1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. IIJmioひかりの口コミ評判・料金まとめ|キャンペーン・メリットや注意点も解説

IIJmioひかりの口コミ評判・料金まとめ|キャンペーン・メリットや注意点も解説

インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供するIIJmioひかり。NTT東西から卸し受けた固定光回線とプロバイダサービスをセットにしたお得なインターネットサービスで、格安SIM「IIJmio(みおふぉん)」とのセット割もあります。今回は月額料金や初期費用、速度評判などをまとめてみました!

格安SIM「IIJmio(みおふぉん)」をセットで利用すると割引も受けられるIIJmioひかりはお得なインターネットサービスです。初期費用や工事費、オプションなど気になることをいろいろチェックしていきましょう。

IIJmioひかりとは

「IIJmioひかり」とは、IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供する固定回線インターネットサービスです。NTT東日本、西日本が提供する光回線を使い、自社のプロバイダサービスと一緒に提供する「光コラボ」となっています。

フレッツ光からなら乗り換え費用も安く抑えられ、格安SIM「IIJmio(みおふぉん)」提供会社ならではの「mio割」というセット割もあります。まずは初期費用と工事費を見てみましょう。

IIJmioひかりの初期費用

初期費用
新規:864円
転用:1,944円

「新規」は文字どおり新規で申し込む場合で、「転用」は、すでにフレッツ光を利用している方が乗り換えることを指します。初期費用の金額はキャンペーン特典などがあると割引になることもあるのでチェックしておきましょう

IIJmioひかりの工事費

有派遣工事(工事担当者が家に来る)
ファミリータイプ(戸建て向け)の場合:1万9,440円
マンションタイプ(集合住宅向け)の場合:1万6,200円
無派遣工事(工事担当者が家に来ない)
2,160円

工事費に関しては、転用の場合は通常工事費は不要です。新規の場合は戸建て向けか集合住宅向けで異なります。

回線を引く建物の状況や土日、早朝、夜間工事などで金額も変化するので、詳しい内容は申込後の電話コンサルティングで教えてくれます。

IIJmioひかりの月額料金

ファミリータイプ(戸建て向け)
5,356円
マンションタイプ(集合住宅向け)
4,276円

IIJmioひかりのプランは2種類に大きく分かれており、戸建て住宅向けの「ファミリータイプ」と、集合住宅向けの「マンションタイプ」に分かれています。

基本は3戸以下の建物がファミリータイプとなり、4戸以上がマンションタイプとなります。建物の状況によっては例外もあるようなので、このあたりは申し込みの際にあらかじめ確認しておくと良いでしょう。(利用可能エリアを確認したい場合は、お問い合わせ窓口から連絡することで案内してくれます。)

プロバイダ料金を合わせて上記の月額料金になるので、通信料金はお得でしょう。

mio割:ネットと格安SIMで割引に

格安SIM「IIJmio(みおふぉん)高速モバイル/Dサービス」を同時に利用することで、毎月648円の割引を受けられる「mio割」もあります。つまり自宅のインターネットも格安SIMもIIJmioにまとめるとよりお得になる、という仕組みです。

実はNTT東西が提供しているフレッツの光回線サービスも安いプロバイダ(ISP)と定期契約による「にねん割」などを合わせると、光コラボの月額料金とほとんど変わらないケースもあります。

そういった意味でも「格安SIMやそのほかサービスと組み合わせていかに割引を使い、いかに安く抑えるか」というのが、光コラボのインターネットサービスをお得に利用する上でのポイントになります。

機器レンタル

IIJmioひかりでは機器レンタルも行っており、月額324円で「1ギガ対応無線LANルータ」もしくは「ひかり電話対応ルータと無線カード」をレンタル可能です。

ユーザー自身で用意する場合には電話コンサルティングの際に不要な旨を伝えると良いですが、自前で持っている、もしくは他からレンタルするようなことがない限りはほとんど申し込むことになるでしょう。

IIJmioひかり電話

ひかり電話サービスも提供しています。NTTから払い出された電話番号(加入電話およびISDN等)やひかり電話で利用している電話番号なら、携帯電話と同じようにナンバーポータビリティ(同番移行工事費2,160円)を利用して引き継ぐことが可能です。

NTT以外から払い出された番号(直収電話やIP電話)はひかり電話へ引き継げません。このあたりは電話コンサルティング、もしくは申し込み前に直接電話やメールでの問い合わせで確認しておくのがベストです

mioひかり電話の基本費用
基本月額料金:540円/月
通話料:8円/3分~(税別)

ひかり電話利用には別途工事費が発生しますが、IIJmioひかりと同時申し込みであれば「基本工事費」の部分は発生しません。

有派遣工事(工事担当者が家に来る)
基本工事費:4,860円
交換機工事費など:3,780円
無派遣工事(工事担当者が家に来ない)
基本工事費:1,080円
交換機工事費など:1,080円

