1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMフリー「HUAWEI Mobile WiFi E5577」モバイルルーター発売

SIMフリー「HUAWEI Mobile WiFi E5577」モバイルルーター発売

WiFi

2017年4月7日、約1万円ながらNTTドコモのLTEプラチナバンドなどに対応した「HUAWEI Mobile WiFi E5577」が登場。SIMフリー仕様で、モバイルバッテリーとして使える機能も搭載しています。スペックや対応バンドなど、詳しく見ていきましょう!

約1万円ながらNTTドコモのLTEプラチナバンドなどに対応した「HUAWEI Mobile WiFi E5577」が登場。SIMフリー仕様で、モバイルバッテリーとして使える機能も搭載しています。国内大手家電量販店やECサイト、MVNOなどで取扱あり。

気になるスペックや対応バンドをチェックしておきましょう。

170517_huawei mobile
出典:HUAWEI

HUAWEI Mobile WiFi E5577、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーター発表

ファーウェイ・ジャパンは、日本国内にてSIMロックフリーのモバイルWi-Fiルーター「HUAWEI Mobile WiFi E5577」を発売することを発表。約1万円ながら多くの国内・海外通信バンド/周波数帯に対応しており、日中十分利用可能な最大約12時間の連続通信、また、別売のOTGケーブルを利用すればスマホやタブレットへ給電もできます。

HUAWEI Mobile WiFi E5577のスペック

Wi-Fi接続は最大10台まで。1.45インチのディスプレイを搭載している他、専用アプリ「HUAWEI HiLink」を利用すればスマートフォンやタブレットからE5577を起動したり、バッテリー残量の確認などが可能となっています。

機種名HUAWEI Mobile WiFi E5577
本体サイズ58×96.8×17.3mm
重量約112g
カラーホワイト
バッテリー容量3,000mAh
OSWindows Vista SP1 以降
Mac OS 10.7以降
microSDカード最大32GB対応
SIMカード標準SIM
ディスプレイ1.45インチ TFT
連続待受時間最大約600時間
連続通信時間最大約12時間
同時接続台数Wi-Fi接続10台 / USB接続1台
通信ネットワークFDD LTE: B1, B3, B5, B7, B8, B19, B20
WCDMA: B1, B2, B5, B6, B8, B19
GSM: 850,900,1800,1900MHz
最大通信速度LTE: 150Mbps
Wi-Fi: 300Mbps
付属品本体充電用ACアダプター、充電用USBケーブル

HUAWEI Mobile WiFi E5577の価格

E5577の価格は税込約1万円です。2017年4月7日発売なので、かなり新しい機種ですね。

HUAWEI Mobile WiFi E5577を取り扱うMVNO/格安SIM/販売ストア

MVNOでの格安SIMセット購入

ECサイト・通販サイト

  • Amazon.co.jp
  • ひかりTVショッピング
  • NTT-X Store
  • Caravan Yu
  • E-TREND
  • ムラウチドットコム

家電量販店(web販売も含む)

  • 上新電機
  • ノジマ
  • PCデポ
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • ヨドバシカメラ

小型設計


出典:HUAWEI

クレジットカードサイズ(縦横)のボディとなっており、気軽に持ち運べるスリム設計がポイント。実寸サイズは約58×96.8×17.3mmで、重量も約112gとスマホと比べると軽量です。

大容量3,000mAhバッテリー&OTGケーブルでの充電機能


出典:HUAWEI

バッテリー容量は大容量の3,000mAh。連続通信時間は最大12時間と、日中ガンガン利用しても終日使える電池持ちは嬉しいポイント。


出典:HUAWEI

別売ですが、OTGケーブルを利用してスマートフォンと接続すれば給電も可能。スマホの電池がなくなりそうな時のモバイルバッテリーとして使えるので便利です。

国内外の対応バンドをカバー

  • FDD LTE: B1, B3, B5, B7, B8, B19, B20
  • WCDMA: B1, B2, B5, B6, B8, B19
  • GSM: 850,900,1800,1900MHz

NTTドコモ(band 19)のLTEプラチナバンドに対応しており、国内でも広範囲の通信エリア、多くのSIMカード(格安SIM)で使えるのもポイントです。最大通信速度(受信)はLTE通信時で150Mbps(Wi-Fi:最大300Mbps)ですが、約1万円ながら掴める対応バンドが多いのはメリット。

なおUSBテザリングにも対応しているので、より安定した電波の供給が必要な機器がある場合にはこちらも利用可能です。

スマホから確認可能なアプリ「HUAWEI HiLink」


出典:HUAWEI

専用アプリ「HUAWEI HiLink」を利用すると、対応スマートフォンやタブレットからバッテリー残量やデータ通信量などが確認可能。小型で持ち運びやすいモバイルWi-Fiルーターではありますが、一度バッグに入れてしまえば、わざわざ確認するために取り出さなくてOKです。

SIMフリーのモバイルWi-Fiルーター「HUAWEI Mobile WiFi E5577」は使える!

約1万円という低価格ながら、日本国内で運用できるコスパと性能を備えたモバイルWi-Fiルーター E5577。もし海外旅行の際にスマートフォンが電波対応していなければ、代わりにネットワークを掴んでスマホへ飛ばしたりと、国内外で活用できそうな端末となっています。ぜひ販売サイトをチェックしておきましょう!