1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. iPhoneの通話が相手に聞こえない原因と対処法!おすすめ修理店も紹介!

iPhoneの通話が相手に聞こえない原因と対処法!おすすめ修理店も紹介!

更新日:2020.08.30

iPhoneの通話が相手に聞こえない原因と、対処法を解説します。対処法を実践しても解決できない場合のために、おすすめの修理店も併せて紹介します。どの修理店もおすすめできるお店ですので、iPhoneの通話音声が聞こえずに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

iPhoneを使用している人のなかには、通話の音声が聞こえなくなった経験のある人もいるでしょう。音声が聞こえないと会話ができないので、ストレスを感じることにつながりかねません。

iPhoneの通話の音声が聞こえない原因には、いくつかの原因があります。今後同じことが起こった場合も対処できるよう、原因と対処法を理解しておきましょう。

この記事では、iPhoneの通話の音声が聞こえない原因と、対処法を解説します。解決できなかった場合におすすめの修理店も紹介するので、解決方法が知りたい人はぜひ参考にしてください。

iPhoneで電話が聞こえない場合の原因

iPhoneで音声が聞こえない場合の原因には、様々な原因があります。今回は、相手の声が聞こえないケースと、自分の声が相手に聞こえないケースを解説します。

相手の声が聞こえない場合

まず、相手の声が聞こえない場合、考えられる原因は5個あるります。当てはまっていないか確認しましょう。

サウンド設定が原因

設定の部分で音量が小さくなっていると、相手の声は聞こえづらくなってしまいます。

サウンドの設定は、簡単に変更することが可能です。後ほど解説する方法を参考にして、サウンド設定が適切になっているか確認しましょう。

レシーバーやスピーカーに問題がある

レシーバーやスピーカーの部分にホコリが溜まっていたり、フィルムが被さっていると、音声が聞こえにくくなります。

レシーバーやスピーカーの部分にホコリなどが溜まらないよう、定期的に状態を確認しましょう。この場合、軽く掃除をすれば解決できることがほとんどです。

Bluetoothのペアリングに問題がある

BluetoothがiPhoneにペアリングされていると、接続に影響を及ぼしてしまい、音声が聞こえないこともあります。

必要性がないにも関わらずBluetoothをオンにすると様々な面で不利益を被るので、なるべくオフにしておきましょう。

通話アプリが原因

iPhoneに標準搭載されている通話アプリや、LINE・Skypeなどの通話アプリに不具合が起こっているケースが考えられます。

この場合は、iPhone本体に問題がある可能性もありますが、アプリ自体に問題があることも少なくありません。

アプリが起動されていれば、一度終了してみましょう。また、アプリのアップデートを行うことで、直るケースもあります。

自分の声が相手に聞こえない場合

通話が聞こえないケースには、相手の声が聞こえないだけでなく、自分の声が相手に届かない場合もあります。

ここでは、自分の声が相手に聞こえない場合に考えられる原因を2つ解説します。

マイクを塞いでいる

相手の声をキャッチする部分が手で覆われていたり、画面に貼っている保護シートで覆われていたりすると、声が相手に届きません。

クセで覆っている可能性もあるので、電話をかける前にマイクの位置を確認しておきましょう。

電波の状態が悪い

地下やトンネルの中など、自分が電波の悪い場所にいれば、相手に声が伝わらない可能性も高くなります。

この場合は、一時的な原因である場合がほとんどです。仮に電波の悪い状態が長く続く場合は、本体に問題があることを考慮しておきましょう。

iPhoneで電話が聞こえない対処方法

iPhoneで音声が聞こえない場合、対処方法を実践すると解決できる場合がほとんどです。どれも簡単にできる方法なので、この際に把握しておきましょう。

ここでは、iPhoneで電話が聞こえないときの対処方法を解説します。

サウンド設定を確認する

設定の確認方法は非常に簡単です。

iPhoneの「設定」を開いたあと、「サウンドと触覚」をタップしてください。すると、「着信音と通知音」の文字下にバーが表示されるので、音声を大きくしたい場合は、丸い部分を右にスライドさせましょう。

再起動する

何かしらのトラブルが起こっている場合は、再起動すると治るケースもあります。電波が入りにくかったり、音声が聞こえない状況に陥ったりするときは、再起動を試してみましょう。

Bluetoothの接続をオフにする

Bluetoothが接続されていると、まれに音声が聞こえなくなることもあります。ペアリングするものがない場合は、Bluetoothの接続をオフにしておきましょう。

Bluetoothの接続がオンになっていると、バッテリーの減りが早くなることもあります。必要のない場合は、基本的にオフにすることがおすすめです。

SIMカードを再挿入

SIMカードを再挿入することで、改善されることもあります。ただし、SIMカードは非常に繊細なものなので、取り出す際に傷つけないよう注意してください。

また、SIMカードの向きや裏表も確認しましょう。間違った向きや裏表の状態で無理に挿入すると、故障につながってしまうためです。

なにをしても通話機能が回復しない場合

ここまで、通話の音声が聞こえないときの対処法を解説しました。基本的に、紹介した内容を実践すれば、問題は解決することがほとんどです。

しかし、場合によっては通話機能が回復しないケースもあります。回復しないときは、修理店に依頼して診てもらうことがおすすめです。

ここでは、おすすめの修理店を3つ紹介します。

iCracked(アイクラックト)

出典:iCraked

iCracked(アイクラックト)は、修理のエキスパートが揃っている修理業者です。100万台以上の修理経験を持ち、総務省の登録修理業者でもあるため、安心して修理が任せられます。

iCrackedの大きな特徴は、「スピード感」があることです。Apple Storeに修理を依頼する場合、3〜4日、あるいは1週間以上待たなければならないこともあります。

しかし、iCrackedであれば即日で修理の依頼が可能です。目の前で修理を行い、修理時間も短い特徴があります。

故障の場所に応じて適切な対処がされるため、評判の高い修理業者です。

スピーカー交換修理の場合、端末によって料金は異なりますが、5,800円〜9,800円で修理が可能です。新しい機種であればあるほど料金は高くなるので、事前に確認しておきましょう。

iCrackedでiPhoneを修理する

モバイル保険

出典:モバイル保険

モバイル保険は、月額700円で修理費用を最大10万円補償してもらえるサービスです。1つの契約で3端末の補償が受けられるので、複数のデバイスを使用中の人には特におすすめできます。

モバイル保険の特徴は、補償範囲が幅広いことです。破損や水濡れで故障した場合だけでなく、盗難の場合も補償してもらえます。

保険金の請求は簡単に行うことができるので、補償を受けるときもすぐに保険金が受け取れます。

修理可能な場合は10万円の補償が受けられますが、修理不能・盗難のケースでは25,000円までの保険金になるため、注意しましょう。また、主端末以外の「副端末」として登録しているデバイスの場合は、修理可能な場合でも30,000円、修理不能・盗難のケースでは7,500円となります。

モバイル保険を契約する!

justInCase

出典:スマホ保険

justInCaseは、「スマホ保険」というサービス名でスマホの補償を行っているサービスです。iPhone 5S以降であれば、SIMフリーの端末でも補償が受けられます

justInCaseの特徴は、申し込みや問い合わせが全てスマホで完結することです。煩わしい契約用紙もなく、簡単に修理依頼ができます。

補償内容も幅広く、画面割れはもちろん、水濡れや盗難の場合も補償してもらえます。月額の保険料が4ヶ月目から約30%安くなることも、大きな特徴です。

iPhoneの機種によって、保険料や修理費用の上限額は異なります。端末ごとの保険料は公式HPで確認できるので、あらかじめ確認しておきましょう。

スマホ保険を契約する!

まとめ

iPhoneの通話の音声が聞こえない原因と対処法、解決できなかった場合におすすめの修理店を解説しました。

通話の音声が聞こえなくなる現象は、誰にでも起こりうる現象です。想定される原因は様々あるので、今後同じ現象が起こったときは、紹介した対処法を試してください。

対処法を実践しても改善できなかった場合は、修理店への依頼がおすすめです。今回紹介した修理店は評判の高い修理店ですので、気軽に依頼してみましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい