1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. IP電話ならどのMVNO(格安SIM)通話がいいの?

IP電話ならどのMVNO(格安SIM)通話がいいの?

SIMフリー

目からウロコ!低速であるほうが安定した通信ができIP電話には向いてる。格安SIMカードのMVNOなら通信速度150Mbpsで通信量無制限でIP電話通話ができる!

スマートフォンが登場してきてからデータ通信で無料で会話をするという方法が一般的に認知されたくさんの方がいろいろな方法を試してきました。
そこで今回はデータ通話に相応しい回線を探してみましょう。

name

現在の携帯電話料金

あなたは毎月いくらスマートフォンの支配をしていますか?使用分よりもたくさん払っていませんか?

通話にいくらかかっていますか?

現在あなたはいくらスマートフォンの利用にお金を払っていますか?

月に5000円とか6000円とかもっと払っている方もいるのではないですか?

よく考えてみてください。毎月家のインターネット料金にスマートフォン料金、さらには家族みんなでスマートフォン使っていたりしていませんか?



すると毎月数万円インターネットやスマートフォンに使っていることになります。
利用する為には料金が発生するのは仕方がないことだと思います。しかし、本当にそれだけのお金を支払う必要があるのでしょうか?

通話定額使ってますか?

必要もないのに加入させられてませんか?


今スマートフォンを使っている方の中には電話を特に使う方もいらっしゃると思います。その方は今大手キャリアのプランである、電話かけ放題の定額プランを積極的に使っていくと今までよりも節約できて良いかもしれませんね。



しかし、一方では、そんなに電話を使うことがない、もしくは電話機能なんてなくてもLINEやメール、Facebookがあるからそれで良いという方がいます。
これらの方は電話基本料金が毎月無駄になっています。



もちろん、緊急の時などは電話を使うことがあるので、あるには越したことがないのですが、あまりにも無駄なお金を払っているように思います。

海外の人とも通話が必要なことありませんか?

また、お仕事で海外の方と連絡を取る方、または、家族が海外にいたりなど、海外通話を使う方もいらっしゃいます。

その場合はとても高額な料金で電話をするわけですが、現在の大手キャリアの通話定額では海外は適用になりません。ですので、別途料金が発生していると思われます。



これらの方にまずオススメしたいのがIP電話です。

そんな方にはIP電話がオススメ

インターネット電話で電話料金を安くする方法があります。

IP電話とは?

この電話はインターネット通信を通じて行う電話になります。

050番号が与えられたり、または同じアプリケーション内でニックネームを使ったりして相手を特定して電話をかけることができます。



複数人で会話したりすることもできます。

現在までは050の番号に馴染みがあまりないために使う人も少なめでした。

また、使っているところも企業などが主であった為なおさら自分に結びつかない人もいたと思います。

IP電話の国内料金

このサービスの特徴の一つとして料金が非常に安いというメリットがあります。

同じアプリケーション内での通話であれば何時間会話をしても料金は0円だったり、また、国内の一般電話や、携帯電話への料金も安いため
特にこれがメリットになります。



また、基本的にはインターネット回線を使う為、インターネット定額サービスなどを利用できることから手軽さもメリットですね。



料金はだいたいこのあたりからになります。

一般固定電話
3分8円あたりから
携帯電話
30秒8円あたりから

サービスの提供会社により料金は変わります。

IP電話の海外料金

海外への電話をされる方もいらっしゃると思います。

海外への通話は定額サービスなどは特になく通話料金は高額になります。
だいたい、一般電話からの電話ですと、国によっても違いますが1分50円から高いところでは300円近くかかったりします。

携帯電話から通話してもやはり1分が50円以上からかかります。

光インターネットの光電話を使用しても劇的に安い料金ではありません。

それが、インターネットを使って電話すると国が違っても同じアプリケーションでの会話であれば無料になりますし、050番号で電話をしても1分6円からの料金で通話ができるサービスもあります。

格安SIMカードと合わせてでさらに節約

では、使用するためにはどうすればよいでしょう。

必要な環境

まず、インターネット回線を使い通話をします。ですので、インターネットが使えるということは絶対条件です。

どんなインターネット回線をでも良いかというとそうではありません。
インターネット回線でも通信速度の速い回線や、遅い回線があります。
もちろん、速い回線の方が良いです。
しかし、速いだけではいけません。安定して速度が保てる回線が必要なのです。

現在のスマートフォン回線では、ずっと速い速度が保てているように錯覚しますがそうではありません。
使用する回線環境で速度や安定度が変わってきます。



よく、スマートフォンの電波調査などと雑誌で取り上げられていることがあります。
A社の電波はどこどこの駅では速いがどこどこの場所では速度が遅かったとか、D社の回線はお昼の時間は全く遅かった、あるいはS社はほとんど繋がらなかったなど評価されていたりします。

これは、その時間その場所でどれだけの人達がその回線を同時に使っているかなどの環境によって通信速度が大きく変わっているということを表しています。

docomo、au、softbankのプランの規制

現在大手キャリアである、docomo、auの回線を使いとても安い金額でデータ通信回線を提供しているのがMVNOになります。

このMVNOは回線こそはdocomoやauですが、提供しているプランが大きく違います。



Docomoやauでは通話定額、データ通話をプランとして提供しています。
その内容は1ヶ月間に契約のある通信容量しか高速通信ができないこと、直近3日間の通信が1GBを超えると通信速度を低速に落とされることなどの制限があります。
低速に落とされてしまうと回線速度は128Kbpsになります。

直近3日間の通信が1GBを超える
1日間通信速度が128Kbpsになってしまう
契約通信容量を超過してしまう
通信速度が128Kbpsになってしまう

これはIP電話には向いていません。
つまりたくさん使って規制が入ると高速通信が使えず高い料金で電話をするしかなくなってしまうということです。

高い通信料金を払ってさらに高い電話料金を払う、すごく贅沢ですね。



ですがこんな贅沢したいと思っている方はまずいません。
そんなお金があれば貯金したいですし、日々の生活に回したいですね。

データ単位は?

1000B(バイト)≒1KB(キロバイト)

1000KB(キロバイト)≒1MB(メガバイト)

1000MB(メガバイト)≒1GB(ギガバイト)

1000GB(ギガバイト)≒1TB(テラバイト)

1000TB(テラバイト)≒1PB(ペタバイト)

1000PB(ペタバイト)≒1EB(エクサバイト)

1000EB(エクサバイト)≒1ZB(ゼタバイト)

1000ZB(ゼタバイト)≒1YB(ヨタバイト)

大手キャリアよりもMVNOの方が実は良い

上記でも示した通り、大手キャリアには使いづらい制限があります。すると、MVNOは大手キャリアの回線を使って通信していますので一見格安SIMであるMVNOに変えても意味が無いように思えます。それはMVNOは大手キャリアの回線を使うので結果は同じと思えるからです。
しかし、実際は違います。MVNOの各社では大手キャリアの回線を使ってはいますがそれをより使いやすくいろいろなプランを展開しいろいろな工夫を凝らしているからです。

必要な速度としてはだいたい256Kbpsくらいの速さが必要です。また、それと同時にPINGという応答速度というものも良くなくてはいけません。

大手キャリアよりもMVNOが優れている点として、低速ながら規制のないプランがあるという点です。
これが大きなメリットになります。

例えば通信速度3Mbpsを維持しており、PING応答速度も安定しているプランや、通信量無制限のプランなどがあります。
どちらかというと比較的低速であるほうが安定した通信ができるようなのでそちらの方がI向いてると思います。

オススメ格安SIMサービス

ぷらら

通信無制限プランで3Mbpsが安定している模様。IP電話に良いようです。

月額2980円通信速度3Mbps通信量制限なし
月額972円通信速度150Mbps通信量は1日あたり70MBまで
0〜30.5MB月額390円
30.5MB以上月額2550円
通信速度150Mbps1日あたり100MBまで
月額2036通信速度150Mbps1日あたり100MBまで
月3GBまで

ワイヤレスゲート

激安な価格を打ち出しているワイヤレスゲートですが、通信速度が250Kbpsのはずのときでも300Kbps出たりして良好なようです。

プランSMS月額料金最大通信速度
(ベストエフォート)
LTEの月間データ
通信量制限
480円プラン445円+税250kbps
480円プランSMS機能付き445円+139円+税250kbps
920円プラン852円+税150Mbps2GBに増量
(2015年1月1日~)
920円プランSMS機能付き税別852円+139円+税150Mbps2GBに増量
(2015年1月1日~)
1,380円プランSMS機能標準付帯1,278円+税150Mbps4GB
2,480円プランSMS機能標準付帯2,297円+税150Mbps5GB
5,490円プランSMS機能標準付帯5,084円+税150Mbps10GB

UQmobile

まだ、サービスが始まったばかりですがau系で無制限プランを打ち出しています。
300Kbpsでの通信で規制がありません。
速度も最低限ありますし、低速でのサービスなので安定力もあるのではないでしょうか?

プラン月額料金通信速度月間通信量
データ高速プラン980円150Mbps2GB
データ高速+音声通話プラン1680円150Mbps2GB
データ無制限プラン1980円300Kbps無制限
データ無制限+音声通話プラン2680円300Kbps無制限

注意これらは加入者数や時間帯によって変わります。従って時間が経てば環境が大きく変わってくるため、速度や安定度が落ちてしまう場合もあります。
その場合はまた、速度、安定度の良いサービスに乗り換えるようにしましょう。

まとめ

今まで高額な料金を払ってきたみなさんはこれからは無駄をなくしてお金を大切にする方法を知りました。

また、料金が安くなるばかりでなく、使用する利便性があることも知りました。これからはMVNOを利用したIP電話を賢く使って無駄を省いたスマートフォンライフを送りましょう。



あなたの使い方にピッタリのプランが見つかるはずです。それではシミュレーションをしてみましょう