1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. DMMモバイル、HUAWEI P9とHUAWEI P9 liteを取り扱いへ

DMMモバイル、HUAWEI P9とHUAWEI P9 liteを取り扱いへ

更新日:2019.10.21

DMM mobileの格安SIMで「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」のSIMフリー新モデル2機種が発売決定!6月16日より申込受付を開始する予定となっているので、スペック・価格・おすすめポイントをまとめてチェック!

6月9日に日本国内発売が正式発表された「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」が、激安で有名な格安SIM「DMM mobile」で取り扱いへ!格安スマホのおすすめポイントを一足先に確認していきましょう!

2016年6月の記事です。

サムネイル画像の出典:mvno.dmm.com

DMM mobileがHUAWEI P9シリーズ発売へ

月額料金の安さが魅力の「DMMモバイル」ですが、注目のSIMフリースマートフォン新機種「HUAWEI P9」と、低価格のコスパ重視モデル「HUAWEI P9 lite」の取扱を発表!受付は2016年6月16日より開始予定です。

P9のスペックとおすすめポイント


出典:mvno.dmm.com

HUAWEI P9は、2016年に発表されたファーウェイの高性能スマホ。Kirin 955の高性能オクタコアCPUを搭載し、ライカとの共同開発したカメラが特徴的な新モデルとなっています。

機種名

HUAWEI P9
OSAndroid™ 7.0 / Emotion UI 5.0
デイスプレイ5.2インチ FHD 2.5D
CPUHUAWEI Kirin 955 (64-bit), Octa-core (4 x 2.5 GHz A72+ 4 x 1.8 GHz A53)
RAM3GB
ROM32GB
背面カメラ1200万画素×2 F値2.2 BSI CMOS
デュアルトーンフラッシュ
前面カメラ800万画素 F値2.4
microSDカードスロット最大128GB対応
電池3,000mAh
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac with Wi-Fi Direct
対応バンド
周波数
LTE:1/2/3/4/5/
6/7/8/12/17/19
/20/26/28/38/39/40
W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19
4バンドGSM
キャリアアグリケーション○(B1+B19、B3+B19、
B1+B3、B1+B8、B3+B8)
SIMカードnano SIM
測位方式GPS/AGPS/Glonass/Beidou
センサー加速度、コンパス、ジャイロ、環境光、近接、 HALL、指紋
本体サイズ145mm * 70.9mm * 6.95 mm (H x W x D)
重量144g
本体カラーミスティックシルバー、チタニウムグレー、レッド、ブルー

最新OSであるAndroid 6.0 Marshmallowを採用しており、プロセッサーには高性能の最新チップセット「Hisilicon Kirin 955」を搭載。

4コア(2.5GHz)×4コア(1.8GHz)のオクタコア仕様で、最大クロック数が2.5GHzのCortex-A72が爆速の処理速度を実現し、最大クロック数1.8GHzのCortex-A53がより省電力を助ける設計となっています。


出典:mvno.dmm.com

背面カメラにはライカと共同開発した1200万画素デュアルカメラを搭載。RGBセンサーとモノクロセンサーによってより多くの光量をとらえることで、多くの情報を含んだ美麗な写真の撮影が可能となっています。


出典:huawei

本体サイズは6.95mmの極薄、ベゼルは1.7㎜の超狭額縁設計となっており、5.2インチのフルHDと動画視聴に十分なスペックを備えながらも持ちやすい構造となっています。背面には指紋認証センサーも搭載。


出典:mvno.dmm.com

Wi-Fi接続機能は5GHz帯の802.11 acにも対応しているほか、LTEはキャリアアグリケーションにも対応。バッテリーも3000mAhと1日使うには十分な性能で、隙のない仕上がりになっています。


出典:mvno.dmm.com

DMMモバイルでは「グレー・シルバー」の2種類を格安SIMとセット販売予定です。

P9 liteのスペックとおすすめポイント


出典:mvno.dmm.com

HUAWEI P9 liteは前モデルのHuawei P8 liteの後継機種ですが、CPUには最大2.0GHzのオクタコアプロセッサー「Kirin 650」を採用しており、ディスプレイもフルHDに進化しています。

機種名

HUAWEI P9 lite
メーカーHUAWEI
画面サイズ5.2インチ FHD
CPUHuawei Kirin650 オクタコア (4×2.0GHz+4x1.7GHz)
OSAndroid™7.0 (With EMUI 5.0)
RAM2GB
ROM16GB
カメラ画質背面:1300万画素
前面:800万画素
micro SD スロット
SIMカードnano × 2
通信(LTE)LTE:1/3/5/7/8/19/28/40
W-CDMA:1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi802.11b/g/n(2.4GHz )
Bluetoothv4.1
バッテリー3,000mAh
入出力端子micro USB
サイズ146.8mm ×72 .6mm × 7.5 mm
重量147g
本体カラーブラック/ホワイト/ゴールド

CPUのKirin 650は16 nm FinFET+製造のオクタコアCPU。Cortex-A53を利用した最大クロック数2.0GHzのプロセッサーとなっており、前モデルHuawei P8 liteで採用されていた28nmプロセスのkirin 620からは大きなスペックアップが見て取れます。

1300万画素のSony製積層型CMOSセンサーを採用した背面カメラを搭載しており、フロントカメラも800万画素と高性能。多くの撮影モードを純正アプリに搭載しているので、様々なシーンで撮影に対応しています。


出典:mvno.dmm.com

指紋認証センサーを背面に設置しているほか、P9と同じく3000mAhの大容量バッテリーを搭載。1日しっかり使える仕様と同時にセキュリティ性能も高めています。


出典:mvno.dmm.com

本体カラーは「ブラック・ホワイト・ゴールド」の3色を取り扱い。これだけのスペックを備えて3万円弱のSIMフリースマホとなっているので、日本国内で発売される格安スマホとしては売れ筋となること必至の機種と言えるでしょう。

DMM mobileは業界最安クラスの格安SIM

多くのMVNOが取扱を発表しているP9シリーズですが、格安SIMとセットでできるだけ安く運用するならDMM mobileがおすすめです。

DMM mobile
シングルコース
月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金
データSIM
SMSあり
月額料金
通話SIM
高速通信容量通信速度SIM枚数
ライトプラン440円‭590‬円1,140円-最大200kbps1枚
1GBプラン480円‭630‬円1,260円1GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2GBプラン770円‭920‬円1,380円2GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
3GBプラン850円1,000円1,500円3GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン1,210円1,360円1,910円5GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
7GBプラン1,860円2,010円2,560円7GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
8GBプラン1,980円2,130円2,680円8GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン2,190円2,340円2,890円10GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
15GBプラン3,280円3,430円3,980円15GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン3,980円4,130円4,680円20GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚

最安440円から利用できる圧倒的な安さが魅力の格安SIMで、選べる高速データ容量も最大20GBまで10種類を用意。

自分のインターネット利用状況に応じて選べるほか、8GB以上のプランはSIM複数枚での容量シェアもOKなので家族での利用やタブレットとのセット利用にもおすすめです。

通話料金もお得

「DMMトーク」という専用の通話アプリを提供しており、約半額の通話料金で電話をかけることができます。


出典:mvno.dmm.com

IP電話アプリと違い自分の電話番号を使えるので、間違い電話の勘違いもも減り通話品質も担保しているのでおすすめ。

低速時も快適なバースト機能

DMMモバイルでは専用アプリで高速通信のON/OFF切り替えが行えますが、低速通信時も「バースト転送」があるので快適です。


出典:mvno.dmm.com

3日間で366MBの制限があるので注意は必要ですが、たとえ低速に切り替えた状態でも読み込みは快適なので、これは他社と比較して大きなメリットです。

補償オプション

MVNOでの格安スマホセット購入が初めての方は不安かもしれませんが、DMMモバイルでは「端末交換オプション」を利用可能です。


出典:mvno.dmm.com

水濡れ故障などにも対応しているので、特に故障に敏感な方は一緒に申し込んでおくと良いでしょう。

DMMモバイルとHUAWEI P9シリーズ・まとめ

DMMの格安SIMは月額料金が特に安いので、なるべく格安スマホの費用を節約したいユーザーには特におすすめです。

その他のSIMカードは下の「SIMチェンジプラン診断」から比較してみましょう!

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい