーンです。よって、あまりスマホビジネスの初心者とは言えません。

公式サイト:スマモバ

U-mobile

株式会社U-NEXTが運営し、USENから独立したMVNOであるU-mobileも、販売代理店を募集しています。U-mobileは直営の店舗を構えるMVNOであり、店舗運営に関するノウハウはある程度もっていると思われます。店舗を構えるMVNOは楽天モバイルなど限られたところのみです。

こちらもスマモバと同じく、問い合わせ画面から申し込む形式になっています。やはり初心者向けへのサポートなどの情報はないので、すでにスマホをビジネスで扱っているところ向けと言えます。店舗運営のノウハウが聞けそうではあるものの、ビギナーに手取り足取りという雰囲気ではないので、プラスαの期待に留めた方がよさそうです。

公式サイト:U-mobile

格安スマホの代理店ビジネスは今後も拡大

pixta_16546773_M

格安スマホは代理店営業を通して、ユーザー数をさらに増加させていくものと予想されます。代理店営業は契約の際の単発収益に加え、契約者が利用し続けることによるストック収益が魅力的なビジネスです。MVNO同士での競争はさらに激しくなると思われますので、顧客に魅力的なプラン・サービスを継続的に打ち出していけるかがカギになるでしょう。