ひかり電話オプション

電話に関するオプションは以下のとおり。非通知番号のブロックや迷惑電話ブロック機能などを提供しています。

IIJmioひかり電話付属オプションサービス

発信元番号通知432円/月
非通知番号ブロック216円/月
割り込み電話着信324円/月
迷惑電話ブロック216円/月

ひかり電話付属オプション工事費も2,160円ありますが、IIJmioひかりと同時申し込みの場合は発生しません


  1. つまりは後から追加で何個も申し込むと工事費がかさむ可能性があるので、ひかり電話を利用したいならIIJmioひかりを申し込む時点で必要なサービスを決めて同時に加入しておくのがベストですね。

最低利用期間と解約金

最低利用期間は24カ月。24カ月以内に解約する場合には、解除調定金として5,000円(不課税)が発生します。

IIJmioひかりの速度・口コミ・評判

IIJmioひかりの回線速度は最大1Gbps。もちろん回線を引く場所・環境などによって最大速度は異なります。理論値なので通信速度を保証するものではありませんが、「フレッツ光のギガサービスと同じ最大通信速度を提供している」というのが1つのポイントです。

速度が遅いとの口コミは本当か

一部ユーザーで「IIJmioひかりの回線速度が低下している」という口コミをネットで見かけた方もいるかもしれません。これについては技術的な面での原因などを、IIJエンジニアの公式ブログ「てくろぐ」が公開しています。

IIJmioひかりの混雑の理由とバイパス手段(IPoE・DS-Lite対応)-てくろぐ-

これらの現象は他者の光コラボ固定通信でも発生事例がTwitterなどで報告されていることを確認できたので、IIJのみに限ったことではない、というのは抑えておくべきポイントでしょう。

技術的な説明は上記のブログを参照していただきたいのですが、簡単に言うと「混雑による速度低下の原因は設備の増設によって改善を目指し、別途『IPoEオプション』を利用することでも回避できる」ということです。

IPoEオプション

混雑による速度低下は装置の増設によって対処できるとしていますが、ユーザーが増えればその分また混雑によって速度が低下する可能性もあります。IIJは設備増設にも取り組んでいますが、別の対策として「IPoEオプション」を利用することで回避できるとしています。


出典:てくろぐ

単純に言うと接続の方法を変えると混雑する部分の原因が改善されるので、結果的に高品質の通信環境が見込めるというのが「IPoEオプション」です。ただし、こちらのオプションに関してはDS-LiteによるIPv4接続を利用する場合には対応機器を用意する必要があったり、オプション料金が864円/月かかる部分には注意しておく必要があるでしょう。

ユーザーレビューなどを見ると設備面での増設後はしっかり速度が出るようになったという声も確認できたので、IIJの改善状況を見ても「もし回線が遅かった場合の応急処置」的なオプションと考えておくと良いかもしれません。

IIJmioひかりは本当にお得?

ここまでは基本プランやオプション、通信速度の部分について解説しましたが、結局IIJmioひかりを使うとお得なのでしょうか?

例:マンションタイプ(集合住宅向け)月額料金

  • IIJmioひかりネット代:4,277円
  • IIJmioデータSIMミニマムスタートプラン:972円
  • mio割:-648円
  • 合計:4,277円+972円-648円=4,601円

工事費などを考えなければ、税込でも月額5,000円以内におさまります。音声通話機能のついたSIMカードでもセットで5,000円台におさまります

この金額で格安スマホの通信・通話が使えて、さらに自宅ネットは使い放題ということを考えると、両方乗り換えると安くなる可能性が高いユーザーが多いのではないでしょうか。

格安SIMセットの月額料金

SIMカードと同時利用した場合の月額料金をまとめてみました。目安としてください。

マンションタイプ+音声通話機能付きSIM
5,357円/月(ひかり4,277円 + SIM1,728円 – mio割△648円)
ファミリータイプ+音声通話機能付きSIM
6,437円/月(ひかり5,357円 + SIM1,728円 – mio割△648円)

IIJmioひかりとIIJmio(みおふぉん)を組み合わせるとお得!

IIJmioひかりとIIJmioのみおふぉんやデータ通信をセットで契約してmio割にすると、5,000円台で格安スマホの通信・通話が使えて、さらに自宅ネットは使い放題です。

ひかり電話も検討している場合は、なるべく同時に申し込むことをおすすめします。あとから工事費が追加されないのでお得ですよ。

2019.9.30まで
4カ月間音声SIM1,080円割引&初期費用1円
初期費用3,240円が1円!
音声通話SIM1,080円×3カ月割引で月額料金が648円から!
SIMチェンジ限定で月額料金割引がプラス1カ月で4カ月間に!
詳細をチェック
公式サイトへ
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい