1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. nifty WiMAXの解約手順やタイミングは?違約金はどれくらいかかる?

nifty WiMAXの解約手順やタイミングは?違約金はどれくらいかかる?

更新日:2020.03.16

今回はnifty WiMAXを解約するための具体的な手順や、違約金が掛からないタイミングなどについて解説します。おすすめのプロバイダも紹介します。乗り換えたいWiMAXのプロバイダが見つかったときには、本記事を参考に手続きを進めていきましょう。

「niftyのWiMAXを使っているけど、他のプロバイダに乗り換えたい」
「解約するための具体的な手順やタイミングについてどんな感じ?」

このように考えている方の疑問に答えていきます。また、nifty WiMAX以外におすすめできるWiMAXのプロバイダについても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

SIMチェンジWIFI

nifty WiMAXの特徴と速度

nifty WiMAXの特徴と速度について解説していきましょう。

nifty WiMAXのメリットは4つ

nifty WiMAXと契約するメリット

  1. UQコミュニケーションズより使用料金が安い
  2. 登録初月は料金が無料
  3. 初回購入なら端末代金も安い
  4. プロバイダとして歴史があるので信頼できる

本家本元のWiMAXプロバイダ「UQコミュニケーションズ」と比較すると、月額料金が少し安いという特徴があります。また、nifty WiMAXと契約した初月は料金が無料になるというのもメリットといえます。

さらに、WiMAXを初回購入する場合、端末代金が1円で済むというのも他のプロバイダと比較するとお得になる要素です。

niftyは数多くあるプロバイダのなかでも大手と呼ばれる部類に入り、古くからサービスを提供しています。新しいサービスがどんどん生まれては消えていくなかで、歴史のあるプロバイダとして知名度も高いので、数少ない「信頼できるプロバイダ」といえるでしょう。

nifty WiMAXのデメリットは3つ

nifty WiMAXのデメリット

  1. 契約手続きはオンラインのみ
  2. プロバイダ料金が発生する
  3. 料金プランの選択肢が少ない

nifty WiMAXと契約したい場合には、オンラインでの加入手続きが必要です。最近このようなプロバイダは増加しているので慣れている方が多いかもしれませんが、対面契約ではないため説明を十分に受けられないケースもあるでしょう。

不明な点を確認するためにはコールセンターに電話するしかありませんので、専門スタッフの話をきちんと聞きたい!という方には向いていないかもしれません。

また、nifty WiMAXと契約した場合、毎月250円の基本料(=プロバイダ料金)が別途発生します。固定回線にniftyを利用している場合のみプロバイダ料金は発生しませんので、同サービスを利用しているユーザーにはお得感があります。

しかし、他のプロバイダでこのような料金が発生するケースが少ないため、「ちょっと損なんじゃ…」というイメージがどうしてもついてしまいがちです。

また、nifty WiMAXの料金プランは3つだけです。シンプルともいえますが、選択肢はかなり狭いといえます。

多くのプランのなかから自分に合ったものを徹底的に検討したいという方にとっては、少し物足りないともいえるでしょう。

SIMチェンジWIFI

nifty WiMAXの通信速度は?

nifty WiMAXは「WiMAX2+」に対応しているため、下りの最大通信速度は440Mbpsです。

実際、他のプロバイダでもWiMAX2+に対応していることがほとんどです。そのため、通信速度については差はないものと考えていいでしょう。

また、利用する端末によってはauのLTE回線を利用することもできます。オプション料金は発生しますが、その分広い範囲でインターネットを楽しめるでしょう。

nifty WiMAXの月額料金プラン

nifty WiMAXには月額料金プランが3つしかありません。

nifty WiMAX料金プラン

料金Flat 3年Flat 3年ギガ放題Flat 2年ギガ放題
月額利用料
利用登録月
0円0円0円
2ヶ月目以降3,420円
(+基本料250円)
3,420円
(+基本料250円)
3,420円
(+基本料250円)
4ヶ月目以降4,100円
(+基本料250円)
4,100円
(+基本料250円)
LTEオプション料
0円0円1,005円

nifty WiMAX月間通信量

月間通信量Flat 3年Flat 3年ギガ放題Flat 2年ギガ放題
ハイスピードモード


上限7GB上限なし
※ただし3日10GBの制限あり
上限なし
※ただし3日10GBの制限あり
ハイスピードプラスエリアモード
上限7GB上限7GB上限7GB

支払い方法はクレジットカードのみ、どのプランを契約する場合でも登録手数料として3,000円が発生します。

端末代金は20,000円~、端末送料は762円かかります。端末は最短4日で到着します。

nifty WiMAXの解約方法やタイミングは?

nifty WiMAXから他のプロバイダに乗り換えたい、もしくはWiMAXを使わない、という場合はnifty WiMAXを解約することになります。しかし、解約手続きは頻繁に行うものではないので、手順については意外と知らないことが多いのではないでしょうか?

そこで、具体的な解約の手順や、費用をかけないようにするための最適な解約のタイミングなどについて解説していきます。

ただし、niftyに関しては「解除」と「解約」の2つの契約解消方法があります。ややこしいですが違いについて理解しておく必要がありますので、まずはそこから説明していきましょう。

解除と解約の違いに注意

niftyが他のプロバイダと大きく異なる点の1つが、契約解消の方法に「解除」と「解約」の2つの方法があるということです。

「解除」と「解約」があることを知らないと、上記のように「損をしてしまう」ケースがあるので注意が必要です。

  • 「解除」:niftyと複数の契約を結んでいて一部の契約を解消すること
  • 「解約」:niftyと結んでいるすべての契約(nifty ID)を解消すること

つまり、WiMAXサービスの契約を「解除」したとしてもniftyとの契約は継続していることになります。そのため、nifty IDやメールアドレスなどにかかる「基本料(=プロバイダ量)」が継続して発生することになるのです。

nifty WiMAXのみしか契約していない場合やniftyに関するすべての契約を解消したい場合は、「解約」の手続きが必要になることを覚えておきましょう。

解約手順

nifty WiMAXを「解約」したい場合、「解除」手続きを行ってから「解約」手続きを行う必要があります。

具体的な解約の手順について見ていきましょう。

@niftyの会員ページにログインする

まずは「解除手続き」から始めていきましょう。

契約時から使用できるniftyの会員ページ『@nifty』にアクセスしログインします。

登録情報から手続きを進める

ログインできたら、画面上にある[登録情報]を選択します。すると[お客様情報/お手続き]というページにジャンプします。

ここで、再度ログインを実施。次の画面の[ご契約情報]を選択し[サービス解除]をクリックします。

すると、niftyに関するさまざまなサービスの解除を行なうページにジャンプします。そこで[@nifty WiMAXのみの利用解除]という項目を探しましょう。

項目内には[ID契約を残し、WiMAX2+のみの利用解除]というボタンがあるのでタップします。最後に契約解除に関する最終確認に同意すれば、「解除手続きが完了」です。

いよいよ解約手続きへ

「解除」手続きが完了したら、いよいよ「解約」手続きへと進みます。解約手続きは、そのままインターネットで手続きを続行すると完了します。

同じように会員ページへとログインし、[ID契約も含め、WiMAX契約を解除]を選択して手続きを進めます。

手続きが完了したら、再度ログインを試します。[お客様情報]から[お知らせ]を選択することで確認可能です。

また、カスタマーサービスに電話をして解約を確認することもできます。[0120-32-2210]または[03-5860-7600]に電話してみましょう。

違約金のかからないタイミングは?

nifty WiMAXを解約するときに気になるのが違約金でしょう。では、どのタイミングなら違約金を払わずに解約できるのでしょうか?

具体的な契約期間と、契約更新月は以下の通りです。

 Flat 3年Flat 3年ギガ放題Flat 2年ギガ放題
契約期間


利用登録月と3年間
(利用登録月の翌月~36ヶ月目の月末まで)
利用登録月と2年間
(利用登録月の翌月~24ヶ月目の月末まで)
更新月
契約期間満了月の翌月
(利用登録月の翌月から37ヶ月目)
契約期間満了月の翌月
(利用登録月の翌月から25ヶ月目)

違約金が発生する期間

違約金が発生するのは以下の通りです。

  • 3年契約:利用登録月の翌月から37ヶ月目以外の月
  • 2年契約:利用登録月の翌月から25ヶ月目以外の月

契約を自動更新した場合、次に違約金が発生するのは以下のタイミングです。

  • 3年契約:利用登録月の翌月から73ヶ月目以外の月
    (契約期間は利用登録月の翌月から38ヶ月目~72ヶ月目)
  • 2年契約:利用登録月の翌月から49ヶ月目以外の月
    (契約期間は利用登録月の翌月から26ヵ月目~48ヶ月目)

解約するタイミングによって違約金の額も変わりますので注意しましょう。

タイミングによって違う違約金の金額(3年契約)

解約のタイミングFlat 3年Flat 3年ギガ放題
利用登録月



19,000円
1年目
(1ヶ月目~12ヶ月目)
19,000円
2年目
(13ヶ月目~24ヶ月目)
14,000円
3年目
(25ヶ月目~36ヶ月目)
9,500円
37ヶ月目
(契約更新月)
0円
4年目~6年目
(38ヶ月目~72ヶ月目)
9,500円
73ヶ月目
(契約更新月)
0円
7年目以降
(74ヶ月目以降)









9,500円

タイミングによって違う違約金の金額(2年契約)

解約のタイミングFlat 2年ギガ放題
利用登録月



19,000円
1年目
(1ヶ月目~12ヶ月目)
19,000円
2年目
(13ヶ月目~24ヶ月目)
14,000円
25ヶ月目0円
3年目~4年目
(26ヶ月目~48ヶ月目)
9,500円
49ヶ月目
(契約更新月)
0円
5年目以降
(74ヶ月目以降)

9,500円
SIMチェンジWIFI

おすすめのWiMAXプロバイダ

nifty WiMAXからプロバイダを乗り換えたい、新しくWiMAXを契約したい方にお勧めのWiMAXプロバイダを紹介します。

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

登録月の利用料金が無料になり、1ヶ月目の利用料金も月額1,380円という業界最安クラスを誇るのがカシモWiMAXです。

キャッシュバックはありませんが、その分月額料金を抑えており、3年間の平均月額料金はおよそ3,621円と注目です。

また、端末代金や送料も無料になるなど、お得な要素満載のプロバイダとなっています。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

UQ WiMAX

出典:UQWiMAX

WiMAXの老舗プロバイダであるUQ WiMAXは、2年契約自動更新プランのギガ放題がずっと月額3,880円で利用できます。

また、auスマートバリューmineに加入するとLTEオプション料金が永年無料になるキャンペーンを実施しています。

さらに、支払方法がクレジットカードと口座振替から選択可能。幅広いユーザーのニーズに応えうるプロバイダです。

UQ WiMAXを契約する!

まとめ

今回はnifty WiMAXの解約手順や違約金のかからないタイミングについて解説しました。

nifty WiMAXは解約するための手順が分かりにくいので、注意するようにしましょう!

SHARE!!

あわせて読みたい