1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ドコモの下取り端末別の価格一覧表!申し込み手順や注意点まとめ!

ドコモの下取り端末別の価格一覧表!申し込み手順や注意点まとめ!

更新日:2020.06.19

この記事では、ドコモの下取りについて解説します。高いものだと50,000円以上、安いものだと数百円とかなりの幅があるので下取りと一括りにしてしまわないように注意しましょう。また、申し込み手順についても解説しているので参考にしてみてください。

携帯電話各社では、新たな機種に変更する際に利用できる下取りサービスを展開しています。下取りサービスを利用することで次の機種の費用を安くできるので、機種変更を検討している人とっては便利なサービスだと言えます。

この記事では、ドコモの下取りサービスについて具体的な下取り価格や申し込み手順などについて解説します。

ドコモの下取りはいくら?端末別の価格一覧表

まずは、ドコモの下取りの概要について解説します。端末別の下取り価格についても紹介しているので参考にしてみてください。

ドコモの下取りプログラムについて

ドコモの下取りプログラムは、スマートフォンやタブレット、携帯電話などを下取りに出すと、最大で69,900円(税込)が新機種の購入代金などから割り引かれるサービスです。iPhoneやAndroidなどほぼ全ての機種が下取り対象となっています。

下取り額はポイント制

下取りは、実際に現金がキャッシュバックされるのではなく、dポイントで還元され、そのポイントを新機種の購入や月額料金の支払いに使用できる仕組みです。ポイントの進呈方法は申し込み方法によって変わってくるので注意してください。

店頭で下取りの申し込みをした場合は、その場で検品されるので、その場でポイントがもらえます。郵送で下取りを申し込む場合は、送付キットを利用して「NTTドコモ下取り窓口」に下取り対象の機種を送り、検品終了の翌日にポイントがもらえる仕組みとなっているため、ポイントが入るまでに時間がかかるので注意してください。

対象端末は

ドコモの下取りプログラムは、iPhone、iPad、Android、そしていわゆるガラケーと幅広い端末を対象としています。かなり前の機種でも下取りに出せる可能性があるのでチェックするようにしましょう。

下取り条件は

下取りをするには条件を満たしている必要があります。ドコモが販売した端末か、他社の端末かによって変わってくるので注意してください。

・ドコモのiPhoneの場合
・ドコモのAndroid端末の場合
・機種購入履歴に登録されている
・購入時の不備・不正や購入代金の未払いがない
・他社のiPhoneの場合
・他社のAndroid端末の場合
・下取りに出す機種が正規店で購入されたものである
・新規契約と同時にドコモの端末を購入し下取りに申込むこと
・下取りに出す機種にネットワーク利用制限がかかっていない
・下取りに出す機種が基盤破裂、機種判別不可でない
・機種本体の一部部品のみではない
・メモリやデータが消去されている
・改造していない
・申し込みをする本人が機種の所有権を持っている
・各種ロックが解除できている

端末別の下取り価格一覧表

ここでは、端末別の下取り価格を紹介します。良品と画面割れ品で価格が大きく変わる点に注意してください。

iPhoneの下取り価格

まずはドコモが販売したiPhoneの下取り価格です。

下取り対象機種良品画面割れ品
iPhoneXS
(64GB)
39,300円11,800円
iPhoneXSMax
(64GB)
49,300円14,800円
iPhoneXR
(64GB)
24,700円7,400円
iPhoneX
(64GB)
33,000円9,900円
iPhone8Plus
(64GB)
29,000円8,700円
iPhone8
(64GB)
13,300円4,000円
iPhone7Plus
(128GB)
21,000円6,300円
iPhone7
(128GB)
13,000円3,900円
iPhone6sPlus
(64GB)
13,000円3,900円
iPhone6s
(64GB)
8,100円2,400円
iPhone6Plus
(64GB)
6,800円2,000円
iPhone6
(64GB)
3,000円900円


次にau・Softbankが販売したiPhoneの下取り価格です。ドコモが販売したものよりも安くなっています。

下取り対象機種良品画面割れ品
iPhoneXS
(64GB)
37,000円11,100円
iPhoneXSMax
(64GB)
48,500円14,600円
iPhoneXR
(64GB)
24,700円9,900円
iPhoneX
(64GB)
31,000円9,300円
iPhone8Plus
(64GB)
26,000円7,800円
iPhone8
(64GB)
17,500円5,300円
iPhone7Plus
(128GB)
16,000円4,800円
iPhone7
(128GB)
12,000円3,600円
iPhone6sPlus
(64GB)
11,000円3,300円
iPhone6s
(64GB)
7,500円2,300円
iPhone6Plus
(64GB)
6,800円2,000円
iPhone6
(64GB)
3,000円900円


なお、iPadの下取りも行っています。詳しくは公式ページを確認してください。

Androidの下取り価格

続いては、Androidの下取り価格です。Androidは機種の数が多いので、一部のみを紹介しています。詳しくは公式ホームページを確認してください。

下取り対象機種良品画面割れ品
arrowsNXF-01K14,800円4,400円
HUAWEIP30ProHW-02L40,200円12,100円
DisneyMobileondocomoDM-02H500円200円
MONOMO-01K2,000円600円
P-01K4,000円1,200円
GooglePixel322,000円6,600円
GalaxyNote9SC-01L36,700円11,000円
AQUOSsense2SH-01L5,700円1,700円
XperiaXZ3SO-01L26,700円8,000円

ドコモ下取りは店頭・郵送どちらがいい?

ドコモの下取りプログラムは、店頭と郵送で申し込みができます。ここでは、店頭と郵送のどちらを利用すればいいのか、それぞれのメリットに触れながら解説します。

店頭(店舗)方式のメリットとデメリット

店頭を利用するメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 即日で還元が受けられる
  • 機種変更もその日のうちに行える

店頭を利用するメリットは、何と言ってもそのスピードにあります。還元も機種変更もその日のうちに行えるので、急いでいる人やスムーズに手続きを行いたい人におすすめです。

一方で、店頭を利用するデメリットには以下のような点が挙げられます。

  • 下取りの事務手数料が発生する可能性
  • 待ち時間がかかる

下取りに出す端末は、データが初期化されていることが条件ですが、初期化されていないと別途料金が発生する可能性があります。また、店頭の場合、混雑状況によっては待ち時間が長くなる可能性もあります。待ち時間を避けるには事前予約取るようにしましょう。

郵送方式のメリットとデメリット

郵送方式のメリットとしては以下のような点が挙げられます。

  • 余裕がある
  • 店頭に行く必要がない
  • 待ち時間がない

郵送の場合、自宅に端末を送るための返送キットが届きますが、この返送キットの郵送期限は申し込んだ日の翌月末とかなり余裕があるので、その際に落ち着いてデータのバックアップを取ることができます。

また、作業は全て自宅で行えるので店頭に行く必要がなく、待ち時間も発生しない点は、大きなメリットだと言えるでしょう。

一方で、郵送方式のデメリットとしては以下のような点が挙げられます。

  • データ移行や初期化の設定を自分でしなければいけない

郵送方式の場合、端末の初期化やデータのバックアップ作業などは、全て自分で行わなければいけません。そのような作業に慣れていない人にとっては大きな負担となる可能性があります。

ドコモの下取り申し込み方法や手順は

ここでは、下取りプログラムに申し込む手順について解説します。

オンラインショップで端末の購入の際に下取り申し込み

下取りプログラムへの申し込みは、オンラインショップで端末を購入する際に、一緒に手続きを行います。具体的な手順は以下の通りです。

オンライン手順

  1. ドコモのオンラインショップで、端末の購入・機種変更の申し込みをする
  2. 申し込みの最後の方に「料金/割引/キャンペーンお申込みのご確認」という画面が表示される
  3. その画面の下の方に「下取りを申し込む」と記載されているのでチェックをつける

これで下取りプログラムへの申し込みが行えます。なお、「下取りを申し込む」の案内が表示されない場合は、下取りに出そうとしている端末が下取り対象外となっている可能性があります。

データのバックアップを取る

下取りプログラムへの申し込みが済んだら、データのバックアップを取ります。下取りの際は初期化した状態でなければいけないため、新機種に移行したいデータは必ずバックアップを行うようにしてください。

バックアップがうまくできるか自信がない、という人はiCracked(アイクラックト)の利用がおすすめです。iCrackedは、アメリカのカリフォルニア州で誕生した、世界最大級のスマートフォン・タブレット修理業者です。端末が故障した際の修理はもちろん、データのバックアップサービスも行っているので、バックアップに不安がある人は利用を検討してみてください。

送付キット到着通知が届くので郵送

下取りプログラムに申し込むと1週間程度で、本人限定受取郵便で送付キットが届く旨の連絡が郵便局から届きます。配送キットは配送日と時間帯を指定して受け取らなければいけないため、都合のいい日時を選ぶようにしましょう。なお、受け取りに際には本人確認書類が必要となります。

送付キットの中には、以下のものが入っているので、案内に沿って送付準備を行ってください。

  • 携帯電話機・ポイント交換申込書
  • 下取りプログラム申し込み手順書
  • 返信用レターパック
  • エアクッション

検品後dポイントで下取り価格が還元

下取り機種が「NTTドコモ下取り窓口」に届くと、本当に下取りできるのかどうかの検品が行われます。この検品で問題がなければ、検品後にdポイントが還元されます。

なお、郵送方式の場合、「NTTドコモ下取り窓口」に到着してから検品が完了するまで1週間〜10日程度かかり、検品完了の翌日にポイントが付与される流れです。

[2020年7月]ドコモの最新キャンペーン一覧

2020年7月現在ドコモが実施している最新のキャンペーンについて紹介していきましょう。

ギガホ増量キャンペーン2

出典:ドコモ
  • 期間:2020年5月1日(金曜)~未定

現在ドコモの料金プラン「ギガホ2」を契約している人で、通常30GB使い放題のところ60GB使い放題に増量されるキャンペーンです。

もちろん月額料金はそのままでさらに大容量での通信が可能になるので、より快適にスマホを利用することができます。

2019年9月30日以前の「ギガホ」を契約中の方も「ギガホ2」へ申し込めばギガホ増量キャンペーン2が適用されるので、これを機に料金プランを確認してみてはいかがでしょうか。

ギガホ割をチェックする

ギガホ割

出典:ドコモ
  • 期間:2019年12月1日(日曜)~
  • 「ギガホ」を契約すると最大6ヶ月1,000円割引

「ギガホ割」とはドコモが提供している料金プランのギガホを契約した場合に、全員が最大6ヶ月間月額基本料金1,000円割引になるというもの。ギガホが適用された月から割引が開始されます。

こちらのキャンペーンは新規契約・機種変更・乗り換えで利用可能。個人名義・法人名義どちらでも適用の対象となります。

ギガホ割をチェックする

ドコモのプランについてくるAmazonプライム

出典:ドコモ
  • 期間:2019年11月1日(金曜)~
  • 「ギガホ」「ギガライト」の契約でAmazonプライムが1年間無料

「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」はギガホを契約すると通常年間4,900円のAmazonプライム会員権が1年間無料で利用できるキャンペーンです。

現在は本キャンペーンの提供開始記念として、ギガホだけではなくギガライトの契約でも適用が可能なお得なキャンペーンとなっています。既にAmazonプライムの会員になっている場合でも、料金が1年間無料になるのでご安心ください。

ドコモのプランについてくるAmazonプライムをチェックする

はじめてスマホ購入サポート

出典:ドコモ
  • 期間:2019年11月1日(金曜)~
  • ガラケーからスマホへの切り替えで機種代金がお得に

「はじめてスマホ購入サポート」は、スマホデビューする方を対象にスマホの機種代金が得になるというもの。対象機種を購入することで、機種代金が最大2万円割引されます。

こちらのキャンペーンは、機種変更と乗り換えで利用可能ですが、キッズケータイプランやデータプランからの変更は対象とはなりません。また、手続き時に利用中の端末が3G回線専門機種であることが条件です。

対象となる端末の種類が多いのでここではすべて書きませんが、iPhoneならiPhone XS・iPhone XR以降の端末で2万円、iPhone8以前の端末で1万円の割引になります。Androidスマホの場合は、ハイエンド端末が2万円、それ以外の端末が1万円です。

詳しくはドコモの公式ホームページ「はじめてスマホ購入サポート」で確認してください。

ドコモオンラインショップで機種変更

はじめてスマホ割

出典:ドコモ
  • 期間:2019年5月22日(水曜)~
  • ガラケー→スマホへの乗り換えで最大12ヶ月間1,000円の割引

「はじめてスマホ割」はフィーチャーフォンからスマートフォンへの変更をする場合に利用できます。初回適用時から最大12ヶ月間1,000円の割引を受けられます。

機種変更・乗り換え時に利用できるキャンペーンで、個人名義・法人名義どちらでも利用可能です。その他の条件の詳細は以下の通りです。

対象オーダー以下のいずれか
■FOMAからXiへの契約変更
■以下の料金プランから対象料金プランへの変更
>ケータイプラン(定期契約あり・なし)
>カケホーダイプラン(定期契約あり・なし)
>カケホーダイライトプラン(定期契約あり・なし)
>シンプルプラン(定期契約あり・なし)
■MNP乗り換えによる新規契約
(※他社フィーチャーフォン利用の場合)
■「ウェルカムスマホ割」適用中の方の対象料金プランへの変更
契約種別Xi
対象となる
料金プラン
■ギガホ(定期契約あり・なし)
■ギガライト(定期契約あり・なし)
利用中端末■直近にドコモ販売店にて購入手続きを行ない、ドコモに登録されている最新購入機種が下記対象端末で、かつ18ヶ月以上利用していること。
>ドコモケータイ
>らくらくホン(らくらくスマートフォンを除く)
>キッズケータイ
※契約変更、料金プラン変更の場合

■契約時に他社フィーチャーフォンからのMNP乗り換えであることが確認できること
こめMNP乗り換えによる新規契約の場合

ドコモオンラインショップで機種変更

おしゃべり割60

出典:ドコモ

「おしゃべり割60」は、フィーチャーフォンからスマホへの変更を行う60歳以上のユーザーが対象です。最大12ヶ月間音声オプション利用料金から700円の割引を受けられます。

手続きをしている時点で利用者が個人であり、年齢が満60歳以上であることが条件です。さらに、以下の対象プラン、対象オプションに加入することも条件となっています。

対象料金プラン

  • ギガホ、またはギガライト

対象音声オプション

  • かけ放題オプション、または5分通話無料オプション

おしゃべり割をチェックする

スマホおかえしプログラム

出典:ドコモ
  • 期間:2019年6月1日(土曜)~
  • 分割支払いでの購入で次回機種変更がお得に

「スマホおかえしプラグラム」は、このプログラムに加入しているdポイントクラブもしくはドコモプレミアムクラブ会員のユーザーが、36回の分割払いで購入した対象端末をドコモに返却した場合、残りの残高の支払いが不要になるため、スマホを安く手に入れることが可能です。

適用条件は、対象となるスマホを36回の分割払いで購入することと、スマホを返却することの2つだけです。なお、このプログラムに加入しても、スマホを返却せずに使用を継続することも可能です。

現在、対象となっている端末は以下の通りです。

スマホおかえしプログラム 
iPhoneiPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Max、iPhone Xs(64GBを除く)、iPhone Xs Max、iPhone XR
AndroidXperia 5 SO-01M、Galaxy Note10+ SC-01M、AQUOS zero2 SH-01M、Xperia 1 SO-03、LGalaxy S10 SC-03L、Galaxy S10+ SC-04L、Galaxy S10+ (Olympic Games Edition) SC-05L、AQUOS R3 SH-04L、HUAWEI P30 Pro HW-02L、Xperia XZ3 SO-01L、Galaxy Note9 SC-01L、HUAWEI P20 Pro HW-01K、Xperia XZ1 Compact SO-02K、arrows NX F-01K、M Z-01K、V30+ L-01K

スマホおかえしプログラムをチェックする

端末購入割引

「端末購入割引」は、他社スマホからのMNPによる乗り換え時に対象となる端末を購入すると機種代金が最大2万円割引になるというものです。iPhone・Android含め20機種以上が対象となっているので、自分が購入したい機種が含まれているかドコモ公式ホームページの端末購入割引で確認することをおすすめします。

  • 期間:2019年10月12日(土曜)~
  • 他社からのMNPで端末価格割引

ドコモオンラインショップで機種変更

下取りプログラム

出典:ドコモ

「下取りプログラム」は、現在保有しているiPhoneやiPad、ドコモのスマートフォン、タブレット、ケータイなどを下取りしてもらうことで、新たに購入する端末代金を割引してもらえるというものです。ほぼすべての機種が下取りの対象となっており、それぞれの端末の正規店にて購入している場合は、ドコモ以外で購入したものでも対象となります。

ただし、dポイントクラブまたはドコモビジネスプラミアクラブに加入していることが条件となりますので、注意が必要です。

下取りプログラムをチェックする

結論!オンラインショップで端末購入し郵送方式で下取りが最強

今回はドコモが展開する下取りプログラムについて解説しました。下取り対象の機種は非常に種類が多く、下取り価格が数万円になる端末もあるなど、非常にお得なプログラムです。

申し込みは店頭でも可能ですが、郵送方式であれば余裕を持って準備ができるので、これから下取りに出そうとしている人は、ぜひオンラインショップで端末を購入し、郵送で下取り端末を送る形を利用してみてください。

SHARE!!

あわせて読みたい