1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Wi-Fiを選ぶときのポイントとは?おすすめの回線8選とルーターを紹介

Wi-Fiを選ぶときのポイントとは?おすすめの回線8選とルーターを紹介

更新日:2020.03.03

Wi-Fiとはどのようなものか、またどんなことができるのかを知り、ライススタイルにあったWi-Fi を選びましょう。この記事では、Wi-Fi を利用するための方法や手順の紹介などをしていきます。さらに、おすすめの回線やタイプ別のルーターなどもいくつか紹介していきます。

Wi-Fiはケーブルを使用しない無線LANの中の1つで、今やパソコンやスマホでのインターネット接続に必要不可欠なものです。

そこでこの記事では、Wi-Fi の仕組みやどんなことができるのか、回線やブロバイダーの選び方、おすすめのルーターなどを紹介していきます。

SIMチェンジWIFI

Wi-Fiとは

Wi-Fiについて詳しく解説をしていきます。また、Wi-Fiでどんなことができるのかも知っておきましょう。

Wi-Fiとは無線LANの種類の1つ

Wi-Fiはケーブルが不要で、電波を使ってワイヤレスでスマホやパソコンなどの端末にインターネット接続できる「無線LAN」の規格の1つです。

Wi-Fiの規格は色々あり、規格によって周波数帯や通信速度が異なります。現在のWi-Fiの規格では、障害物に強く、遠くでも届きやすく、高速通信で電波が途切れにくいことがポイントです。

有線LANの場合は使用場所に制限がありましたが、Wi-Fiは無線LANなので、電波さえ届けば場所に制限はありません。現在のインターネット接続方法の大半は、このWi-Fiです。

Wi-Fiを使ってできること

そんな便利なWi-Fiですが、具体的にはどのようなができるのか紹介します。

このほかにもデジタル家電などにも接続可能で、色々な活用ができます。

SIMチェンジWIFI

Wi-Fiに接続する3つの方法

Wi-Fiに接続する方法は、大きく分けて3つあります。

外出時など、時と場所に合わせて利用方法を変えることで、通信料の節約や電波の強弱で悩むことも少なくなります。

Wi-Fiルーターを使用する

ルーターとは、異なる複数のネットワークを相互に接続する通信機器のことをいいます。つまり、インターネットを使うための中継地点の役割を担っています。

Wi-Fiルーターは購入するか、インターネット回線を契約するときにセットでレンタルできることがありますので、契約時にWi-Fiの使用を希望することを伝えておきましょう。

Wi-Fiルーターの役割は、主に2つあります。

  • IPアドレスを自動で割り振りする機能…インターネットでの情報をやりとりする場合の相手を明確にするため、IPアドレスを自動で取得する機能があります(必須機能です)。
  • 複数の機器でインターネット接続が可能になる機能…ルーターは、タイプによって有線と無線とあります。Wi-Fiの無線通信機能がついたものを選ぶことで、同時に5~10台の機器に接続することも可能になります。

Wi-Fiルーターは2種類ある

Wi-Fiルーターには「据え置き型」と「モバイル型」の2種類があります。それぞれのメリット、デメリットを比較してみてましょう。

メリットデメリット
据え置き型

安定したインターネット接続ができる

転居の際は固定のインターネット回線の解約、開通工事などが必要

モバイル型
  • 転居先でも回線工事など不要
  • 場所に関わらずどこでも使用可能

スマホ同様にデータ容量の制限があることが多い

Wi-Fiルーターを利用するには回線業者やプロバイダと契約する

Wi-Fiルーターを使うためには、まずインターネットの回線業者やプロバイダと契約することが必要です。

まずは、回線業者を決め、契約します。回線業者は、光回線やケーブルテレビ回線など固定回線の業者と、携帯電話回線やWiMAXといったモバイル回線の業者があります。

続いてプロバイダと契約します。プロバイダとは、回線をインターネットにつなげるサービスのことです。プロバイダは非常に多くあり、回線によっては選べるものが限られることがあるので、あらかじめ確認しておくことが必要です。

なお、回線業者とプロバイダを兼ねていたり、セットでサービスを提供している業者もあります。

スマホのテザリングを使用する

テザリングとは、モバイルデータ通信ができる端末(スマホ)を使って、パソコンやタブレット、ゲーム機、デジカメなどをインターネットに接続することです。

Wi-Fiがない場所でも、スマホなどの通信回線を利用してインターネットを使えます。

テザリングには主に3つの方法があります。それぞれのメリットとデメリットをみてみましょう。

メリットデメリット
Wi-Fi接続
  • Bluetooth接続より速度が速い
  • ケーブルの必要がない

バッテリーの消耗が激しい

Bluetooth接続
  • ケーブルの必要がない
  • バッテリーの消耗が少ない

速度が遅い

USB接続
  • 上記2つより、速度が速い
  • 充電しながらのテザリングが可能
  • 上記2つより、セキュリティが高い

ケーブルが必要

なお、契約している会社によっては、テザリングをするのに、別途申し込みが必要だったり、費用がかかることがあります。また、スマホの通信データ量が消費されるので注意が必要です。

Wi-Fiテザリングを使用する方法

テザリングの手順は、接続の方法によって異なりますが、今回はAndroidとiPhoneの方法を紹介していきます。

Android端末の場合

初めてテザリングをする場合は、アクセスポイントの設定も必要です。

  • アクセスポイント名…Wi-Fi接続のほかの端末からみえるアクセスポイントの名称
  • 暗号化タイプ…セキュリティ上の暗号化方式を選択(WPA2PSKでも可能)
  • パスワード…ほかの端末がこのアクセスポイントでWi-Fi接続するために必要

アクセスポイントの設定完了後は、Wi-FiアクセスポイントをONにします。

iPhone端末の場合

iPhoneの場合は、「テザリング」ではなく、「インターネット共有」と表示されます。

テザリングが開始されると、ホーム画面の一番上に「インターネット共有中」と表示されます。

Wi-Fiスポットを利用する

外出先でWi-Fi利用する場合、駅や空港、飲食店や大型商業施設などで、Wi-Fiを使用できる場所が増えてきています。これを「Wi-Fiスポット」「公衆無線LAN」などと呼ばれています。

Wi-Fiスポットが利用できる場所には、多くの場所で「Wi-Fi使えます」のステッカーがなどと表示されています。

本来は、有料の場合が多いですが、スマホの「パケット定額サービス」などの契約をしておけば、無料でつかうことも可能です。

Wi-Fiを使用する際の注意点

自宅や外出先などで便利なWi-Fiですが、注意しなければいけないこともあります。Wi-Fiスポットなどの外出先と自宅で使用する場合、それぞれの注意点をいくつか知っておきましょう。

公衆Wi-Fiスポットで利用する際は不正アクセスに注意

先に紹介した公衆Wi-Fiスポットはたいへん便利ですが、次のような問題点もあります。

  • 通信中の情報が盗まれてしまう危険がある
  • 端末に勝手にアクセスされてしまう危険がある
  • なりすましなど自分の端末を悪用されてしまう危険がある

そこで、次の点に注意しましょう。

  • データのやりとりを行う前に「SSL」モードになっているかを確認する
  • 利用する前に「ファイル共有機能」をオフにしておくこと

「SSL」とは、通信データを暗号化して送付する仕組みです。共通のカギがないと読めないので、安心してデータのやりとりができます。

また、「ファイル共有機能」をオンにしておくと、家庭や職場などで、写真や情報などのファイルを共有することができます。

公衆スポットでは不特定多数が利用するので、他人にアクセスされないように、オフにしておくことをおすすめします。

自宅のWi-Fiも不正アクセスされる可能性がある

自宅でWi-Fiを利用している場合でも電波の届く範囲内では、同様な危険性があります。自宅でWi-Fiを安全に使用するための対策をみておきましょう。

自宅のWi-Fiを不正アクセスされない注意点

  • わかりにくいパスワードの設定
  • パスワードの変更を定期的におこなうこと
  • 接続できるデバイスを限定しておくこと
  • Wi-Fi機器のファームウェアを最新バージョンにしておくこと
  • 暗号方式「WPA-PSK」の導入

おすすめの光回線と申し込み先を紹介

光回線は、電波の影響を受けずに、大容量の通信が可能な光ファイバーを利用します。ケーブルテレビ回線やADSL、モバイル回線よりも通信速度が速いので、インターネットを利用するにはおすすめです。

また光回線は、スマホとのセット割がお得になるので、まずは自分が利用しているスマホの会社が光回線を提供しているか調べてみるとよいでしょう。

「光コラボ」(ドコモ光ソフトバンク光など)は、インターネット回線の速度や品質には大きな差はないといわれていますが、それ以外の光回線(NURO光auひかり)は速度の速さを重視しているので、通信速度で選びたい方におすすめです。

なお、会社によって対応エリアが異なるので、まずはエリア内の確認が必要です。

携帯電話がソフトバンクの方におすすめ「NURO光」

出典:NURO光

ソフトバンクのスマホを利用しているなら、通信速度の速いNURO光がおすすめです。

プロバイダ(So-net)とセットで一体型の契約なので、別途にユーザーが探して契約する手間がありません。

NURO光には次のような特徴があります。

  • 回線とプロバイダ(So-net)がセットになっている一体型契約
  • 音楽や動画コンテンツなどストレスなく快適に楽しめる圧倒的な速さ(下り最大2Gbps)
  • 高速無線LAN、セキュリティサービスなどの必要なサービスが月額の基本料金内に全部含まれています。
初月額料金(特典)その他 特典等
NURO光(2年契約)4,743円(初月基本工事費割賦0円)
  • 翌月から30回分まで4743円
  • 契約事務手数料3,000円あり
NURO光forマンション1,900円から2,500円(最大3,618円)※1
  • 10,000円キャッシュバック
  • 請求金額36ヶ月割引
NURO光10Gs(3年間継続契約有り)0円
  • 2ヶ月から3ヶ月目500円
  • 月額基本料金5,743円
NURO光6Gs(3年間継続契約有り)0円
  • 2ヶ月から3ヶ月目500円
  • 月額基本料金5,243円
NURO光10G(2年間継続契約)0円
  • 2ヶ月目から3,980円
  • 2ヶ月目から12ヶ月まで2,500円割り引き
  • 13ヶ月目から31か月目6,479円

※契約事務手数料3,000円分含む

※基本工事費40,000円(60,000円有り)と契約事務手数料3,000円発生する場合もあります。

NURO光を詳しく見る

携帯電話がドコモの方におすすめ「ドコモ光」

出典:ドコモ光

ドコモ光は、NTTドコモが提供するインターネット接続サービスです。

ドコモのスマホの月額料金の割引などが適用され、プロバイダのGMOが提供する「GMOとくとくBB」を利用すると、さらに速度の速い「v6プラス」接続サービスも利用できます。

ドコモ光には次のような特徴があります。

  • 高性能なWi-Fiルーター(NEC、バッファロー、エレコム製)無料レンタル(v6プラス対応)
  • 「v6プラス」の高速ネット
  • ネット使い放題
  • ドコモの携帯電話料金の割引
  • Web申し込み限定特典あり

「v6プラス」とは、NTT東日本、NTT西日本が提供している新しい回線です。

従来の接続方式では混雑しやすい時間帯や曜日があり、インターネット接続にストレスを感じることがありました。

しかしv6プラスはまったく異なる方式のため、混雑するアクセスポイントを通過することなく、いつでも快適なネットが利用できます。

金額詳細
初期費用基本工事費0円+契約事務手数料3,000円新規契約の場合のみ※1
戸建月額5,200円(プロバイダ込み)ドコモ光タイプA契約の場合
マンション月額4,000円(プロバイダ込み)ドコモ光タイプA契約の場合
キャッシュバック対象20,000円ドコモ光と同時映像サービスへの申し込み

※1新規工事無料キャンペーン実施中のため、契約事務手数料のみの請求(要確認)

ドコモ光を詳しく見る

高速ネットが手続き簡単に使用できるソフトバンク光

出典:Softbank光

ソフトバンク光は、月額3,800円(税抜)から利用できる高速なインターネット接続のサービスです。

ソフトバンク光には次のような特徴があります。

  • スマホ・携帯電話とセット契約で、携帯代1台あたり1,000円の割引
  • ネット最大1Gbpsと速い速度で動画も大容量コンテンツもストレスフリー
  • フレッツ光など、光コラボを利用していれば、工事が不要

なお、回線工事が必要な場合、10,000円キャッシュバックか、1,000円×10ヶ月割引される「新生活応援キャンペーン」を実施しています(2020年6月1日まで)。

ソフトバンク光を契約する!

オプションなしでキャッシュバックが貰える「ぷらら」


出典:ぷらら

ぷららは、公式HPから申しこむとオプションなしで、契約から4ヶ月で、対象の方全員に15,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。これは他のプロバイダと比べても早いほうです。

ぷららには次のような特徴があります。

  • ドコモ光新規工事が無料(ドコモ光サービス同時申し込み)
  • IPoE対応のWi-Fiルーター無料レンタル
  • 訪問サポート1回無料
  • セキュリティソフトが最大24ヶ月無料(通常は月額370円)
初期費用工事費 無料※ 新規契約事務手数料3,000円あり
利用料金(戸建て)
  • 5,200円(2年定期契約あり)
  • 6,700円(2年定期契約なし)
利用料金(集合住宅)
  • 4,000円(2年定期契約あり)
  • 5,000円(2年定期契約なし)

※表記内すべて税抜き価格です。

上記利用料金には、「光回線料金+プロバイダ利用料+セキュリティ対策」含まれています。

dポイント最大10,000ポイントプレゼント…ドコモ光(2年契約)ぷららからの新規申し込み、ドコモ光開通時に契約中であること、dポイントクラブ会員であること。

ぷららを契約する!

携帯電話がauの方におすすめ「auひかり」

出典:auひかり

スマホがauの場合には、KDDIが提供している「auひかり」がおすすめです。

「auひかり」は、代理店独自のキャンペーンや特典があるので、そちらを紹介します。

解約違約金相当額の還元がある「NNコミュニケーションズ」

株式会社NNコミュニケーションズは、9年連続でKDDIから感謝状を受けている代理店です。

指定のWebページから申し込むと、「auひかり公式特典」「NNコミュニケーションズ特典」「指定プロバイダ特典」の3大特典の対象となり、公式サイトや提携プロバイダからの申し込むよりもお得に契約できます。

NNコミュニケーションズ
  • ネットのみの申し込みでもキャッシュバック対象
  • ネットのみ(15,000円から20,000円)キャッシュバック
  • ネット+電話(22,000円から27,000円)キャッシュバック
  • Wi-Fiルーター特典あり
  • 簡単申し込み申請(電話、SMS)で可能
  • 自社キャッシュバックの振込時期は最短で開通確認後翌月末
auひかり(KDDI)公式
  • スタートサポート(最大55,000円還元)他社ネットの回線からauひかりのりかえの場合開通後に申請
  • 初期費用相当割引(最大37,500円割引)ネット+電話の申し込み対象
プロバイダ※2
  • 提供はプロバイダになります(So-net、@nifty、ビッグローブ)
  • 各代理店でauひかり申し込みでの適用(要確認)

auひかりを詳しく見る

利用料金とプロバイダ特典

初期費用37,500円※ 登録料3,000円要※ネット+電話申し込みで割引
auひかりホーム(ずっとギガ得)
  • 5,600円(1年目)
  • 5,500円(2年目)
  • 5,400円(3年目以降)
  • プロバイダ利用料込み
  • ネット+電話
auマンション(お得プランA)

3,800円ほか

  • マンションごとに提供タイプが異なります。
  • 担当者に確認が必要
プロバイダ特典
  • ホーム(ずっとギガ得)25,000円
  • マンション(お得プランA)

So-net、@nifty、ビッグローブ該当代理店での申し込みに適用

高額キャッシュバックが欲しいなら「株式会社NEXT」

株式会社NEXTも、au代理店のなかでは実績がトップクラスの代理店のひとつです。

auひかり公式の特典とともに、プロバイダ特典も適用されます。また、次のような特徴があります。

  • オプション加入がなくても、ネットのみでキャッシュバック対象
  • 契約、特典の手続きなど担当オペレーターと電話で完了するので、手続き忘れなし
  • 契約後のアンケートやメールなどもなし
  • 独自のキャッシュバックや特典の対応が早い(最短1ヶ月入金あり)

NEXTキャッシュバック特典

ネット+電話ネットのみ

auひかりホーム

27,000円(税抜)20,000円(税抜)
auひかりマンション27,000円(税抜)20,000円(税抜)

NEXTキャッシュバック+ルーター

ネット+電話ネットのみ
auひかりホーム22,000円(税抜)15,000円(税抜)

au ひかりマンション

22,000円(税抜)15,000円(税抜)

ルーターの配送は開通確認後1週間で到着です。

auひかりホーム

ギガ得(2年契約)ずっとギガ得(3年契約)
5,700円(税抜き)5,600円から5,400円(税抜き)

初期費用…37,500円(特典対象)3,000円契約登録料あり

auひかりマンション

都市機構デラックスタイプ※
4,300円(税抜き)

初期費用…30,000円(割引対象)契約登録料3,000円あり

※マンションによりタイプ異なるので、金額等の確認が必要です。

株式会社NEXTでauひかりを契約する

月額料金をお得にしたいなら「So-net」

プロバイダのSo-netからもauひかりの申し込みができます。

プロバイダとの一体型契約なので、契約の手間や月々の料金の支払いが楽になるだけなく、月額料金の割引特典や、他社のネット回線から乗り換えの場合は違約金相当分最大30,000円分および撤去工事費相当分28,800円分のキャッシュバック、といった特典・キャンペーンがあります。

戸建て(ずっとギガ得)3,500円(3年間月額)
マンション(V16プラン)2,100円(2年間月額)

auスマートバリュー auスマホがセット(ネット+電話)契約でスマホ料金が永年割引適用されます。他社ネット回線からの乗り換えで最大30,000円キャッシュバックもあります。

初期費用利用初回月翌月から
戸建て※1
  • 登録料3,000円
  • 工事費625円×60ヶ月
0円3,500円(工事費込)
マンション※2
  • 登録料3,000円
  • 工事費1,250円×24ヶ月
0円2,100円(工事費込)

※1ずっとギガ得プラン(3年契約) ※2マンションV16プラン(2年契約)

So-netでauひかりを詳しく見る

WiMAXのおすすめプロバイダ2選

WiMAXは、無線インターネット通信のひとつです。KDDI系列のUQコミュニケーションズがWiMAX回線を利用し、モバイルWi-Fiサービスを提供しています。

光回線などの固定回線と違って、工事が不要で、端末が届けばすぐに使えるのが特徴です。

WiMAXのプロバイダはいくつかありますが、全て同じ回線を使用しています。そのため速度や制限、エリアなどに差はありません。したがって、プロバイダを選ぶなら、キャンペーンや利用料金などで比較したほうがよいでしょう。

オプションなしでキャッシュバックを貰うなら「カシモWiMAX」

出典:カシモWiMAX

カシモWiMAXは、「最安級プラン」と「新端末プラン」があり、それぞれ「ギガ放題プラン」と「ライトプラン(7GB)」に分かれています。

最安級プランはとにかく安くインターネットを使いたい方、新端末プランは最新のルーターをお得に使いたい方に向いています。

また、ギガ放題プランは、容量を気にせずに使いたい方、ライトプランは料金を抑えて使いたい方に向いています。

最安級プランの場合は、端末代・送料・初月月額料金無料(約20,000円相当)のキャンペーンを実施中です。

また、最新のルーターは、現在予約受付中で、2020年2月1日以降発送予定の「Speed Wi-Fi NEXT WX06」(モバイルルーター型)か、「WiMAX HOME 02」(ホームルーター型)ですが、いずれも新端末プランの対象です。

初月1ヶ月2ヶ月から24ヶ月25ヶ月目以降
ギガ放題プラン0円1,380円(3,299円割引)

3,480円(1,199円割引)

4,079円(600円割引)
ライトプラン(7GB)0円1,380円(2,615円割引)2,880円(1,115円割引)3,379円(616円割引)

利用料金(新端末プラン)…最新端末をお得に利用するプラン

初月1ヶ月目2ヶ月から24ヶ月25ヶ月目以降
ギガ放題プラン1,380円(3,299円割引)1,380円(3,299円割引)3,580円(1,099円割引)4,079円(600円割引)
ライトプラン(7GB)1,380円(2,615円)1,380円(2,615円)2,980円(1,015円割引)3,379円(616円割引)

【業界最安級】カシモWiMAXを契約する!

解約違約金を貰うなら「Broad WiMAX」

出典:BroadWiMAX

Broad WiMAXも、「ギガ放題プラン」と「ライトプラン(7GB)」に分かれています。また、次のようなキャンペーンを実施中です。

お乗換えキャンペーン契約解除料最大19,000円負担ケーブルTV、ADSL、光回線ほか
Web割キャンペーン初期費用18,857円が無料Webページから、クレジットカード払いで、指定オプションサービスに初回加入すること
全端末無料キャンペーン端末代金が無料最新端末もすべて対象

初期費用LTEエリア利用料月額利用料
ギガ放題プラン0円※オプション料金無料最大3ヶ月2,726円(税抜)※2
ライトプラン0円※オプション料金無料最大25ヶ月2,726円(税抜)※3

※別途事務手数料3,000円あり ※2 3ヶ月以降3,411円 ※3 25ヶ月以降3,326円

Broad WiMAXを契約する!

おすすめのホームルーター2選

ホームルータ―は、自宅で利用するのに特化した電波の力が強いWi-Fiルーターです。特徴としては次の4つがあげられます。

  • 電波の届く距離は約50~60m
  • 違う周波数を同時に使用可能
  • 複数の部屋で同時に利用ができ自宅で安定したインターネット環境が可能
  • 室内のコンセントを利用するので充電が不要

通信速度の速さが魅力「Speed Wi-Fi HOME L02」

「Speed Wi-Fi HOME L02」は、WiMAXのためのホームルーターです。「Speed Wi-Fi HOME L02」の特徴は次のとおりです。

  • ホームルーター史上最速の通信速度(下り最大1.0Gbps)で固定回線のような高速通信が可能
  • 無線LAN 5GHz
  • 高画質動画を快適に楽しめる
  • 4本の高感度アンテナが配置360度あらゆる方向に電波を発信
  • 加湿器やアロマポットのようなおしゃれなデザインで、インテリアとしても適している

なお、WiMAXのホームルーターは、先ほど述べたように2020年1月末から2月にかけて、最新型の「WiMAX HOME 02」が発売される予定です。

SIMチェンジWIFI

ソフトバンクの携帯代割引がある「ソフトバンクエアー」

出典:ソフトバンク取扱店DRM

当SIMチェンジでは光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

今すぐ電話無料相談をする!

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

TEL:0120-937-536
受付時間10:00-20:00 (年末年始除く)

今ならGoogle Home Mini(先着25名様)をご契約の方にプレゼント!
スマホから通話料無料でご利用いただけます。

\工事不要でかんたん接続のホームルーター型Wi-Fi/
ソフトバンクエアーの相談はこちら

ソフトバンクエアー」は、ソフトバンクやワイモバイルが提供しているホームルーターです。「ソフトバンクエアー」の特徴は次のとおりです。

  • コンセントにさすだけで簡単設置完了なシンプルタイプ
  • 下り最大962Mbps 家の中どこでも利用可能
  • ソフトバンクのスマホとセットで携帯電話代が永年毎月割引あり(1台あたり1,000円)

ソフトバンクエアーを契約する!

おすすめのモバイルルーターはWiMAX

モバイルルーターは、インターネットに接続するために使用する軽量小型の通信端末です。時間と場所を選ぶことなく、インターネットに接続できるのが特徴です。

モバイルルータ―も数多く出ていますが、選ぶポイントしては、次の5点を比較することをおすすめします。

安定した通信速度「Speed Wi-Fi NEXT W06」

「Speed Wi-Fi NEXT W06」はWiMAX用のモバイルルーターです。

速度が早く、USB有線接続時には、最大下り1.2Gbpsです。

またアンテナの感度が高くなり、電波がつながりにくい場所でもしっかりキャッチできるようになりました。WiMAX2+とau 4G/LTEの通信規格にも対応しているのもポイントです。

さらに、通信モード自動切換え機能がつき、月間データ容量の超過の心配も解消されるようになりました。

Wi-Fiを活用して便利にスマホやPCを利用しよう

Wi-Fiを利用するには、色々な方法があります。スマホやパソコンでインターネットを利用するには、自分のライフスタイルに合った方法で快適に楽しみたいものです。

回線業者やプロバイダが行っているキャンペーンや特典なども上手に利用するために、契約する前に必ずチェックしておきましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい