1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. DMM mobile(DMMモバイル)の専用アプリで通信量を節約

DMM mobile(DMMモバイル)の専用アプリで通信量を節約

更新日:2019.04.25

DMM mobile(DMMモバイル)は通信容量を管理する「専用アプリ」を提供しています。アプリでは高速通信の切り替えが可能なほか、高速データ通信利用量や請求額がすぐに確認できたり、追加チャージの購入もできたりと大変便利です。何ができるのかチェックしましょう。

DMM mobile(DMMモバイル)はGoogle Play(Android)とAppStore(iOS/iPhone)で「専用アプリ」を提供しています。一度ダウンロードすればこのアプリひとつでいろいろなことがすぐにチェックできます。何ができるのかさっそく見ていきましょう。

DMM mobile(DMMモバイル)は専用アプリが便利

月額料金がお得な格安SIM「DMM mobile(DMMモバイル)」では、通話や通信の利用に便利な専用アプリ「DMM mobileツールアプリ」を提供しています。

iOSアプリ

  • 対応デバイス:iPhone5以降のiPhone端末
  • 動作環境:iOS7以降のOS

Androidアプリ

  • 対応デバイス:日本国内で正規販売のAndroidOS搭載端末
  • 動作環境:Android4.03以上のOS、CPU1GHz、メモリ1GB、本体ROM20MB以上の空き容量


  1. 使い方次第ではデータの節約ができて、さらに安く使えるかも♪機能をチェックしておきましょう。

DMM mobile(DMMモバイル)ツールアプリでできること

ツールアプリはさまざまな機能があります。ひとつずつご紹介します。

通信容量の確認

DMMの格安SIMには高速通信プランごとに月間で使える高速通信容量が決まっていますが、現在利用しているデータ容量と、その月に使えるデータ残量を簡単にAndroidスマートフォンやiPhoneで確認できるようになっています。

アプリを起動すると、高速データ通信の残量がグラフで確認できます。


出典:Google Play

シェアプランなどであれば、回線を切り替えてそれぞれの確認も可能です。


出典:Google Play

請求内容の確認

請求内容の確認画面は以下の通り。決済は当月5日までに行われ、通話料金やSMS通信料の金額は利用日の翌月23日に確定します。最大3か月分の請求内容が確認できるので便利。


出典:Google Play

高速データ通信残量通知

残量通知は月間のデータ容量が残り20%になった時点で、メール通知の設定をすることが可能です。もちろんアプリ内からでも確認できますが、ふとYoutubeの動画視聴や大容量ファイルのダウンロードを行った時でも、通知機能があれば安心ですね。


出典:Google Play

高速データ通信のON/OFF切り替え

アプリ内で「高速データ通信のON/OFF切り替え」が即時で可能なので、あまり高速通信を必要としないLINEメッセージなどを利用する際にはOFF、これでデータ容量の消費を抑えて節約することもできます。

追加チャージ

追加で高速データ通信量(100MB、500MB、1000MBから)をいつでも、どこでも今すぐチャージ購入可能です。

高速データ通信容量が足りなくなった場合の「追加チャージ」も簡単で、「今すぐチャージする」から進むだけです。


出典:Google Play

このように通信の管理を一括して行えるのがDMM mobileツールアプリのメリットです。現在の通信量が手軽に把握でき、シンプルな点がDMM mobileのアプリで評価されています。

DMM mobile(DMMモバイル)は「バースト機能」が使える

DMM mobile(DMMモバイル)の格安SIMは「バースト機能」を実装しています。この機能によって、低速通信に設定している場合でも、初速の読み込みが速くなります。


出典:バースト機能

初速のみ速いので動画ストリーミングなど長時間大容量のデータをダウンロードするサービスには不向きですが、テキストベースのウェブサイトなら比較的サクッと読み込みができるようになり、低速通信時も快適に利用可能になるという仕組みです。

このように低速通信でも十分快適なので、メッセージアプリやウェブサイト閲覧時にはすでに紹介した高速データ通信ON/FFアプリから低速通信に切り替えておくことで、データ残量を節約できるようになります。うまく利用すれば余ったデータ容量は翌月に繰り越すことが可能ですし、高速プランの容量を下げてさらに安く運用することもできるのでお得ですね。

「DMMトーク」アプリ

通信管理アプリ以外にも紹介しておきたいのが、通話割引が可能な専用アプリ「DMMトーク」。通常の通話料金は20円30秒(税別)ですが、こちらを利用すると約半額で通話を発信することが可能です。


出典:DMMトーク

「格安SIMは通話料金が高い」と思いがちですが、今ではDMMトークのような半額サービスもありますし、かけ放題オプションを提供するMVNOも増えてきています。

DMM mobile(DMMモバイル)に関しては2016年10月時点でかけ放題は提供していないので、ガンガン電話をかける方、というよりは、たまに電話をかける方には向いている格安SIMです。各高速プランの月額基本料金はMVNOでも最安級なので、データ通信をメインに利用する方はよりお得に使えるでしょう。

電話番号はそのまま表示される

DMMトークは「プレフィックス通話」を採用しています。これは通常の電話番号に番号を付加(DMMトークの場合は「0037-692」)することで通話を割引を実現しているのですが、IP電話と違い現在利用中の携帯電話番号を利用するので、相手型にはあなたの今使っている携帯電話番号がそのまま表示されます。IP電話の番号(050~など)は誰から着信したかわからないケースも多々あるので、そのまま番号表示してくれるのは大きなメリットです。DMMトークならこの不可番号である0037-692を自動で追加して発信してくれるので、難しい設定も必要ありません。

またIP電話とは違い、通話自体も電話回線を利用しているので、音声通話が途切れにくく音声通話品質も良いと一般的には言われています。このようにDMMトークは通話料金が半額になるだけでなく、安心して通話のできる環境が特徴です。

DMM mobile(DMMモバイル)のお得なアプリまとめ

既に紹介したように、通信の管理アプリや通話アプリでさらにお得に使えるのがDMM mobile(DMMモバイル)のSIMカードです。気になる月額料金や詳細は公式サイトから確認しておきましょう。

DMM mobile
シングルコース
月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金
データSIM
SMSあり
月額料金
通話SIM
※キャンペーン中
高速通信容量通信速度SIM枚数
ライトプラン476円638円1,232円-最大200kbps1枚
1GBプラン519円681円1,361円1GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2GBプラン832円994円1,491円2GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
3GBプラン918円1,080円1,620円3GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン1,307円1,469円2,063円5GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
7GBプラン2,009円2,171円2,765円7GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
8GBプラン2,139円2,301円2,895円8GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン2,366円2,528円3,122円10GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
15GBプラン3,543円3,705円4,299円15GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン4,299円4,461円5,055円20GB/月下り最大500Mbps
上り最大50Mbps
1枚
終了日未定
1万4,000円分ギフト券プレゼント
SIMチェンジ限定で最大1万4,000円分のamazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中!
★さらに今なら月額基本料金が最大3カ月間割引に!音声通話SIMなら最大1,298円×3カ月間=3,894円おトク! 詳細をチェック
公式サイトへ
注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!

あわせて読みたい