1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 家族割引サービスを実施している格安SIM8社の比較!選ぶときのポイントは?

家族割引サービスを実施している格安SIM8社の比較!選ぶときのポイントは?

多くの格安SIMでは、家族で契約するとお得になる様々なサービスを設けています。この記事では、家族割引サービスがある格安SIMと選ぶ際のポイントをわかりやすく紹介しています。これから家族で格安SIMへの乗り換えを検討している人は必見です。

最近では格安SIMを提供する会社も増え、各社が競うように様々なキャンペーンやサービスを展開しています。

格安SIMは大手キャリアに比べて月額料金が安いことが魅力です。そのため、家族で格安SIMへの乗り換えを検討している人も多いのではないでしょうか。

多くの格安SIMでは、家族で契約するとお得になる割引サービスや料金プランを打ち出しています。

この記事では、家族割引サービスがある格安SIMの紹介や格安SIMを選ぶ際のポイントを解説していきます。

家族割引サービスがある格安SIMを選ぶときのポイント

格安SIMによって、家族のスマホ代がお得になるサービス内容や金額、適用条件などが異なります。

ここでは、家族割引サービスがある格安SIMを選ぶときのポイントを5つ紹介していきます。

割引の金額

多くの格安SIMは家族で契約するとお得になるサービスを導入していますが、各社で割り引きされる金額が異なります。

例えば、家族割引サービスを設けているワイモバイルとUQモバイル、mineoの3社で割り引きされる金額は次の通りです。

  • ワイモバイル:月額料金から500円割引
  • UQモバイル:月額料金から500円割引
  • mineo:月額料金から50円割引

ただし、適用条件が各社で異なるため、割り引きされる金額だけで格安SIMを選ばないようにしましょう。

割引が適用される回線数

家族割引が適用される回線数は、格安SIMによって様々です。例えば、ワイモバイルとUQモバイル、mineoの3社で割り引きが適用される回線数は次の通りです。

  • ワイモバイル:最大9回線まで
  • UQモバイル:最大9回線まで
  • mineo:最大5回線まで

家族割引が適用される回線数に限りがあるため、家族が多い場合は家族割がすべての回線に適用されない可能性があります。

また、格安SIMによっては主回線契約者は割り引きの対象外になる場合もあるため、適用条件などをきちんと確認しておくことが大切です。

家族間での通話割引

家族割引サービスを設けていなくても、家族間での通話料金が割り引きされるサービスを導入している格安SIMもあります。

例えば、LINEモバイルの場合は月額880円を支払うと1回につき10分以内の通話であれば無料になるサービスを設けています。

また、音声通話SIMで契約している場合は専用アプリを利用することで通常の通話料が半額になります。

データシェアサービスの有無

格安SIMによっては、家族間でデータをシェアできるサービスを設けています。

例えば、OCNモバイルONEの場合は主回線契約者のSIMカードを追加することでデータ容量をシェアできます。

イオンモバイルでも家族でデータをシェアできるキャンペーンを実施しており、4GBから50GBまで選択肢が豊富です。

フィルタリングサービスの有無

近年は、大手キャリアをはじめとする各事業者が小さい子ども向けのキッズケータイを販売しています。

未成年の家族がいるなら、Webページの閲覧を制限したいと考える人も多いのではないでしょうか。

このような場合、フィルタリングサービスがある格安SIMを選ぶと安心です。フィルタリングサービスを設けている格安SIMは、次の通りです。

  • UQモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • LINEモバイル

UQモバイルでは「あんしんフィルター for UQ mobile」を設けており、月額料金はかかりません。

家族割引を導入している格安SIM一覧

ここでは、家族割引を設けている格安SIMを紹介していきます。

割り引きが家族3人に適用された場合の料金や実施中のキャンペーンも紹介していくので、乗り換え先を検討する際に役立ててください。

ワイモバイルUQモバイルmineo
家族割引の金額2回線目以降
毎月500円割引
2回線目以降
毎月500円割引
主回線を含めた最大5回線まで
50円割引
通常の月額料金家族3人がスマホベーシックプランSで契約した場合、8,040円家族3人がスマホプランSで契約した場合、8,040円家族3人がデュアルタイプ(音声通話+データ通信)Aプランの3GBで契約した場合、4,530円
家族割引が適用された場合の月額料金家族3人がスマホベーシックプランSで契約した場合、7,040円家族3人がスマホプランSで契約した場合、7,040円家族3人がデュアルタイプ(音声通話+データ通信)Aプランの3GBで契約した場合、4,380円

ワイモバイル

出典:ワイモバイル

ワイモバイルでは、主回線契約者を除く副回線契約者の月額料金が最大9回線まで500円割り引きされるサービスを実施しています。

適用条件は、同じ姓や同じ住所の家族で各回線が次のような対象プランで契約することです。

  • スマホベーシックプラン
  • Pocket WiFiプラン2(ベーシック)
  • データベーシックプランL など

家族割引が適用されるのは最大9回線までで、主回線契約者が申し込み手続きする必要があります。

同じ姓や住所でなくても、姓が異なるパートナーや離れて暮らす家族にも適用されます。

例えば、家族3人がスマホベーシックプランSで契約した場合、通常の月額料金と家族割引適用後の月額料金は次の通りです。

通常の月額料金2,680円×3=8,040円
家族割引適用後の月額料金2,680円+2,180円×2=7,040円

家族割引が適用されると、毎月1,000円のスマホ代がお得になります。

また、ワイモバイルでは次のような様々なキャンペーンを実施中です。

キャンペーン名キャンペーン内容実施期間
paypayモールの利用で最大15%キャッシュバック
  • paypayモールを利用すると、最大15%相当がキャッシュバックされる
  • ただし、Enjyoyパックの加入が必要
2020年4月1日~未定
PayPayドームでPayPayを利用するとPayPayボーナスを付与
  • PayPayドーム内でPayPayを使って支払うと購入金額の半額相当のPayPayボーナスを付与
  • PayPayドームでの12試合が対象
新型コロナウイルスの影響のため対象試合は未定
ワイモバ学割
  • 月額料金が最大13ヶ月割引
  • 5歳以上18歳以下が対象
2019年11月29日~2020年6月1日
データ増量キャンペーン
  • 新規や乗り換え限定のキャンペーン
  • データ増量オプションの月額料金が1年間無料
2019年11月29日~未定

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

UQモバイル

出典:UQモバイル

UQモバイルでは、主回線契約者を除く副回線契約者の月額料金が最大9回線まで500円割り引きされるサービスを実施しています。

適用条件は、同じ姓や同じ住所の家族で各回線が次のような対象プランで契約することです。

  • スマホプランS
  • スマホプランM
  • スマホプランL

ただし、同じ姓や住所でなくても家族であることを証明できる書類を提出すれば家族割引が適用されます。

例えば、家族3人がスマホプランSで契約した場合、通常の月額料金と家族割引適用後の月額料金は次の通りです。

通常の月額料金1,980円×3=5,940円
家族割引適用後の月額料金1,980円+1,480円×2=4,940円

家族割引が適用されると、毎月1,000円のスマホ代がお得になります。

また、UQモバイルでは次のような様々なキャンペーンを実施中です。

キャンペーン名キャンペーン内容実施期間
UQ学割
  • 18歳以下の場合、スマホプランが月額980円から利用できる
  • UQ学割が適用されるのは13ヶ月間
2019年12月1日~2020年5月31日
データ増量キャンペーン
  • スマホプランのデータを最大3GB増量
  • キャンペーンが適用されるのは13ヶ月間
  • 「au ID」への登録が必要
2019年11月29日~未定
下取りキャンペーン
  • 利用中のスマホを下取りしてくれる
  • 機種変更や他社からの乗り換え限定
2018年8月29日~未定

【UQモバイル】最新キャンペーンはこちら

mineo

出典:mineo

mineoでは、主回線契約者を含む副回線契約者の月額料金が最大5回線まで50円割り引きされるサービスを実施しています。

適用条件は、同じ姓や同じ住所の家族で各回線が異なるeoIDを持っていることです。

例えば、家族3人がデュアルタイプ(音声通話+データ通信)Aプランの3GBで契約した場合、通常の月額料金と家族割引適用後の月額料金は次の通りです。

通常の月額料金1,510円×3=4,530円
家族割引適用後の月額料金1,460円×3=4,380円

家族割引が適用されると、毎月150円のスマホ代がお得になります。

また、mineoでは次のような様々なキャンペーンを実施中です。

キャンペーン名キャンペーン内容実施期間
月額基本料金6ヶ月間割引
  • 月額基本料金が6ヶ月間800円割引
  • 他社からの乗り換え限定
  • デュアルタイプで3GB以上のプランでの契約が必要
2020年2月1日~2020年5月31日
データ容量増量キャンペーン
  • 月間のデータ容量に1GB増量
  • 他社からの乗り換え限定
  • デュアルタイプで3GB以上のプランでの契約が必要
2020年2月1日~2020年5月31日
最大3,000円分の電子マネープレゼント
  • 最大3,000円の電子マネーギフトを進呈
  • 新規での契約限定
  • デュアルタイプでの契約と同時に対象端末の購入が必要
2020年2月1日~2020年5月31日
端末安心保証加入促進
  • 対象の端末保証サービスに申し込むと月額料金が3ヶ月無料
  • 対象の端末保証サービスは「mineo端末安心保証」または「mineo端末安心保証 for iPhone」
2020年3月3日~2020年8月31日
パケット放題最大2ヶ月無料パケット放題に申し込むと月額料金が最大2ヶ月無料になる2020年3月3日~2020年5月31日

【mineo】最新キャンペーンはこちら

家族向けのお得なプランを設けている格安SIM一覧

家族割引サービスを導入していないものの、家族向けのお得なプランを設けている格安SIMもあります。

家族向けの得なプランを設けている格安SIMを5社紹介していきます。

家族割引の金額BIGLOBEモバイルLINEモバイルIIJmioOCNモバイルONEイオンモバイル
割引の金額副回線契約者の月額料金が200円割引月額880円で1回につき10分以内の通話であれば無料通常3,260円のファミリーシェアプランが1,980円家族で契約するとお得にデータをシェアできる家族で契約するとお得にデータをシェアできる
通常の月額料金家族3人が3ギガプランで契約した場合、4,800円家族3人が1日1回の通話を10分した場合、36,000円主回線契約者がファミリーシェアプランで契約した場合、4,800円主回線契約者が音声対応SIMカード3GBで契約した場合、4,440円家族3人が音声8GBプランで契約した場合、8,040円
お得なプランが適用された場合の月額料金家族3人が3ギガプランで契約した場合、4,400円家族3人が1日1回の通話を10分した場合、2,640円主回線契約者がファミリーシェアプランで契約した場合、4,080円主回線契約者が音声対応SIMカード6GBで契約した場合、3,980円主回線契約者がイオンモバイルシェア音声30GBプランで契約した場合、7,380円

BIGLOBEモバイル

出典:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルでは、家族で契約するとお得になる家族会員サービスを設けています。

家族会員サービスとは、BIGLOBE会員1人に対して最大4人の家族を登録することで副回線契約者の月額料金が200円安くなるサービスです。

適用条件は主回線契約者となるBIGLOBE会員と生計をともにしていることで、姓や住所が異なる場合も利用できます。

例えば、家族3人が3ギガプランで契約した場合、通常の月額料金と割引適用後の月額料金は次の通りです。

通常の月額料金1,600円×3=4,800円
割引適用後の月額料金1,600円+1,400円×2=4,400円

割引が適用されると、毎月400円のスマホ代がお得になります。

また、BIGLOBEモバイルでは次のような様々なキャンペーンを実施中です。

キャンペーン名キャンペーン内容実施期間
音声通話SIM特典
  • 通常1,600円の3ギガプランが6ヶ月間0円になる
  • 新規、またはSIM変更の際に対象プランへの申し込みが必要
2020年4月1日~未定
端末セット特典
  • 7,000円相当のポイント還元
  • 対象プランの申し込みと同時に対象端末を購入
2020年4月1日~未定
エンタメフリーオプション初回申込特典
  • 最大6ヶ月間月額料金が無料
  • エンタメフリーオプションへの加入が必要
2020年4月1日~2020年5月31日

BIGLOBEモバイルを契約する!

LINEモバイル

出典:LINEモバイル

LINEモバイルでは、月額880円を支払うと1回につき10分以内の通話であれば無料になるサービスを設けています。

音声通話SIMで契約している場合は、専用アプリを利用することで通常の通話料が半額になります。

例えば、家族3人が1日1回の通話を10分した場合、通常の月額料金と割引適用後の月額料金は次の通りです。

通常の月額料金400円×30日×3=36,000円
割引適用後の月額料金880円×3=2,640円

割引が適用されると、毎月33,360円の通話料金がお得になります。

また、LINEモバイルでは次のような様々なキャンペーンを実施中です。

キャンペーン名キャンペーン内容実施期間
月額料金が最大2ヶ月無料
  • 月額料金が初月無料、2ヶ月目1,480円割引
  • 音声通話SIMベーシックプラン3GB以上の契約が必要
2020年2月19日~未定
データフリーオプションが最大2ヶ月無料
  • データフリーオプションの加入月と翌月の月額料金が無料
  • 音声通話SIMで対象のデータフリーオプションへの加入が必要
2020年2月19日~未定
新生活応援キャンペーン
  • 最大5,000円相当のLINE Pay、またはLINEポイントをプレゼント
  • 申し込み時にキャンペーンコードの入力が必要
2020年4月6日~2020年5月20日

LINEモバイルを契約する!

IIJmio

出典:IIJmio

IIJmioでは、家族で契約するとデータ容量をシェアできる料金プランを設けています。

例えば、主回線契約者がファミリーシェアプランで契約した場合、通常の月額料金と割引適用後の月額料金は次の通りです。

通常の月額料金(音声通話機能付きSIMミニマムスタートプラン)1,600円×3=4,800円
割引適用後の月額料金1,980円+700円×3=4,080円

割引が適用されると、毎月720円の月額料金がお得になります。

なお、通常のファミリーシェアプランは3,260円ですが、2020年5月31日までに申し込めば1,980円になるキャンペーンを実施しています。

また、IIJmioでは次のような様々なキャンペーンを実施中です。

キャンペーン名キャンペーン内容実施期間
スマホ100円セール
  • 対象端末が100円~購入できる
  • 新規で音声通話機能付きSIMの契約と対象端末の同時購入が必要
2020年2月3日~2020年5月31日
初期費用1円
  • 初期費用3,000円が1円になる
  • 新規で音声通話機能付きSIMの契約が必要
2020年2月3日~2020年5月31日
最大15,000円キャッシュバック
  • 契約するプランに応じて最大15,000円キャッシュバック
  • MNP乗り換え限定
2020年4月1日~2020年5月31日
通話オプション無料
  • 対象の通話オプションに加入すると7ヶ月間の月額料金が0円
  • 通常の月額料金は830円
2020年2月3日~2020年5月31日

IIJmioを契約する!

OCNモバイルONE

出典:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEでは、家族で契約するとデータ容量をシェアできる料金プランを設けています。

例えば、主回線契約者が音声対応SIMカード3GBで契約した場合、通常の月額料金と割引適用後の月額料金は次の通りです。

なお、割引適用後の月額料金は、家族でデータをシェアすることを前提に音声対応SIMカード6GBの場合で計算しています。

通常の月額料金1,480円×3=4,440円
割引適用後の月額料金1,980円+1,000円×2=3,980円

割引が適用されると、毎月460円の月額料金がお得になります。

また、OCNモバイルONEでは次のような様々なキャンペーンを実施中です。

キャンペーン名キャンペーン内容実施期間
SIMカード追加手数料無料
  • 最大4枚までの追加手数料が無料
  • 音声対応SIMカード、またはデータ通信専用SIMカードを新規で契約
2018年11月5日~未定

OCNモバイルONEを契約する!

イオンモバイル

出典:イオンモバイル

イオンモバイルでは、家族で契約するとデータ容量をシェアできる料金プランを設けています。

例えば、主回線契約者がイオンモバイルシェア音声30GBプランで契約した場合、通常の月額料金と割引適用後の月額料金は次の通りです。

なお、通常の月額料金は、音声8GBプランの場合で計算しています。

通常の月額料金2,680円×3=8,040円
割引適用後の月額料金5,980円+700円×2=7,380円

割引が適用されると、毎月660円の月額料金がお得になります。

また、イオンモバイルでは次のような様々なキャンペーンを実施中です。

キャンペーン名キャンペーン内容実施期間
3年学割
  • 3年間データ容量を1GB増量
  • 25歳以下が対象
2020年2月14日~2020年5月31日
春得キャンペーン
  • 契約の翌月から対象プランがお得にな
  • 26歳以上が対象
2020年2月14日~2020年5月31日

イオンモバイルを契約する!

格安SIMで家族割引を申し込むときの注意点

家族割引サービスを導入している格安SIMでは、割り引きされる金額や適用条件がそれぞれ異なります。

ここでは、格安SIMで家族割引を申し込むときの注意点を紹介していきます。

主回線契約者しか手続きできないケースがある

各事業者が設けている家族割引は、申し込みが必要な場合がほとんどです。家族割引を申し込む際には、主回線契約者しか手続きできないケースがあります。

例えば、mineoの場合は会員専用サポートページから申し込みできますが、主回線契約者しか手続きできません。

主回線契約者には割引が適用されないケースがある

家族割引や家族で契約するとお得になるプランを設けている格安SIMは多いですが、主回線契約者には割引が適用されないケースがあります。

例えば、ワイモバイルとQUモバイルは月額料金が500円安くなる家族割引サービスを設けていますが、主回線契約者は対象外です。

主回線契約者の解約で家族割引が打ち切られる

家族割引が適用されている格安SIMでも、家族の誰かが乗り換えを検討することがあるかもしれません。

主回線契約者が他社に乗り換えて解約した場合、家族割引が打ち切られるので注意しましょう。

ただし、他の家族が主回線契約者になることで家族割引が継続されるケースもあるため、各事業者の適用条件などを確認しておくことが大切です。

契約が複雑になる

格安SIMによっては、新規契約と同時に家族割引の申し込みができない可能性があります。

このような場合、主回線契約者の契約後にそれぞれの家族が順次乗り換え手続きをしなければなりません。

家族それぞれが異なる事業者で契約している場合は、MNP転出手続きなどをスムーズに行う必要があります。

他の割引サービスと併用できないケースがある

家族割引を設けている格安SIMでは、他の割引サービスと併用できないケースがあります。

例えば、mineoの場合は家族割引と複数回線割引の2種類の割引サービスを設けています。

割り引きされる金額はどちらも50円ですが、2つの割引サービスは併用できません。

お得になるサービス等を利用して家族で格安SIMに乗り換えよう

多くの格安SIMでは、家族割引サービスや家族で契約するとお得になるプランを設けています。

割り引きされる金額や適用条件は各事業者によって異なるため、複数社を比較して自身と家族に合った事業者を選ぶことが大切です。

また、各事業者では月額料金や端末の購入がお得になるキャンペーンも実施しているため、公式ホームページをチェックして家族でお得に乗り換えましょう。

各事業者によって申し込み方法は異なりますが、オンラインだといつでも好きな時間に申し込めます。

オンライン限定のキャンペーンもあるため、よりお得に格安SIMに乗り換えるならオンラインでの申し込みがおすすめです。

SHARE!!

あわせて読みたい