1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. iPhoneでプロジェクターを使う方法は?

iPhoneでプロジェクターを使う方法は?

更新日:2018.09.12

高機能なiPhone、ビジネスやサークル活動に活かしたいと考える人も多いですよね。今回は、iPhoneでプロジェクター投影をする方法をまとめてみました。iOS端末を直接接続したり、ネットワーク経由で接続することで、プロジェクターからiPhoneの画面をキャストできるんです!

iPhoneやiPadでプロジェクター投影をする方法をまとめています。iOS端末を直接接続したりネットワーク経由で接続することで、プロジェクターからiPhoneの画面をキャストすることが可能です。方法はいくつかあるので紹介していきます。

最近はモバイル用の持ち運び小型機種も発売されていますし、YouTubeで検索すれば自作をする方法も簡単に調べることができます。確認してみましょう。

iPhoneと既存のプロジェクターを接続する方法

まずはiPhoneと既存で利用しているプロジェクターを接続する方法です。VGAアダプタもしくはHDMIアダプタを使えば利用可能です。

Apple純正のLightning – VGAアダプタを利用する

まずはVGAアダプタを利用して接続する方法です。上記のYoutube動画でも簡単に説明していますが、iPhone5以降採用されている特有のLightning端子と、VGAケーブル(別売)をつないだプロジェクターの間に「Lightning-VGAアダプタ」をかませます。

apple lightning vga adapter
出典:Apple Lightning-VGAアダプタ

Appleのオンラインストアでも購入できますし、Amazon.co.jpなどでも販売されています。ただし、VGAケーブルの場合はオーディオ出力はできないので注意しましょう。

Apple純正のLightning – HDMIアダプタを利用する

次はHDMIアダプタで接続する方法です。HDMIのケーブル(別売)をプロジェクターに繋ぎ、Lightning-HDMIアダプタを間に挟んでiPhoneと接続します。こちらもAppleのオンラインストアやAmazon.co.jpで購入が可能で、ビデオ出力およびオーディオ出力両方できます。

apple lightning hdmi adapter
出典:Apple Lightning-Digital AVアダプタ

iPhone5以前の古いiOS端末を利用している場合は、30ピンドックコネクタ用のDigital AVアダプタを利用しましょう。

30 pin apple hdmi
出典:Apple 30ピンDigital AVアダプタ

VGAアダプタやHDMIアダプタをかませて接続する方法は、プロジェクション・システムだけでなくテレビやディスプレイなどにも物によっては接続可能で、様々な場所にiPhone/iPadの画面を映したい場合には便利です。

iPhone対応の小型プロジェクターを使う

手軽にプロジェクターを利用したいなら、小型のiPhone対応プロジェクターを利用する方法もあります。無線接続に対応しているのものもあるのでチェックしておきましょう。

AirPlay対応のプロジェクター

iOS端末にはAirPlayミラーリングというApple TVやAirPlay対応デバイスにiOSデバイスの画面を映す機能がありますが、こちらを利用可能なプロジェクターがあります。「Pocket Theater」などがあります(iOSバージョンは要確認)。


出典:ロマン商会株式会社 商品紹介

iPhoneに接続するプロジェクター

iPhoneに直接接続できるプロジェクターもあります。これらは手軽に持ち運べるものが多いので、外出して使う時におすすめです。例えばサンワダイレクトの「400-PRJ020」があります。


出典:サンワダイレクト

キューブ型の「Smart Beam」もあります。ここまでくるとかなり小型ですね。有線・無線対応なのがうれしいところ。


出典:Smart Beam

他にも1万円前後で購入できるものなど、激安のタイプも存在します。小型のものは、先ほど紹介した「Smart Beam」のように無線接続対応でない限りは、VGAアダプタやHDMIアダプタをかませる必要のあるものが多いです。

iPhone用のプロジェクターを自作する

プロジェクターのクオリティを求めるというよりも、家庭で簡単に自作を楽しみたい方には朗報。実はiPhoneに限らず、スマートフォンや写真を映し出すプロジェクターは作れます。(実際に作成する際は、安全に留意して行いましょう!)

上記はスマートフォン用のプロジェクターを作るDIY動画。虫眼鏡や靴を購入したときの箱を使ったお金のかからない方法で、スマホから約60インチ級のプロジェクションを実現しています。実際に使う際にはBluetoothスピーカーにつなぐなど工夫は必要ですが、これだけでも結構なものが作れますね。

下記の動画で紹介されている材料などを見ても、ほとんどお金を使わずに作れるのがポイントです。100円ショップで大抵のものは手に入ります。

iPhoneをプロジェクターとつないで活用の幅を広げよう!

iPhoneでプロジェクターを利用する方法はいくつかありますが、現実的に利用するにはAirPlayなどで無線接続ができるものか、もしくはVGA/HDMIコネクタなどを経由させて利用するのが無難かもしれません。といいつつ、自作は実用性は別としても作る楽しさがあるので、お子さんや友だちとぜひ挑戦してみましょう。

iPhoneを安く使うなら格安SIMがおすすめ。自分にあったプランを選ぶには、下記の「おすすめ格安SIM比較診断」をお試しください。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい