1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 「BIC SIM タイプA」au回線に対応した格安SIMが登場

「BIC SIM タイプA」au回線に対応した格安SIMが登場

SIMカード

「BIC SIM タイプA」ビックカメラから、au回線に対応した格安SIMが提供開始。IIJmio(みおふぉん)とコラボしたSIMパッケージとなっており、データ通信・SMS対応SIMだけでなく、音声通話機能付きプランにも対応します。無料Wi-Fiが使える点にも注目!

ビックカメラから、au回線に対応した格安SIM「BIC SIM タイプA」が提供開始。IIJ(インターネットイニシアティブ)とコラボしたSIMパッケージとなっており、データ通信・SMS対応SIMだけでなく、音声通話機能付きSIMプランにも対応します。

IIJmio(みおふぉん)がau回線に対応したことで実現したビックカメラのau回線プラン。月額料金と注目ポイントを確認しておきましょう。

BIC SIM タイプA、au回線に対応した格安SIMプランが登場

ビックカメラはIIJとコラボした格安SIM「BIC SIM(ビックシム)」を提供していますが、本家IIJmio(みおふぉん)のタイプA(au回線)提供開始に伴い、ビックカメラもau VoLTEに対応した新プラン「BIC SIM タイプA」の提供を開始しています。


出典:ビックカメラ

すでに提供中のドコモ回線同様、プランの月額料金や内容はIIJmio(みおふぉん)とほぼ同等となっていますが、ビックカメラのSIMカード独自の特徴である「Wi2 300」の公衆無線LANが使える特典あり。まずは概要を確認していきましょう。

BIC SIM タイプAはau回線・VoLTE対応のマルチSIM

BIC SIM タイプAは、au回線を利用した格安SIMサービスです。よって利用出来るエリアはauのLTE通信エリアと同じです。

SIMカードのタイプはマルチSIMとなっており、購入時にSIMサイズを確認しなくても外し方で標準・micro・nano SIMサイズに対応します。ちなみに他社MVNOへ提供されている格安SIM同様に、現状通話はau VoLTEに対応した端末で通話が可能です。

BIC SIM タイプAのプラン・月額料金

BIC SIM タイプAの月額料金は、IIJmio(みおふぉん)のau回線プランと同じです。データ通信SIMにはすでにSMS機能が付属しているほか、音声通話機能付きSIMカードにも対応。最大通信速度は370Mbpsとドコモ回線(タイプD)よりも速く、SIMカード複数枚での高速データ容量シェアにも対応しています。

IIJmio タイプA月額料金
データ通信専用SIM
月額料金
SMS機能付きSIM
月額料金
音声機能付きSIM
みおふぉん
高速通信容量通信速度SIM枚数
ミニマムスタートプラン-972円1,728円3GB/月下り最大370Mbps、
上り最大25Mbps
2枚
ライトスタートプラン-1,641円2,397円6GB/月下り最大370Mbps、
上り最大25Mbps
2枚
ファミリーシェアプラン-2,764円3,520円10GB/月下り最大370Mbps、
上り最大25Mbps
最大10枚

ドコモ回線プランとの大きな違いは「通信速度制限」の部分。タイプDの場合には高速データ通信容量(クーポン)利用時には通信速度が制限されませんが、au回線のタイプAに関してはクーポンの利用/未利用問わず、直近3日間で6GB以上のモバイルデータ通信利用があった場合に速度制限の対象になります。

プランの基本月間容量の最大がファミリーシェアプランの10GB/月なので3日間で6GBというと動画ストリーミングや大容量のファイルダウンロードなどを行わない限りは問題無いですが、ドコモ回線のプランとは3日制限の内容が少し異なるという部分は覚えておくべきでしょう。

Wi2 300の公衆無線LAN(Wi-Fi)に対応

BIC SIMシリーズ最大の特徴が「Wi2 300」の公衆無線LAN(Wi-Fiスポット)が使える特典ですが、ビックカメラが提供するタイプAプランにもWi-Fi利用権は無料で付属しています。こちらがIIJmio(みおふぉん)の本家SIMカードと比較して最大のメリットと言えます。


出典:Wi2 300

外出が多く、Wi-Fiスポットを利用したい方はビックシムを選ぶと良いかもしれません。

対応機種・端末・格安スマホ

タイプAはau回線のマルチSIMですが、IIJmio(みおふぉん)の仕様と同じで、以下の2点が重要です。

BIC SIM タイプAの対応端末
技術基準に適合したVoLTE対応SIMフリー端末
au VoLTE対応端末

基本はau VoLTE対応機種でないと使えないので注意しておきましょう。またauで購入したVoLTE対応端末に関しては「SIMロック解除」が必要です。この辺りも他のau系MVNOとほぼ同じですね。

BIC SIM タイプAの注意点は?

無料で公衆無線LANスポットが使えてお得なBIC SIM(ビックシム)ですが、使いたいサービスによっては注意点もあります。例えばIIJmio(みおふぉん)本家のサービスにはANAマイレージモール経由で「月額払いでマイルが貯まる」というサービスがありますが、これらはビックカメラのパッケージ経由から契約では使えません。

またキャンペーンに関しても、以前は「for イオン」のコラボSIMパッケージから契約したユーザーは特典対象外となっていたこともありました(10月には対象に変更されていました)。こういった側面もあるため、コラボSIMを契約する場合には「本当に本家IIJの格安SIMよりもお得か?」という部分を、キャンペーン内容などを見てチェックしておくのが重要と言えます。

公式サイト:IIJmio(みおふぉん)

au回線の格安SIM「BIC SIM タイプA」まとめ

「IIJmio(みおふぉん)のタイプAプランに公衆無線LANサービスが付いてくる」部分が魅力のBIC SIM タイプA。キャンペーンや申し込み時のサービス適用可否など細かい部分は異なるので、まずは本家のサービスを確認しておきましょう。

公式サイト:IIJmio(みおふぉん)