1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. auホームルーターの速度や料金プラン|設定方法からおすすめプロバイダまで徹底解説

auホームルーターの速度や料金プラン|設定方法からおすすめプロバイダまで徹底解説

更新日:2020.03.05

auのホームルーターの特徴や料金、使い方などを徹底解説します。開通工事不要の置くだけで使えるauのホームルーターは、WiMAXやauのモバイル回線が利用できます。手軽に利用できるauのホームルーターで、快適なネットライフを過ごしましょう。

自宅のWi-Fi環境を整える手段はいろいろあるため、悩んでしまう方もいるでしょう。手頃な価格で面倒な開通工事が不要なWi-Fiルーターを希望するなら、auのホームルーターがおすすめです。

高速インターネット通信を数千円で利用できます。さらに、auユーザーにお得なプランも用意されています。

auのホームルーターの特徴や料金、実際に使用している方の口コミなどを解説するので参考にしてください。

auのホームルーターの特徴

使い勝手のよさで人気のauのホームルーターの特徴を見てみましょう。

おすすめできる大きな特徴は4つあります。

開通工事は不要

auのホームルーターは、購入したその日にコンセントに繋ぐだけで利用できます。有線によるWi-Fiルーターの接続は、開通工事が必要となるためWi-Fi環境を整えるのに数日~1ヶ月ほどかかります。

さらに、開通工事には立ち合いも必要です。そのため、自分と業者の都合によっては開通工事までの期間が大きく開いてしまうこともあります。

一方、auのホームルーターはコンセントに繋ぐだけなので面倒な工事の立ち合いが不要です。

引っ越し時の面倒な回線工事も不要なので面倒な手間を大きく省くことができて、思い立ったらすぐにWi-Fi環境を整えられます。

高速インターネット通信が可能

開通工事をしないでWi-Fi環境を整えようと思うと、回線速度に不安を感じる方もいるでしょう。auのホームルーターは、4×4MIMOやキャリアアグリゲーションなどの高速化技術に対応しています。

そのため、高速インターネット通信が可能です。ストレスフリーなネットライフを送りたい方にも安心して使えます。

ただし、接続先までの通信速度は機器の能力に依存するため、エリアや通信規格により最大通信速度は異なります。

もし、最大通信速度が遅いと感じるときは置く場所を変えてみましょう。位置を変えることにより、電波の受信状態が変化する場合があります。

複数の機器で同時に利用できる

複数人でauのホームルーターを利用すると通信速度が低下する不安を感じる方もいるでしょう。auのホームルーターには11ac(5GHz)と11n(2.4GHz)の2つの周波帯があり、それぞれ20台までの機器が接続可能です。

11ac(5GHz)とは、家電など電波を発するほかの機器との干渉が少なく安定した通信が可能です。しかし、壁などの障害物に弱いというデメリットがあります。

一方、11n(2.4GHz)とは壁などの障害物に強く遠くまで電波を飛ばすことができますが、電子レンジなど家電との周波数が合いやすいため電波が切れてしまうことがあります。

11n(2.4GHz)は建物内で使うのに不向きのように感じますが、周波数に対応している機器が多いためたくさんの機器との通信が可能です。この2つの周波数があることで、広範囲で安定したWi-Fi通信が楽しめます。

端末代金は実質無料

auのホームルーターの端末を一括購入する場合は28,080円ですが、分割で購入する場合は1,170円×24ヶ月の支払いが必要になります。

しかし、分割購入すると毎月割という割引制度の対象となるため実質無料で購入可能です。一括購入では割引制度の適用外となるため、分割購入をおすすめします。

また、端末代金は購入する店舗により異なります。少しでもお得に端末を購入したい方は、数店舗比較検討しましょう。

通信エリアが広い

auのホームルーターは、WiMAX回線と4G/LTE回線の利用できるエリアで利用可能です。

ビームフォーミングと呼ばれる技術が採用されているauのホームルーターは、 基地局と端末の間の電波干渉を減らして遠くまで電波を届けられます。

さらに、WiMAXハイパワーという電波の出力をより強力にして、地下室やコンクリート壁など通信が途切れやすい場所でも接続が安定しやすい技術も採用されています。

そのため、広い通信エリアでスムーズな通信が可能です。一家に1台auのホームルーターを置くだけで、家族全員が通信速度を気にせず快適なネットライフが送れます。

auのホームルーターの利用料金

分割購入すれば端末代金が実質無料になるauのホームルーターですが、毎月の利用料金はかかります。

auのホームルーターの利用料金を詳しく見てみましょう。

契約料金とプラン料金

auのホームルーターを利用するためには、auスマートポートの契約料金とホームルータープラン+2年契約N+auスマートバリュー加入で月額4,292円になります。

2年契約N未加入の場合は4,462円です。契約料金とプラン料金は以下の「auスマートポート」からも確認できます。

ハイスピードプラスエリアモード料金

より高速で広範囲、かつ繋がりやすいインターネット通信を希望する方におすすめのハイスピードプラスエリアモードがあります。

申し込み不要オプションのハイスピードプラスエリアモードは、モード選択で変更可能です。ハイスピードプラスエリアモードはオプションのため、利用した月に1,005円の利用料金が発生します。

日割り計算ではなく、月ごとの計算となるため月初の開始がおすすめです。また、auスマートバリューに加入していれば割引対象となるため無料で利用可能です。

ハイスピードプラスエリアモードの当月利用の通信量は7GBですが、auスマートバリュー専用プランであれば通信料は30GBになります。

ただし、通信量が7GBもしくは30GBを超えた場合は月末まで通信速度が送受信最大128kbpsに制限されます。

契約事務手数料

auのホームルーターを契約する際は、契約料金とプラン料金以外に契約事務手数料も準備しておきましょう。新規契約や機種変更時は、3,000円の契約事務手数料が発生します。

また、一部のWi-Fiルーター間の変更などの場合は契約事務手数料2,000円がかかります。

途中解約による契約解除料

2年契約Nを申し込むと2年ごとの自動更新となり、途中解約には契約解除料1,000円がかかります。

ただし、更新期間となる2年契約の満了月である当月・翌月・翌々月の3ヶ月間に契約解除を申し出ると契約解除料はかかりません。

また、ホームルータープランに加入された場合、適用中の割引などが終了する場合があります。詳しくは、契約時にお問い合わせください。

auホームルーターの設定方法

面倒な開通工事不要で、手軽さが魅力のauホームルーターの使い方を解説します。簡単な設定で、購入したその日に使えます。

手動またはQRコードで接続する

auのホームルーターを入手したらコンセントに繋ぎ電源を入れ、スマホやPCなどとのWi-Fiの接続を行いましょう。

Wi-Fiへ接続するためには、SSIDとパスワードを直接入力もしくはQRコードを読み込むことでネットに自動接続できます。

SSIDやパスワード、接続用のQRコードはホームルーターの裏面に記載されています。また、スマホでの接続に関してはQRコードの読み取りがとても簡単です。

設定画面にアクセスして初期設定を行う

スマホやPCなどのWi-Fi接続が完了したら、ネットから設定画面へとアクセスしましょう。設定画面のURLはホームルーターに同梱されていた書類に記載されています。

設定画面にはユーザーIDやパスワードを入力してログインすると、すべての機能が使えるようになります。すべての機能が使えることを確認できたら初期設定は完了です。

最新バージョンにアップデートする

スマホやPCなどと同様にauのホームルーターも定期的にバージョンアップします。そのため、最新バージョンがリリースされたらアップデートを行いましょう。

アップデートを行わないと、使えない機能が出る可能性があります。アップデートはアプリから簡単に行えます。

アプリを起動したら右上に表示される歯車のマークをタップし、書かれている文言に従ってアップデートをしましょう。

また、いちいち手動でアップデートを行うのが面倒な方は自動更新をオンにすることをおすすめします。

自動更新をオンにする方法は、歯車のマークをタップして設定画面を開き自動更新欄をタップしてオンにしてください。最新バージョンがリリースされるたびに自動でアップデートを行うので、とても便利です。

auのスマートポートの対応機種

auのスマートポートを利用できる機種は3種類あります。自分の使い方にぴったりの1台を選ぶ参考にしてください。

WiMAX HOME L02

360度全方位をカバーする4本の高感度アンテナ搭載の「WiMAX HOME L02」です。主なスペックは以下の通りです。

下り最大通信速度1,237Mbps(有線接続時)
最大同時接続台数40台
サイズ約幅93mm×奥行93mm×高さ178mm
重さ約436g
通信モード
  • ハイスピードモード(WiMAX2+)
  • ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+/FD-LTE)

ギガスピードの高速ホームルーターである「WiMAX HOME L02」は、4Kなどの高画質動画も快適に楽しめます。

ただし、ギガスピードにするためにはLANケーブルによる接続とハイスピードプラスエリアモードの利用が条件です。しかし、Wi-Fi接続であっても下り最大867Mbpsなので快適なネットライフを送れます。

また、Wi-Fi TXビームフォーミングの搭載のおかげで電波の安定性が向上し、中・弱電界のWi-Fi電波も「Speed Wi-Fi HOME L01s」と比べて約30%受信速度がアップします。

Speed Wi-Fi HOME01

ワイドレンジアンテナ搭載で広い範囲で安定したWi-Fi性能を楽しめるのが「Speed Wi-Fi HOME01」です。主なスペックは以下の通りです。

下り最大通信速度440Mbps
最大同時接続台数22台
サイズ約幅70mm×奥行100mm×高さ155mm
重さ約338g
通信モード
  • ハイスピードモード(WiMAX2+)
  • ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+/FD-LTE)

WiMAXハイパワーに対応しており、自宅内の電波が届きにくい場所での通信速度を約70%まで向上します。

また、スマホアプリを活用すれば簡単に設定できるだけでなく、電波レベルやデータ通信量の確認もできます。

Speed Wi-Fi HOME L01s

LED消灯モードを搭載しているので、どの部屋に置いてもマッチするデザインの「Speed Wi-Fi HOME L01s」です。主なスペックは以下の通りです。

下り最大通信速度440Mbps
最大同時接続台数40台
サイズ約幅93mm×奥行93mm×高さ180mm
重さ約450g
通信モード
  • ハイスピードモード(WiMAX2+)
  • ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+/FD-LTE)

11ac(5GHz)と11n(2.4GHz)それぞれ20台まで接続可能なので、ファミリーやシェアハウスなど複数台での利用に適しています。

また、便利なNFCタッチ接続に加えてQRコードによる接続が可能なので、簡単に接続設定できます。

auのホームルーター利用者の口コミ

auのホームルーターの特徴や料金などを説明してきました。ここからは、おすすめのauのホームルーターを実際に使用している方の口コミを紹介します。

普通のネットサーフィンなら問題なし

重たい動画などを見るのには不便を感じるようです。メールやネットサーフィンといった比較的データ通信量の少ない動作に関しては問題はありません。

契約が一本化できるのと設定が楽だった

さまざまなサービスがある現代では、契約の一本化はとても重要です。割引などによって結果的に検討している会社と同じになりました。

アップデート後に遅くなった

一時的に利用者数が多くなった可能性が考えられます。詳しく理由が知りたい場合はauに問い合わせることをおすすめします。

毎日18時~2時で通信制限がかかる

混み合う時間帯は通信制限がかかる場合があります。また、上限とされている通信量を上回っている可能性もあります。

一度auに問い合わせるかデータ通信量の確認をしましょう。

auのホームルーターに関する注意点

コンセントに繋ぐだけで利用できるauのホームルーターを利用するための注意点が3つあります。

後々のトラブルを避けるため、よくある注意点を見てみましょう。

解約月の料金は日割りにならない

auのホームルーターの契約プランは月当たりの計算となるため、月の初めに解約しても日割り料金は適用されません。

契約料金とプラン料金を合算すると月額4,292円もしくは4,462円かかりますが、日割り計算がないため満額支払うことになります。

さらに、2年契約Nプランで申し込んでいる場合は契約解除料1,000円もかかります。大きな事情がない限りは、更新期間の月末に解約するとよいでしょう。

3日で10GB使うと速度制限がかかる

auのホームルーター利用者の口コミに「毎日18時~2時で通信制限がかかる」とありましたが、直近3日間で10GB使うと速度制限がかかります。

速度制限がかかると翌日の18時~2時の間まで速度が1Mbps程度に低下してしまうため、急に使いにくさを感じる可能性があります。

しかし、速度制限がかかってしまっても文字中心利用のSNSや標準画質動画再生程度であれば問題ありません。

速度制限中は画像の多いSNSや高画質動画の視聴は控えましょう。

持ち運びはできない

auのホームルーターは、自宅に据え置いて使うことを前提として作られています。そのため、持ち運びには適していません。

また、コンセントが必要なため、外出先で利用することもできません。外出先でWi-Fiを使いたいときは共有スペースの無料Wi-Fiやモバイルルーターを活用しましょう。

モバイルルーターであればホームルーターのように大きくないので、持ち運びに最適です。

WiMAXのプロバイダから契約した方がお得

auのホームルーターはWiMAXやauのモバイル回線を使用します。そのため、auのホームルーターとして契約するよりもWiMAXのプロバイダから契約したほうが料金的にはお得になる場合があります。

これは、auスマートバリューmineという割引の対象となることで、契約しているauスマホの料金が毎月最大1,000円割り引かれることで起こる現象です。

しかし、auユーザーでauスマートバリューに加入していれば割引対象となるため、大きな差にはなりません。

また、auスマートバリューは契約者を含んだ最大9台までが割引対象となりますが、auスマートバリューmineの割引対象は契約者のみになります。

ただし、auとは違いWiMAXでは様々なキャンペーンが行われています。少しでもお得に契約するためにも、契約時にWiMAXのプロバイダでキャンペーンが行われていないかチェックしましょう。

auホームルーターがお得に利用できるおすすめWiMAXプロバイダ3選

上記で紹介したように、WiMAXを契約する際はプロバイダを経由した方が様々な特典が受けられるのでお得です。

ここでは、WiMAXをお得に利用できるおすすめプロバイダを3社紹介していきます。

カシモWiMAX

出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXは、MVNO事業を手掛ける株式会社MEモバイルが運営するプロバイダです。

月間のデータ容量を気にせず利用できる「ギガ放題」プランでも、月額1,380円という破格の料金を打ちだしていることが特徴です。

カシモWiMAXでは、次のような2つのプランを設けています。

ギガ放題プランライトプラン
初月1,380円1,380円
1ヶ月目1,380円1,380円
2~24ヶ月目3,580円2,980円
25ヶ月目以降4,079円3,379円

月額1,380円という料金は固定回線に比べて大幅に安く、他社のプロバイダと比べても最安値です。

また、初月の月額料金と端末代金、端末の送料がすべて無料になるキャンペーンを実施しているため、初期費用を抑えたい人に向いています。

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

Broad WiMAX

出典:BroadWiMAX

Broad WiMAXは、UQモバイルでお馴染みのUQコミュニケーションズ株式会社が運営しているプロバイダです。

カシモWiMAXの月額料金には叶わないものの、プランに関わらず初月は月額2,726円という安い料金で利用できます。

Broad WiMAXでは、次のような2つのプランを設けています。

ギガ放題プランライトプラン
初月2,726円の日割り2,726円の日割り
1~2ヶ月目2,726円2,726円
3~24ヶ月目3,411円
25ヶ月目以降4,011円3,326円

ギガ放題プランを選ぶと25ヶ月目以降の月額料金が4,000円を超えてしまいますが、2年間は比較的安い料金で利用できることがわかります。

Broad WiMAXでは、高速通信が可能な最新機種を含めたすべての端末代金が無料になるキャンペーンを実施しています。

最新機種をお得に手に入れたい人は、Broad WiMAXを利用してみてはいかがでしょうか。

Broad WiMAXを契約する!

GMOとくとくBBWiMAX

出典:GMOWiMAX

GMOとくとくBBは、インターネット事業を手掛けるGMOインターネット株式会社が運営するプロバイダです。

高速通信を実現できるv6プラスに対応しているため、快適なインターネット環境を実現したい人に向いています。

GMOとくとくBBWiMAXでは、次のような2つのプランを設けています。

ギガ放題プラン7GBプラン
初月3,609円の日割り3,609円の日割り
1~2ヶ月目3,609円3,609円
3ヶ月目以降4,263円3,609円

GMOとくとくBBWiMAXは、他社と比べて高額なキャッシュバックキャンペーンを実施していることが魅力の1つです。

現在、最大31,600円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

ただし、キャッシュバックを受け取るためには一定の条件を満たす必要があるため、あらかじめ公式サイトで詳細を確認しておきましょう。

GMO とくとくBB WiMAXを契約する!

auのスマートポートはプロバイダ経由で契約しよう

コンセントに繋ぐだけで広範囲のWi-Fi通信が可能なauのホームルーターは、自宅用に作られているため一家に1台あると便利なアイテムです。

さらに、面倒な開通工事もないのに高速通信で人気のauひかりと同等の通信速度があります。手軽に利用できるauのスマートポートをプロバイダ経由で契約して、お得に使いましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい